真の天才ニコラ・テスラ!彼を悩ませた『幻覚』には秘密があった…地球文明を発展させた偉人に迫る

  • 2019-02-15
  • 2019-03-23
  • 地球
  • 4View
  • 4件

ニコラ・テスラという天才科学者の情報をいただきました。

気になったので少し調べてみると、私達の生活になくてはならない物を数多く発明している偉人でした。更に彼にまつわる都市伝説や、晩年オカルトに没頭していた事などもあり「マッドサイエンティスト」と呼ばれているそうです。何だかかっこいい(笑)オカルト界隈ではとても有名な人のようですね。
そんなニコラ・テスラさんについて、いつものように宇宙人さんに話を聞いてきましたのでご報告していきたいと思います。
果たして彼は、単なる天才だったのか?それとも何か秘密が隠されているのか……?
※記事に出てくる人物や用語はこちら

宇宙人から見たニコラ・テスラの人物像

サヴィラジヌ星に私の意識が到着すると、オルアエルさんがすぐに現れました。メラムさんは他の星に出掛けているとの事で、オルアエルさんの家で帰りを待ちました。
メラムサフラ:遅くなってすみません。今戻りました。
幻朋:いえいえ、そんな事ないです。また質問があって来ていました。いつもは遺跡とか文明についてですが、今回は人物なんです。メラムさんが持っている地球の資料にあるといいのですが…。
メラムサフラ:情報があれば答えられると思います。
幻朋:ニコラ・テスラという人です。
メラムサフラ:……………ありますね。
幻朋:おぉ〜すごい!本当にあった(笑)やっぱり有名人だから地球の歴史に載っているんですね。この方はたくさんの発明をした人です。天才だったんですよね?
メラムサフラ:この人はとても頭がいいです。
オルアエル:メラムさんみたいな感じかな?
幻朋:多分そうですね(笑)設計図を書いたりしなくても、頭の中で発明品を組み立てていたという。 天才を通り越してそうです。
メラムサフラ:情報を見ていますが、だいぶ地球に貢献した人ですね。
幻朋:そうだと思います。交流電流やラジオ、リモコン、電動モーターなどを発明しています。これらは私達の生活に必要な電化製品や、飛行機、工業機械などに活用されています。
メラムサフラ:その人がいなかったら、今の電気はないのかもしれない。あなた達は今こういう生活をしていない。
幻朋:電化製品がない生活は考えられないですね。テスラさんのおかげで、このような生活ができているんですね。もはや地球に新しい文明をもたらした神のような存在ですね(笑)
メラムサフラ:地球に貢献した人の中では結構上の方だよ。地球にとってはすごい事だった。
幻朋:あ、X線という物も開発していたみたいです。レントゲンは現在も病院で使われています。私達の体に異常がないか見る装置の事です。
メラムサフラ:地球人の生命にも関係する大事な物。
幻朋:そうですよね…。テスラさんがいなかったらどうなっていた事か。

世界システムは実現可能なのか?

幻朋:この方は、テスラコイルという高周波と高電圧を発生させる装置を開発しました。それを利用して、地球全域に電気エネルギーと情報を送ろうとしていました。これがあればどこでも電気が使えるので画期的だと思うのですが…。
オルアエル:サヴィラジヌと同じだね。
幻朋:そうですよね。地球にもフリーエネルギーがあれば、少しでも平等に生きられます。当時、もしも世界システムが完成していたら、フリエネルギーを使えるようになっていたのでしょうか?
メラムサフラ:人体に影響を及ぼすから厳しい。かなり強力な電力が空間を伝わっていくから、その力が人間には耐えられない。
幻朋:そういう問題があるんですか。うーん…体に影響が出るなら難しそうですね。今後、地球でそのようなシステムを開発する事はできないですか?
メラムサフラ:地球全体ですか?
幻朋:そうですね。できれば全域で電気が使えればいいです。
メラムサフラ:可能です。ある事に気付ければ…。
幻朋:何ですか!ある事って(笑)何かが解決できれば、人体に影響も出ずに電気を送る事ができるんですよね?私の頭では全く分かりません。教えてください(笑)
メラムサフラ:これは言えない。
幻朋:ですよね。間違いなく危ないやつですね(笑)でもフリーエネルギーはやっぱり憧れますね。

反重力システムは開発されるのか?

幻朋:テスラさんは、反重力システムというのも考えていたらしいです。電気エネルギーを使って、燃料や翼がなくても飛べる機械を作る事ができると言っていたようです。
メラムサフラ:それはUFOの事ですよね。
幻朋:確かに(笑)翼がない飛行機ってUFOですね。今気づきました。すごい事を考えていたんですね。これは、今後地球で実用されますか?
メラムサフラ:UFOではないけれど実現はできる。
幻朋:UFOに近い乗り物に、一般人も乗る事ができる時代が来るといいなぁ…。それこそSF映画みたいな世界ですね。他の星ではUFOを使用しているんですよね?
メラムサフラ:他の人は普通に使っているよ。
オルアエル:地球は遅れすぎ。
幻朋:んん〜悔しい(笑)

フィラデルフィア計画の真相

幻朋:フィラデルフィア計画という噂があるそうなのですが、この事について教えていただきたいです。テスラコイルを利用して、戦艦のステルス実験をしていた時に起きた事件です。戦艦がレーダーから消えただけではなく、実物も消えて2500km以上も瞬間移動したそうです。
メラムサフラ:実験はやっていない。この情報は何も見えないです。
幻朋:デマなんですかね?(笑)
メラムサフラ:今の地球人には、テレポーテーションは難しい。3次元だけでは対応できない。
幻朋:次元が関わってくるんですね。サヴィラジヌ星の人達は自由に空間移動できてうらやましいです。乗り物も使わずに行きたい場所に行けるなんていいなぁ…。とりあえず、フィラデルフィア計画は行われていなかったという事ですね。
メラムサフラ:そうです。

ニコラ・テスラにアクセスしていた存在

幻朋:次の話になりますが、彼は小さい頃から幻覚や妄想などの精神疾患があったそうです。
メラムサフラ:この人がおかしいんじゃなくて、誰かがアクセスしていた。
幻朋:もしかして宇宙人が?話しかけられたり、何か映像を見せられたりしていたのでしょうか?
メラムサフラ:今調べていたら……地球にそういう情報を教えている宇宙人がいる。だから、その人に対して教えていたんじゃないかな。
幻朋:科学技術を地球に伝えてくれるなんて、とても優しい人達ですね!きっとそこの星の文明はすごいんですよね?
メラムサフラ:その星はだいぶ発展している。太陽系の隣の所にある星。
幻朋:何でまたテスラさんにアクセスしてきたんですか?地球人は他にもたくさんいるのに。
メラムサフラ:何かに気がついたり、発想したり、そういう感覚が他の人より優れていたから。
幻朋:ようするに…天才だからですか?
メラムサフラ:そう。それを宇宙人に目をつけられて、この人に教えればいいとなってアクセスしてきた。
幻朋:それヤバイですね(笑)まぁ確かに、私に何か発明品のイメージとかを送って来たとしても、頭が良くないので理解できないかもしれません(笑)どんな幻覚とかがあったのか気になりますが、意図しないで頭の中に情報が入ってくるのは苦しかったと思います…メラムさんからイメージが送られてくると結構体が疲労しますので。
メラムサフラ:地球に貢献したすごい人ですよ。

霊界と交信はできていたのか?

幻朋:そんなテスラさんは、晩年はオカルト的な事に没頭していたみたいです。霊界と通信する装置を作ったり。
メラムサフラ:通信は全然届いていない。
幻朋:そうなんですか。ちょっと残念です。ちなみにエジソンという人もこういう装置の開発にハマっていたようです。やっぱり天才の考えは普通と違って、こっちの方まで行っちゃうんですね。
メラムサフラ:そういうのが見えていたのかもしれないね。

「真実」を知っていたのか?

幻朋:テスラさんは、宇宙が何なのかを解く鍵は3、6、9の数字で、特に9は重要な数字という話もしていたようなのですが、その数字から何か感じますか?その意味が分かりますか?
メラムサフラ:うーん……何も伝わってこないです。
幻朋:でも、もしかしたら本人的には何か知っていたのではないかなと思うんです。宇宙が何なのか、真実を知っていたのかな?と。
メラムサフラ:宇宙の構造とかまでは分かっていないと思う。
幻朋:全て分かっていたという訳ではないんですね。何かしらはイメージを掴んでいたのかもしれませんね。
ニコラ・テスラさんについての話はここまでです。精神的な苦痛に悩まされながらも、命がけで発明に取り組んでいたという事に感激しました。
私は彼の存在を知らずに、当たり前のように生活していました。この方のおかげで今の生活があるんだと分かって、感謝しなければいけないなと思いました。
まさにこういう方こそ「大きな事を成し遂げ、星に貢献した人」ですね。今はどんな星で生きているのでしょう?今度は平穏な生活を送っているかもしれません。
次回は、宇宙の真実を知ったらどうなるのか?という話をお届けしたいと思います。テスラさんの話題から派生して宇宙の話題になったのですが、これがまた興味深い内容でした…。