アセンションは他の星でも起きているのか?宇宙人の拠点地ができるまでの流れなど【第3回 質問会 Part2】

NO IMAGE
【第3回  質問会  Part1】の続きです。読者様からいただいた様々な質問やリクエストについてお話をしてきました。今回は驚きの新メンバーが参加しましたので、ぜひご覧いただければ幸いです!
記事に出てくる人物や用語はこちら

性格は正反対な親子

幻朋:こんばんは。また来ました。
オルアエル:待ってたよ。
メラムサフラ:こんばんは。今皆さんを呼びますね………。
アココレムク:こんばんは。
幻朋:アココさんマルア!来てくれたんですね。
アココレムク:あ!その言葉。
幻朋:この前覚えたのでさっそく使っています(笑)
アココレムク:メラムさんから教えてもらったんですね。
幻朋:他の地球人の方も使ってくださっていますよ。
メラムサフラ:サヴィラジヌの言葉が広がったんですね。
ラノム:お久しぶりです。アクトミラに言われて来ました。
幻朋:お久しぶりです!お会いできて嬉しいです。
カノロト:ケスリロさんから行ってこいと言われて来ました。
幻朋:カノロトさんもマルアです。
カノロト:マルアを知っているんですね。
エシタテ:興味があるのでまた来ました。
シノエテ:こんばんは。
幻朋:みなさんカテです!
オルアエル:あ、やっと来た。
幻朋:ん?誰…えぇぇ?!!
ユスモヨツ
メラムサフラ:オルアエルの子供です。
幻朋:ですよね?!前にイメージを見せていただきましたがそっくりですね!
オルアエル:自己紹介するんだよ。
ユスモヨツ:ユスモヨツです。よろしくお願いします。
幻朋:ユス…モヨツ…ユスモヨツさんですね。初めまして!
オルアエル:ユスモヨツだよ。
幻朋:女性ですか?男性ですか?
ユスモヨツ:女性です。
メラムサフラ:最近関連施設に入ったんです。
幻朋:そうなんですか。有能な方なんですね!
オルアエル:親に似たんだよ。
アココレムク:似てないような気もします。
幻朋:お若いのにとても真面目な方ですね!素晴らしいです。
メラムサフラ:しっかりしてますよ。
オルアエル:私もちゃんとやってるよ。
ラノム:大事な任務を背負っていますからね。
幻朋:オルアエルさんも頑張って任務をこなしていますよね。
オルアエル:メラムさんに聞いたら連れて来て良いって言われたから呼んだよ。
シノエテ:オルアエルさんが二人いる〜。
カノロト:色も性格も正反対ですね。
幻朋:カノロトさん(笑)
アココレムク:良い親子ですね。
ユスモヨツ:会えて嬉しいです。質問会の事は聞いています。
幻朋:私も嬉しいです!もう事前に聞いていたんですね。では、さっそく前回の続きを始めますね。皆さんよろしくお願いします。

宇宙人の拠点地はどうやって作られるのか?

サヴィラジヌ星人
幻朋:最初の質問というか、これはリクエストですね!早く日本の上にサヴィラジヌ星大使館を建ててほしいですとの事です。前に拠点地を作ろうという話をしていましたよね!
オルアエル:作りたいね。
アココレムク:ウリムさんに頑張ってもらいましょう。
幻朋:ウリムクオツさんも作りたいと言っていましたもんね。やはり許可をもらわないといけないですよね。
メラムサフラ:アマテラスさんにも相談ですね。
幻朋:実際に拠点地を他の惑星に作るには、どのような流れになるのでしょうか?どなたかご存知の方がいたらご説明をお願いしたいです。
メラムサフラ:アマテラスさんとウリムさんである程度合意があれば大丈夫だと思います。
幻朋:それだけで作れるんですね!
メラムサフラ:アマテラスさんが他の神様とやり取りしてくれます。
オルアエル:アマテラスさんすごいね。
幻朋:他の神様というと地球のですか?
メラムサフラ:ツクヨミさんやスサノオさんなどです。
幻朋:一般的には神様ではなく、惑星のトップ同士で話し合うんですよね?
メラムサフラ:そうですね。ここら辺は星のトップ同士になります。その前には神様と相談します。
幻朋:サヴィラジヌの神様に相談してオッケーなら大丈夫なんですね。地球では地球人のトップがいないので、アマテラス様と直接やり取りになるんですね?地球人は宇宙人が見えないですもんね。
メラムサフラ:地球では星のトップというのがいないので、代表でアマテラスさんに話しています。
幻朋:全部の対応をやらなきゃいけないので大変そうですね。
ラノム:宇宙人と話ができない星はみんなそうなるんですか?
幻朋:良い質問ですね!私も知りたいです。
アココレムク:そのような星は地球みたいに神様が対応します。
オルアエル:星のトップがいない星はそんなにあるんだね。
幻朋:地球の他にも宇宙人が見えない星はたくさんあるとアマテラス様が言っていましたよ。以前は地球だけなのかなと思っていました。
メラムサフラ:太陽系周辺ではそのような星が多いですね。
幻朋:そうなんですね。宇宙の地域ごとに違うんですね。それにしてもサヴィラジヌの拠点地ができれば良いですね!
シノエテ:楽しみですね。
カノロト:作っちゃいましょう。

地球人は他の惑星に行けるのか?

幻朋:オルアエル神社で「【大吉】おめでとう!サヴィラジヌに連れてくよ。」と出ました。いつ連れて行ってくれますか?
オルアエル:連れて行けるならすぐに連れて行くよ。
ユスモヨツ:手伝います。
幻朋:親子でアブダクション(笑)
アココレムク:みんなで迎えに行きましょう。移動速度の速い親子ならすぐですよ。
幻朋:本当に連れて行けるんですか?
メラムサフラ:連れて行けない事はないですが、身体がサヴィラジヌに対応できませんね。
エシタテ:連れて行けるなら迎えに行きましょう。
幻朋:それがですね、地球人は宇宙空間に生身で出ると亡くなってしまうんです…酸素もないとダメだし、暑さにも寒さにも弱いです。サヴィラジヌに来たら即凍りつきます(笑)
ラノム:それはダメです。
シノエテ:何か大丈夫なように開発しないといけませんね。
幻朋:ぜひお願いします!サヴィラジヌに来たい方は他にもいらっしゃいますので。
カノロト:ケスリロさんならやれそうじゃないですか?
幻朋:開発とかもできるんですか?
ラノム:ケスリロさんは偵察機のメンテナンスも何でもできます。
幻朋:さすが大長老ケスリロさん!私も意識体ではなく生身の身体で行ってみたいです。後で相談してみます(笑)
オルアエル:お願いしようよ。

他の惑星でもアセンションは起こっているのか?

幻朋:今地球でアセンションが起こっているそうです。太陽系と同じようにサヴィラジヌのあるサミユ系でもディセンション・アセンションを繰り返しているのでしょうか?何のためにディセンション・アセンションが起こるのでしょうか?というご質問です。分からない方のために簡潔に説明しますと、アセンションとは地球や人類が3次元から5次元へ移行する事で、ディセンションはその逆の現象だそうです。
アココレムク:そんな事できるんですか?
メラムサフラ:次元が変わった瞬間に地球から消えてしまいます。地球が3次元〜5次元を持っているなら可能かもしれませんが。
幻朋:確かパラレルワールドというのが本当にあった場合も体が分裂してしまうんですよね?地球は3次元の他に次元はありますか?
メラムサフラ:分裂します。地球は3次元です。
幻朋:でも、アセンションしている方がいらっしゃるそうなので、もしかして4次元や5次元をお持ちの方がいるのでしょうか?…アセンションの話はなかなか難しいです。サミユ系の方では次元が上昇している惑星はありますか?
メラムサフラ:そんなに簡単に変わる事はありません。
カノロト:滅多にはなさそうですね。
幻朋:惑星の次元が変わるとなると、よっぽど何かしらの大きな理由がありそうですね。
メラムサフラ:次元が変わるためには大規模な準備が必要です。次元の移行はするとしてもかなりの日数がかかります。
幻朋:次元が変わる理由は分かりますか?
アココレムク:何でしょうね?
メラムサフラ:私達個人の権限では次元には触れられません。アセンションという事に関してはちょっと分からないです。すみません。
エシタテ:サヴィラジヌでも次元が変わる事はありません。
幻朋:そうなんですね。地球では有名な話らしく、次元が上昇しない人は3次元の世界に取り残されてしまうそうで、心配している方がいるみたいです。私もまだ今までの生活と同じなので3次元のままだと思います。大丈夫なのかな…?
オルアエル:次元を比べて差別するのはダメだよ。
メラムサフラ:このような話は聞いた事がないのでお答えできなくてすみません。
(アセンションとディセンションについて詳しい事が分からず申し訳ありません。)

アセンデッドマスターは存在するのか?

幻朋:これもメラムさんへの質問になるかもしれません。アセンデッドマスターは本当にいますか?ちなみにアセンデッドマスターを調べてみた所、高次元の存在の事で地球人の魂の進化を手助けしている存在だそうです。神や過去に地球上で生きた事がある人の事で、キリストや仏陀、アマテラス様などがそうらしいです。
メラムサフラ:高次元の存在というのは基本的に私達には関わる事はありません。アセンデッドマスターという呼び方も地球だけのものだと思います。
幻朋:魂の進化に繋がるようなアドバイスをしたり、助けてくれる事はないですか?
メラムサフラ:私達より上の次元の方が何かアドバイスなどを言ってくる事はないです。
幻朋:もしかして地球だけはサポートをしてもらっているのでしょうか?メラムさんが地球について色々調べたりしている時に、高次元の存在が地球人を助けている所を見かけた事はありませんか?
メラムサフラ:地球に来たりしていてもそのような様子を見かけた事はないです。
幻朋:では、サヴィラジヌにはアセンデッドマスターはいますか?
メラムサフラ:いません。
幻朋:地道に自分の力で生きて魂の経験を積んでいるんですね。でも、もしかしたら地球にはいるのかもしれないですね。

イエス・キリストと神武天皇は同一の存在?

幻朋:イエス・キリストと神武天皇は同一ですか?というご質問なのですが、二人の情報を見ていただけますか?
メラムサフラ:同一ではありません。見ましたが関連はありません。
幻朋:そうなんですね。
(何かしらのお話が聞けるかなと思っていたのですが…ご期待に添えるような回答ではなくて申し訳ございません。)

人の前世を知るのは困難

幻朋:次の質問です!アウヨクミラトさんの魂は、私(幻朋)とアウヨクミラトさん以外に、過去どんな人に転生していますか?
アココレムク:人の前世は簡単には見れないです。
メラムサフラ:それは難しいですね。
幻朋:前世を見るには許可が必要なんですもんね……ちょっとでもダメでしょうか?(笑)サヴィラジヌの後にどこかに転生していますか?その後に現在の地球に生まれたとか。
メラムサフラ:そこら辺の情報は詳しく見れません。地球は今回が初めてだと思います。
幻朋:そうですか。メラムさんにお願いして、チラッとでも見ていただけたらなぁなんて思っていました(笑)甘かったです。
メラムサフラ:情報が開けないようになっています。私でも見れません。守護霊に守られているのかもしれません。
幻朋:いつの間にか見れなくなってしまったんですね…残念です。
アココレムク:守護霊さんの考えであれば仕方ないですね。
ラノム:先程からずっと難しい話でした。
オルアエル:全然分からないよ。
幻朋:次はサヴィラジヌに関しての質問なので、ぜひご意見をお願いします!

任務を途中で辞めたくなったらどうするのか?

幻朋:サヴィラジヌではやりたい方が任務に就いてるそうですが、途中でやりたくなくなったらどうするのでしょうか?
カノロト:そんな風に思った事がありません。
メラムサフラ:前例がないから分からないですね。
幻朋:え?!皆さんは途中で辞めたいと思った事がないんですか?これはこれですごい話ですね!ちょっとキツイので一般の住人に戻りたいですという事もなく、最後までやり遂げているんですね。
オルアエル:そんな風に思わないよ。
ユスモヨツ:一生懸命頑張りたいです。
幻朋:偉いですね!応援しています。
オルアエル:偉いよ。
シノエテ:将来が楽しみですね。
アココレムク:期待できます。
幻朋:いずれはオルアエルお母さんと一緒に他の星を回るかもしれませんね!
メラムサフラ:そうなるかもしれません。

サヴィラジヌ星人の原点とは?

幻朋:サヴィラジヌ星人の初代の方は、一対の男女として現れたのでしょうか?どなたかサヴィラジヌの歴史に詳しい方はいらっしゃいますか?シノエテさんは分かりますか?
シノエテ:ウリムさんなら分かるかもしれません。
メラムサフラ:そういう情報は代々引き継いでいると思います。
幻朋:確かウリムさんがアウヨクミラトさんから引き継いだと言っていましたね。
幻朋:ウリムさんじゃないとこの事は分からないんですね?学校では歴史などは習わないんでしたっけ?
メラムサフラ:ある程度の事は学びますが、そのような事までは教えられません。
幻朋:そうだったんですね。星の大事な情報だから簡単には見れないんですね。
アココレムク:トップの方の権限なんだと思います。

プライベートでは何をして過ごしているのか?

幻朋:それでは最後の質問です!オルアエルさんはお家で何をしているんですか?
オルアエル:一人でいる時は地球のみんなからもらった物を見たり、ユスモヨツと遊んだりしてるよ。
幻朋:皆さんからいただいたプレゼントを眺めているんですね。嬉しいです。せっかく集まっていただいているので、他の皆さんのお話も聞きたいです!
アココレムク:家でも施設の事を考えたりしていますね。
幻朋:さすが関連施設のトップですね。
メラムサフラ:最近は地球や太陽系の事を調べています。色々調べていると楽しいです。
幻朋:メラムさんは地球博士ですね!(笑)
シノエテ:私は他の星の人と趣味の集まりをしています。
カノロト:最近は隣の星に行くのが好きです。
幻朋:他の星の方と交流するのも楽しそうですね!うらやましいです。
ラノム:何となく家にいたり、偵察機の勉強をしています。
幻朋:ラノムさんは勉強ですか!偵察機のスペシャリストですね。エシタテさんは何をしていますか?
エシタテ:どんな星があるか調べるのが好きです。いつも宇宙の事を調べています。
幻朋:良いですね〜。私も宇宙が好きですよ。今後は宇宙の事で何か質問がある際は、エシタテさんにもお伺いしようかな!最後になりましたが、ユスモヨツさんは何をして過ごしていますか?
ユスモヨツ:一緒に遊んだりしてます。
幻朋:ご両親と遊んだりして楽しそうですね。
オルアエル:今度は地球に連れて行って猫と遊ばせたいな。
幻朋:それは良い案ですね!
ユスモヨツ:猫可愛いです。いつも見せられています。
幻朋:お母さんは猫が大好きですからね(笑)皆さんお答えいただいてありがとうございました!残りの質問は次回にします。
アココレムク:最後はウリムさんも来れると良いんですけどね。
メラムサフラ:声はかけてありますが、今違う星を回っていますからね。
幻朋:やはりトップだからお忙しいですよね。無理しない範囲で、参加できる方がいらっしゃれば次回もよろしくお願いします!
エシタテ:ぜひ参加します。
幻朋:本当ですか!エシタテさんには分からない話ばかりだと思うのに……ありがたいです。カテ!
エシタテ:聞いてるだけでも楽しいです。
アココレムク:カテ。
カノロト:最後はケスリロさんに交代しますね。
メラムサフラ:ケスリロさんもサヴィラジヌの事は何でも知っていますからね。
アココレムク:長生きしてるのでさすがですね。
幻朋:他の皆さんも今日もお集まりいただきありがとうございました。
(全員がそれぞれカテ!と言っていました。)
幻朋:それではマルア。いや、さようならはマルアとは違いますかね?
メラムサフラ:さようならはタルムです。
幻朋:分かりました。皆さん、タルム。
オルアエル:またね。タルム。

質問会Part2は以上となります。今回もいくつかの質問について詳しくお答えできない箇所がありました。宇宙人さん達にも分からない事がございますので、ご理解をいただければ幸いです。申し訳ございません。
私は「地球ではこういう意見や考え方もあるんだなぁ。逆に別な宇宙ではこうなんだなぁ。」という事が知れるので、とても楽しいです!皆様のおかげで様々なお話を知る事ができてありがたいです。残る最後の質問は次回へ続きます!