伊勢神宮へ現地見学、拠点建設に建築の神も協力!【サヴィラジヌ拠点計画2】

伊勢神宮へ現地見学、拠点建設に建築の神も協力!【サヴィラジヌ拠点計画2】
その後に進展があったので状況をご報告したいと思います!サヴィラジヌメンバーが現地視察に来ていた時の様子もありますので、どうぞお楽しみください。

記事に出てくる人物や用語はこちら

拠点施設の最終許可!代表者が太陽へ向かう

メラムサフラ:こんばんは。お待ちしていました。
幻朋:あれ?!ウリムさんもいるという事は…。
ウリムクオツ:こんばんは。アマテラスさんに会いに行く所です。 
幻朋:やっぱりそうだったんですね!
ウリムクオツ:せっかく来てもらったのにすいません。
オルアエル:来たよ。
幻朋:この前、太陽に行った時にアマテラス様に拠点地のお願いをしました!建物の方は任せてあるから全然問題ないそうです。メラムさん達に大丈夫だと伝えてほしいと言われていました。だから安心して行ってきてください!
メラムサフラ:安心しました。
ウリムクオツ:少し心配していましたが良かったです。
幻朋:それにスサノオ様も建てる時に手伝ってくれるそうですよ!
メラムサフラ:スサノオさんが手伝ってくれるんですか?!それは嬉しいです。
オルアエル:神様がたくさんいるんだね。
ウリムクオツ:アマテラスさんはとても優しい方ですね。
アココレムク:こんばんは。
幻朋:アココさんもいらっしゃったんですね。もしかして出発式か何かをやる予定でしたか?
アココレムク:今ちょうど施設にいたので。
幻朋:すみません、出発式じゃないですね(笑)
オルアエル:ちゃんと見送るよ。
(少しの間、別なお話をしました。)
ウリムクオツ:もうそろそろ太陽に向かいましょう。
メラムサフラ:アマテラスさんと色々話してきますね。
幻朋:よろしくお願いします!気をつけて行ってきてくださいね。
ウリムクオツ:また報告します。
オルアエル:いってらっしゃい。
(二人ともパッと一瞬で目の前から消えました。)
アココレムク:楽しみですね。
幻朋:地球人の方々も楽しみにしています。地球にサヴィラジヌの方が常にいるようになるんだなと考えると、とても不思議な感じがします!施設を建てる時に私も行ってみたいです。
アココレムク:もちろん、ぜひ来てください。
幻朋:サヴィラジヌの建物はすぐに建ちますか?
アココレムク:すぐにはできないです。
幻朋:でも、もしかしたら1日や2日で完成するかもしれないですよね。現場に立ち会うために、できれば予定を打ち合わせしたいなと思っています。
アココレムク:メラムさんに伝えておきますね。
幻朋:よろしくお願いします!ぜひ世紀の瞬間を目撃したいです(笑)建築専門の方にもお会いしたいなと思っています。でも一般市民の方だと地球の言葉が伝わらないかもしれないですね。
アココレムク:関連施設から来ると思います。
幻朋:それなら話せますね!
オルアエル:いつできるのかな?
幻朋:そうですね…きっと材料とかも揃えたりしますよね。
アココレムク:サヴィラジヌから持っていくと思います。
オルアエル:手伝うよ。
アココレムク:私も何か手伝いたいです。
幻朋:アココさんはモニターの設置とかコンピュータ関係をやるのはどうでしょう?
アココレムク:そういうのはケスリロさんが得意ですね。
幻朋:そうでしたね。もしかしたらケスリロさんも来てくれるのでしょうか?
オルアエル:どうなるんだろうね。
幻朋:ウリムさんから指示があるかもしれませんね。これからワクワクしますね。それにしても、ちょうど出発前に来れて良かったです!
オルアエル:またいなくなる所だったよ。
幻朋:前回はそうでしたね(笑)いつもすごいタイミングですね。
アココレムク:ウリムさんとメラムさん、早く帰ってきてほしいです。
幻朋:どんな話をして来るんでしょうね?!いよいよ拠点地ができますね。
オルアエル:メラムさん来るまで留守番だよ。
幻朋:また留守をお願いされたんですね。オルアエルさんは信頼されているんですよ!すごい事です。
オルアエル:頑張るよ。
幻朋:それではそろそろ帰ります。メラムさん達に建設予定についてお伝えいただければと思います。
アココレムク:分かりました。また来ますね。
幻朋:タルム(さようなら)です!
オルアエル:タルムだよ。またね。
アココさんとオルアエルさんが動き出したので、少しの間その様子を見てから帰りました。やはりサヴィラジヌ星人が動いている時の様子は好きです(笑)

施設建設の前段階

天照大御神から許可をもらった後の状況

メラムサフラ:こんばんは。お待ちしていました。今ウリムさんとアココさんとオルアエルは地球に行っていますよ。
幻朋:え!地球に来ているんですか?!会いたいです!(笑)
メラムサフラ:場所を見に行っています。アココさんは初の地球で喜んでいました。
幻朋:実際に建てる場所を見に行ったんですね。この前のアマテラス様との話し合いはどうでしたか?
メラムサフラ:まだ正式ではありませんが、場所は大体決まっています。
幻朋:伊勢神宮からちょっと外れたエリアですか?
メラムサフラ:いえ、ずれてはいません。伊勢神宮の上空です。
幻朋:本当に伊勢神宮の上に建てる事になったんですね!すごいです。あとはどれくらいの高度に建てるかですよね?
メラムサフラ:施設の大きさがまだ決まっていないのでそれによります。
幻朋:建物の設計についてはアマテラス様から許可をもらえましたか?
メラムサフラ:許可はもらいました。
幻朋:私もぜひ建築の現場に立ち会いたいので、この日にしましょうという感じで私も交えて予定を決めていただけないでしょうか?
メラムサフラ:大きさが決まったらお知らせしますね。まだいつにするかは決まっていないので、地球時間の日にちを決めましょう。
幻朋:よろしくお願いします!あと、施設に留まる人は決まりましたか?
メラムサフラ:それもまだ決まっていません。サヴィラジヌで色々打ち合わせがあります。ウリムさん達が帰ってきたら、さっそく打ち合わせをします。
幻朋:そうなんですね。というか今伊勢神宮に行ったら三人に会えますかね?!
メラムサフラ:そうですね。まだいれば会えます。
幻朋:意識体なら地球でもサヴィラジヌ星人の姿が見えるかどうかを確認もしたいですし、ちょっとこれから行ってきますね!もしすれ違ったら、その時はよろしくお伝えください。
メラムサフラ:分かりました。またお待ちしています。

伊勢神宮の現地見学グループの元へ向かう

時空トンネルから抜けた後、そのまま伊勢神宮付近に行ってみました。上空を見渡しましたが誰の姿も見えません。少しずつ地上に近づきながら探していると、伊勢神宮の内宮エリアに三人の形を発見しました!
サヴィラジヌにいる時よりはかなり小さいサイズに見えますが、周りの木よりは大きいのではみ出していました(笑)夜なので周りが暗くてはっきりと色は見えませんでしたが、ウリムさんやアココさんの体のピンク色がうっすらと分かりました。サヴィラジヌの方の姿が見えて嬉しくなり、側まで飛んでいって話しかけました。
幻朋:ここにいたんですね!皆さんに会えて良かったです!
ウリムクオツ:こんな所で会えると思いませんでした。
オルアエル:来てたよ。
アココレムク:やっと来れました。
幻朋:アココさんもついに地球に来れましたね〜!
話をしている時になぜか頭痛がするなと思って辺りをよく見ると、白い光が目に入りました。なんと、アマテラス様の意識体も近くにいらっしゃいました!ついテンションが上がってしまい、先にウリムさん達に話しかけていました(笑)
天照大御神:いまはなしをしていた。
幻朋:アマテラス様もいらっしゃったんですね!!失礼しました。夢中になっていました(笑)
ウリムクオツ:見学させてもらっていました。
幻朋:建てる場所を確認するだけではなく、伊勢神宮も見せてもらっていたんですね。
アココレムク:すごく綺麗です。
幻朋:アココさんは神社に行ってみたいと言っていましたよね!ここが日本で一番有名な神社ですよ。
天照大御神:みにきたそうだ。
幻朋:すみません、見学中にお邪魔してしまいました。先程サヴィラジヌに行った時に、ウリムさん達が地球に来ていると聞きました。意識体なら姿が見えるかなと思って来ましたが、ちゃんと見えて良かったです!これなら施設の建物も見えるでしょうか?
天照大御神:みえるだろう。
幻朋:安心しました…もし見えなかったら悲しいので。
ウリムクオツ:ぜひ見に来てください。
オルアエル:見に来るよ。
アココレムク:楽しみですね。これから猫も見に行きます。
幻朋:そうなんですね!ぜひ地球を色々見学していってくださいね。オルアエルさんは地球に慣れているので案内してくれると思います。
ウリムクオツ:助かってます。
幻朋:せっかく伊勢神宮を見学している最中なのに入ってきてすみませんでした。続きをゆっくり見てください!アマテラス様、皆さんの事を案内をしてくださってありがとうございます。私はこれで失礼します。
天照大御神:またくるといい。
オルアエル:またね。
アココレムク:また会いましょう。

現時点の拠点計画の情報は以上となります。あとはサヴィラジヌの準備ができ次第、建設予定日を相談して決めます。やり取りや現場の様子などを記録して、またご報告したいと思います!建築家の方や施設に配属される方に会うのが楽しみです。