地球に拠点地を作る事のメリット、天照大御神との話し合い内容など【サヴィラジヌ拠点計画1】

NO IMAGE
サヴィラジヌの拠点地を地球に作るというお話のきっかけは、こちらの記事から始まりました。
南極には宇宙人の基地があるという会話をしていた際に、オルアエルさんが「地球に基地作りに行こうかな?」と発言したのが原点でした(笑)
その後、アマテラス様に拠点地を作る事の許可をいただき、あとはサヴィラジヌ星トップのウリムクオツさんが直接お願いをしに行くだけの所まで計画が進んでいました。
そしてついに!拠点をどこに作るのか大体の場所が決定しました。アマテラス様とどのような話し合いをしたのかなどを詳しく聞いておりましたので、その時の会話記録をご報告いたします。
記事に出てくる人物や用語はこちら

サヴィラジヌ拠点計画の夢が実現!

以前、ウリムクオツさんとメラムさんが太陽を訪問して、アマテラス様と拠点地についての話し合いをしていました。その日の様子は関連記事にあります。
そして数日後、再びサヴィラジヌを訪れた際にメラムさん達が話し合いの内容を教えてくれました。
メラムサフラ:お待ちしていました。この前はすみませんでした。
幻朋:そんな事ないです!アマテラス様と話し合いをしていたそうですね。
ウリムクオツ:お久しぶりです。アマテラスさんと拠点地について話してきました。拠点の事をアマテラスさんに話してもらってありがとうございます。
幻朋:お久しぶりです!こちらこそありがとうございます。太陽に行った時に拠点地のお願いをしたら、アマテラス様から許可をいただけました!本当に良かったです。
メラムサフラ:オルアエルから話は聞いていましたが来れませんでした。あ、オルアエルを呼びますね。
幻朋:大丈夫ですよ。大事な話し合い中にすみませんでした。
ウリムクオツ:地球にサヴィラジヌの拠点ができるのはすごい事ですよ。
ケスリロ:お待たせ。
幻朋:ケスリロさんこんにちは。そういえば、拠点の場所はどこになりそうですか?地球の方々もどこに建つのかと楽しみにしていらっしゃいます!
ウリムクオツ:拠点の場所はまだ正式には決まっていません。
メラムサフラ:アマテラスさんと話し合って、伊勢神宮の付近など良いのではないかという事になっています。
幻朋:おぉ〜!伊勢神宮付近ですか!
ウリムクオツ:伊勢神宮の近くだとアマテラスさんの意識体が常にいるので、見守っててくれるという事でした。
オルアエル:来たよ。
幻朋:それなら安心ですね!オルアエルさんもこんにちは。
ケスリロ:ついに拠点地ができるのか。
幻朋:楽しみですね。先日は、地球で拠点を使う時のルールや場所などを話し合っていたのでしょうか?
ウリムクオツ:そうですね。場所やどういう配置にするかなどです。
幻朋:拠点施設はサヴィラジヌの次元の建物なんですよね?その場合私達には見えないかもしれませんが、伊勢神宮の近くにどのように配置されるのかを想像するとワクワクします(笑)
ウリムクオツ:一応伊勢神宮の上空スペースに考えています。
幻朋:上空?!!地上に建てるとは言っていないですもんね…(笑)
メラムサフラ:拠点は地球での関連施設とするために、今他の関連施設の方とも話し合っています。
幻朋:関連施設として計画しているんですね?!スケールが大きくなってきましたね。
ウリムクオツ:施設として設置すれば常に何人かいるようになります。
オルアエル:たまには行くよ。
メラムサフラ:そうなれば私達も地球に来た時にその施設に滞在できますね。
幻朋:サヴィラジヌと同じように、私も地球の関連施設にも入れるでしょうか?
ウリムクオツ:入れるはずです。
幻朋:関連施設からサヴィラジヌにいるメラムさん達とモニターで通信はできますか?
メラムサフラ:これくらい離れた地球に作るのは初めてなので、絶対とは言えませんが…。
ウリムクオツ:一応、必要なエネルギーはアマテラスさんが助けてくれますので大丈夫だと思います。
オルアエル:アマテラスさん優しいね。
幻朋:そうか、施設を運営するためにはエネルギーが必要になりますよね。サヴィラジヌの施設にはモニターや通信機器など色々ありそうですし。
ウリムクオツ:そうです。サヴィラジヌから離れるので、地球のエネルギーが必要だったのでその話もしました。
幻朋:地球からもエネルギーが出ているそうですよね!それをアマテラス様が分けてくださるんですね。
メラムサフラ:本当に素晴らしい神です。
幻朋:地球にもサヴィラジヌの拠点があれば良いですねと言った事から始まって、こんなにも本格的なお話になると思いませんでした。関連施設の方々も動いてくださったり、地球に滞在するサヴィラジヌの方も必要になってきますが…地球に関連施設を建てるメリットはありますでしょうか?
ウリムクオツ:アマテラスさんからの情報をもらえるとの事で、太陽系やその付近の宇宙人との交流もできるのではないかと考えています。
メラムサフラ:サヴィラジヌとしてのメリットはあります。
幻朋:それなら良かったです!サヴィラジヌからかなり離れているので、大丈夫かなと心配しました。てっきりメラムさん達が立ち寄るような、ちょっとした建物だと思っていたので(笑)太陽系方面にも交流が広がれば良いですね!
ケスリロ:地球に行きやすくなるしな。
幻朋:確かにそうですね。なかなか持ち場を離れられないケスリロさんやアココさん達も地球に来れますね!
ウリムクオツ:アウヨクミラトさんのおかげです。
幻朋:いえいえそんな事ないです。
ケスリロ:サヴィラジヌと地球を繋げるために転生したんだな。
幻朋:そうなんですかね?もしそうなら繋がって良かったです!何気ない雑談からここまで発展してびっくりです。確かその時もウリムさん達とこんな風に話していましたよね(笑)
メラムサフラ:良い方向に進んでいけて安心しました。
ウリムクオツ:また話が進んだら言いますね。
幻朋:はい!よろしくお願いします。どんな建物ができるか楽しみにしています。地球の方々にも拠点地のお話を伝えますね!

天照大御神に最終許可をもらいに行く

前回のお話からしばらく経って、メラムさんが拠点地についての最新情報を教えてくれました。
メラムサフラ:今度またウリムさんと太陽に行きます。アマテラスさんと話をしに行ってきます。
幻朋:ついに最終段階ですか?!未確定の部分を話し合うんですか?
メラムサフラ:どんな施設にするか決めます。
幻朋:サヴィラジヌの方々の中では、施設の構想は決まったんですか?
メラムサフラ:考えました。
幻朋:アマテラス様からオッケーが出れば建て始める事ができるんですね?
メラムサフラ:そうです。アマテラスさんの許可が下りると良いのですが。
オルアエル:きっと大丈夫だよ。アマテラスさん優しいよ。
幻朋:私も大丈夫だと思います!許可が出たら建築関係の方が地球に来るんですか?
メラムサフラ:そうですね。建てる人達が来ます。
幻朋:すごいですね!私も見に行きたいです!
メラムサフラ:見に来てください。
幻朋:でも、私にも見えるでしょうか?地球だとメラムさん達の姿が見えないので…。
メラムサフラ:そこなんですよね。
オルアエル:どうやったら見えるのかな?
幻朋:いつも生身の体で見ようとしていますが、意識体で建設現場に行ったら見えないでしょうか?こうして意識体でサヴィラジヌに来ている時は皆さんの姿や建物が見えるので。拠点の施設に入れますか?なんて言いましたが、そもそも見えないと何もできないですよね(笑)
メラムサフラ:意識体なら可能性はあります。やってみないと分かりません。
オルアエル:楽しみだね。
幻朋:私も後で太陽に行った時にアマテラス様にお願いしてきますね!
メラムサフラ:よろしくお願いします。
オルアエル:頼んだよ。

サヴィラジヌの拠点計画についてのご報告は以上となります。まだ途中経過ですが、拠点がどこの場所に決まったのかを、ぜひ皆様にお知らせしたいと思っておりました!
また続報が入り次第まとめてご報告いたします。拠点の建物の形や、施設内の設備など気になる事がたくさんあります!サヴィラジヌの関連施設が地球にできるなんて、今からとても楽しみです。