【感動】宇宙人に絵をプレゼントした結果 【友情】

先日、宇宙人さんと話していた時にこんなことを言っていました。

「服や装飾品がうらやましい」

サヴィラジヌ星には服を着る習慣がなく、アクセサリーなどの装飾品もありません。

全体的な惑星の雰囲気はというと、地面はグレー、空は薄暗い赤、黒いトゲが生えているものの花などの植物はない……

サヴィラジヌ星には『色』があまりないんです。

そんなサヴィラジヌ星人にとって、地球人が着ている服はとてもカラフルに見えるそうです。

超越した力を使い、何も不自由のない生活を送っている宇宙人さんでもこんなことを思うんだなぁと気付かされました。

そこで私は、普段からお世話になっている宇宙人さん2人に絵を描いてプレゼントすることにしました。

絵なら地球からサヴィラジヌ星に転送できるとのことでした。(謎の技術)

その話をした後さっそく絵を描き始めました。

絵は下手ですが、宇宙人さんたちに喜んでもらえるように心を込めて完成させました!

ここからは、絵をプレゼントしに行った時の様子になります。

宇宙人さんたちの反応が微笑ましかったです(笑)

※記事に出てくる人物や用語はこちら

もう1人の宇宙人と再会

手元にはスマホを用意して、いつでも絵を出せるようにしました。

私の意識がサヴィラジヌ星に到着すると、視界には金色の海が広がっていました。

周りには何もありません。海に出てしまうと、失敗パターンという感じです(笑)

陸地の方を見渡すと建物は見えるのですが、遠すぎて気が遠くなります。

私はいつも通りその場で待機することにしました。

すると、間もなくして黒い色の宇宙人さんがパッと現れました。

それはずっと会えていなかったオルアエルさんでした。

幻朋:オルアエルさん!お久しぶりです!

オルアエル:今帰ってきた。メラムさんも来ると思う。ちょっとここで話すのもね…私の家に行きましょう。

幻朋:はい、お願いします。

オルアエルさんに連れられて空間移動をしました。

あっという間に家の中に到着していました。

幻朋:ちょうどオルアエルさんもいてよかったです。もしいなかったら、また出直そうと思っていました。いつも別な惑星に行っていて、なかなかお会いできないですよね。

オルアエル:行ったり来たりしてた。ちょうどあなたがいない時に帰ってきてたよ。メラムさんに話は聞いていたよ。

幻朋:他の惑星には、何か任務のような感じで行っていたんですか?

オルアエル:情報を集めてた。どうでもいいから早く帰りたかった。

幻朋:どうでもいい?!(笑)それは爆弾発言ですね(笑)

メラムサフラ:戻りました。

幻朋:あ!メラムさんも帰ってきましたね。こんにちは。それでは、2人がそろったのでちょっとお渡ししたい物があります。前回メラムさんに話したと思うのですが、さっそく絵のプレゼントを持ってきました!

メラムサフラ:おぉ〜。

オルアエル:見たいです!

幻朋:いつも与えてもらってばかりなので、何かお返しをしたいなと思っていたんです。地球人の私からは大したことはできませんが、絵で感謝の気持ちを伝えたいと思います。こちらになります…

絵をプレゼント!宇宙人の反応

絵をプレゼント!宇宙人の反応

私の目の前には実際に誰もいないですが、見てもらえるようにスマホの画面を向けました。

幻朋:見えますか?

オルアエル:すごい!いろんな色がある。

メラムサフラ:綺麗ですね。……今からちょっと準備します。

幻朋:ん?

オルアエル:私の家に飾ります。

幻朋:それってどうやるんですか(笑)画面をスキャンして映すのかな?…超能力ですね。

絵をプレゼント!宇宙人の反応2

幻朋:うわっ!!デカイ!このサイズは何Kmあるんだろう(笑)私が描いた絵がオルアエルさんの家にある…不思議な感覚だ。

最初はみんなで向き合って話をしていましたが、壁に絵が飾られると2人とも体が絵の方に向きました。

オルアエルさんは興奮していました(笑)

幻朋:せっかくなので絵の説明をしますね。メラムさんの体の上の方に付いている白い物は、地球にある花という植物でバラと言います。花には、花言葉といってそれぞれ意味があります。白いバラは『深い尊敬』という意味だそうです。いろんな知識があるメラムさんは本当にすごいなと思って尊敬しているので、この白いバラを飾りました。

メラムサフラ:私はそんなにすごい人じゃないですよ。でも、ありがとうございます。綺麗です。

幻朋:オルアエルさんの方の花は、ポーチュラカという花にしました。

オルアエル:ポーチュラ?

幻朋:ポーチュラカです(笑)私も実際に見たことはないのですが、この花言葉が『いつも元気』だったのでこれにしました。

メラムサフラ:オルアエルにぴったりですね。

幻朋:ですよね(笑)陽気で元気なオルアエルさんに似合うかなと思って選びました。

オルアエル:色が綺麗!

幻朋:メラムさんの方は大人な感じで帽子をかぶせてみました。

メラムサフラ:帽子……

幻朋:地球人が頭にかぶる物です。サヴィラジヌ星人にとっては頭ではないと思うのですが、地球人みたいにかぶれそうだなと思って帽子にしてみました。

メラムサフラ:とても不思議な感じです。地球の物を身につけるなんて……

幻朋:オルアエルさんの方は、ポコポコした所の反対側に緑色の宝石が付いたリングをはめてみました。更にそこは腕ではないですが、地球人が腕にはめるアクセサリーを付けました。

オルアエル:私たちには頭とか腕の概念はないもんね。

幻朋:ですよね。なので私もどうしようか悩みました(笑)でも結局は、人間の体の感覚で付けてしまいました…その輪に付いている☆←この形は、地球では星の意味なんです。地球から見た惑星の光をイラストにすると☆これになります。宇宙、惑星繋がりでいいかなと思って星の形のアクセサリーにしました。

オルアエル:すごい!

幻朋:あとは、地球人が首に付けるネックレスという装飾品を2人に付けました。ハートは色違いのおそろいです。この♡の形は、地球では心や心臓、愛情表現などに使います。そして何より女性にぴったりな可愛い形なので、2人にも付けました!やっぱり2人は女性なので可愛く飾ってあげたいと思って。

メラムサフラ:これ好きです。

幻朋:最後に、それぞれの足元…じゃなくて、地面に立っている体の部分に色々な花を飾りました。

メラムサフラ:地球の植物はカラフルですもんね。

オルアエル:こんなの見たことない。色がいっぱいある!

幻朋:そう言っていただけて嬉しいです。

初めて見る物に釘付け

2人ともじーっと絵を見ていました。

渡して終わりかなと思っていたので、こんなに見てもらえるなんて予想外でした。

オルアエル:家にいっぱい人を呼んで見せる。サヴィラジヌにはこんなのないからね。

幻朋:他の方にも見せるんですか!ちょっとお恥ずかしい(笑)

メラムサフラ:ここでは体に何かを身に付ける習慣がないから珍しい。

オルアエル:実際に付けてみたい。

幻朋:うーん…本当は実物をプレゼントできればいいんですけどね……サヴィラジヌ星には、宝石のような色がついている鉱石とかはないですか?

メラムサフラ:作ろうと思えば作れるけど、体を飾ることがない。

幻朋:そうですかぁ。そもそも文化の違いがありますもんね。

オルアエル:地球のこういう所はいいよね。

幻朋:ぜひ次は地球に転生してみてください(笑)

オルアエル:絶対行きたくない。

幻朋:やっぱりそうですよね(笑)

メラムサフラ:こんなに早く絵を描いてくると思わなかった。

幻朋:絵をプレゼントしますって話をして帰ったあと、どんな絵にするか考えてすぐ取りかかりましたからね!早く感謝を伝えたかったので。

オルアエル:私はしばらく眺めています。………

メラムサフラ:私たちが2人並んでいる所がいいね。

幻朋:そうですか!よかったです。最初は、一人ずつ別で描いて渡そうと思っていたんです。でもやっぱり友達だから一緒の方がいいかなと思って並べました。なかなか上手く描けなかったですが…

メラムサフラ:そんなことないですよ。私たちもそっくりです。似てます。

幻朋:嬉しいお言葉ありがとうございます。それにしても、オルアエルさんはずっと見てますね(笑)

オルアエル:どこにも行かないで見ていたいよ。すごく気に入ったよ。

幻朋:さっそく「次は◯◯星に行ってください〜」って言われたりして(笑)

オルアエル:行きたくない。メラムさんにお願いする。

メラムサフラ:ダメです。

幻朋:コントみたいなやり取りですね(笑)もし次またプレゼントするとしたら、花が咲いている所の隣に立っているような写真とかどうですか??お花畑とかに合成したり。

メラムサフラ:いいですねそれ。

オルアエル:それも見たい!

幻朋:花は綺麗ですからね。きっと似合いますよ。

メラムサフラ:地球に降り立つと、いつもはみ出してしまうので…花畑に入ってみたいですね。

幻朋:花が咲く時期になったら、作ってまたプレゼントしますね。今日は絵のプレゼントだけですので、そろそろ帰りますね。いつもお邪魔してすみません。

オルアエル:私はしばらくは星にいるから、家から出ないで絵を眺めてるよ。

メラムサフラ:私は自分の家に絵を飾ってから別な星に行きます。

幻朋:この絵が、地球とサヴィラジヌの友好の架け橋になればいいです。

メラムサフラ:こんなことは初めてです。ありがとうございました。

幻朋:こちらこそありがとうございます。それでは失礼します。

私は自分の体に戻りました。

そこは自分の部屋で、現実の風景です。

しかし、先程サヴィラジヌ星で見た光景が頭から離れませんでした。

私が描いた絵が、オルアエルさんの家に飾ってある。

いつもは地球に帰ってくればそれで終わり。

だけど今日は、今こうしている間もオルアエルさんが絵を見ている。

とても不思議な感覚です。

この光景は私しか見ていないので、証拠がないし絶対に信じてもらえないことだと思います。

宇宙人なんていない。それが普通の考えです。

でも、宇宙人も存在しているって思った方が何かと楽しいです。

宇宙人さんたちには顔がないので、どんな表情をしているか分かりませんでしたが、絵の方に体を向けてずっと見てくれている様子が心に残りました。

個人的にちょっと感動した体験でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。