宇宙人の霊っているの?他惑星の幽霊事情に迫る

私はまたもや、ふとした疑問が浮かびました。

「宇宙人が住んでいる星にも幽霊って出るのかな?」

高度文明の惑星には幽霊は出ないのでしょうか?そもそも宇宙人自体が次元が違う存在だから、幽霊もいたら見分けがつかなくなってしまったりして?!……

考えれば考えるほど気になってしまいます(笑)

こんな時は宇宙人さん本人に聞いてみよう。

ということで、さっそく質問してきましたのでご報告していきます。

※記事に出てくる人物や用語はこちら

宇宙人の幽霊は存在するのか?

サヴィラジヌ星に着いた瞬間、目の前にメラムさんが立っていました。

これは珍しいパターンでした。

メラムサフラ:来ると分かったから、どの地点に現れるか特定して待っていました。

幻朋:トンネルを出た瞬間にメラムさんがいたのでビックリしました(笑)

メラムサフラ:今日は星にいたので、出迎えることができました。

幻朋:出てくる場所も特定できるなんてすごいですね。あそこに見える大きな建物は何ですか?

メラムサフラ:地球のお店みたいな所。必要な物をそこでもらえるよ。

幻朋:デパートみたいな建物ですね。お金を払わないでもらえるなんて…いい世界だなぁ。

メラムサフラ:そういえば、私の家にも絵を飾りましたよ。暇があれば見ています。

幻朋:ありがとうございます!嬉しいです。

メラムサフラ:オルアエルと2人で、装飾品を作れないか考えているんです。

幻朋:もし作ることができたら、サヴィラジヌ星の歴史が変わりますね!応援しています。

メラムサフラ:頑張ります。今日はオルアエルは出かけていますが、質問があれば答えますよ。

幻朋:オルアエルさんはまた別な惑星に行っているんですね。また質問があって来ました。よろしくお願いします。サヴィラジヌ星にも幽霊は出ますか?

メラムサフラ:幽霊が出る?出るというよりは、普通にいる感じ。

幻朋:他の惑星にも幽霊はいますか?

メラムサフラ:基本的にはいる。魂が存在していればどこにでもいるよ。霊体も色々な星に行ったりするから、人が住んでいない星にいる可能性もあるよ。

幻朋:そんなこともあるんですね!幽霊になるとかなり自由に移動できるんですね。

惑星の住人全員が霊能者?!

幻朋:亡くなった後の霊はどこの星にもいるんですね。メラムさんだけが見えているわけではないですか?

メラムサフラ:みんな見える。あの人は霊だと分かる。私は、そういう人を見かけたらちゃんとした所に連れて行くよ。

幻朋:それって浄霊みたいな感じですよね。霊能者みたい(笑)

メラムサフラ:そっちの人に言って、連れて行ってもらうこともある。

幻朋:霊界の人を呼ぶってことですか?謎の技術ですね〜。すごい。

メラムサフラ:あと、ここの星の人なら誰でも霊を送ってあげられるよ。

幻朋:えぇ?!霊を見かけたら誰でもそういうことができるんですか!全員が霊能者みたいな感じですね(笑)これなら霊に悩まされる人もいないですね。

大昔の幽霊が出ない理由

幻朋:地球でよく話される話題があるのですが、なぜ大昔の霊が出てこないのでしょうか?

メラムサフラ:見えることもあると思うけど。いることにはいると思うよ。あまり見かけないのは時間が経ちすぎているか、違う次元に行っている可能性もある。

幻朋:武士の霊は聞いたことはありますが、石器時代とかの霊の話は聞きません(笑)でも、いてもおかしくないってことですよね…

メラムサフラ:石器時代?そんなのあったかな。

幻朋:まさかそれもヤバイ情報ですか?!マンモスとか狩ったりして生活していたような時代ですよ。こんな風な(メラムさんにイメージを送りました)

メラムサフラ:………うーん。一応後で地球の歴史を確認しておきます。

幽霊が現世に出現する原理

幻朋:幽霊って、基本は霊界に行くじゃないですか?それなのになぜ、この世に出てきてしまうんですか?

メラムサフラ:未練がある。やりたいことがあった。そういう場合に気になって見に行く。霊にも理由があって出てくる。

幻朋:へ〜、やっぱり未練があるからなんですね。サヴィラジヌ星に出てくる幽霊もそういう理由ですか?

メラムサフラ:同じような感じ。見かけたらすぐに帰してあげるから、ずっとこの世にとどまっている霊はいない。

幻朋:地球では霊能者のように力がある人じゃないと対処できないので、たくさん幽霊がいるんですね。私も帰し方なんて分からないですし(笑)

亡くなった時のお迎えについて

幻朋:自分が亡くなると、霊界の人や先祖が迎えにくるって本当ですか?

メラムサフラ:何人か行ったりすると思う。地球の場合はどうなのかあまり詳しくないけども。

幻朋:全員に迎えは来るんですか?

メラムサフラ:来るよ。サヴィラジヌの話になってしまうけど、霊界の人が来たりするよ。

幻朋:亡くなってすぐ、霊体の意識に切り替わるんですか?その時に気付きますか?

メラムサフラ:死ぬ直前に体から霊体が抜け出している。

幻朋:そうなんですか。こればかりは、実際に体験してみないと分かりませんね(笑)

メラムサフラ:こうして1回は霊界に連れて行かれるけど、勝手に戻って来たりしてこの世にいる。

幻朋:どうしても気になってしまうと見に行きたくなりますよね…

メラムサフラ:あと、一気に多くの人が亡くなった場合は連れて行けない人がいる。何回か地球でもそういうことがあった。でも、大体はみんな連れて行ける。

幻朋:もしかして災害の時とかですかね?以前私の守護霊が、震災の時は忙しかったみたいな事を言っていたんですよね。

メラムサフラ:どこの星でこういうことがあって異常が起きた、と情報が入ってくる。聞いたことも見たこともない星の情報も入ってくる。

幻朋:そんなシステムがあるんですね!でもそういう情報が入ってくると胸が痛みますね。地球を知ったのもそういう情報からですか?

メラムサフラ:地球を知ったのは、あなたの所に行った時だよ。

幻朋:え?それまでは知らなかったのに、どうやって地球を知って来たんですか??

メラムサフラ:………。

幻朋:知らないのに来れたってことは、やっぱり何かしら私の情報を知って来たんですね?(笑)

メラムサフラ:いじわる。

幻朋:すみません!(笑)ちょっとからかいたくなってしまいました。悪意はありませんよ。

メラムサフラ:大丈夫です。この感情が地球のどの言葉に当てはまるか探していて時間がかかりました。「いじわる」ですね。

幻朋:地球語に変換してメッセージを送るのって大変そうですね。いつもありがとうございます。

天使と神様の話

幻朋:お迎えに来るのって天使とかって言いますよね?天使って神様的存在の人ですか?それとも霊界の中でも上の立場の人とかですか?

メラムサフラ:天使って?天使の概念がないから分からない。

幻朋:こういう人です…(天使のイメージを送りました)

メラムサフラ:見たことないなぁ。でも、多分霊界の人かな。羽は生えてないと思うけど。飛ぶんですか?

幻朋:うーん…羽があるので飛ぶと思います。ん?飛ぶって何だろう?(笑)霊体の人って自由に飛べますよね?よく分からないです(笑)

メラムサフラ:実際そういう人がいてもおかしくないけどね。私からはいるとも言えないし、いないとも言えない。

幻朋:ちなみに、ミカエルとかラファエルって名前は聞いたことはありますか?

メラムサフラ:あるような気がする。でもそれって人だったかなぁ?霊界に行って確認して来ます。

幻朋:霊界に行けるってやっぱりすごい(笑)後でどうだったか教えてください。神様くらい有名な人じゃないと、名前はご存じないんですね。

メラムサフラ:霊界にいる人と、神じゃ全然違うからね。その惑星の代表みたいなもの。

幻朋:サヴィラジヌ星だとカモラ神ですよね?時空の歪みを司っているという。

メラムサフラ:他にもいるよ。

幻朋:地球の代表も何人かいるんですか?地球には神様がたくさんいるので、誰が代表なんですかね?

メラムサフラ:何人かいるよ。アマテラスさんはその中に入る。神の中でも上か下かのレベルがある。アマテラスさんは地球全部を網羅している。

幻朋:えぇー!?天照大神ってすごい神様だったんですね。神様についての話は気になることだらけで質問が尽きません(笑)また別な機会にお伺いしますね。

メラムサフラ:はい。また何でも質問してください。

幻朋:あの、最後に1つだけよろしいですか?実はこの前火星に行った時に、何か都市のような物が見えそうになったんです。頑張れば火星人と交流することはできますか?私の霊感では無理ですかね?

メラムサフラ:見えるようになれば話もできると思うよ。せっかく隣にある惑星なんだから、交流した方がいいよ。

幻朋:本当ですか!じゃあ頑張ってみます(笑)今日も色々とありがとうございました!

メラムサフラ:また来てください。私はまた絵を見ます。お気に入りなんです。

ここで会話は終わり、地球に戻りました。

霊的な世界ってすごく複雑なんですね…

まだまだ覚えきれないです。

少しずつ知識を蓄えて、自分自身をレベルアップさせていきたいなと思いました。

最後に、サヴィラジヌ星に出る幽霊の姿はもちろんサヴィラジヌ星人型だそうです。神様の姿も似たような感じ。

想像したらちょっとだけ笑ってしまって、宇宙人さんに謝りました(笑)

今回のご報告は以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。