ナスカの地上絵は誰がどのようにして描いたのか?それぞれの絵は何を表しているのかを解説【ナスカ 地上絵編】

【ナスカ ピラミッド編】の続きです。今回は地上絵の情報をメインにご報告していきたいと思います。
彼らがなぜ絵を描き始めたのか?何を使って描いたのか?ナスカの地上絵最大の謎を宇宙人さん達に解説してもらいました。にわかには信じがたい内容ですが、なかなか面白いなと思いました。ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです!
記事に出てくる人物や用語はこちら

ナスカの地上絵の謎を解く

誰が何のために描いたのか?

幻朋:それではいよいよ地上絵に移りたいと思います!
オルアエル:待ってました。
幻朋:誰が描いたか?というのは何となく分かりました(笑)でも何のために描いたんですか?上空からしか見る事ができないので、謎になっているみたいです。
アココレムク:もちろん宇宙人です。暇つぶしで、色んな絵を描いて遊んでいたんです。
幻朋:暇つぶしなんですか?!深い意味とかはないんですね(笑)
メラムサフラ:あとはさっき話した地球人の女性に見せるため。自分の星の事とかを紹介していた。
幻朋:その女性は本当に宇宙人達と仲が良かったんですね。楽しそうです。

絵をどうやって描いたのか?

幻朋:地上絵は一筆書きで、地表をどけて線を描いています。人間が地面に足をつけてザーッとやったという話になっていますが、宇宙人も足で描いたんですか?それとも尻尾とかでしょうか(笑)
メラムサフラ:表面を削り取っている。地球で言うUFOに乗って描いている。
幻朋:UFOで?!そうなると…ビームみたいな光線で地面を削っているのかな?
アココレムク:UFOのエネルギーで溶かして削っています。
幻朋:これなら上空から見て描けますね。

ピラミッド建造終了から絵が描かれた理由は?

幻朋:ピラミッドを作り終わった辺りから絵が描かれ始めたようなのですが、何か関係はありますか?
メラムサフラ:特に理由はないと思います。最初は定期的に地球に来ていたけれど、途中からピラミッドを作って拠点にした。それからは定住するようになって、その辺りから描いている。

絵を描くようになったきっかけ

幻朋:当時の宇宙人さん達は、暇つぶしになるような楽しい事を色々と探していたんですかね(笑)拠点も作り終わったし、次は何しようかな?って感じで。
メラムサフラ:最初に地面を削ってみたら白い線が出てきて「何だこれ?」ってなって、デッカイ絵が描ける!となった。土器とか別のものにも描いていたけれど、大きいのを描いて残しておこうと考えた。
幻朋:これも意外と単純なきっかけだったんですね。
アココレムク:結構色んな事が書かれていて面白いですよ。

なぜ絵が消えないのか?

幻朋:地上絵は消えずに1500年も保っているそうですが、何か特殊な技術が施されているんですか?酸化鉄の砂利をどけると白い砂が下にあって、それが石灰質のため露出すると強度を増すみたいです。
メラムサフラ:当時より消えてきているものがあるようで、年数が経つと劣化していく。基本的には何も施したりせず、そのままの地面を削っただけ。

絵の周辺に土器のカケラが落ちている理由

幻朋:実は絵の周辺にも土器のカケラが落ちているそうなんです。普通の石の中に土器のカケラも落ちています。ピラミッドで遊んでいたように、そちらでも割っていたのでしょうか?
メラムサフラ:土器をたくさん作っていて、絵の近くに並べていた。でも年数が経って自然に割れたり、粉々になってしまった。
幻朋:本当は絵の側に並んでいたんですね!土器が並んでいたらどんな風に見えるのかな?綺麗かもしれませんね。

ナスカには生息しない生物が描かれている理由

幻朋:サル、クモ、シャチなど、ナスカにはいない生物が描かれているのはなぜでしょうか?これも謎になっているようです。
メラムサフラ:宇宙人が自由に地球を見て回っていたから。UFOもあったしどこにでも行ける。
幻朋:やっぱりそうなりますよね。UFOに乗っていたからとか、宇宙人がやったと言うと地球では批判されてしまいます。でも、そういう風に考えた方がしっくりきてしまう話もありますね(笑)

なぜシャチのデザインが多いのか?

幻朋:土器や衣服、地上絵などにシャチのデザインが多いのはなぜですか?特別な意味があるのでしょうか?
メラムサフラ:シャチじゃないです。宇宙人の星にいる生物を描いています。
幻朋:そもそもシャチじゃないんですか(笑)腕や足が生えているのでちょっと違和感はありましたが……。
アココレムク:全体的に見てもシャチには見えませんよ。
幻朋:確かに(笑)地上絵と土器にあるシャチは同じ生物を表していますか?
メラムサフラ:同じものです。
幻朋:そうなんですね。その生物が人の頭を持っているデザインがありますが、どういう意味がありますか?
メラムサフラ:宇宙人が地球に来て、人の頭を紐で吊るしていたから、その生物にも持たせた。
幻朋:鳥の頭事件がこんな所にも影響しているんですね(笑)

地上絵はそれぞれ何を模しているのか?

ハチドリ

幻朋:それでは実際に有名な絵を見ていただいて、何を表しているのか教えていただきたいと思います。まずは一番有名なハチドリです。花の蜜を吸う鳥です。
(リアルな地上絵の画像は、ネットにあるものをご覧いただければ幸いです。)
メラムサフラ:生き物じゃないです。そこに来ていた宇宙人の星のマークです。
幻朋:惑星のシンボルマークみたいな感じですかね。日本にも県や市のマークがあります。
メラムサフラ:地域的なものを表すマークです。

コンドル

幻朋:これはコンドルという鳥の絵だそうです。大きな翼を広げている様子かな?これがくちばしでここが足で…。
メラムサフラ:宇宙人の姿。羽とか足じゃないです。この人を見た事があります。
幻朋:宇宙人なんですか?!どう見ても鳥にしか見えません(笑)鳥型の宇宙人という事でしょうか?
メラムサフラ:鳥じゃないです。細くなっている方を下にして見てください。
ナスカの地上絵 コンドル
幻朋:あ!手を広げているように見える!(笑)ここが手ですよね?不思議な姿をしていますね〜。宇宙は広いから、こういう人がいてもおかしくないですね。
メラムサフラ:手ではなくそういう体をしているんです。人の作りとは全く違う。上だから頭とか、下だから足という訳ではない。
幻朋:すみません…ちょっと気になる事があるのですが、さっきのハチドリの絵とコンドルって似ていませんか?もしかしてあれはコンドル星人さんの星のマークですか?名前が分からないのでコンドル星人と呼びますね(笑)
メラムサフラ:そうです。その人の星です。

サギ

幻朋:これはサギやフラミンゴと呼ばれている鳥の絵だそうですが、これもコンドル星人っぽくないですか?ビヨーンってなってますが(笑)
メラムサフラ:さっきと同じ星の人です。元々そういう姿の人です。
幻朋:ジャンプしてビヨーンってなっている訳じゃなくて、こういう体の人なんですね。サヴィラジヌも色々な形の人がいますもんね。

宇宙飛行士

幻朋:次は宇宙飛行士と呼ばれる絵です。片手を上げていてちょっと可愛いです(笑)
メラムサフラ:これも宇宙人で、こういう人が来ていました。手はたまたまそう見えるだけで、本来は手はないです。
ナスカの地上絵 宇宙飛行士
幻朋:手がない?!足だけなんですか?手がないのにどうやって物を持つんでしょう?やっぱり超能力的な力で移動させたりするんですかね。
メラムサフラ:それは私達も同じです。
幻朋:あ…失礼しました(笑)そうですよね。足とか手とか、そういう概念にとらわれるのはいけませんね。
アココレムク:お話の途中ですがそろそろ行きますね。メラムさんあとはよろしくお願いします。
オルアエル:じゃあね〜。
幻朋:アココさんお忙しい所ありがとうございました!

クモ

幻朋:これはクモっぽいですよね?
メラムサフラ:クモを見て描いたんだと思います。
幻朋:ちなみにこれはオリオン座を表していますか?シリウスと関係があるのでは?という話があるようです。
メラムサフラ:違います。でも、そこからやって来ていたかまでは分かりません。
幻朋:クモの他にも、地球にいる動物の絵はありますか?
メラムサフラ:クモの他にも地球の生物はいくつかあります。

ペリカン

幻朋:ペリカンという鳥の絵です。これはどうでしょう?
メラムサフラ:これを描いた人の星にいる生物。地球で言う鳥みたいな生物で、ペリカンじゃないです。
幻朋:地上絵にある生物は、コンドル星人の星のものなんですか?
メラムサフラ:その星の生物だけじゃなく、他の星のものもあります。

幻朋:これは犬ですか?似ているようで似ていない(笑)
メラムサフラ:これも宇宙人の星にいる生物です。

幻朋:手という絵です。ちょっと不思議な絵ですね。
メラムサフラ:手ではなく、どこかの星にいる生物です。こういう見方をします。
ナスカの地上絵 手
幻朋:手みたいなのが下にくるんですね(笑)メラムさんは、どっちが上とかどういう風に見るのか分かるんですね?
メラムサフラ:分かります。

サル

幻朋:これはサルですよね?とても似ていると思うのですが。
メラムサフラ:地球のサルっぽいですが、この時代に生息していたサルはちょっと違うような気がするので、他の星のサルかもしれません……どこの星のサルかは載っていません。

幻朋:星という絵らしいです。
メラムサフラ:これは宇宙人が描いたものじゃないです。
幻朋:もしかしてナスカの絵の画像じゃないのかな?

幾何学模様や直線図などについて

幻朋:動物の他にも幾何学模様や線の図があるようです。正確な三角形の図があって、全体が押し込まれるように描かれています。
メラムサフラ:三角形は正確に測ってUFOで描いている。中途半端な図とかは完成していない。ただ試しに線を描いたのとか、間違って途中でやめたのもある。
幻朋:間違ったやつもあるんですね(笑)他にも滑走路のような太い線もあるみたいです。かなり上からじゃないと全体図が見えないものもあったり…。
メラムサフラ:それは結構いっぱいある。ただ描いたやつで意味のないもの。帰った後に、色々と見てもらえるように大きく描いた。宇宙人の感覚で大きく描いている。
幻朋:それは地球人に対してですか?
メラムサフラ:後の地球人や他の宇宙人に対して、ここにいましたよというメッセージ。

ミラコチャという神の言い伝え

幻朋:ナスカ周辺にミラコチャという神がいて、その存在が絵を描いたという言い伝えもあるようです。
メラムサフラ:神とは関係ないです。

地上絵周辺でUFOが目撃される理由

幻朋:ナスカの地上絵ではUFOの目撃が多いらしいのですが、もしかして見にきているんでしょうか?
メラムサフラ:見に来ていると思います。メッセージがあるなら、それを見に来ています。何の生物かとかは分かりますが、私にも解読できないものもあります。これを描いた人が住んでいる周辺の宇宙なら、今でも話題になっていると思います。

線の上で磁場が変化する現象について

幻朋:地上絵の線の上では磁場が変化したり、伝導率が高いらしいのですがどういう現象でしょうか?
メラムサフラ:ただ削った訳じゃなく、UFOから発するエネルギーを使って描いているから、そういうのが検出される可能性はあると思います。

ミステリーサークルとの関連性はあるのか?

幻朋:ミステリーサークルというのはご存知ですか?
メラムサフラ:ミステリーサークル?
オルアエル:何それ?
幻朋:草原みたいな所にUFOが来て模様を描くんです。その模様の事を言います。ちょっと画像を検索してお見せしますね……。
(ネットでミステリーサークルの画像をいくつか表示しました。)
幻朋:これはナスカの地上絵と同じような類でしょうか?関連性はありますか?
メラムサフラ:そんな感じだと思います。関連性はないですが、作り方は似ています…この丸がいっぱいのやつは宇宙人が作っていそうですね。かなり正確です。

ピラミッド建造より前に描かれた絵

幻朋:ナスカから離れたマフェーロス谷という場所に、ピラミッドと地上絵よりも前に描かれたシャチの絵があるらしいです。シャチの手には線が描いてあるので、人の頭を持っていたのではないかという事なんです。でも、この頃はまだ地球人の女性と出会っていないので、鳥の頭の事は知らない時期だと思います。
メラムサフラ:あのシャチとは別の生き物。この岩にある絵も結構大きいですよね。同じような宇宙人が描いているけれど、シャチじゃないです。
幻朋:う〜ん……確かによく見るとちょっとデザインが違いますね。もっと昔にも宇宙人が来ていたんですね。
メラムサフラ:その時期の宇宙人よりも前に来ていた宇宙人。時期が違うからナスカの絵とは呼べない。ピラミッドを作る前にも来ていたから、その時に描いた絵。
幻朋:岩盤に描かれていますが、これはどうやったんですか?線を掘ったんですかね?
メラムサフラ:これもUFOで描いている。ビームみたいなエネルギーは、どの方向でも出せますので。
幻朋:エネルギーは下にしか発射しないのかと思っていました。さすがハイテクですね。

ナスカ文明はなぜ終わりを遂げたのか?

幻朋:ナスカ文明はどうして終わったんですか?
メラムサフラ:女性が亡くなってから徐々に帰っていった。その人とも交流があったから、いなくなってしまって「帰ろうか」となった。ピラミッドをそのまま残して帰った。
幻朋:一説では何度も洪水に襲われたから、ピラミッドを放棄して地上絵を描くようになったらしいです。
メラムサフラ:放棄はしていない。宇宙人がいなくなった後に洪水が起きた。水がだいぶ流れている……大雨による洪水の影響を受けた。
幻朋:だからあんなに砂まみれになっているんですね。
メラムサフラ:自然の風や災害で、ピラミッドが砂に埋もれた。

最も古い地上絵はどれなのか?【追加質問】

Twitterで追加のご質問をいただいたので、後日またサヴィラジヌ星に行ってきました。
幻朋:またナスカの地上絵について質問しに来ました。一番古い絵はどれか分かりますか?
メラムサフラ:ピラミッドの近くにある直線とかちょっとしたものが一番古いです。
幻朋:ピラミッドの近くにも描いてあるんですか!それは何年前くらいですか?
メラムサフラ:2000年くらい前。宇宙人は400年〜500年滞在していました。みんな寿命が長いので。
幻朋:年代も分かるなんてすごいですね!
メラムサフラ:サヴィラジヌには数字の概念がなかったので勉強しています。
幻朋:地球の歴史の話をしていると、紀元前とかよく出てきますからね(汗)勉強してくださってありがとうございます。そういえば、先日ナスカの地上絵が何か分かったという研究が発表されたんです!この3点だそうです。ハチドリは鳥じゃないですよね…。
(ハチドリなど3種類の絵を見てもらいました。)
メラムサフラ:それはどれも鳥じゃないです。
幻朋:そうなんですね。でも、メラムさんの話を聞いて「鳥に決まっている」と言う人がいると思います。
メラムサフラ:地球は自由です。信じても良いし、信じなくても良い。私は地球の歴史の資料を見て答えているだけで、嘘を言っている訳ではないので。
幻朋:メラムさんは時々名言みたいな台詞を言いますね(笑)いつもありがとうございます。追加の質問は以上です。
メラムサフラ:アココさんの手伝いに行きますね。またいつでも質問しに来てください。待っています。

ナスカ 地上絵編はここまでとなります。情報量が多く、長くなってしまいました。信じられないような話ばかりですが、私は結構楽しかったです!何より地上絵が面白くて可愛い感じがして好きです(笑)
全ての絵を検証するのは難しいのではっきりとは言えませんが、宇宙人や宇宙生物にまつわる絵が多いような気がします。ここではご紹介していない絵の中にも「ん?怪物かな?」と思うような不思議なものがあります(笑)
グーグルアースでも地上絵を見る事ができるので、みなさんも空から来た宇宙人の気分でぜひ眺めてみてくださいね!