ロゼッタ・ストーン、クフ王の遺体の場所、ミイラの起源、エジプトの神々など【エジプトの謎編】

NO IMAGE
古代エジプトシリーズの最終回です。今回はジャンルを絞らず、様々な謎について質問してきました。質問リクエストをしてくださった皆様、ありがとうございました。
作りかけの巨大オベリスク、宇宙人や電球のような壁画、最古の数学書など多数のお話があります。更にエジプト神話に出てくる不思議な神々についても話しました。太陽神ラーの一般的な姿は、ハヤブサの頭で男神として描かれていますが、実はその絵は間違っているそうなんです…どんな姿かは記事の後半で解説しておりますので、ぜひご確認ください!それではお話を始めていきます。
※今回も著作権を配慮してネットにある画像を貼る事を控えております。イメージのイラストを用意できていないものもありますので、ネットで検索をして本物の写真をご覧いただければ幸いです。何卒ご容赦ください。
記事に出てくる人物や用語はこちら

作りかけの巨大オベリスクはなぜ放置されたのか?

幻朋:こんにちは!
メラムサフラ:お待ちしていました。オルアエルも今来ます。
オルアエル:来たよ。
幻朋:今日でエジプトのお話は最後になります。いくつかの謎をお持ちしましたので、調べていただければ嬉しいです!
オルアエル:結構面白いよ。
幻朋:ではさっそく1つ目の謎です。エジプトにはオベリスクという縦長の建造物があるのですが、その中でも一際巨大なオベリスクが作りかけの状態で残されています。重さは1200t、10階建てのビルに相当する高さだそうです。これは誰が作ったものでしょうか?(オベリスクの画像を出しました。)
メラムサフラ:小さいオベリスクは地球人が作っています。その大きいのは宇宙人によって作られていますが、途中でやめてそのままになっています。
幻朋:なぜ途中でやめたのでしょう?ヒビが入っているからやめたという説もあるようですが。
メラムサフラ:建てる所が決まらなかったのでやめたそうです。
オルアエル:これは何なの?
幻朋:私もオベリスクが何なのか気になります。
メラムサフラ:これは建物のシンボルとして建てられています。
幻朋:あと、他のオベリスクに刻まれた文字がとても綺麗なのですが、人が削って書いたのでしょうか?(エジプト各地にあるオベリスクの画像を出しました。)
メラムサフラ:これは宇宙人が作っていますね。文字を掘るのは地球人には難しいようです。
幻朋:ビームやレーザーなどの技術で書いたんですね。
メラムサフラ:そうですね。地球人に頼まれて作っているものもあります。地球人が作ったものは大体今は崩れています。
幻朋:現在でも残っている大きいオベリスクは宇宙人が作ったものなんですね。
メラムサフラ:強度が違います。
オルアエル:変なのたくさん作るんだね。

飛行機、電球、宇宙人などの壁画について

幻朋:次は不思議な壁画やヒエログリフについてです。まずはヘリコプターや飛行機ではないかと言われているヒエログリフです。これは何でしょうか?(画像を見てもらいました。)
メラムサフラ:これは乗り物ではなく文字の一部です。
幻朋:何となく飛行機っぽく見えるだけなんですね。分かりました。次はこの絵ですが…電球を持っているように見えるそうです。電球にしては長いような気もします(笑)
壁画
メラムサフラ:この左に写っているのは宇宙人です。
幻朋:え?!この大きい人ですか?…確かに他の人に比べるとちょっと巨大ですね(笑)
メラムサフラ:人の形をした宇宙人も来ていたようです。
幻朋:この宇宙人が手に持っているものは何でしょうか?何をしている場面ですか?
メラムサフラ:これで石を切っています。
オルアエル:どう見たら良いか分からないよ。
幻朋:そうですね、真ん中と右側にいる人達を切っているように見えます(笑)
メラムサフラ:右側の人は地球人で、手伝っています。
幻朋:共同作業をしている様子なんですね。
メラムサフラ:私もよく分かりませんが、そのような説明が載っていました。
幻朋:あれは電球じゃなかったんですね。次の壁画は、それこそ宇宙人っぽいものです。まずはこれですが、真ん中にいるのが昆虫型宇宙人らしいです。右側の人は鳥を持っているのかな?(「エジプト 昆虫 宇宙人」で検索すると壁画が出てきます。)
メラムサフラ:これは宇宙人じゃないと思います。このような宇宙人はいませんでした。
幻朋:違うんですね。では、次の壁画はどうでしょうか?グレイと呼ばれている宇宙人に似ています(笑)
壁画
メラムサフラ:これはグレイですね。左の人は先ほどの大きい宇宙人です。
幻朋:あとはこの壁画はどうでしょう?やたらと小さい宇宙人のような生き物がいます。
壁画
メラムサフラ:これは宇宙人の親子ですね。どちら側も宇宙人です。
幻朋:親子だったんですか!よく見ると親御さんの方も首がやたら長いですね(笑)
オルアエル:こんな人間いないよね。
メラムサフラ:調べていたら人の形に似たような宇宙人がたくさん来ていました。
幻朋:これらの壁画は地球人が彫ったものですか?これもずいぶん綺麗な線ですよね。
メラムサフラ:地球人や宇宙人が彫っています。細かいものは宇宙人が作ったものです。

エジプト人が目撃したもの

シノエテ:こんばんは。遅くなりました。
幻朋:シノエテさん!来てくださったんですね。
メラムサフラ:呼びました。
幻朋:古代の文字とかはシノエテさんの得意分野ですもんね!
シノエテ:これはかなり面白いですね。
オルアエル:不思議な絵だもんね。
幻朋:ここからはシノエテさんもご一緒にお願いいたします。次は宇宙人の存在を匂わせるような記述についてです。トトメス3世はタリ・パピルスという古代最古の文書に「空から炎に包まれた無数の円盤が現れ、すぐに姿を消した」と記載しているそうです。
メラムサフラ:UFOだと思います。
幻朋:炎に包まれたように見えるという事は、オレンジ色などに光っていたのかもしれませんね。
シノエテ:発光していたUFOもあったみたいなので、そう記したのかもしれません。
幻朋:また、アメンホテプ4世が「空から舞い降りた者に出会った」とヒエログリフに刻んでいるそうです。直球ですね(笑)
メラムサフラ:宇宙人の事ですね。

世界最古の数学書「リンド・パピルス」

幻朋:リンド数学パピルスという最古の文書があって、それには数学の問題が84〜87個記されているそうです。割り算や掛け算や面積を求めるもの、ピラミッドの底辺と高さから角度を求める問題もあるそうです。
メラムサフラ:宇宙人が伝えていきました。これは今でも使われていますね。
シノエテ:とても頭の良い宇宙人みたいですね。
幻朋:数字の概念もありますもんね。これならピラミッドの建築も正確にできますね。
メラムサフラ:私達より優れています。
幻朋:すごい人達がエジプトに来ていたんですね!

ロゼッタ・ストーン

幻朋:これはシノエテさんが好きな話かもしれません。1799年、エジプトのロゼッタという所で見つかったロゼッタ・ストーンという石版があります。古代エジプト期の岩を使用しており、その石にはヒエログリフ(神聖文字)、デモティック(民衆文字)、ギリシア文字の3種類の文字で書かれてあります。同じ意味の文章がそれぞれの文字で3パターン書いてあるため、ヒエログリフを解読するきっかけになったそうです。王様の功績や法令について書いてあるようですが、この石版は何なのでしょうか?
シノエテ:これは当時の地球人が残したものです。宇宙人との記録を残すために書いたものです。
幻朋:宇宙人と一緒に住んでいたから、その時の出来事などを書いていたのでしょうか。でも、エジプトにギリシア文字なんてあったんですか?
シノエテ:元々はエジプトの文字しか書かれていなくて、その後に引き継がれて違う人に書かれています。
幻朋:その時はまだヒエログリフを読める人がいたんですね?その人がそれを読んでギリシア文字で同じように書いたんですね。
メラムサフラ:読める人がいました。これを宇宙人が持ち歩いていました。
幻朋:時を経てそれが発掘されたんですね。ロゼッタ・ストーンがなければヒエログリフは解読できなかったそうなので、すごい発見ですね。

ミイラを作り始めた起源

幻朋:エジプトではミイラという遺体が有名ですが、エジプト人がミイラ作りを始めたのは、遺体を生前の姿で残す事が死後の復活に必要だと考えたためだそうです。
メラムサフラ:保存してまた復活できると考えていたようです。
オルアエル:そんな事できるの?
幻朋:亡くなってから復活するのは厳しいですね。でも、当時の人は信じていたんですね。エジプト神話で、イシス神がオシリス神の遺体を繋ぎ合わせ、包帯に包んで復活させたという話が起源とも言われているそうです。
シノエテ:神様というのは合っています。
幻朋:本当にそういう神様がいたんですか?!
メラムサフラ:地球人からはその神様が亡くなっているように見えたらしいですが、実際にはそうではなかったので、復活したように見えたという事みたいです。
幻朋:確かにこの神様はなぜか体の色が緑色っぽいんですよね(笑)この色を見て亡くなっていると思ったのかもしれませんね。

クフ王のお墓はどこなのか?

幻朋:クフ王のお墓はどこかというご質問をいただいていたので私も調べてみたのですが、クフ王のミイラは盗掘で持ち去られたか、未発見だとされているようです。他の王様の遺体は、王家の谷という所から見つかっているそうです。
メラムサフラ:クフ王もそこに納められていたようですが、それ以上の事が載っていません。
幻朋:まだ王家の谷のどこかにあるかもしれないですね。
オルアエル:見つかってないだけなのかな。
シノエテ:探しに行ってみたいです。
メラムサフラ:見つけたら大変な事になりそうですね。
幻朋:このようなものは歴史的な発見として世界中で騒がれますからね(笑)
オルアエル:探しに行こうよ。
幻朋:サヴィラジヌ発掘隊ですね。メラムさんなら普通に「ここです」って分かりそうですね(笑)
メラムサフラ:アマテラスさんに許可を取らないといけません。
幻朋:クフ王のミイラを探しても良いですかっていう許可をもらうのは、さすがに難しそうですね(笑)

エジプトの神々は宇宙人なのか?

幻朋:エジプトの神々は宇宙人なのでしょうか?
メラムサフラ:神様という存在は宇宙人と別で認識しています。
幻朋:ちゃんと自分達は宇宙人ですと説明して地球人に分かってもらっていたようですもんね。しかし、紀元前1346年頃にアメンホテプ4世は古代エジプトの多神教を一神教に変えてアテン神を崇拝するようになったそうです。アテン神とは太陽の円盤と表現した神の事で、円盤というUFOっぽいワードが出てきています。
メラムサフラ:宇宙人の事を言っている可能性もありますね。調べてみます。
オルアエル:アマテラスさんかな?
幻朋:アマテラス様も太陽神ですが、円盤とは違うと思います。
メラムサフラ:太陽の円盤が描かれた宇宙人の絵がありました。
幻朋:どれですか?!アテン神で検索してみますね………うわっ、何だこれ(笑)丸いものから手みたいなのがたくさん生えている!手を上に上げている人が描かれている壁画ですか?
メラムサフラ:これです。宇宙人の親子も見ていました。
幻朋:さっきの別な壁画にいた親子の宇宙人なんですね!よく見たら同じ姿の人ですね。太陽から手が生えているような神様がいたんですか?
メラムサフラ:これは太陽をイメージしたものとされています。
オルアエル:アマテラスさんかな?
シノエテ:丸いのは太陽を表しています。
オルアエル:よく分からないよ。
幻朋:太陽そのものでしょうか?オルアエルさんの気持ちは分かります(笑)

エジプト神話と神々について

幻朋:不思議なアテン神に続き、最後にエジプトの神様のお話をしたいと思います。エジプト神話にも神様が生まれるストーリーなどがあるようですが、日本神話のように実際に神様が行った事などを、創作を混ぜながら伝えているような感じでしょうか?
メラムサフラ:日本神話と同じような感じです。
幻朋:分かりました。では、エジプト神話に登場する神様をご紹介していきますね。まず、太陽神ラーはアマテラス様の事なんですよね?以前メラムさんから教えてもらった時は、ラーがエジプトの神様だとは思いませんでした。(太陽神ラーの画像を出しました。)
オルアエル:何これ。
メラムサフラ:アマテラスさんのエジプトでの姿です。しかし少し違うような気がします。
幻朋:顔がハヤブサという鳥で男性らしいですが…アマテラス様は女性ですよね。エジプトでは男性なのかな?
メラムサフラ:女の人の姿をしています。おそらくラーを描いていある絵の人は違う神様です。
シノエテ:同じように太陽のイメージを乗せた女の人の絵です。
幻朋:頭に太陽を乗せた女性の神様なんて他にいるかな?ちょっと検索してみますね。………エジプトの神々の絵が載っている情報がありました。この人かな?「ハトホル神、母なる神、頭上に日輪」という神様がいます!
アマテラス
シノエテ:これです。
メラムサフラ:先ほどのラーは絵が違います。これがアマテラスさんです。
幻朋:では、ハトホル神はこの姿とは別な神様なんですね。という事はハヤブサ頭の神様も本当は別な神様なんですね。
オルアエル:間違ってるんだね。
幻朋:エジプト九柱の神々という有名な神様がいるそうですが、この中に日本神話に出てくる神様と同じ方がいるか見ていただけますか?画像を見ながら説明しますね。アトゥム「天地創造の神」、シュー「大気の神様」、テフヌト「湿気の女神。頭が雌ライオンでバステトと同一視される」
オルアエル:猫の神様かな?
幻朋:テフヌト神はオルアエルさんが気になると思っていました(笑)残りの神様も見ていきますね。ゲブ「大地の神」、ヌト「天空の女神」、オシリス「生産の神」、イシス「豊穣の女神」、セト「破壊の神」、ネフティス「葬祭を司る女神」。
メラムサフラ:イシスというのが瀬織津姫神です。
幻朋:アマテラス様と大の仲良しの瀬織津姫様がエジプトにも!所々に動物のような顔の神様がいますが不思議な姿ですよね。
メラムサフラ:人の形をしていないのは、仏の神のような存在だと思います。
幻朋:なるほど!エジプト版の仏様みたいな方々なんですね。イザナギ様とかはいないでしょうか?
メラムサフラ:イザナギさんとイザナミさんは載っていないようですね。どの神様が当てはまるか調べていますが出てきません。
幻朋:エジプト独自の神様なのかもしれませんね。
シノエテ:地球の中でも姿や呼び方が変わるんですね。
オルアエル:不思議だね。
幻朋:そして、もっと不思議な神様がいます。メジェド神と言いますが、打ち倒すものという意味だそうです。「それはオシリスの家におり、目から光を撃ち、姿は見えない」らしいです(笑)
メジェド神
オルアエル:何これ。
メラムサフラ:これは宇宙人でしょうか。見た事がないですね。
シノエテ:人みたいに目がありますね。
幻朋:目から光線が出るらしいです。
オルアエル:宇宙人なんじゃないの?
幻朋:メジェド神は宇宙人かもしれない説ですね(笑)
メラムサフラ:特定できずにすみません。
幻朋:いえいえ、そんな事ないです。今回も色々と調べてくださってありがとうございました!シノエテさんも来てくださって嬉しかったです。
シノエテ:このような話は好きです。
メラムサフラ:シノエテさんが来てくれて助かりました。調べていて面白かったです。
シノエテ:やはり地球は不思議な星ですね。
オルアエル:宇宙人に遊ばれてるんだよ。
幻朋:そうですね(笑)宇宙人が関与している場所や物は謎が多くなっているようです。またいつか古代の話題が出たら、シノエテさんもぜひ参加してください!みなさんありがとうございました。そろそろ帰りますね。
シノエテ:また呼んでくださいね。
メラムサフラ:またお待ちしています。
オルアエル:またね。

古代エジプトの情報はこれで以上となります。エジプトにはピラミッドやスフィンクスの他にも数多くの不思議なものがありますね!
ツタンカーメンやアレクサンドリアの大灯台など他にも謎はあるようですが、また別な機会にじっくりと紐解いていければ良いなと思っています。今回のエジプトシリーズを最後まで読んでくださってありがとうございました!