スフィンクスは誰が何の目的で作ったのか?当時は何体あったのか?着色されていたのか?など【スフィンクス編】

NO IMAGE
前回記事『ピラミッドの使用目的、石の切り方、運び方、ピラミッドの歴史などを解説【ピラミッド編】』の続きです。今回はスフィンクスの謎について焦点を当てていきます。
以前もお話ししましたが、スフィンクスを作って置いていった存在がいます。その宇宙人はどういう人達なのでしょう?彼らの身体的特徴やピラミッドを建造した理由などを詳しく聞いてきました。また、スフィンクスに関する謎についても質問しましたので、ご報告いたします。
記事に出てくる人物や用語はこちら

スフィンクスの建造年数と作り方について

メラムサフラ:こんばんは。お待ちしていました。オルアエルは違う星に行っているので呼びますね。
幻朋:こんばんは。すみません、よろしくお願いします!
(オルアエルさんが来るまで雑談していました。)
オルアエル:お待たせ。
幻朋:あ、オルアエルさん!来てくださってありがとうございます。それではさっそく今日のお話を始めていきたいと思います。今回はスフィンクスの事がメインです。
オルアエル:良いよ。
幻朋:エジプトで有名な大スフィンクスは、全長73.5m、高さ20m、幅19mの石像です。紀元前2500年頃に建造された説の他に、スフィンクス本体や囲い部分に雨による浸食があるため、かつてエジプトで長期間に大量の雨が降っていた時代から推測して、紀元前7000年頃に建造されたという説もあります。宇宙人に植物を消されてしまいましたが、当時は雨も降るような気候だったのでしょうか?
メラムサフラ:雨はその頃も降っていると思います。
幻朋:前回のお話の時に、大ピラミッドが作られたのは紀元前2500年頃とお聞きしましたが、スフィンクスも同時期に作られたのでしょうか?
メラムサフラ:大体その辺りですね。
幻朋:確か記念に作ったんですよね?
メラムサフラ:ピラミッドを作った記念にスフィンクスを作って残しています。
幻朋:どうやって作ったんですか?岩を削ったんでしょうか?
メラムサフラ:自分の星から持ってきた大きな岩を使っています。
幻朋:実は別な星の石だったんですね。他の星にも地球と同じような石があるんですね。
メラムサフラ:そこまでは分かりません。
オルアエル:石で神社作ろうよ。
幻朋:石の神社を作ったらそれこそ大騒ぎになってしまいますよ(笑)
メラムサフラ:地球で加工しているものもありますが、ほとんどが星から持ってきて組み立てています。
幻朋:組み立てるとは?くっつけているんですか?
メラムサフラ:くっつけているみたいです。
幻朋:もしかしてピラミッドの建造にも使われている漆喰と同じものですか?自分の星にある成分を利用しているという。
メラムサフラ:そうです。接着剤のようなものを使っています。
オルアエル:あんなに大きいのにくっつくんだね。
メラムサフラ:かなり強力なものみたいです。
幻朋:組み立てるのではなく、地球で作る場合はどうやっていましたか?
メラムサフラ:レーザーで加工しています。
オルアエル:よく作れるね。

宇宙人がピラミッドとスフィンクスを作りに来た理由

幻朋:スフィンクス姿の宇宙人は、やはり紀元前2500年頃に来たのでしょうか?
メラムサフラ:そうです。来てすぐに一番大きなピラミッドを作りました。
幻朋:その人達も太陽系外から拠点を作りに来たんですか?
メラムサフラ:他の宇宙人がたくさんピラミッドを作っているのを見て、それより大きなものを作りたいと思ったそうです。
幻朋:拠点を作るためじゃないんですね(笑)
メラムサフラ:たまたま通りかかったみたいです。
幻朋:本当はピラミッドを持ち帰りたかったという理由が分かりました(笑)
メラムサフラ:拠点とかではなく、競って満足したみたいです。
オルアエル:地球に来て遊んでいったんだね。
幻朋:そうですね!そういえばメラムさんはスフィンクス星人さんの星に行った事があるんですよね?
メラムサフラ:行った事がありますよ。明るい人達です。
幻朋:地球から遠いですか?
メラムサフラ:サヴィラジヌに来るよりは近いですよ。
幻朋:何星と言うんですか?サヴィラジヌ語なら教えていただけますか?
メラムサフラ:場所が特定されないので大丈夫です。サヴィラジヌの言葉で「ラシテイ」という星です。
オルアエル:ラシテイ聞いた事あるよ。
メラムサフラ:オルアエルはまだ行った事がないです。
オルアエル:行ってみたいよ。
幻朋:オルアエルさんもぜひスフィンクス姿の人達に会ってみてほしいです!
メラムサフラ:いつか行きましょう。

スフィンクス姿の宇宙人の身体特徴について

スフィンクス
幻朋:では、ラシテイ星人さんがどんな人達なのかを詳しくお聞きますね。性別はありますか?
メラムサフラ:みんな同じように見えましたが、性別はあると思います。
幻朋:スフィンクス像のような姿なんですよね?顔なんてまるで地球人みたいですよね。
メラムサフラ:あのままの姿です。確かに地球人に似たような顔をしていますね。
幻朋:スフィンクスの顔がやけに小さくてアンバランスなため、顔が何度か彫り直されたという説がありますが、元からこういう体型なんですよね?身体はライオンみたいな感じなのでしょうか?
メラムサフラ:そういう体です。地球の動物とも少し違います。
幻朋:何となく動物に似ていますが、フサフサな毛が生えている訳でもなさそうですよね。
メラムサフラ:このままの姿で飛んでいます。動物のように立ち上がったりしません。
幻朋:あの座っているような姿勢で飛ぶんですか?!生き物は歩くという固定観念が邪魔していました(笑)てっきり猫やライオンみたいに歩いて移動すると思っていました。
オルアエル:猫とは違うんだね。
幻朋:座っているとかじゃないんですね。ちなみに頭の部分はネメスという頭巾に似ている気がするのですが……何となくファラオの像に似ていませんか?(画像を見てもらいました。)
メラムサフラ:これとも違っています。それも身体の部分です。
幻朋:頭巾ではなく頭の一部なんですね。あと、元々あごの所に突起はありましたか?顎ひげは後から追加されたのではないかという説があるようです。
メラムサフラ:このようなものはありません。
幻朋:身体の色は何色でしょうか?もしかして赤とか青ですか?
メラムサフラ:色はこの写真のように金色っぽく輝いています。(ファラオの黄金の像を見ていました。)
幻朋:全身が金色なんですか!もしかしてエジプト人がスフィンクスの姿を真似して、金色のファラオの棺桶などを作ったんじゃないでしょうか?
メラムサフラ:スフィンクスの顔を真似して作ったような感じがしますね。
幻朋:あと、この人達の身長はとても大きいそうですね?ピラミッドより大きいと聞きました。
メラムサフラ:身長だと800mくらいです。
幻朋:大ピラミッドが146.6m……巨大すぎます(笑)
オルアエル:私達より小さいね。

ピラミッドを拠点に使っていた宇宙人

幻朋:ラシテイ星人さんは身長がかなり大きいですが、ピラミッドに入れないですよね?何に使っていたのでしょうか…という質問を用意していたのですが、大きさを競って作っただけでしたね(笑)
メラムサフラ:この人達本人は拠点にしていません。大きいのを作って地球人にあげました。
幻朋:では、他の宇宙人はどんな風に拠点として使っていたのでしょうか?
メラムサフラ:他の宇宙人は中に入っています。地球人より小さい宇宙人もいます。
幻朋:それならピラミッドの内部に集まって活動できますね!壁画などは地球人が描いたりしたものですか?
メラムサフラ:壁の絵は地球人によるものです。
幻朋:プレゼントをしてもらった後、自由に加工していたんですね。

ルクソール神殿のスフィンクスなどについて

幻朋:大スフィンクスの他にもヘテプレヘス2世のスフィンクス像というのもあるのですが、これは人間が作ったものでしょうか?(画像を見てもらいました。)
メラムサフラ:これは真似しようとしたものです。
オルアエル:似てないよ。
幻朋:あとはルクソール神殿という所にも1300体以上の像があるそうです。
メラムサフラ:これも地球人が作ったものですね。
幻朋:ギリシャ神話にも、スフィンクスという顔が女性でライオンの胴体に羽が生えた姿の存在がいるそうです。この画像がそうですが…これはまた別ですよね。
メラムサフラ:これは分かりませんね。
オルアエル:何か変だよ。

スフィンクスは色鮮やかに塗装されていたのか?

幻朋:スフィンクスは何度か砂に埋まった事があるそうで、建造から1000年以上後のトトメス4世により、埋もれていたスフィンクスが掘り起こされて修復が行われました。その時にスフィンクスの両前足の間に、トトメス4世の功績を讃える「夢の碑文」という石碑が建てられました。その際スフィンクスは鮮やかに塗装されて、顔は赤、体は黄色や青だったそうです。
メラムサフラ:色が着いていた時代はないです。
幻朋:やはりそうなんですね…以前もそう言っていましたもんね。
オルアエル:何でそうなったの?
幻朋:研究者の方が石を分析して、そういう結果が出ていると思います。別な星の岩だから、何か特殊なものが検出されているのかな(笑)
メラムサフラ:どうなんでしょうね。

スフィンクスの地下通路と隠し部屋について

幻朋:スフィンクスの下に地下通路があり、足と体にも隠し部屋があるそうです。そして、それらはピラミッドへと繋がっている説があります。
メラムサフラ:スフィンクスには隠し部屋というのはないようです。ピラミッドの下にはあります。
幻朋:確か地球人が暮らしていたと言っていましたね。
オルアエル:みんなの部屋?
メラムサフラ:宇宙人が拠点にしていた時の空間を改造しています。地下は涼しいようで住んでいました。
幻朋:暑さからしのげますよね。一般市民は中に入れましたか?
メラムサフラ:主に位の高い人が住んでいました。
オルアエル:ずるいね。
幻朋:やはり王様の特権ですね。もしかして王様が住んでいたから、◯◯王のピラミッドって呼ぶのかな?王の墓じゃなくて王の家ですね。
メラムサフラ:そうだと思います。偉い人が住んでいます。

スフィンクスは何体作られていたのか?

幻朋:スフィンクスの前足の間に夢の碑文という石碑があると先程話ましたが、そこには2体のスフィンクスが描かれているため、本来は2体あったとされています。しかし、他にもたくさんあったんですよね?何体くらいありましたか?
メラムサフラ:10体以上ありました。
幻朋:そんなにあったんですか!どこに置いてありましたか?
メラムサフラ:ピラミッドの周りです。バラバラの箇所に置いてありました。
幻朋:今あるスフィンクスの隣にもありましたか?
メラムサフラ:隣ではないです。
幻朋:そうなんですか。古代エジプトでは、何でも2体ずつペアで像などを設置する風習があったそうなんです。
メラムサフラ:そういう感じでスフィンクスを置いていないです。
オルアエル:考えすぎだね。

なぜスフィンクスを1体だけ残したのか?

幻朋:なぜ1体だけ残してあとは全部持ち帰ったんですか?
メラムサフラ:地球には一つあれば良いと思ったようです。
幻朋:残りは自分の星に飾ってあるのかな…。
メラムサフラ:どこかに置いてあるはずです。

スフィンクスの顔が壊れた理由

幻朋:一つ確認があります。スフィンクスの顔が壊れているのは、宇宙人が乗ってきた宇宙船がぶつかったからですよね?砲撃の練習などによって壊れたのではないですよね?
メラムサフラ:そうです。宇宙人が見に来た時にぶつかって壊れました。
幻朋:そういう理由で良かったです(笑)わざと破壊するのはひどいですもんね。
オルアエル:そんな事しちゃダメだよ。

エジプト政府は何かを隠しているのか?

幻朋:最後の質問です。ピラミッドやスフィンクスの発掘調査などは、エジプト政府の許可が必須で簡単にはできないようにされているそうなのですが、何か隠したい秘密があるからという説があります。これはどうなのでしょう?
メラムサフラ:秘密はないと思いますが、綺麗に残したいんだと思います。
幻朋:いたって普通な理由ですね(笑)確かにその通りですよね。それではスフィンクスのお話はこれで全部です。今回も面白かったです。予想以上にスフィンクス星人が大きくてびっくりでした(笑)
メラムサフラ:結構大きいです。
幻朋:地球人に見えていたらかなりパニックですよね(笑)
メラムサフラ:地球人に見えています。ちゃんと説明して分かってもらったみたいです。
幻朋:それにしても、あの体勢のまま空を飛んできたらちょっと怖いです(笑)でも明るい性格の人達みたいなので、地球人とも仲良くしていそうですね!次回はエジプトの様々な謎を質問したいと思っています。ミイラとか壁画とか。
メラムサフラ:分かりました。関連を見ておきますね。
オルアエル:地球は宇宙人に遊ばれてるよね。
メラムサフラ:面白いです。
幻朋:今日もありがとうございました!オルアエルさんも別な星から戻ってきてくださってカテです。
オルアエル:すぐ来るよ。
幻朋:ではまた来ますね。タルム!
オルアエル:タルム。またね。

古代エジプトスフィンクス編は以上となります。だいぶピラミッドとスフィンクスの謎が解けてきました。宇宙人さん達が残していったピラミッドを利用したり、スフィンクスを真似して像を作ったりと、様々な影響を受けていたようですね。
そして、次回が最後の質問の予定です。古代エジプトに関する謎を質問してきます。太陽神ラー=アマテラス様という話も再度聞いてみようと思っています。