心霊番組に本物の霊は映っているのか、霊界を見せてもらった話、地球で体験したい事など【第1回 質問会 Part3】

質問会Part2からの続きでこれが最終となります。今回も宇宙人さん達の面白い回答が多数あります!地球人になったら体験してみたい事は?などの質問も盛り上がりました(笑)
そして後半は、私宛にいただいた質問へのお返事を載せております。守護霊はどこから現れるか?という話もありますので、気になる方はぜひ読んでいただければと思います!それではPart3スタートです。
記事に出てくる人物や用語はこちら

サヴィラジヌ星人への質問

地球人になったら体験してみたい事

幻朋:みなさんに質問です。もしも地球人になったとしたら、体験してみたい事はありますか?
オルアエル:なりたくない。
幻朋:もしもの話ですよ(笑)地球人になったとしたら?
オルアエル:もしなったら嫌だなぁ。
幻朋:だから、なったとしたら!(笑)
オルアエル:なるの?ん〜〜…あ、あった。色んな服を着てみたい。
メラムサフラ:私も同じです。
幻朋:お二人は服に興味があるんですね。ラノムさんはありますか?
ラノム:ごめんなさい、地球に詳しくないので分からないです。
ケスリロ:車を運転してみたい。空を飛ぶのも自分で動かすんでしょ?ちょっと怖いけど。
幻朋:飛行機という乗り物を操縦して空を飛びますよ!
シノエテ:私は色んな動物と話したいです。
幻朋:動物と話ができて羨ましいです(笑)
アココレムク:私は神社に興味があるので行ってみたいです。
幻朋:神社ですか!日本の文化に興味を持っていただけるのはとても嬉しいです。
メラムサフラ:アココさんは地球の事を調べているそうですよ。
オルアエル:そうだ、神社作らないと!
アココレムク:どうやって作るんですか?
オルアエル:分からない。

金色の海について

幻朋:サヴィラジヌにとって、金色の海はどういうものですか?地球では海を眺めてリラックスしますが、そういう事はしますか?
オルアエル:眩しいよ。だから海は見ないし近くにいない。
幻朋:確かにピカピカしていて眩しいですよね(笑)あれって液体なんですよね?体に触れても大丈夫なんですか?海水浴とかいかがですか?(笑)
メラムサフラ:液体です。触っても体に害はないですが、中には入りません。

好きな色は?

幻朋:次の質問は全員にお答えいただきたいです。好きな色は何ですか?
ラノム:この色。体の色です。
アココレムク:ピンク色。
幻朋:自分の色が好きなんですね!
メラムサフラ:サヴィラジヌでは自分の体の色が好きと答える人が多いです。私もこの色が好きです。
オルアエル:黒が好き。
シノエテ:体の色です。
幻朋:ケスリロさんもやっぱり白い色ですか?
ケスリロ:黒っぽい色が好きだな。濃い色。
幻朋:正反対の色が好きなんですね。どうして体の色がカラフルなんですか?ちなみに紫色の人もいますか?
メラムサフラ:生まれた時に決められて、そういう風になっているから分かりません。紫もいますよ。
幻朋:生まれた時の温度によって色が決まるんですよね?かなり前に「タイカク」って言っていましたが、それはサヴィラジヌ語ですか?
メラムサフラ:その時の温度帯によって色が変わる。タイカクはこっちの言葉。気温と自分の状態で決まります。自分の体温とかも関係して、どの色になるか分からない。個人によってちょっとした色の差があるから、たくさん色の種類があります。

アウヨクミラトさんが亡くなった原因

幻朋:前に聞くのを忘れていたのですが、アウヨクミラトさんは何が原因で亡くなったんですか?自分で決めて生まれてきたという風に聞いていましたが…。
ケスリロ:特に病気とかじゃなかった。寿命。
幻朋:そうだったんですね。短い寿命を設定していたんですね。

サヴィラジヌ界の駿足

幻朋:サヴィラジヌでオルアエルさんに次ぐ、2番目に足が速い人はどんな方ですか?施設で働いていますか?それとも一般人の方ですか?
メラムサフラ:一般人の方です。
幻朋:そうなんですか?!まさかそんな猛者が市民の中にいるとは(笑)
メラムサフラ:オルアエルの子供です。
オルアエル:すごく速いよ。
幻朋:なんだ〜オルアエルさんのお子さんだったんですね!(笑)遺伝したんですね。
アココレムク:いずれはここに来ると思うよ。その速さは必要だよ。
ケスリロ:そしたら色々教えなきゃないよ。大丈夫?
オルアエル:大丈夫。

「好き」以上の特別な感情はある?

幻朋:サヴィラジヌには恋愛感情はないと言っていましたが、好き以上の特別な感情などは他にありますか?
メラムサフラ:そういうのはないです。好意というのはない…それ以上は何なのか分からないです。好きとか嫌いという感覚がないです。
幻朋:なるほど。そもそも好き嫌いがないんですね。サヴィラジヌに嫌いな人なんて絶対いないですよね?
メラムサフラ:嫌いな人はいません。
オルアエル:嫌いって酷いよね。
幻朋:好き嫌いがない世界なんて……地球人と全然違いますね。

涙について

幻朋:地球人は悲しいと涙というものが目から出てくるのですが、サヴィラジヌ星人も悲しいと身体変化などが起こりますか?
メラムサフラ:特に変化はないです。涙は人間の体の反応だと思います。私達も悲しいという気持ちはありますが、体は普通です。
幻朋:心だけが悲しいんですね。

なぜ地球語が分かるのか?

幻朋:施設に所属している人は地球語が分かるみたいですが、自動翻訳される技術やエネルギーみたいなものを特別に与えられるんですか?
メラムサフラ:多分そういうエネルギーが働いていると思う。あなたの意識体が見える時点で、言葉もサヴィラジヌ語で聞こえます。
幻朋:ウリムクオツさんからエネルギーを授けられるんですか?
メラムサフラ:施設に入ると、周辺を統括している星から力をもらう。施設に入ると他の星との交流もあるからそうなるんだと思います。
幻朋:例の管轄の星ですか!結構色々な所に関係しているんですね。他の星に行った時に言葉が通じないと大変ですもんね。
メラムサフラ:重要施設や関連施設は、星の重要な機関だからそういう力がもらえます。

関連施設では何を管理しているのか?

幻朋:重要施設では惑星の監視や防衛をしていますが、関連施設では何を管理しているのですか?
アココレムク:そのエリアに住んでいる住人を見たり、家の管理などをしています。関連施設ごとのエリアで、周辺を監視している情報が重要施設に集まります。
幻朋:主に住居や住人の方達の安全を守っているんですね。天気とかそういうのはないですよね?異常気象対策とか。
アココレムク:天気や災害もないから、住んでいる人達に関する事を見ています。

地球に転生したいか?

幻朋:次の質問です。次回、我こそは地球に転生して挑戦したい人!
(シーン…………)
幻朋:誰もいない(笑)
ケスリロ:地球はちょっと無理です。
アココレムク:生活できる自信がないです。厳しい。
ラノム:今日の話を聞いて、すごい大変そうで…私は無理だと思います。
幻朋:う〜ん(笑)シノエテさんなら地球みたいな惑星に興味があるんじゃないですか?
シノエテ:制限が多すぎるからちょっと無理です。今のような生活ができないので。
オルアエル:絶対嫌だ。遊びに行くだけでいい。
メラムサフラ:私もいいです。
幻朋:このような結果になりました(笑)

名前には意味があるのか?

幻朋:みなさん一人一人の名前には意味がありますか?何か特別な意味が込められていたりしますか?
メラムサフラ:意味はないです。自動で名前が振り分けられるから、その名前と付き合っていくしかないです。前までは自分の名前が好きじゃなかったですが、良い名前と言ってくれたから今は好きです。
オルアエル:私は気に入ってる。
アココレムク:長年この名前だから好きとかはなくて、当たり前になっています。
ラノム:気に入っています。
シノエテ:私も好きです。
ケスリロ:名前を変えられるなら変えてもいいなぁ。

アフラ・マズダという神

幻朋:次が最後の質問になります。太陽系を支配しているアフラ・マズダという神を知っていますか?
メラムサフラ:太陽系を管理している人はいますが、その名前は分からないです。それって太陽の人の事ですよね?
幻朋:そういえば太陽が、この太陽系のトップでしたね。メラムさんは太陽の偉い人に会った事があるんでしたっけ?
メラムサフラ:会った事がありますよ。ただ、こっちでの呼び方なので名前は違うかもしれません。アフラ・マズダという名前は聞いた事がないです。すみません。
幻朋:分かりました。これで質問は終わりです。みなさん長い時間お付き合いくださってありがとうございました!
アココレムク:また何かあったら呼んでください。私は戻ります。
ケスリロ:私も部屋に戻りますね。
幻朋:ありがとうございます。またお会いしましょう。
ラノム:地球は不思議な星だなぁと思いました。興味があったので、どんな星か分かって良かったです。私も戻りますね。
シノエテ:地球の考え方は不思議です。質問を聞いていて、色んな事を考えているんだなと思いました。たくさんの星を知っていますが、地球は変わっていますね。
幻朋:地球って宇宙から見るとそんなに変わっているんですね(笑)お二人も色々な事を教えてくださってありがとうございました!
オルアエル:またね〜。
メラムサフラ:また聞きたい事があったら来てください。

幻朋への質問

サヴィラジヌ星人のサイズはどう見えるか?

幻朋さんから見てサヴィラジヌの人達の姿はどういうサイズで見えていますか?幻朋さんの意識体も次元が変わると大きくなりますか?
メラムさん達と同じ目線というか、高い位置で見ている感じです。建物はサヴィラジヌ星人よりもすごく大きくて、見上げる感じです。最初はサヴィラジヌ星人の大きさにビックリしていましたが、今では慣れました(笑)

守護霊との面白い体験談

守護霊と話して面白かった話や体験談はありますか?
私が守護霊と色々と話した中で、個人的に印象に残っている話と体験をご紹介したいと思います。かなり前の話なので大体の会話内容になります。

守護霊から聞いた話

幻朋:何回くらい地球で守護霊をしているの?
守護霊:教えられないよ。
幻朋:じゃあ、天皇って分かる?どの時代の天皇から知ってる?
守護霊:歴代の天皇全員知ってるよ。
幻朋:いつから守護霊やってるんだよ〜(笑)

守護霊に霊界を見せてもらった話

幻朋:霊界ってどんな感じなの?見てみたいな。
守護霊:ダメだよ。
幻朋:え〜、ちょっとだけでもさ(笑)ほんのちょっと!
守護霊:しょうがないなぁ。
すると私の頭の中に映像が見えてきました。そこはどこかの街の風景で、電車が走っていました。どこか日本のような場所でした。
幻朋:電車が走ってる!!これ日本?
守護霊:あっちの景色だよ。
幻朋:へぇ…不思議な世界だね。

守護霊が食べ物を食べる様子

私が何かを食べたり飲んだりしていると、「ちょっとちょうだい」と色々なものを味見していました。その食べ方というのが、手で触れるだけ。霊なので食べ物とかを触れる手はスカスカと貫通していますが、そうすると味が分かるらしいです。
ドロリッチというジュースを飲んでいた時に味見をさせたら、「うわ!甘いしなんかドロドロしてる!ジュースとちょっと違う」と言っていました(笑)なので食感なども分かるようです。
また、友達と(オカルト好きの)たこ焼きパーティーをしていた時に守護霊が来て、「面白そう〜!私にもクルクルさせてよ」と言って素手でたこ焼きを回転させていました(笑)私にはたこ焼きが回転しているのが見えましたが、友達には動いているように見えませんでした。たこ焼きの霊?どういう事?と思いましたが、今でもよく分からない現象です(笑)そして「美味しい」と言いながらたこ焼きに触れて味わっていました…。

守護霊はどこから現れるのか?

守護霊はどこから現れますか?空中に浮いていますか?
天井や窓、テレビなど、どこからでも現れます。大体は壁を貫通して来ます。空中にも浮くし移動もできます。ガソリンスタンドに建っている大きな看板があって、あの上に行ってみてとお願いしたら、一瞬で移動して看板の上に立って手を振っていました(笑)

話を聞くのにどれくらいかかっているか?

メラムさんの話を聞くのに何分かかっていますか?メモはどんな感じですか?
その時によりますが、1時間〜2時間くらいかかります。メモはA4サイズの用紙を用意して、裏表にびっしりと会話記録を書いています。そのメモ用紙を持ち歩いて、空き時間に少しずつ文章化しています。こんな怪しいメモを落としたらヤバイですよね(笑)

心霊番組で本物の霊を見た事があるか?

心霊番組を観ていて、ここに映っているという丸印以外に映っている事はありますか?
友達に心霊番組を観てほしいと言われて検証した事があるのですが、「おわかりいただけただろうか?」とか「replay」みたいな感じの動画は、ほとんどがフェイクだと思います。ただ、芸能人が心霊スポットに行くやつとかは本物が映っている事があります。丸印をしている所とは別に、霊が映っていたりします。友達にはモヤモヤした白い物体に見えて、私には人の姿に見えたりします。

万が一の時に送る秘密のメッセージ

こんな事を言うとアレですが…幻朋さんの情報はガチっぽいので、もしもこれ以上情報を発信するな的な感じになったりして更新が途絶えたらとても心配です。更新できないと、はっきりと伝えられない場合もあると思うので、もしもの時は読者だけが分かる暗号を呟いていただけませんでしょうか?
玄関がピンポン鳴って……とは言えないですもんね(笑)そうですね…何かあった時は「今日は天気が良いですね」とお伝えしますね。これを呟いた前後に何らかの問題が出たら、そういう事だと思っていただければ幸いです!こうならないように気を付けながら情報発信したいと思います。

宇宙人との交流を確信したきっかけは?

前までは霊やオカルト関係にはあまり興味がなく、信じていないようでしたが、今ではメラムさんの存在や話を信じていますか?信じるきっかけは何ですか?
そういう話はほとんど興味がなく、信じていませんでした。私生活でも、知人や家族にも一切こういう話はしていません。しかし、メラムさんの話は本当なのかもしれない…と思ったのは、私の知らない人名などを話してきて、後でそれらを調べると当たっていた事です。もしこれが妄想の中の話で創作だったら、自分の知らない単語は出てこないと思うんです。だからと言って、メラムさんが話している事が全て正しいと盲信はしておりません。こういう話があったら面白いなとか、色々な説があった方が可能性が広がるのではないかな?という考えで聞いています。でも、もし創作した話なら前世の人の名前をめちゃくちゃカッコイイ名前にしたかったです(笑)こんな事を言っていますが、実際は一生懸命質問に答えてくれるメラムさん達にはとても感謝していますし、今では大切な存在です。

第1回 質問会のご報告は以上となります。長編になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。直接会ってはいませんが、地球人とサヴィラジヌ人が交流できたような、とても充実した時間になりました。これも皆様からいただいた沢山の質問のおかげです。
私が話している情報には物的証拠などがないにも関わらず、「面白いです」と言い読んでくださって本当に感謝しております。今後も現在のスタイルを変えず、ただひたすら体験した事をご報告していきたいと思います!