天照大御神に聞いたクラドニ図形やソルフェジオ周波数のお話

  • 2020-09-04
  • 2020-09-05
  • 地球
  • 2689View
  • 63件
今回はクラドニ図形についてのお話です。皆様はクラドニ図形というものをご存知でしょうか?私はこの言葉は初めて聞きました。そして、質問者様から教えていただいた動画を見て驚きました!
音の周波数が砂や火や水などに影響して、様々な模様や形に変化するんです。お話に入る前に、ぜひ一度「クラドニ図形」で検索して動画をご覧いただければ幸いです!
お話をしている途中で、サヴィラジヌの皆さんでも分からない領域になってしまったため、アマテラス様にお越しいただいて色々とお話を伺いました。今回はその時の様子をお届けいたします。
※この情報は7月末に聞いていたものです。

クラドニ図形とは?

集合画像
(拠点の皆さんとも一緒にお話をする予定だったので、拠点にお邪魔しました。)
シノエテ:こんばんは。
幻朋:失礼します!こんばんは。今日はクラドニ図形のお話をしに来ました。
イスキタム:こんばんは。
シノエテ:他の三人は木星に行っています。今メラムさんと繋ぎますね。
メラムサフラ:こんばんは。
(オルアエルさんが来るのを待ってからお話を始めました。)
幻朋:まずはこちらをご覧ください。これがクラドニ図形と呼ばれる模様です。(画像を見てもらいました。)
シノエテ:色んな形がありますね。
イスキタム:不思議です。
幻朋:物理学者のエルンスト・クラドニという人が、音の周波数や板の形を変えると様々な模様が現れる事を発見しました。それなので、クラドニ図形と呼ばれているそうです。クラドニ図形は面の振動による二次元の音の可視化の事だそうです。

実験のやり方について

図形イメージ
幻朋:どうやってこの模様を作り出すのか先にご説明したいと思います。アルミ板の中央に穴をあけて、ボルトを介してスピーカーに繋いで音の振動を加えます。金属やガラスなど他の素材でも実験ができるそうです。この板に塩や砂などを撒くと、その音の周波数(1秒間に繰り返す波の数)によって、振動が伝わる部分(腹)と振動が伝わらない部分(節)ができます。振動によって弾き飛ばされた粒体が節に集まって、幾何学的な模様ができます。波長(波が1回振動した時の距離)が短くなる(音が高くなる)ほど、現れる幾何学模様の構造も細かくなるそうです。板の形を正方形・円・楕円などに変えると、表れる図形も変わるそうです。
オルアエル:よく分かんないね。
幻朋:映像を見た方が早いですね(笑)用意している動画があるので見てみましょう!
(YouTubeにあるクラドニ図形の動画を皆さんと一緒に見ました。)
幻朋:この水バージョンもすごくないですか?!
シノエテ:水は不思議ですね。
幻朋:周波数によって落ち方が変わって見えますよね。
メラムサフラ:周波数というものには、一つ一つに形があるようですね。
オルアエル:どうなってるの?

宇宙や他惑星にも周波数は存在するのか?

イスキタム:周波数は地球に来てからよく体感します。
幻朋:そうなんですか?!
シノエテ:宇宙空間では、周波数というのはあまりないんです。
幻朋:真空だからですか?多分そういう事じゃないですよね(笑)
メラムサフラ:地球の環境が周波数を作り出しています。
幻朋:周波数は地球だけにあるのでしょうか?
シノエテ:星によっては周波数のようなものがある所もあるはずです。
メラムサフラ:宇宙では周波数ではなく空間の振動によるものが多いです。それと同じような原理ではないでしょうか。
幻朋:サヴィラジヌにも周波数はありますか?
メラムサフラ:サヴィラジヌにもありますが、空間の振動に近いです。
幻朋:振動がこういう模様を作っているのでしょうか?
メラムサフラ:同じ波形で振動するので、それがこのような形になるんだと思います。
シノエテ:周波数によって微妙に振動の幅が違うので形が変わります。
幻朋:そうなんですね。地球以外でもこのような模様を見た事はありますか?
メラムサフラ:このように形として見た事はありません。
オルアエル:分かんないよ。難しいよ。見た事ないよ。

地球にはたくさんの音が存在する

幻朋:皆さんは地球に来ていると周波数を感じたりしますか?
イスキタム:地球にいると常に色んな音が聞こえてきます。
幻朋:私達人間には聞こえない周波数もあるそうですね。
シノエテ:周波数には色々な音が混じっています。何個か音が聞こえるはずです。
幻朋:あ!そういえば皆さんに確認したい事がありました。友人(オカルト好きの)もクラドニ図形の動画を見たのですが、ピーという音しか聞こえないと言っていました。私はピーの他にも、テンテンテンテンみたいな音も聞こえるんです。
シノエテ:聞こえますね。
幻朋:別の周波数を聞いた時は、ウーウーウーウーみたいな音もありました。
メラムサフラ:聞こえますね。
オルアエル:聞こえるよ。
幻朋:友人には「ピーしか聞こえないぞ!」と言われて、もう1つ聞こえる音の説明がなかなか伝わらなかったです。
メラムサフラ:3つくらい音が鳴っています。
幻朋:3つ目の音もあるんですか!
シノエテ:人間には聞こえない領域があると聞きました。
幻朋:私には2種類が限界かもしれません。

天照大御神に質問!クラドニ図形の謎

法則には何の力が働いているのか?

幻朋:ここからは、地球人の方からいただいた質問についてお答えいただければと思います!「音に反応して美しい模様が現れるのは、宇宙の創始者や、神様の力が働いているとしか考えられません。宇宙の法則がかくれているように思います。周波数が表す形にはどのような意味があるのか、わかる範囲で良いので、お教え頂ければ嬉しく思います。」
メラムサフラ:意味までは分かりません。なぜそのような形になるのかまでは分かりません。
シノエテ:アマテラスさんじゃないと分からないんじゃないでしょうか?
幻朋:やはりそうなりますよね…。
メラムサフラ:教えてもらえるんでしょうか。
シノエテ:アマテラスさんに来てもらいましょう。
幻朋:アマテラス様を呼んでくださるのですか!すみません。よろしくお願いします。
(すぐにアマテラス様の光が部屋の中に現れました。)
幻朋:こんばんは!急にお呼びして申し訳ありません。
天照大御神:どうした。
幻朋:今日はクラドニ図形についてのお話をしていました。
天照大御神:さまざまなかたちがでる。
幻朋:はい!その模様についてなのですが、話題が神様の領域になってしまいまして(笑)可能でしたらお話を伺いたいのですがよろしいでしょうか?
天照大御神:いい。
幻朋:ありがとうございます!よろしくお願いします。(再度質問を読みました。)
天照大御神:かみのちからははたらいていない。
幻朋:では、宇宙の法則でしょうか?
天照大御神:うちゅうぜんたいのほうそくはかんけいしている。ちきゅうのなかだとうちゅうとはすこしちがうかたちになっている。
幻朋:地球内部だと変わるんですね?
天照大御神:ほしのかんきょうにもえいきょうしている。
幻朋:宇宙の法則に関係しているとなると、フィボナッチ数列に似ているような気もします。あれの周波数バージョンみたいな。
天照大御神:いみはあっている。
幻朋:クラドニ図形の模様に意味はありますでしょうか?
天照大御神:そのもようがあらわれるだけだ。
シノエテ:さすがアマテラスさんですね。
天照大御神:わたしもすべてはしらない。
幻朋:アマテラスさんでも全部の事は分からない未知の領域なんですね。

クラドニ図形は自然界とも共通している?

幻朋:次の質問です。「1088Hz時のクラドニ図形が亀の甲羅の模様と一致していたり(楕円の板に振動させた場合)、10101Hz時のクラドニ図形が豹の毛皮の模様と一致していたり、自然界とも共通しているように思えます。世界を細分化していくと粒子という振動エネルギーに辿り着き、そこには生物も皆、その振動を携えた”エネルギー”と表現することができると思うのですが、そのあたりはどうでしょうか?」
天照大御神:えいきょうはある。かめのいきるかんきょうにこのしゅうはすうがかんけいしている。
幻朋:本当に関係しているんですね!
天照大御神:どうぶつによってひろうしゅうはすうがちがう。
オルアエル:よく分かんないよ。
天照大御神:むずかしいはなしだ。
幻朋:動物が住んでいる環境の違いという事でしょうか?
天照大御神:どうぶつのせいしつにもよる。
幻朋:動物や昆虫の模様は不思議な形や綺麗な形がありますよね。探せば他にもクラドニ図形っぽい模様があるかもしれませんね。粒子のお話についてはどうでしょうか?
天照大御神:こまかくいえばりゅうしもふくまれてはいるがそれだけではない。

周波数の振動が伝わらない部分があるのはなぜ?

幻朋:「板に振動が伝わる部分(腹)と振動が伝わらない部分(節)がありますが、”節”に振動が伝わらないのは何故ですか?」
天照大御神:しゅうはすうをしんどうさせたときにつたわらないぶぶんもある。
メラムサフラ:全てに伝わる訳ではないですね。
幻朋:理由というより、このような現象だと思った方が良いでしょうか?
天照大御神:そのようなものだ。

フラワーオブライフとの関連性

幻朋:「円い板に振動を表した時の図形は、フラワーオブライフの図形と関係ありますか?」
天照大御神:かんけいはない。にているがちがう。

ソルフェジオ周波数について

幻朋:周波数繋がりで別な質問をいただいていましたので、そちらもお聞きしたいです。「ソルフェジオ周波数についての質問。528hzはDNAを修復するとか・・・細胞が回復するとか周波数によって色んな効果があるとされています。実際、不眠症や精神病患者に実験をすると改善傾向が高いそうです。ただし、科学的根拠はまだなく賛否両論。地球という惑星にも周波があり、それは7.8hzでシューマン共振と呼ばれて共鳴するから、身体のバランスが整うと言われています。それらが・・・本当かどうか知りたいです。効果はあるのか?それとも、気分的なモノなのか?知りたいです。宇宙や各惑星にも独自の周波数があるのか知りたいです。」
天照大御神:それはほんとうだ。にんげんのからだにえいきょうするしゅうはすうもある。
幻朋:本当なんですね!体の調子が悪い時はソルフェジオ周波数を聞けば良いでしょうか?
天照大御神:ひとによってあうあわないというしゅうはすうはそんざいしている。
幻朋:必ずしも全員に当てはまる訳ではないんですね。DNAが修復するのは本当でしょうか?
天照大御神:しゅうふくできない。
幻朋:細胞はどうでしょう?
天照大御神:なおすことはできない。
幻朋:でも、精神的な面では効果がありそうですね!各星にも周波数は存在しますか?
天照大御神:すべてのしゅうはすうであらわすことはできないがほしによってさまざまなものはある。
シノエテ:地球にしか存在しない周波数もありますよね。
天照大御神:そのとおりだ。
幻朋:地球の環境によって独自の周波数が生まれているのかもしれないですね。
天照大御神:しのえてにあわないしゅうはすうもあるだろう。
シノエテ:ヨーロッパ方面に行った時にあまり気分が良くない音がありました。
天照大御神:ちきゅうのばしょによってでているしゅうはすうがちがう。
幻朋:そうなんですね!普段気づかないような音が地球から出ているんですね。

【解決編】アポカリプティックサウンドについて

アポカリプティックサウンド図
幻朋:地球から出ている音で思い出した事があります。アマテラスさんは、地球人の間でアポカリプティックサウンドと呼ばれている音についてご存知でしょうか?これについて未解決だったのですが、周波数と関係ありますでしょうか?
天照大御神:しゅうはすうとはかんけいないがちきゅうないぶのおとがくうきにふれてひびいているじょうたい。それのことだろう。
幻朋:おぉ〜!この現象は本当なんですね。
天照大御神:それはそんざいしている。めったにおこるものではない。
幻朋:メラムさんも当時同じような事を言っていましたよね!地球の音ではないかと予想していましたね。
メラムサフラ:言っていました。
天照大御神:さすがめらむさふらだ。
オルアエル:メラムさんすごいね。
イスキタム:そこまで考えられないです。
シノエテ:メラムさんは私達とは違います。
幻朋:この音が聞こえると地球が滅亡する、というような噂もあるようです。
天照大御神:そうしたらもうなくなっているだろう。
幻朋:ごもっともです(笑)アポカリプティックサウンドの事も分かりましたし、今日も勉強になりました。こうして教えていただき、とてもありがたいです!
天照大御神:かまわない。
シノエテ:ありがとうございました。
天照大御神:わたしはしつれいしよう。
幻朋:お越しいただきありがとうございました!
メラムサフラ:ありがとうございました。
オルアエル:またね。
(アマテラス様の光がスッと消えました。)
オルアエル:アマテラスさんすごいね。
メラムサフラ:神様ですからね。
シノエテ:アマテラスさんは何でも教えてくれます。
幻朋:神様に分からない事はほぼないですね。それにしても、周波数ってこんなに影響があるんですね。伊勢神宮の上空は問題ありませんか?
シノエテ:ここは大丈夫です。勉強になりました。
メラムサフラ:サヴィラジヌには模様が現れるものがありません。
幻朋:地球のような動植物は存在しないですもんね。サヴィラジヌでも実験したら何か模様が出るかもしれませんね!
メラムサフラ:面白いかもしれません。
幻朋:これらについては知らなかったので、とても勉強になりました。 
イスキタム:後で他のメンバーに教えておきます。色々メモしました。
幻朋:もし地球でクラドニ図形っぽい模様を見つけたら、ぜひ教えてください!
シノエテ:分かりました。
オルアエル:面白かったよ。
シノエテ:面白かったです。
幻朋:はい!また来ますね。コク(いつも)、カテ(ありがとう)、タルム(さようなら)!
オルアエル:またね。
シノエテ:ありがとうございました。

 クラドニ図形などのお話は以上となります。やはり宇宙の法則に関係するような現象のお話は面白いですね!フィボナッチ数列も好きですが、今回もとても興味深かったです。
クラドニ図形のリクエストをしてくださった読者様には感謝しております。知るきっかけになりました!
 読者の皆様へ
今まではTwitterにてお知らせをしたり、日常の写真をアップしておりましたが、今後はサイト内にある【お知らせ】や【交流掲示板】で発信していきます。
ブログに関する事などもお知らせする予定なので、そちらで情報をご確認いただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。