宇宙人の名前が判明!更に、空に巨大な茶色の惑星を発見!

茶色の惑星

私は1つの記事を書き終えるのに、結構時間がかかってしまいます(汗)

・宇宙人さんの所に会いに行く。

・会話内容を手書きでメモする。

・メモを見ながら記事を書く。

という感じの流れです。宇宙人さんとの対談は30分〜1時間くらいです。

もっと、どんどん情報をご報告していけるように頑張りたいと思います。

また赤い空の惑星に住む宇宙人さんに会いに行って来ました。その時の様子をご報告します。

宇宙人の本名

いつものようにフレグランスさん(宇宙人)の所に行きたいと念じると、赤い空の惑星に繋がる移動トンネルが現れます。トンネルを突き進み、出口に到着しました。

トンネルを抜けるとフレグランスさんが目の前に立っていました。

幻朋:おっ!ビックリしました(笑)ここで待っててくれたんですか?

フレグランス:今日はどこにも出かけていなかったので。

幻朋:私が来る事に気付いたんですね?

フレグランス:そう。来るのは分かるよ。今は少しなら話せるよ。

幻朋:そうですか!では、ちょっと質問させてください。まだフレグランスさんのお名前を聞いていなかったのですが、教えていただけますか?

フレグランス:メラムサフラ。

幻朋:メラム?サフラ?頭に伝わってくる発音がすごく難しくて聞き取れないです……メラムサフラ?

メラムサフラ:少し分かりにくいかもしれない。呼びにくいから、いつもあなたが呼んでいるフレグランスでもいいよ。

幻朋:ちょっと噛んじゃいそうです(笑)メラムさんって呼ぼうかな。ん?という事は、私の前世の人にも名前があるんですよね?

自分の前世について

メラムサフラ:名前は教えられない。

幻朋:言えない感じですか…気になる(笑)

メラムサフラ:男性だったよ。

幻朋:そうなんですね!性別が分かって少しスッキリしました。

メラムサフラ:こういう話は言ってはいけない事になっているから。

惑星の建造物について

以前から気になっていた、この惑星の建物について質問してみました。

今回到着した地点の風景は、グレー色の地面に白い建物があちこちに点在しています。

幻朋:この建物の中はどうなっていますか?

メラムサフラ:入ってみますか?

幻朋:いいんですか?!しかしどうやって入るんですか?

メラムサフラ:私について来てください。

そう言ってメラムさんの後をついて行きました。建物にはドアや入口のような所はありません。私達は壁をすり抜ける形で中に入りました。

中は真っ白な空間で、窓もないのに中は明るいです。入ってみると実際に外から見るよりも広かったです。

家具や装飾品など、特に何かあるわけでもなく、ただただ白い空間が広がっています。

しばらくぼーっと眺めていました。すると、メラムさんに「外に出ましょう」と言われ、一緒に出て行きました。

ここで、すっかり何の建物なのか聞くのを忘れてしまいました(笑)

毎回何かと忘れてしまいます…私の悪い癖です。次また聞いてみようと思います。

メラムサフラ:そろそろ別な星に行かなければなりません。

幻朋:お忙しい所すみません。今日も色々とありがとうございました。

メラムさんにお礼を言うと、またパッと消えていなくなりました。

私は地球に戻る前に空を見上げました。やはり空は薄暗い赤い色をしています。

そこに、地球では見た事のない茶色の惑星が見えました。月や太陽と比べるとかなり大きいです。衛星みたいな物でしょうか?それとも近くにある惑星でしょうか?

一体ここはどこの惑星なのか、ますます謎が深まるばかりです。少しずつ解明していこうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回の記事はこちらから『宇宙人の学校が巨大すぎる!とてつもない規模!』