ついに太陽の中心部に到達!青白い空間、飛び交う太陽星人…到達までの活動記録を報告

ついに太陽の中心部に到達!青白い空間、飛び交う太陽星人…到達までの活動記録を報告

以前、太陽の内部に潜入した事があるのですが、その時は進行方向がずれて失敗に終わりました。その後、密かに太陽の内部探索を続けていました。宇宙人さんにアドバイスをもらいながらトライしていた所、ついに中心部に到達する事ができました!

読者様からいただいたアドバイスを元に、太陽星人さんに向けて様々なアピールを行いました(笑)効果があるのかないのか不明な作戦を行った時の事や、太陽内部の光景などをまとめてご報告していきたいと思います。
※記事に出てくる人物や用語はこちら

宇宙人にアドバイスをもらう

幻朋:太陽の事で相談しに来ました。黒点ってありますよね?そこなら温度が低いので周りの景色が見やすいでしょうか?
メラムサフラ:あれは遠くから見ると黒いですが、近くだとあまり変わらないです。中に入るとどこも燃えています。
幻朋:そうなんですか…黒点から入っても問題ないですか?
メラムサフラ:少しだけなら炎が弱いかもしれません。入っても大丈夫です。
幻朋:あの白い空間の奥に中心部があるんですよね?どんな感じなんですか?
メラムサフラ:あと少し進んでいくとありますよ。中心は暗かったり、色んな事が起こっています。太陽全体を燃やすエネルギーを作っているんです。
幻朋:暗いんですね。そこを目指してみます!ちなみに太陽星人はどこにいるんですか?
メラムサフラ:どこにでもいますよ。
幻朋:本当はその辺にいるんですね。私が見えていないだけだったんですね(笑)
メラムサフラ:まだ力が足りないと思います。頑張ってください。
幻朋:はい!またチャレンジしに行ってきます。

茶色の霧のようなゾーンに突入

2回目の太陽訪問です。黒点から入る作戦を実行しました。太陽の近くまで来たので、黒い場所を探します。ぐるりと周囲を見渡していると、小さい黒点を発見しました。
黒点に近付いていくと、少し炎が落ち着いている様子でした。そのまま真っ直ぐ進みましたが、中に入ってしまうと他の場所と同じようにオレンジ色に燃え盛っていました。
どんどん進んで行くと黄色いエリアに出ました。このまま一気に中心へ突き進む事にしました。すると、突然何かが猛スピードで通り過ぎていくのが見えました。「今のは何だ?」と不思議に思いながらも移動を続けていると、またもやビュン!と目の前を飛んでいきました。
徐々に周りの景色が白っぽくなり、白色のエリアに到達しました。前回よりは早く着いた気がしました。一旦その場に留まり、自分の存在に気づいてもらうためにアピールを開始しました(笑)
「サヴィラジヌ星のメラムサフラさんのご紹介で来た地球人です。同じ太陽系に住んでいるので、ぜひ太陽星人さんと交流したいなと思っております。」
再びビュン!っと何かが通過していきました。特に誰からも応答はありません。
「私は怪しい者ではありません。ぜひ太陽星人さんにご挨拶をしたいのですが…。」
私の呼びかけも虚しく、応答はありませんでした(笑)気を取り直して中心部を目指す事にしました。前回は白色ゾーンを外れてメラメラ炎ゾーンに戻ってしまったので、真っ直ぐ進む事に集中しました。
相変わらず岩のような物体が浮いていて、ぶつかりそうな感覚があって少し怖いです。しばらく進んでいると周りが白色から茶色に変わりました。ついに新エリアに突入する事ができました!薄暗い感じで、茶色の霧に包まれているような場所です。「ここが中心部なのかな?」と観察しながら、ゆっくりと前に進みました。

茶色の霧のようなゾーン

ここに来て私は何か異変を感じ始めました。奥に進むに連れてひどい耳鳴りがするんです…。「何だろうこの耳鳴りは。」と驚きましたが、そのまま前進しました。
すると辺りが白っぽくなってきました……どうやら茶色の霧ゾーンを抜けたようです。果たしてあれが中心部だったのだろうか?一旦太陽から出て、メラムさんに質問しに行く事にしました。

太陽星人の生態を知る

幻朋:また太陽に行ってきました。今回は茶色い場所に到達しました!あれは中心部だったのでしょうか?
メラムサフラ:ただの茶色ですか?それだとまだ違います。ずれている可能性があります。
幻朋:え〜〜!もっと奥があったんですか?ショック…(笑)あ、それともう一つ聞きたい事がありました。すごいスピードで飛んでいる謎の物体を目撃したのですが、それは何でしょうか?
メラムサフラ:太陽の人じゃないですか?
幻朋:あれが噂の太陽星人?!話しかけましたが何も反応がありませんでしたよ(笑)メラムさんはどうやって話したんですか?
メラムサフラ:私は普通に話せます。 あの人達は、常に瞬間移動しているような生態です。動く時は速いです。
幻朋:あれは移動していたんですね。人間と比べると歩く速度がかなり速いですね(笑)あの状態に話しかけるんですか?どうやって会話すれば良いですか?(笑)
メラムサフラ:止まる時もありますよ。
幻朋:もしかしてこちらに気づいていなかったりして?
メラムサフラ:あなたの力がまだ足りていないですね。太陽の次元は全然違いますから。
幻朋:ガーン(笑)……私みたいな地球人には遠い世界ですね。太陽星人さんとは交流できないかもしれませんが、また中心部を探しに行きたいと思います。
メラムサフラ:頑張ってください。

衝撃の空間!太陽の中心部にあった物とは?

日付をあけて、私は3回目の太陽探索に向かいました。太陽にはイザナギ様とイザナミ様がいらっしゃるという話を聞いていたので、今度はお二人に向けても挨拶をしようと考えていました。
地球から意識体が飛び出してから、太陽に着くまではあっという間でした。かなり移動スピードが上がりました。太陽の表面で「また地球から来ました。失礼いたします。」と挨拶をしてから中に入りました。
あとは一気に突き進んでいきます。太陽の内部も、何だかんだで慣れてきました(笑)オレンジ色の所を通過します。途中で炎がすごい勢いで私の左右を通り過ぎて一瞬ドキッとしました。
すぐに白色エリアに到着しました。風が吹き荒れていて、目の前が白くてよく見えません。例の岩がいくつも浮いています。そして茶色い空間へ入りました!ここまでは順調に来ています。しかも前回と違って耳鳴りがしません。脇道に外れないように真っ直ぐ進む事を意識しました。
「あ!居た!太陽星人!」私は突然の出来事に声を出してしまいました(笑)忘れないように、急いでメモ用紙にスケッチしました。

太陽星人

私が見た太陽星人はこんな感じでした。黒くて全体的に三角形みたいな姿で、丸い部分がありました。ウネウネしながら一瞬で飛び去っていきました。後からメラムさんに見せてもらった姿を確認しましたが、結構似ていました(笑)

太陽星人のシルエット

当時は、真っ黒な姿を見てシルエットだと思っていましたが、実はメラムさんが見せてくれたのは太陽星人そのものだったのかもしれません。私が見たのも真っ黒でした。
若干興奮しつつ、更に進んでいきました。何となく茶色い霧が減ってきました。すると少しずつ周りの景色が青白くなってきました。茶色い霧ゾーンを抜けたかと思うと、バチバチ!と白い光が雷のように光っていました。他にも白っぽい爆発も起きています。「うわっ…何だこれ……」私は恐怖で立ち止まってしまいました。

太陽の中心部

周りの空間は青白く神秘的なのですが、常にバチバチしたり爆発したりと忙しいです。急に暗くなってきたかと思うとまた明るくなったり、様々な現象が起こっていました。
しばらくその様子を観察していましたが、これがなかなかの怖さでした(笑)黄色い爆発が起こるのを目撃した後、再び奥に進みました。そしてその先にあった物は、巨大な丸い物体でした。色は黒くてその場に静止していました。

太陽の中心部にあるもの

その球体から何かを感じます。もしかして、ここにイザナギ様達がいらっしゃるのかもしれないと思い、ご挨拶をしました。
「日本の神様として有名なイザナギ様とイザナミ様が、今は太陽の神様になっていらっしゃると聞きました。私は日本から来ております。太陽に入らせていただき、ありがとうございます。」
神社を参拝する時のような感覚で、黒い球体に向かってメッセージを送りました。もちろん反応はありませんでした。太陽星人さんもいるかもしれないので、ここでも挨拶をしました。一瞬何かが通り過ぎていきました。
球体に近づこうとしましたが、これ以上は進めませんでした。立ち入り禁止ゾーンなのかもしれません。その物体の横を通って、そのまま太陽の外に抜ける事にしました。
中心部で体力を消耗してしまったので、自分の体に戻って休憩しました。その後しばらくしてから、報告するためにサヴィラジヌ星に行きました。

黒い球体が太陽の中心なのか?

メラムサフラ:今日はどうしました?
幻朋:さっき太陽に行ってきたんですが、青白い空間の奥に黒い丸い物がありました!
メラムサフラ:そこが一番奥だと聞いています。
幻朋:あれが中心部なんですね?やっと行けた〜(笑)でも丸い物体の中には入れませんでした。
メラムサフラ:そうです。中心部の物質です。私も入れないですよ。
幻朋:物質なんですね。太陽の聖なる物で、あの中に神様がいるのかなって勝手に思っていました(笑)とても不思議な感じがしたので。
メラムサフラ:そこに神がいる可能性もあると思います。
幻朋:え?やっぱり?!というかメラムさんは太陽の神様に会っていないんですか?
メラムサフラ:神とはまだ会っていないです。太陽星人の偉い人とは会いましたが。
幻朋:トップの人と会っているだけでもすごいです(笑)私は太陽星人さんとはまだ話せていませんが、とりあえず中心部に行けたので良かったです!
メラムサフラ:太陽はサヴィラジヌと全く違う次元なので、簡単には話せないかもしれません。
幻朋:ですよねぇ…。でも、諦めずにまた訪問してみようと思います。色々とアドバイスしてくださってありがとうございました!
メラムサフラ:応援しています。
太陽探索のご報告は以上です。太陽の中心部に到達するまでの記録をお送りいたしました。中心部には黒い球体状の物質がある、という結果でした。エネルギーを生産している青白いエリアは、かなり活発な活動をしていました。
到達までなかなか思うようにいきませんでしたが、太陽内部の様子を色々と観察する事ができました。何より達成感があります(笑)今後も太陽に関する情報が入り次第、ご報告したいと思います。そして、いつか太陽星人さんと交流したいです!太陽チャレンジを応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。