土星と天王星にいる生命体の特徴、文明、惑星内の気候や環境について【太陽系の惑星Part 3】

太陽系内の惑星について、聞いてきた情報をご紹介するシリーズの第3弾です。前回の記事はこちらです『火星と木星にいる生命体の特徴、文明、惑星内の気候や環境について【太陽系の惑星Part 2】
前回は木星のようなガス惑星にも、生命体がちゃんと存在していると分かって驚きました。宇宙には不思議な惑星がまだまだたくさんあるんだなと思うと、とてもワクワクしてきます!
今回は土星と天王星の情報をお送りいたします。はたして宇宙人さん達が持っている資料には、どんな事が書いてあるのか?どうぞお楽しみください。
記事に出てくる人物や用語はこちら

土星について

メラムサフラ:お待ちしていました。
アココレムク:お久しぶりです。
幻朋:こんにちは。アココさん、お久しぶりです!
メラムサフラ:オルアエルは違う星に行っているので呼んでいます。今日は何のお話でしょう?
幻朋:太陽系にある惑星について教えていただきたいです。
アココレムク:太陽系に興味があります。
メラムサフラ:惑星の話は久しぶりですね。
オルアエル:来たよ。
幻朋:オルアエルさんも来た所で、さっそくお話を始めていきたいと思います。今日もよろしくお願いします!

土星は何で構成されているか?気温は何度か?

幻朋:前回は木星までやったので、今度は土星からです。
メラムサフラ:土星ですね。木星と同じような星ですね。
オルアエル:どういう惑星?
メラムサフラ:ガスでできた惑星という事です。
幻朋:え!土星もガス惑星なんですか?岩かと思っていました(笑)
アココレムク:どこにでもこういう惑星はあるんですね。
幻朋:ガス惑星は珍しいのかなと思っていましたが違うんですね。土星の気温は何度くらいですか?太陽から離れているので、だいぶ寒いですかね?
メラムサフラ:−200℃くらいです。
アココレムク:この惑星はすごい風が吹いているので、もっと寒い所もあります。
オルアエル:サヴィラジヌほどではないね。
幻朋:サヴィラジヌが寒すぎるんですよ(笑)
オルアエル:あと輪っかあるよね。
幻朋:そうですね!土星と言ったらあの輪っかですね。あの輪は何でできていますか?
メラムサフラ:氷の粒や岩のかけらの集まりです。かなりの量が集まっています。土星本体の周りを回っています。
幻朋:確か木星の場合は、そういう物質とかを引き寄せて輪っかになっているんでしたよね?土星の場合もそんな感じですか?
アココレムク:これも引き寄せられてできていますね。
メラムサフラ:ガスの影響もあります。輪っかがたくさんありますね。それらが集まって一つの輪になっている。

土星の気候

幻朋:土星の気候はどのよな感じでしょうか?
メラムサフラ:木星よりも荒れています。風が強いです。内部は温度が高いです。
幻朋:そんなに吹き荒れているんですか?!まさか雨とかは降っていないですよね?
メラムサフラ:液体も存在しています。風の中に混ざっている。
幻朋:液体?地球の水とは違うものですか?
アココレムク:サヴィラジヌの液体も凍らないので、何か違う物質でしょうか。
オルアエル:サヴィラジヌの金色の海は珍しいんだよ。
メラムサフラ:水だとすぐ凍りますよね。
アココレムク:土星の表面付近で液体が確認できます。これは地球の水とは違いますね。
幻朋:土星にも水とは違う液体が存在しているんですね!

植物や生物は存在しているのか?

幻朋:聞くまででもないような質問なのですが…植物や生物のようなものはありますか?ガスの星だからないですよね?
メラムサフラ:ないです。生物もいないみたいです。
幻朋:やっぱりそうですよね。

土星人の姿や能力、文明について

幻朋:次は土星人についての質問です!文明はありますか?
メラムサフラ:文明は何もないです。建物も乗り物もないです。
アココレムク:誰も住んでいないですかね?
メラムサフラ:何もいないと書いてありますね。
幻朋:土星人は住んでいないんですか?でも、どの惑星にも宇宙人は住んでいると言っていましたよね?土星は例外なんでしょうか?
メラムサフラ:いた頃もあったみたいですが、今は誰もいないです。
幻朋:そうだったんですね。何かあったのかな。
オルアエル:気になるね。 

天王星について

天王星は何で構成されているか?気温は何度か?

幻朋:次は天王星に移りますね。確か天王星って綺麗な青色なんですよね。
メラムサフラ:ガスの反射でそのような色に見えます。
幻朋:天王星もガスでできているんですか?!(笑)
メラムサフラ:これもガスです。水もありますがほとんど凍っています。
アココレムク:中心部に岩があります。凍らない液体はここにはなさそうですね。
幻朋:だいぶ寒いんじゃないですか?
メラムサフラ:−250℃くらいです。それで全部凍っています。
幻朋:ガスの内部は暖かいですか?
メラムサフラ:内部も寒いです。
アココレムク:この星にも輪っかがありますね。
オルアエル:何か変だけどね。
幻朋:天王星にも輪があるんですか?オルアエルさん、変ってどういう事ですか(笑)
メラムサフラ:傾いているって事ですね。
オルアエル:輪っかが縦になってるよ。
幻朋:縦?なぜ惑星が傾いているんですか?
メラムサフラ:大きな衛星と衝突しています。
幻朋:そうだったんですね。ちなみに天王星の輪っかも氷の粒でできていますか?
アココレムク:氷とか石の集まりですね。
メラムサフラ:土星ほどではないですが引き寄せて輪になっています。輪はたくさんあります。
幻朋:天王星の事を全然知らなかったので、色々と勉強になります。

天王星の気候

幻朋:気候はどのような感じでしょうか?
メラムサフラ:土星に比べると風が少ないですが、風で氷やガスなどが全て混ざっています。
幻朋:ガス惑星はどこも風で物質が舞っている感じですね。

植物や生物は存在しているのか?

幻朋:一応質問しますが、植物とか生物はいないですよね?
メラムサフラ:何かしらありそうです。今見てみます。
幻朋:え?何があるんですか?!ガス惑星だし極寒だし…生息するのは無理じゃないですか(笑)
メラムサフラ:氷の粒のような植物がある。これは植物の仲間になります。
幻朋:氷の粒?氷みたいな見た目をしているんですか?それってただの氷じゃないんですか?
アココレムク:成長するんです。
メラムサフラ:地球でいう植物です。植物と言うとイメージしづらいと思います。でも、地球で例えるなら植物です。
幻朋:もしかして、サヴィラジヌの黒いトゲみたいな感じですか?あのトゲも植物には見えませんので。
アココレムク:確かにトゲみたいなものですね。
幻朋:それなら納得です!天王星の植物は氷タイプなんですね。ちなみに生物もいますか?
メラムサフラ:生物はいません。

天王星人の姿や能力、文明について

幻朋:天王星人は住んでいますか?
メラムサフラ:います。文明というものはありません。その人達だけで生きています。
幻朋:どういう姿をしていますか?
メラムサフラ:地球人から見ると透明です。実際は透明じゃないですが…。ガスの中に同化しているような感じです。
幻朋:やっぱりガス惑星の人達はそういうタイプなんですね。
アココレムク:大きさは500m以上あります。
幻朋:結構大きいですね!(笑)どんな形をしていますか?
メラムサフラ:ガス状の体なので形が決まっていません。
幻朋:そういう知的生命体も存在しているんですね…不思議です。天王星人は飛んで移動するんですよね?何か能力を持っていますか?
メラムサフラ:飛んでいます。空間移動ができるみたいです。
幻朋:サヴィラジヌの人と同じ能力ですね。
アココレムク:近くの星なら空間移動できるそうです。
幻朋:すごいですね!メラムさんは天王星人と会った事はありますか?
メラムサフラ:会った事ないです。
オルアエル:太陽系気になるね。変わった人が多そう。
アココレムク:見慣れないと思いますからね。
メラムサフラ:色んな星がありますね。
オルアエル:行ってみたい。
メラムサフラ:聞いてみますか?
アココレムク:良いですね。
幻朋:オルアエルさんの目標は色々な星に行く事でしたよね?許可が下りれば良いですね!
オルアエル:まだ行った事のない星には行ってみたいよ。
メラムサフラ:交流してみましょう。
幻朋:忙しくてなかなか難しいかもしれませんが、いつかアココさんも地球に来てくださいね。
アココレムク:そうですね。地球も見てみたいです。
幻朋:私からの質問は終わりです。次回は残りの惑星の話をお聞きしたいと思いますので、その際はよろしくお願いします。
メラムサフラ:また調べておきます。
オルアエル:面白かった。宇宙の話は良いね。
アココレムク:また参加したいです。こちらこそよろしくお願いします。
メラムサフラ:またお待ちしています。
オルアエル:またね。

土星と天王星についての情報は以上となります。太陽系の事を知るのは楽しいですね。地球人も近所の人達と交流できれば良いのになと思ってしまいます。
次回は海王星と冥王星です。冥王星は太陽系の天体からは外れてしまいましたが、せっかくなので聞いてみようと思っています。