時間という概念が存在しない惑星

時間という概念が存在しない惑星

『【急展開】過去に交流していた宇宙人との再会』の続きです。フレグランスさん(宇宙人)との会話内容をまとめました。質問のテーマは決まっておらず、思いついた事を質問しました。

 

フレグランスさんとの会話は、テレパシー的な感じでやり取りしています。耳で声を聞くというよりは、脳内に相手の言葉やイメージが入ってくる感覚です。それでは、さっそく交流記録をご報告していきたいと思います。

惑星についての質問

時間という概念が存在しない惑星

幻朋:地球には時間というものがあるのですが、ここの惑星には時間はありますか?

フレグランス:時間の概念はないです。地球は太陽を回る時間を元に計算されていますよね。ここの星では「カロ」が#*@%……。

 

「カロ」とは一体何の事なのでしょう?それについて説明してくださったのですが、あまりにも難しすぎて理解できませんでした(汗)

 

幻朋:ここの惑星は少し薄暗い感じですが、夜にはならずいつも明るいですよね?朝とか夜はありますか?

フレグランス:ここは常に明るいです。暗くなる事はないです。

私の前世との関わりや体の事について

幻朋:私の前世の人はここの惑星に住んでいたようなのですが、もしかしてフレグランスさんは私の前世と関わりがあったのでしょうか?以前は私の所をたまたま通りかかったと言っていましたが。

フレグランス:前世の人と関わりがありました。

幻朋:やっぱりそうなんですね。家族とか友達ですか?

フレグランス:今は言えないです。

幻朋:分かりました。ちょっと気になりますね(笑)フレグランスさんの身長はどれくらいですか?他の人に比べて少し大きく見えますが…?

フレグランス:400Kmくらいです。私は大きい方です。

幻朋:400km?!大きいですね。あとフレグランスさん達は顔というか…目がないようですが、どうやって見ているのですか?

フレグランス:かなり説明するのが難しいです。……(しばらく考える)目で見るという訳ではないですが、ちゃんと景色とかは見えますよ。

幻朋:どういう原理なんだろう。第三の目のようなもので見ているとか?

フレグランス:あなたも今は意識だけでここに来て見ていますよね?実際の目では見ていないけれど、今こちらの風景を見ています。

幻朋:難しい話ですね(笑)超能力で景色を見ているとしか思えません。フレグランスさんも地球には意識体で来ていたんですね。

フレグランス:でも実際に地球に行った事もあります。

幻朋:実際に来れるんですね。フレグランスさんは何歳ですか?時間という概念がないからこの星には年齢とかはないですか?

フレグランス:計算してみます…地球の年齢に例えるなら、多分100歳は超えています。

幻朋:寿命はありますか?もしかして不老不死ですか?でも私の前世の人は亡くなったから地球に転生して、今の私になっているんですよね。

フレグランス:これも説明が難しいです。終わりはあります。クラッシュしたり、自然に終わったり、新しい人が来た時に…。

(クラッシュ?!新しい人が来る?!どういう意味でしょうか。さっぱり分かりません。)

※「新しい人が来る」とは亡くなる原因ではありませんでした。その事が判明した経緯は関連記事にてご確認いただければ幸いです。

幻朋:色々と質問してしまってすみません。もしよろしければ、またここに来ても良いですか?地球にはこういった宇宙の事や不思議な事を知りたい方がたくさんいます。私もその一人です。なので、色々と教えてほしいです。

フレグランス:良いですよ。いない時もあるかもしれないですが質問に答えます。

幻朋:ありがとうございます!では地球に戻ります。

フレグランス:また来てください。

 


私はやっと自分の体に戻ってきました。全く動かなくなっていた両腕が、ようやく動かせるようになりました。どっと疲れました。霊視やこういった事に力を使うとグッタリします。

 

今回はまさかフレグランスさんと話ができると思っていなかったので、ちゃんと質問を用意していませんでした。しかし興味深い話を色々と聞けました。

 

後になって気付いたのですが、フレグランスさんの本名を聞くのを忘れてしまいました。次に会った時に聞いてみたいと思います。また訪問した際にフレグランスさんがいれば、気になる事を質問したいと思います。今回のご報告は以上となります。

次回の記事はこちらから『宇宙人の名前が判明!更に、空に巨大な茶色の惑星を発見!