天照大御神の霊界講座【その4】デジャヴとは?風水や六曜に効力はあるのか?

天照大御神の霊界講座【その4】デジャヴとは?風水や六曜に効力はあるのか?
今回も皆様からいただいた質問をアマテラスにお伺いしてきました!サヴィラジヌの方達と一緒に色々なお話を聞いて勉強しましたので、その時の記録をご報告いたします。
記事に出てくる人物や用語はこちら

いつもとは違うメンバーで勉強会スタート

シノエテセヨオヒ:こんばんは。
幻朋:お邪魔します!今日は霊的なお話の勉強会を久しぶりにやりたいなと思って来ました。シノエテさん達は今はお時間は大丈夫ですか?
シノエテ:私達は大丈夫です。
幻朋:良かったです!ぜひ一緒に話しましょう。サヴィラジヌにメラムさん達はいますか?
シノエテ:メラムさんは星にいません。ウリムさんと違う星に出かけています。オルアエルさんはいますよ。
幻朋:メラムさんはお出かけ中でしたか。オルアエルさんにお話があるので、呼んでいただいても良いですか?
シノエテ:繋ぎますね。
(モニターにオルアエルさんとケスリロさんが映りました。)
幻朋:あ、ケスリロのリイ(神)だ!(笑)
ケスリロ:メラムさんの代わりだぞ。
幻朋:ケスリロさんもぜひ勉強会に参加していただきたいです!先にオルアエルさんに神社のメッセージを伝えますね。
オルアエル:良いよ。
(オルアエル神社のメッセージを伝え終わりました。)
幻朋:それでは、アマテラス様にお願いしに行ってきます。
シノエテ:私が呼びますね。
幻朋:良いんですか?!いつもすみません。
シノエテ:すぐ来てくれますよ。
幻朋:お優しいですよね。
天照大御神:またせた。
幻朋:アマテラスさん、来てくださってありがとうございます!
オルアエル:待ってたよ。
天照大御神:おるあえるとけすりろもきていたか。
幻朋:メラムさんが不在なのでケスリロさんが来てくださいました。
ケスリロ:たまには参加しないとな。
天照大御神:そのとおりだ。
セヨオヒ:オルアエルさんとケスリロさんは珍しいですね。
幻朋:二人のコンビも地球人の方に人気ですよ(笑)今日は霊的な事についてアマテラスさんに色々と質問をさせていただきたいのですがよろしいでしょうか?
天照大御神:かまわない。
幻朋:よろしくお願いします!

個人に狐が付く事はある?狐の霊とは?

幻朋:では、地球人の方からの質問を順番に読んでいきます。「だいぶ前に当時の友人から「狐が4匹付いてる」と言われました。(ホントか分からない)有り得るならどんな霊なのか。」
天照大御神:しゅごれいか。
幻朋:守護霊さんが擬態しているパターンでしょうか?
幻朋:もし守護霊だとしたら、四人付いているという事でしょうか?
天照大御神:そんなにはつかない。
オルアエル:そんなにいないんじゃない?
ケスリロ:幻覚を見ているのかもしれないな。
幻朋:守護霊ではないとしたら、狐の悪い霊というパターンはありますか?
天照大御神:それはいない。あくりょうはどうぶつのかたちにはなれない。
幻朋:そういえば、以前メラムさんから似たような話を聞いた気がします。悪霊の塊は人の形で影みたいな姿だと言っていたような?少し違うかもしれませんが。
幻朋:あと考えられるのは…狐の姿に擬態している霊界からの使者が、個人に付くというパターンでしょうか?
天照大御神:それはないだろう。
シノエテ:1つのものが4つに見えてしまう事はありませんか?
天照大御神:かのうせいはぜろではない。あまりかんがえにくい。
セヨオヒ:狐しかいないんですか?
幻朋:人に付くメジャーな霊が狐なのでしょうか?確か他に、蛇に取り憑かれているからお祓いをした方が良い、みたいな話もあったと思います。
天照大御神:へびやきつねにかぎることではない。
幻朋:そうですね。スズメの霊とか他の動物のパターンがあっても良いですね。

デジャヴ(既視感)とは何なのか?

幻朋:次は三人の方から同じ質問をいただいていましたので、合同で読ませていただきます。「デジャヴ(夢に見た体験を現実にする)をたまに見るのですが、これは何なのか。」お次の方は、「実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じる現象、既視感とは何でしょうか?」最後の方は、「よくそう思うだけで勘違いかもしれませんが、”デジャヴ”って本当にあるんでしょうか?『この場所でこのセリフ前にも言った気がする』とか『これ前にも見た気がする』みたいな事が時々あり、私が気付いてないだけでループしてるなんて事は…?デジャヴとは、勘違いなのか何か別な事なのかアマテラス様に聞いていただきたいです。」
天照大御神:のうのなかにあるかこのきおくがまざっておもいだされている。ふうけいやことばいろなどちがうばめんのものがまざってひとつのものになる。それがいまおきているできごととかさなる。
幻朋:へぇ〜!そんな仕組みだったんですね。分かりやすいです。
シノエテ:そんな事があるんですね。
ケスリロ:変わった作りをしているな。
幻朋:そうなんです。人間の脳って面白いですね。

気を高める方法はあるのか?

幻朋:「気を高める方法があるかどうか。」
天照大御神:たかめるほうほうはない。
ケスリロ:ないのか。
天照大御神:そんざいしない。
オルアエル:面白いね。
幻朋:そうなんですね。これをやると気が高まるというような事を聞きますが。
天照大御神:ちきゅうじんがかってにいっているだけだ。
幻朋:そんなぁ…(笑)でも、ふと思い出した事があります。オカルト好きの友人が、気を高めるやり方というのを一時期やっていたようなのですが、効果を一切実感できなかったと言っていました。

風水に効力はあるのか?

幻朋:「風水に効力があるかどうか。」
天照大御神:かんけいはない。
幻朋:でも、どこどこの方角にこうすると良いとか、そういう話はよく聞きます。
天照大御神:ふうすいのこうかがあるひとは、そのひとのたいしつにあてはまっているひとだけだ。
幻朋:全ての人に効果がある訳ではないという事なんですね。
天照大御神:ひとのからだによってほうがくやものなどあいしょうがいいものなどちがってくるだろう。せいかいはひとそれぞれちがう。
幻朋:そうなると全員には共通しないので、関係ないかもしれないですね。玄関に◯◯を置くと金運がアップするとか言いますよね。
天照大御神:かんけいはない。
幻朋:風水通りにしなくても、調子が悪くならずに普通に生活している人もいますもんね。人それぞれですね。
天照大御神:ふうすいからきもちをこんとろーるしているのはあるだろう。
オルアエル:よく分かんないよ。
シノエテ:風水は難しいですね。

方違えや六曜などの効果はあるのか?

幻朋:「方違え、六曜などは効果はありますか?鬼門、裏鬼門はありますか?あるのであれば、どういう物でしょうか?六曜には「手術をしたら治りが遅い日」や一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)などの縁起が良い日があると言いますが、そういうのはありますか?」
天照大御神:つくられたものだ。
幻朋:鬼門や裏鬼門はありますか?
天照大御神:じっさいはなにもおこらない。
幻朋:では、縁起が良い日などはいかがでしょうか?
天照大御神:あまりかんけいがない。
セヨオヒ:地球人が作ったルールのようなものですか?
天照大御神:いみのないるーるだ。
幻朋:でも、普段から大安や仏滅の日などを確認して行事を行ったりしていますよね。
ケスリロ:そんな事をいちいち考えてられないな。
天照大御神:そのとおりだ。
幻朋:(アマテラス様達が強すぎて何も言い返せない…笑)

夢で見た霊界のような風景について

幻朋:「先日亡くなった母が夢に出てきました。私と母の間には茶色い土嚢のような物が隔っていました。私の周りにも人がいましたが、私は母を見ていたので、よく覚えてません。母の方にも人がいて、母は人と人の間から私を笑顔で見ていました。母側をずっと見ていたので、景色もよく覚えてて、藍色の様な夜で赤い提灯の様な光がポツポツとあり、影っぽいですが人も行き交ってました。母に「そっちは賑やかそうやね」って話しかけましたが、母は笑顔のまま応えてくれなくて、でもじっと見てくれてるから伝わってると思って、「私はこっちでみんなと仲良くするから安心して」って伝えました。やっぱり母は笑顔でしたが応えてくれませんでした。それを話した途端私の身体ごと土嚢から引き離されまして、それでおしまいというオチのない夢の話ですが、アレは霊界なのかな。。ただの夢なのかなぁって今でも思ってます。」霊界にこのような場所はありますか?
天照大御神:そんざいしない。
幻朋:しかし、これは意味のある夢かもしれませんね。
天照大御神:それもきおくのいちぶとかんけいしている。

星に一番最初に生まれる人は赤ちゃんの状態?

幻朋:「(悪い事をして新しい星に転生させられるというお話についてです)たった1人で新しい星に生まれるのも辛いですね。ただ、ここで一つ気になったんですが、たった一人で生まれるって事は、どうやって最初の人は生まれるんでしょうか?それと赤ちゃんとして生まれるのか?最初から一人で生きて行けるように成人として生まれるのか?そこが気になりました。卵が先か鶏が先かみたいな感じですよね。」
天照大御神:にんげんでいうとおとなのようなじょうたい。
幻朋:すごいですね!成人した人の状態で現れて生きていくんですね…。
(ここで寝そうになってしまったので、眠気覚ましにチョコを食べようとしていると、アマテラス様がそれに気づきました。)
天照大御神:ちょこれーとか。
幻朋:すみません。眠気がひどくて寝てしまいそうなのでチョコを失礼します(笑)何だか体もだるくて……まさかこのだるさはコロナでしょうか?コロナにかかっているかどうか見えますでしょうか?!
天照大御神:ころなではない。
幻朋:良かったです。体のだるさがあるので心配しました。
天照大御神:ころなはそんなものではない。
幻朋:確かにコロナだとものすごい倦怠感らしいですね。
天照大御神:つかれだ。やすみなさい。
幻朋:ただの疲れですね(笑)勘違いでした。では、エネルギーを補給したので続きを始めます。

運命と宿命について

幻朋:「よく運命と宿命と言うのがありますが、僕が思うのは宿命は自分が生まれてくる前に自分に課した宿題と思ってます。なので生きてる間に自分で自分に課した宿題を見つけて、その答えを見つけるものが宿命だと思ってます。なので宿命は変えられないものだと考えてますが、運命は、それを見つけるための道って感じで、決まったものはないのだと思ってます。なので運命は決まってなくて、自分の決断や判断で変えられるものだと思ってます。と僕は思ってますが、これで合ってるのかどうかは分かりません。」
天照大御神:どちらもおなじようないみだ。
幻朋:運命も宿命も同じようなものなんですね?どちらも変えられますか?それとも変えられないものですか?
天照大御神:かわることもある。
幻朋:未来は変わる場合があるという事に関係しそうですね。

意識体と霊の違いについて

幻朋:「以前質問会でウリムさんから「自分の中にいる情報が外に出て活動しているのが意識体」だと教えてもらいましたが、意識体と霊は別物でしょうか?自分の中=魂の中にある情報が意識体でしょうか?」
天照大御神:れいではない。
幻朋:魂の中にある情報でしょうか?
天照大御神:たましいのなかにあるじょうほうでもない。
幻朋:意識体はどこから出てきていますか?
天照大御神:からだのなかからでている。
幻朋:体の中……この肉体の事でしょうか?
天照大御神:にくたいではない。
幻朋:難しいです(笑)地球人や宇宙人、それぞれの次元の体という事でしょうか。神様も意識体を出せますが、肉体ではないですもんね。そうなると、やはり体という表現がぴったりですね。
天照大御神:からだといえばわかりやすい。
意識体

自ら虫などに転生する場合も人生計画をするのか?

幻朋:「自分から望んで虫や植物に転生する際もやはり人生計画をしてから転生しますか?」
天照大御神:けいかくするばあいもあるがきめられるばあいもある。
幻朋:霊界の人に決められて転生するのは難易度が高そうというか、心の準備ができないですね(笑)でも、虫の人生を考えるのは難しそうなので、決めてもらっても良いかもしれませんね。

罰として決められた転生をする場合はすぐ送り出される?

幻朋:「罰として嫌いな生物や、新しい星の一人目に転生させられる場合は、人生計画をする間もなく強制送還されるのでしょうか?」
天照大御神:それはある。じょうけんはわからないがきいたことがある。
幻朋:確か霊界に留まる事なくすぐに転生させられるんですよね。霊界に戻ってきて即行ってくださいと言われたらきついですね。

先祖の因縁や課題が子孫に受け継がれるのか?

幻朋:「先祖を調べると自分と似た人生を送った人がいることがあるそうですが、遺伝子のように、因縁や課題など、そういういうものも子孫に受け継がれていきますか?偶然でしょうか?」
天照大御神:それはぐうぜんだ。おなじたましいではない。
幻朋:魂の課題は人それぞれですね。でも、似た人生の人がいるというのは偶然にしても面白いですね。

魂のレベルが高い人や低い人の特徴は?

幻朋:「魂のレベルが高い人、低い人はどのような特徴がありますか?」過去にいじめの話し合いの時に、メラムさん達が魂のレベルが低い人について話していた事がありました。もう少し詳しく教えていただきたいです。
天照大御神:にんげんのようにわかりやすいとくちょうはない。
幻朋:いじめなどを簡単にするような人は、魂のレベルが低いのではないかという話を聞きました。
天照大御神:すべてがそれにあてはまるわけではない。
幻朋:よく考えたら、確かにこれは人間の特徴になってしまいますね。サヴィラジヌだと全員が良い人ばかりなので、魂のレベルは分からないかもしれないですね。逆に凶悪犯罪をした人でも魂のレベルが高い場合もありますか?
天照大御神:そのかのうせいもある。
幻朋:言い方が難しいのですが…犯罪を体験したくて、あえてその人生を選ぶという事でしょうか?
天照大御神:たましいのせいちょうにつながる。
幻朋:犯罪を犯した事によって次の転生にリスクが生じるかもしれないのに……修行ですね。
天照大御神:そのたいけんができるのがちきゅうだ。
幻朋:とんでもない過ちを犯してしまうような体験はサヴィラジヌではできないですもんね。
シノエテ:サヴィラジヌではそんな事できません。
幻朋:悪い事をしたらすぐ消されますもんね。
オルアエル:当たり前だよ。

成長により魂が大きくなる事について

幻朋:「成長すると魂は大きくなるとのことですが、霊界にいる自分の魂が大きくなるということでしょうか?今ここに生きている私たちの魂も大きくなっていますか?」
天照大御神:たいけんしたことはつねにきゅうしゅうしている。
幻朋:自分の中にある魂が大きくなるんですね。霊界の方で過ごしている魂も大きくなっているのでしょうか?亡くなって霊界に帰って合体して大きくなるのでしょうか?
天照大御神:どのようにしてもどるかはわたしもしらない。
幻朋:こればかりは亡くなってみないと詳しい仕組みは分からないですよね。
天照大御神:ちきゅうでいきているあいだにはおおきくならない。
幻朋:それはどのような意味でしょうか?
天照大御神:ちきゅうでいきているあいだだけではじかんがみじかすぎる。
幻朋:なるほど!地球の人生だけでは、目に見える程の大きさの変化はないんですね。ほぼ変わらなそうですね。魂の成長は果てしない旅ですね…。

人、動物、神などの魂は同じ所から分裂しているのか?

幻朋:「大きな塊の魂から分裂して個別の魂になっているとのことですが、人、動植物、虫なども同じ大元の魂から分裂したのでしょうか? 霊界では人や動植物などの魂の違いはなく、同じなのでしょうか?また、神様の魂も大元の魂から分裂していますか?」
天照大御神:わたしたちもたましいのことはわからない。
幻朋:みんなが同じ大きな塊の魂から分かれているかどうかは謎なんですね。
天照大御神:そうだ。
ケスリロ:神様にも分からない事はあるんだな。
幻朋:霊界については、神様方にも分からない事が多いそうですよ。私達の魂はどこから来たんでしょうね。そして、いつか成長を遂げたら大きな魂に戻るんですよね……。
天照大御神:さいしゅうてきにはもどるのだろう。
幻朋:これについては考えても答えは出ないですね。今回の質問は以上です。皆さんありがとうございました!またいつかアマテラスさんに質問をさせていただきたいと思います。
オルアエル:いっぱいあるんだね。
幻朋:霊的な事に関しては興味が尽きないのでたくさんありますね。アマテラスさん、今日も色々な事を教えてくださってありがとうございました。
天照大御神:かまわない。
シノエテ:ありがとうございます。
ケスリロ:リイの話は面白いな。
幻朋:そうなんです。とても勉強になりますので、ケスリロさんもまた来てくださいね!メラムさんにもよろしくお伝えください。早めのご挨拶になってしまいますが、体がきついので戻ります。
オルアエル:またねー。
シノエテ:ありがとうございました。
天照大御神:やすみなさい。
幻朋:皆さんありがとうございました!失礼します。

今回の霊界講座は以上となります。様々なお話があって、とても興味深く楽しかったです。アマテラス様のお話を聞いて、更に疑問が出てきた方もいらっしゃるかもしれませんので、その際はご質問いただければ幸いです。
また、次回開催分の質問を募集しておりますので、どなたでもお気軽にリクエストページにご投稿ください!霊的なお話で気になっている事がありましたら、ちょっとした事でも大丈夫ですので、下のリンクからリクエストページへお越しください。
質問リクエスト
これからも皆様と一緒にたくさんの事を学んで楽しんでいけたら嬉しいです!