ムー大陸存在の証拠が発見されない理由とは?本来は日本とアメリカが繋がるくらい巨大な大陸だった!

レムリア大陸とムー大陸についての情報をご報告していきます。実在していたというこれらの大陸は、どのような場所だったのか?そして、なぜ滅びてしまったのか?
※記事に出てくる人物や用語はこちら

レムリア大陸の真相

幻朋:次にレムリア大陸について教えていただきたいのですが、ここにも宇宙人が来ていたんですか?
メラムサフラ:そこは宇宙人は関わっていないよ。地球人だけが生活していた。
幻朋:そうなんですね。場所はこの辺らしいのですが…。どうでしょう?
メラムサフラ:インドの下だけど、ここの地図よりもっと下。そんなに範囲は広くない。

レムリア大陸の真相

幻朋:インドの話をした事がないのに分かるんですね?!地球の資料すごいなぁ(笑)それさえあれば、地球の歴史全てが分かりますね。ちなみにここも沈んでしまったんですか?
メラムサフラ:そうだよ。今は残っていない。徐々に消えていった。長い年月をかけて、他の大陸が移動したりして沈んでいくような感じ。
幻朋:大陸が移動した…?その移動によってちょっとずつ沈んでいったのかな。自然消滅のような感じで。いずれにせよ、レムリア大陸は地球人だけが住んでいた普通の文明だったんですね。実在していたというのはすごいですね。

消えたムー大陸の謎

現代に残るムー大陸の島

幻朋:最後にムー大陸について教えてください。場所はここで合っていますか?
メラムサフラ:その地図で合っているよ。でも、ちょっと形が違う。結構大きいよ。
幻朋:こんな感じの範囲ですか?
(メモ用紙にイラストを描きました)
メラムサフラ:もっと上の方。日本の近く。
幻朋:うーん……このくらいの広いエリアでしょうか?

消えたムー大陸の謎

メラムサフラ:そんな感じです。日本に離れた島があるでしょ?それがムー大陸の一部だった。
幻朋:これは小笠原諸島の辺りですか?これらがムー大陸だったなんて想像できません(笑)普通に日本の島じゃないんですか?
メラムサフラ:他にもある。ハワイもムーの一部だった。今も所々に島が残っているけれど、他は全部沈んでしまった。
幻朋:ハワイもですか?!結構ありますね。今でもムーの文化や痕跡が残っているかもしれませんね。

ムーはどのような大陸だったのか?

幻朋:ここにはどのような人が住んでいたのですか?
メラムサフラ:ここにも宇宙人が来ていた。ごく普通の地球人と一緒に住んでいた。
幻朋:ムー大陸にも宇宙人がいたんですね!昔は結構来ている所があったんですね(笑)各地で地球の発展に協力してくれていたんですね。
メラムサフラ:そうだよ。大きい建物があって、文明が発達していた。やっぱり宇宙人が来ていると都市全体の規模が違う。
幻朋:どの文明も滅んでしまって、建物などが現代に残っていないのが残念です。

ムーはなぜ滅亡してしまったのか?痕跡がない理由とは?

幻朋:さっき大陸は沈んでしまったと言っていましたが、海底調査をしても証拠が出てこないらしいです。遺跡物などが見つからないのはどうしてですか?沈んだなら、海底で何か見つかると思うのですが。
メラムサフラ:小さな惑星がぶつかってなくなった。
幻朋:えぇ?!惑星?まさに滅亡……。跡形もなくなりそうですね。
メラムサフラ:ここが一番大きな大陸だった。日本とかアメリカが繋がっていたくらいに大きかったけれど、消滅してほとんど海になった。そして残っていた所もちょっとずつ沈んでいった。
幻朋:惑星衝突だと突然の事なので、アトランティスの人達みたいに事前に非難する事はできなかったんじゃないですか?
メラムサフラ:ほとんど助からなかったけれど、一部の人は宇宙人に助けられた。
幻朋:そうだったんですね。ずいぶん大きな大陸だったようですが、小さい島に砕け散ってしまって、当時の人達は怖かったでしょうね…。宇宙人に助けられた人達がそれぞれの島で暮らして、現在に至っているかもしれませんね。
メラムサフラ:そう。ムー大陸の一部が今でも残っていて、人間が暮らしている。
幻朋:また貴重な話が聞けて嬉しいです。たくさん教えてくださって本当にありがとうございます。
メラムサフラ:私の知識ではなく、調べた情報ですみません。資料を調べながらなので、説明も前後してしまいました。
幻朋:そんな事ありません。助かりました。また質問しに来ると思いますので、その時はよろしくお願いします!
メラムサフラ:はい。オルアエルは急遽別な星に行く事になったようで、戻って来られなかったです。次また話しましょう。
という事で、今回の3大陸についての情報はここまでとなります。
興味深い話を聞く事ができました。島国に古くから伝わる伝承などを調べてみると、面白いかもしれないなと思いました。宇宙人の痕跡があったりして……?
今後も、地球にある数々の謎を追っていきたいと思います。