守護霊はいつ担当が変わる?どうしたらなれる?普段何をしている?【宇宙人が解説】

守護霊はいつ担当が変わる?どうしたらなれる?普段何をしている?【宇宙人が解説】

前回記事『守護霊が付くタイミングは?誰が決める?霊界に超詳しい宇宙人に聞いた【守護霊について】』の続きです。

私は守護霊についての知識があまりないので、宇宙人さんに色々質問しました。「へぇ〜そうなんだ!」と思う話を聞けたので、その情報を全てご報告いたします。それでは、守護霊のお話後編スタートです。

※記事に出てくる人物や用語はこちら

守護霊が存在する意味

幻朋:なぜ、守護霊みたいな人が一人一人に付くんですか?何のために派遣されるんですか?

メラムサフラ:サヴィラジヌの場合では、困った時に助ける目的。

幻朋:やっぱりそういう感じなんですね。

メラムサフラ:困る事がなく、特に何もなければ守護霊を知らない人もいる。

幻朋:そもそも知らないという事ですか。確かにサヴィラジヌ星で生活していれば、困る事はあまりなさそうですもんね。

メラムサフラ:常に表にいないから。

幻朋:う〜ん、こっちで言う守護霊そのものですねやっぱり。

メラムサフラ:困っていれば出てきてくれる。そして、アドバイスをして解決しなかったら人が変わる。

どういう時に守護霊が変わるのか?

幻朋:そういえば、常に同じ人が付いている訳ではなかったですね。違う守護霊に変わって、アドバイスをもらうんですね?

メラムサフラ:違うアドバイスによって解決するかもしれないから。どちらの考えが良いかを比較する。

幻朋:そうなんですね。他に変わる理由はありますか?

メラムサフラ:付いている守護霊の都合によって変わる事もある。

幻朋:もしかして、ちょっと他の人に付かなきゃいけないから変わってくれる?とかそんな感じですか?

メラムサフラ:そういう事もある。

幻朋:もうこの人の面倒は見れない、手に負えない!って見放される事はありませんか?心配です(笑)

メラムサフラ:見放されるとかはないから安心してください。

幻朋:良かったです。もしそういう事があるなら守護霊さんに申し訳ないなと思ったので。

守護霊になるための条件

幻朋:もし自分が魂になった時に、守護霊になりたいですって言ったらなれますか?誰でもなれるんですか?

メラムサフラ:そういう訳にもいかない。

幻朋:やっぱり簡単にはなれないですか?

メラムサフラ:なれる人となれない人がいる。霊界で勉強をして、認められればなれる。

幻朋:すごい!ちゃんと守護霊になるために勉強をするんですね!確かに、何も知識もないままではアドバイスできないですもんね。守護霊にはご先祖様が付いているってよく聞きますが、それは本当なのでしょうか?

メラムサフラ:家族を守りたいと思えば、先祖が守護霊になる事もあると思います。

幻朋:そうか、途中からでもその人の守護霊になる事もできるんでしたね。私も勉強して合格すれば、守護霊になれるかもしれないですね。

守護霊の普段の様子

幻朋:守護霊はアドバイスに来ない時は何をしていますか?

メラムサフラ:霊界にいる。あとは、どこか違う所にいる。星に行ったり。

幻朋:どこかの惑星に行く事もあるんですね。

メラムサフラ:あなたの守護霊がサヴィラジヌに来た事もありますよね。

幻朋:その時の私の守護霊はどんな姿をしていましたか?

メラムサフラ:人の形でしたよ。地球人の守護霊だから人の姿をしているけれど、実際はその姿じゃない。違う星に行けば、そこの星の姿になる。

幻朋:ちなみに、サヴィラジヌ星にいる守護霊はサヴィラジヌ星人の姿をしているんですか?

メラムサフラ:そうです。でも、私達は基本的に意識の中で会話するから姿を見る事はない。

幻朋:そうなんですね。あと、守護霊は四六時中私達の事を見張っていますか?

メラムサフラ:そういう訳じゃないですが、何かあれば感じ取れる。

幻朋:以前、あまりよくない霊が来た時に、私の守護霊が助けに来てくれました。そういうのも気付いて来てくれるんですね。

メラムサフラ:困っていたら感じ取って来てくれます。これは聞いた話ですが。

【番外編】地球人の服がうらやましい

幻朋:そういえば、今日は地球の年数が切り替わる日なんです。2018年から2019年になります。だから地球人はみんな盛り上がっています。

※12月31日に交信していました。

メラムサフラ:そういうのがないから分からないけれど…おめでとうございます。

幻朋:ありがとうございます(笑)ほら、こんな感じで世間は大盛り上がりです。(テレビをつけて見せました)

メラムサフラ:……服とか良いですよね。

幻朋:みんな色々な服を着ていますね。

メラムサフラ:ここには服や装飾品がないからうらやましい。人の色はたくさん種類があって鮮やかなんですが。

幻朋:何かアクセサリーとかプレゼントできたら良いのになぁ。いつもお世話になっているので、メラムさんとオルアエルさんに何かプレゼントしたいなとは思っているんです。キラキラしていて可愛いアクセサリーとかどうですか?お二人は女性なので良いと思うのですが。

メラムサフラ:良いですねぇ。

幻朋:地球の物をそちらに持っていく事はできないですかね?(笑)3次元物質は厳しいですか?

メラムサフラ:地球の物は無理ですね。サイズがちょっと…。

幻朋:あぁ……そうでした(笑)身長400Kmの方に合うサイズは特注品になりますね。アクセサリーとか綺麗なお花で装飾してあげたいです。イラストとかはどうですか?お二人のイラストを描いてプレゼントします!サヴィラジヌ星では絵を描く事ってありますか?

メラムサフラ:絵はあります。

幻朋:私が見せたイラストを、そちらで映像化して壁に映して見たりできますか?メラムさんの超越した能力でなんとかなりませんかね(笑)

メラムサフラ:できます。オルアエルにも話します。

幻朋:できるんですね!すごい(笑)それでは、今度絵を描いてきますので!今日はそろそろ帰りますね。たくさん教えてくださってありがとうございました。

メラムサフラ:はい。また来てください。私もまた別な星に行ってきます。

宇宙人さんとの会話はここまでです。今回は、守護霊について色々知る事ができました。話を聞いてみると、ちゃんとした仕組みになっているんだなぁと思いました。

霊界は奥が深いですね。まだまだ勉強が必要です。また宇宙人さんと交信したらご報告します!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。