水星と金星にいる生命体の特徴、文明、惑星内の気候や環境について【太陽系の惑星Part 1】

過去の記事で、シュメール人が住んでいた惑星やヴォイニッチ手稿を描いた宇宙人さんの星についてのお話をした事があります。
しかし、よく考えると一番身近な存在の太陽系にある惑星についての情報を聞いた事がないなと気付きました。以前は地球の近くにある惑星の情報は、詳しく教えてもらえませんでした。
それからしばらく時間も経ち、アマテラス様と交流をするようにもなったので、もしかしたら規制が緩くなったのではないか?と思い、再び宇宙人さんに質問してみました。(諦めずに何度もアタックするのがポイントです!笑)
火星や金星にも宇宙人が住んでいると聞いていましたが、どんな姿をしているのでしょうか?惑星の地表や環境はどうなっているのでしょう?これらの事は、ずっと前から気になっていました。
太陽系内にある惑星の特徴を大まかに教えてもらいましたので、少しずつ分けて情報をお伝えしていこうと思います。太陽に近い惑星から順に、今回は水星と金星についてお送りします。
記事に出てくる人物や用語はこちら

太陽系について

メラムサフラ:今日はどうしましたか?オルアエルは違う星に行っているので呼んであります。
幻朋:ではオルアエルさんは途中参加という事で。今日は太陽系のお話を聞きたくて来ました。
メラムサフラ:分かる範囲で答えます。
幻朋:よろしくお願いします!さっそくお聞きしますね。太陽系には8個惑星があるという事になっていますが、それ以外にも実は存在していますか?
メラムサフラ:冥王星は今は惑星じゃない事になっていて、惑星と呼ばれているのは8個。でも小さい星はいっぱいあります。
幻朋:冥王星の奥にも惑星はありますか?
メラムサフラ:もっと行くと別な場所の惑星になる。そこからかなり離れた所に、恒星を回っている惑星がある。
幻朋:離れると別な惑星系のエリアになるんですね。やっぱり正式に全部で8個しかないんですね。
メラムサフラ:それ以外は小さな星になる。サイズが大きくないと惑星と呼ばないです。
幻朋:小さい星にも宇宙人のような生命体がいるんですか?
メラムサフラ:全部ではないけれど、小さい星にも生命体が存在している所もある。大体は惑星にしか住んでいない。
幻朋:そうなんですね。では次に、それぞれの惑星について教えてください。

水星について

水星は何で構成されているか?気温は何度か?

幻朋:水星自体はどんな物質でできていますか?
メラムサフラ:岩みたいな物だと思います。
幻朋:もしかして地球みたいに石の塊なのかな。気温は何度くらいですか?意識体で近くまで行った事はありますが、温度が分からないので(笑)太陽の近くだから暑いですよね?
メラムサフラ:地球より全然暑い。1000℃を超えている。
幻朋:そんなに?!常に暑いのでしょうか?
メラムサフラ:常に暑いわけじゃないです。太陽の光を受けていない所は寒くなる。−200℃くらい。
幻朋:寒暖差が激しすぎますね(笑)太陽の熱でいつも暑いのかなと思っていました。

水星の気候

幻朋:水星の気候はどんな感じですか?地球みたいに変化はありますか?
メラムサフラ:変化はあります。晴れている時もあるし、嵐みたいな時もある。
幻朋:嵐というと…まさか雨は降らないですよね?
メラムサフラ:雨は降っていない。強い風が吹いている。でも地表に水分がある。水星のは地球の水とは違うけれど。
幻朋:水星に水分が存在しているんですか?!気付かなかったです。いつかちゃんと探索してみなきゃ!
メラムサフラ:水みたいな液体があって海みたいになっています。

植物や生物は存在しているのか?

幻朋:水分があるという事は、もしかしてその中に生物がいたりして?
メラムサフラ:地球で言う人みたいな存在しかいないです。その他の動物とかはいない。
幻朋:宇宙人の事ですね?では植物はどうでしょう?サヴィラジヌの黒いトゲみたいなものはないですか?
メラムサフラ:植物とかはなさそうです。

水星人の姿や能力、文明について

幻朋:ちなみに水星人が住んでいるんですよね?文明のレベルはどのような感じですか?建物とか立っていますか?
メラムサフラ:います。文明は地球よりは発達していて建物もある。次元が違うから、地球人には建物も人も見えていない。
幻朋:建物もちゃんとあるんですね。水星人はどんな姿をしていますか?人型系ですか?
メラムサフラ:人型ではない。地球人よりサイズは大きくて10mくらいある。
幻朋:大きいですね!手や足はありますか?ウンモ星人だったかな……確かその人達はウニみたいな形でしたよね。そんな感じですか?
メラムサフラ:手足はなくて長方形みたいな形。長方形を縦にしたような…。
幻朋:長方形?!!(笑)ティッシュ箱を立てたようなイメージかな。みんな同じ姿ですか?
メラムサフラ:みんな同じ形です。浮いていて、そのまま自由に移動できる。サヴィラジヌ星人みたいに、物にぶつからないで移動できます。
幻朋:浮いているタイプの人達なんですね。物体をすり抜けるという事ですかね?確かメラムさん達は、建物をすり抜けたいと思えば通り抜けたりできるんですよね?
メラムサフラ:できます。瞬時に体を変化させてすり抜けられます。
幻朋:水星人の体は何色ですか?
メラムサフラ:地球人に分かりやすく言うと色はないです。透明。でも実際にちゃんとそこにいると分かる。
幻朋:透明な宇宙人!!まさかそんな風な人達だとは思いませんでした。地球にある宇宙人やエイリアンのイメージとかけ離れていますね(笑)メラムさんは水星人と会った事があるんですか?
メラムサフラ:私はまだ会った事はないです。今見ている情報でしか分からないです。水星は複数の次元が混じっているタイプの星で、人と建物の次元がそれぞれ違います。
幻朋:複雑ですね。2種類の次元を見る事ができないといけませんね。地球人にはどちらも見えませんが(笑)サヴィラジヌでは次元の種類は複数ありますか?
メラムサフラ:サヴィラジヌは建物と人の次元は一緒。ただ自分の体の次元を変えられます。
幻朋:ハイテクすぎます(笑)水星については大体分かりました。次は金星の事を教えてください。

金星について

金星は何で構成されているか?気温は何度か?

幻朋:金星は何でできた惑星ですか?
メラムサフラ:金星も岩みたいな感じだけれど、地球の次元とは違う物。
幻朋:物質まで次元が違うんですね。地球の物とは全然違うんでしょうね。気温はどれくらいですか?
メラムサフラ:150℃くらいと書いてある。寒いと−100℃いかないくらい。

金星の気候

幻朋:気候はどのような感じですか?
メラムサフラ:風で砂が舞っている。
幻朋:砂という事は、地表は乾いていそうですね。常にそういう状態ですか?雨も降っていなさそうですね。
メラムサフラ:大体いつも砂が舞っている。地球の風とは比べものにならないくらい強い風が吹いている。雨とか雪も降らないから地表は乾いている。
幻朋:では水分は全くない星なんですね。
メラムサフラ:水分は地下にあります。
幻朋:地下になら存在しているんですね!不思議ですね…。

植物や生物は存在しているのか?

幻朋:地表に水分がないとなると、動物や植物のようなものはないですよね?いや、黒トゲ的な植物がある可能性も?
メラムサフラ:植物はないですね。動物的な生物もいないです。
幻朋:そうですか……緑の葉っぱや花があって、動物がたくさんいる星ってこの辺にはなかなかないですよね。こういう点は地球の良い所かもしれません。

金星人の姿や能力、文明について

幻朋:金星の文明も地球より発達していますよね?
メラムサフラ:地球より能力は高いけれど、文明と呼べるものがない。
幻朋:文明がない?!ん〜……建物とかUFOみたいな乗り物もないという事でしょうか?
メラムサフラ:そうです。何もないですが、その人達自身の能力が高いです。
幻朋:そういう星もあるんですね。金星人も人型ではないですか?
メラムサフラ:人型ではないてす。大きさは1mくらいで、手足はなくて飛んでいる。
幻朋:意外と小さめですね。手足はない飛ぶタイプの宇宙人ですか…丸とか三角形のような感じなのか、もしくはグニョグニョ系なのか。想像してもほとんど当たらないです(笑)
メラムサフラ:ヒラヒラしている。地球の表現だと布みたいな感じ。
幻朋:布タイプ!!(笑)顔みたいな部分はあるんですか?目とか口のような。
メラムサフラ:顔というか…見る器官はあります。
幻朋:見る器官と言っても、おそらく地球の目とは違うんだろうなぁ。体は何色ですか?
メラムサフラ:体は大体黄色っぽい色です統一されている。
幻朋:金星人は黄色いヒラヒラ宇宙人なんですね。宇宙は広いですね(笑)この人達とは会った事がありますか?
メラムサフラ:太陽に行った時に会った事があります。
幻朋:みんな太陽に行っているんですね。金星の次元は何種類ありますか?
メラムサフラ:次元は1つのタイプです。どうやって生活しているのか分かりません。
幻朋:確かに…文明はないんですもんね。でも、確か太陽の人も家とかはなくて、区画ごとに分けて住んでいますよね?
メラムサフラ:それに近いものがあります。後で水星と金星の事をもっと調べておきます。
幻朋:ありがとうございます!太陽系の事となると、地球の資料とはまた違ってきますよね。
メラムサフラ:太陽に行って調べます。もしかしたらアマテラスさんが詳しいかもしれません。
幻朋:アマテラスさんは神様の話に詳しそうなイメージですが、宇宙の事も何でも分かるんですね。
メラムサフラ:太陽系を行き来しているので知っていると思います。
幻朋:詳しい情報などが分かったらまた教えていただければ嬉しいです!
メラムサフラ:オルアエルは間に合いませんでしたね。また来てください。

水星と金星についての情報は以上となります。それぞれの惑星にいる宇宙人さん達の姿がとても衝撃的でした(笑)手足という概念がないタイプの人が多いような気がします。同じ太陽系に住んでいる人達にぜひ会ってみたいです。
次回のパートでは火星と木星の情報をお届けしたいと思います!はたしてどんな人が住んでいるのでしょう…?