他惑星にも精神的な病はあるのか?幻聴・幻覚、霊の憑依、守護霊からのビジョンなどの関係性

NO IMAGE
今回の質問のリクエストは精神的な病についてです。ちょっと難しいテーマでしたので、宇宙人さんもなかなか答えにくい様子でした。しかし、質問者様に少しでもたくさんのお話をお届けしたいと思い、自分なりにも色々と聞いてみました。
私自身も身近で精神的な病に苦しんでいた人を実際に見続けていたので、他人事には思いません。医学的に根拠のあるお話ではなく、あくまで宇宙人さんの考えや意見になってしまいますが、何かしらの参考になればと思います。
※あくまでも宇宙人さんの経験上の見解や意見となりますので、何卒ご了承くださいませ。
記事に出てくる人物や用語はこちら

なぜ精神病があるのか?他惑星にもあるのか?

メラムサフラ:お待ちしていました。オルアエルを呼びますね。
幻朋:お久しぶりです!以前ご相談していた精神的な病についてのお話をしに来ました。地球の情報には載っていないかもしれませんが、メラムさん達の見解などを聞かせていただければと思います。
メラムサフラ:見てみます。体の内部の事は載っていない可能性もあります。
オルアエル:来たよ。
幻朋:オルアエルさんもこんばんは!それではさっそく地球人の方からいただいた質問をしていきます。よろしくお願いします!「なんで地球には精神病があるのか?他の惑星でも精神病ってあるの?」
メラムサフラ:それは難しいですね。
幻朋:やはり難しい話ですよね。少しずつ見ていきましょう。他の惑星にも精神的な病はありますか?
メラムサフラ:他の星にもあります。
幻朋:あるんですね?!それはどんな症状でしょうか?地球と共通している部分があれば何か分かるかもしれません。
メラムサフラ:突然宇宙のどこまでも行ってしまったりとか、自分から消えたりとかがありました。
幻朋:消えるとは命を絶つという意味ですか?
メラムサフラ:そうです。
幻朋:確か地球でも気づかないうちに知らない所まで行ってしまうという症状があったような気がします。これらの病はサヴィラジヌの話ですか?
メラムサフラ:サヴィラジヌではないです。他の星の人です。
幻朋:なぜそのようになってしまったのか原因は分かりますか?
メラムサフラ:生まれつき異常があるという事が多いです。
幻朋:その宇宙人さんのお体に異常があるという事でしょうか。
オルアエル:サヴィラジヌはあまりないよね。
幻朋:精神的な病が生まれる星と生まれない星の違いはあるのでしょうか?
メラムサフラ:あっても治る場合もありますし、他の人に迷惑をかけるようだと消される可能性もあります。
幻朋:それはサヴィラジヌでの話でしょうか?
メラムサフラ:サヴィラジヌの場合です。
幻朋:どこの星にも精神的な病はあるんですね。でも病を患っている方が少ない星では、ちゃんと対処できているという事でしょうか?
メラムサフラ:地球の精神病というのは規模が大きいような気がします。他の星では治す事もできますし、地球ほどひどい感じでもありません。
幻朋:地球はなぜひどいと思いますか?メラムさん達は色々な星を見てきていると思いますので、ご意見を聞かせていただきたいです。
メラムサフラ:それも地球環境の一つなんだと思います。
幻朋:やはりそうなりますか…。色々経験できる事の一つなんですね。
オルアエル:地球だからね。
メラムサフラ:地球はそういう風に作られているんだと思います。

精神病は霊の憑依が原因なのか?

幻朋:「精神病は私達に見えないエネルギーの乱れで起こるの?それとも霊の憑依なのか。」という事で、体の異常以外にもこのような原因はありますか?
メラムサフラ:霊的なものはないと思います。その人自身の異常によって起こるものです。
幻朋:でも地球では霊のお祓いをすると良くなる場合もありますが、それについてはどう思いますか?
オルアエル:気のせいだと思うよ。
メラムサフラ:一時‬的な不具合は霊によって起こるものもあります。体の動きに支障をもたらしたり、あとは良くない事が起こります。
幻朋:そういう霊からの悪影響はあるんですね。霊から話しかけられたりとかはありますか?
メラムサフラ:霊からはないです。そういう時は体に異常が出ている事なんだと思います。

体内物質が変化して精神的に病む

幻朋:質問の続きを読みますね。「それとも脳の物質の変化(生物学的上)の関係で起きるのか。例えば:ひきこもって太陽浴びないとセロトニンの分泌されにくくなりセロトニン不足で病む。」
メラムサフラ:太陽の光は分からないですが、体の中の物質が変化する事はあります。それと同じ事でしょうか。
幻朋:他の宇宙人の方も同じような変化があるんですね?やはり体内物質の変化によって精神的に病んでしまう場合があるんですね。
メラムサフラ:そうです。
幻朋:地球人は太陽の光を浴びるのが大事みたいです。
オルアエル:太陽に行けば良くなるね。
メラムサフラ:地球人の体が持ちません。
幻朋:お二人は太陽に行くと元気になりますか?
メラムサフラ:あまり分かりません。
幻朋:ですよね(笑)これは地球人特有の体の作りなんですね。

幻聴や幻覚は他の次元の存在を見ているから?

幻朋:「精神病の症状でよくある幻聴と幻覚は脳で作り出された物なのか?それとも他の次元のものをみてしまっているのか。」これについて何か分かりますか?
メラムサフラ:難しいですね。脳の仕組みが分かれば良いのですが。
幻朋:他の宇宙人の方やサヴィラジヌの皆さんは幻覚を見たりしますか?
メラムサフラ:見ないです。聞いた事がありません。
幻朋:地球人特有の症状なのでしょうか?でも他の次元の存在を見ている可能性もありますよね?質問者様も何か霊的な存在とか、別な次元のものを見ているかもしれません。
メラムサフラ:その可能性はあります。全く見た事がないものを見ている時はそのような別の次元のものを見ている可能性があります。しかし色々なものを求めていると、それが映し出されているように見える場合があります。
幻朋:イメージが実際に映し出されるような感じでしょうか。地球人の体の仕組みはすごいなとあらためて思います。

守護霊から見せられるビジョンについて

幻朋:次のお話に進みますね。「あと私の個人的な病気の症状で申し訳ないので脳内に映像がよく流れるんですよ。いわゆるビジョンというものだと思うんですけど…こういうものって病気のせいで脳が勝手に作り出しているのか、それともなんかの次元の方からのメッセージや守護霊からの伝言なのかなって。」
メラムサフラ:守護霊の場合だとそういうのを見せてくれる事もあります。でも、そういう時は映像についてどういう意味かを教えてくれるので、勝手に映像が流れてくる事はないと思います。
幻朋:映像を見せながら説明してくれる場合もあるんですね。
オルアエル:そういうの治らないの?
幻朋:私の身近な人が精神的な病になった事があるのでいくらか分かるのですが、地球では完治という言葉は使わずに寛解という風に言ったりします。また再発する可能性があるからだそうです。
メラムサフラ:治す方法は必ずあるはずです。地球人がそれを見つけられるかどうかです。
幻朋:治す方法があると良いです!何とかならないかなと思いますが、脳の働きなどを解明するのは難しそうですよね…。ちなみに守護霊とは逆に、悪い霊などが映像を見せるという事はありますか?
メラムサフラ:ないと思います。

精神病は作り上げられた病なのか?

幻朋:これで最後になります。「そもそも精神病って本当に存在するのか?精神病って薬を処方してもらって儲けるために医療業界が作り上げた病気と言われています。昔の人は精神病を違う風に見てて取り憑かれているとみてお祓いとかしてました。幻聴や幻覚も多分もっと普通のことで病気ではない感じで見られてる気がします。(←私の考え)現代が病気としてみてるだけなのかな?ってたまに思います。」
メラムサフラ:自然に起こっている事だと思います。体に起きる異常から生まれたものだと思います。
幻朋:お金儲けのために病名を付けていると思いますか?
メラムサフラ:そうじゃないと思います。少しずつ研究されてきてるんだと思います。
幻朋:それぞれの症状などに合わせて病名を付けている感じでしょうか。でも、質問者様の言っているお気持ちも分かります。薬漬けにされるみたいな事もある気がします。
メラムサフラ:そういう地球と似ている星の情報を見て、隔離したりするのがあまり良くないと思いました。
幻朋:隔離ってよくご存じですね。
メラムサフラ:見ました。自由を奪っているので良くないです。隔離をしているせいで更に悪化している気がします。
幻朋:隔離をする部屋を病院で見た事がありますが…隔離されているご本人も外に出歩いてしまって転んで怪我をしたり危険があります。それを見守る看護師さん達もとても大変そうでした……なかなか難しい問題だなと感じます。他の星ではあなたはこうですよと病名をはっきり告げて対処しているのでしょうか?もっと普通にオープンに治療した方が良いのでしょうか?
メラムサフラ:治せる場合は治しています。治せなくてもその状態を伝えて少しずつ治療していきます。
幻朋:治療とは薬ですか?
メラムサフラ:薬ではないです。体の中の治療です。
幻朋:やはり根本的に治すという事ですよね。やはり薬をずっと使い続けるのはあまり良くない感じですよね。
メラムサフラ:体の方を診ていかないと治るとは思いません。
幻朋:薬‪はひどく悪化している状態の時に一時‬的な対処としては良いような気もします。私の身近な人は、ある程度元気になってきたら薬を止める決断をして、その後は少しずつ安定しています。
メラムサフラ:地球では治っている人が少ないと感じます。
オルアエル:薬意味ないよ。
幻朋:薬だけに頼るのはあまり良くないかもしれないですね。

丹光とは何なのか?

幻朋:先程のお話は終わりなのですが、不思議な映像を見るという繋がりでもう一つ質問があります。こちらはまた別な方からの質問です。「丹光と言う、目を閉じたりした際に見える色、光、幾何学模様です。コレがネットで調べると第三の目や第六感と言われてるそうです。要するに霊感みたいなものらしいです。コレが見えるとスピリチュアル的な能力が上がっていたり、覚醒していたり?!と言う事なんですが、コレは真実なのかな?」こちらの丹光という情報はありますでしょうか?
メラムサフラ:(しばらくしてから)……見つけられません。
幻朋:載っていませんでしたか。ちなみに私は…目を閉じると真ん中に黒い丸が見えます(笑)これは眼球か何かの作用でしょうか。光とかは見えません。
メラムサフラ:ちょっと想像できないです。
オルアエル:嘘だと思うよ。
幻朋:いや、オルアエルさん(笑)実際に見ている方がいらっしゃるので何かなんだと思います。
メラムサフラ:不思議な現象ですね。分からなくてすみません。
幻朋:そんな事ないです!人体の情報は規制されているのでやはり難しいですね。今日も色々な事を調べたり教えてくださってありがとうございました!
メラムサフラ:あまりお役に立てなくてすみませんでした。
幻朋:他の星にも精神的な病があるとか、色々な事が知れて勉強になりました。また次もよろしくお願いします。拠点も楽しみですね!
メラムサフラ:楽しみです。またお待ちしています。
幻朋:はい!カテ(ありがとう)です。
オルアエル:またね。

今回のお話は以上となります。とても難しいテーマでしたが、また新たな発見もありました。精神的な病ももっとオープンになって、世間に理解してもらえるような環境になれば良いなと思いました。
症状で苦しんでいる方を見ているのは辛いですが、ご本人が一番辛いです。個人的には家族や周りの支えがとても重要だと思っています。本人のペースに合わせてサポートをして、しっかりと寄り添い続ける事が大事だと思います。地球でも早く完全な治療法が発見されれば良いなと願うばかりです。
サヴィラジヌ語講座
幻朋:惑星はサヴィラジヌ語で何と言いますか?
メラムサフラ:惑星はルウソです。
幻朋:ルウソですか!どういう文字を書くのかも教えていただきたいという地球人の方がいらっしゃるのですが、よろしければ文字も見せていただけますか?
メラムサフラ:分かりました。 
ルウソ
幻朋:4文字なんですね。
メラムサフラ:こうなります。地球の文字とは全然違いますね。