【タイムマシン】過去や未来に行くことは可能なのか?宇宙人に聞いてみた

あなたはタイムマシンについて何かを考えた事はありますか?過去や未来を自由に行き来できたら…あの時に戻ってやり直せたら…なんて考えると、すごくワクワクしますよね。

私はふと考えました。高度な文明を持つ惑星の人なら、タイムマシンみたいなハイテクな装置を使っているんじゃないか?!

そこで、さっそく宇宙人さんに聞いてみる事にしました。

※記事に出てくる人物や用語はこちら

宇宙人の友達が増えた

前回サヴィラジヌ星に到着した際、いつもとは全く違う所に出てしまったので、しっかりとイメージしながら向かいました。

私の意識はトンネルを抜けて、サヴィラジヌ星に到着しました。いつもの見慣れた街に出たようで、一安心しました。白い色をした四角い建物がたくさん建ち並んでいます。

到着して早々、突然黒い人が私の目の前に現れました。いつもこの星の方々が現れると驚いてしまいます(笑)その人はメラムさんのお友達のオルアエルさんでした。

オルアエル:今日ちょうど帰ってきたんです。あなたに私の名前を教えたと、メラムサフラから聞きました。

幻朋:お久しぶりです。やっとお会いできました。先にお名前を伺っていました。よろしければ、私と友達になっていただけたら嬉しいです。今までずっと出かけていたんですか?

オルアエル:いいですよ。違う星に何ヶ所か行っていました。今日はどこにも行っていません。

幻朋:そうでしたか。お疲れ様でした。その頭のピョコピョコしている部分、何度見ても可愛いですね。というかそこの部分は、頭という認識で合っていますか?それとも顔ですか?

オルアエル:うーん、これは頭とかじゃないんです。地球人の体とは違う概念なので。

幻朋:体と言うと、頭・手・胴体みたいな感覚で考えてしまうんですよね。全然違うんですね。

オルアエル:私達とは違う体だからね。メラムサフラが今こちらに向かっているそうです。そろそろ来ると思います。

そんな会話をしていると、ちょうどメラムさんがパッと現れました。

宇宙人は過去や未来を見る事ができるのか?

サヴィラジヌ星人の女子2人

私の目の前に、サヴィラジヌ星人の女子2人が立っています。自分の目線はそこそこ高い位置から見ている感じなので、2人の姿は私の視界に入っています。しかし実際は超巨大です。かなり圧迫感があります。

幻朋:こんにちは。今日もメラムさんに質問があって来ていました。

メラムサフラ:ほかの星に出かけようと思っていた所でした。今ならまだ大丈夫ですので、質問をどうぞ。

幻朋:そうだったんですね。ありがとうございます。それではさっそく質問なんですが、地球ではタイムマシンという乗り物についての話があります。実在しませんが、その乗り物というか装置みたいな物を使うと、過去や未来に行けるんです。そのような装置や技術はサヴィラジヌ星に存在しますか?

メラムサフラ:ここの星にはそういう物はないよ。ただ、私達は過去や未来を見る事はできるよ。見るだけで実際に行く事はできない。他の星の人だったらできるかもしれない…もしかしたらだけど。

幻朋:サヴィラジヌ星で不可能なら、地球人にはもっと無理な話ですよね(笑)将来、科学技術が発展したらタイムマシンも作られるんじゃないか?!と想像していました。難しそうですね。

メラムサフラ:地球人には難しいかもしれない。それに実際にそんな物があったら大変な事になると思う。

幻朋:うーん。ちょっと残念です。科学が発展している未来人が、タイムマシンに乗って現代に来るとか色々と予想されているんですよ。

メラムサフラ:存在として別の存在になれば…行けなくもないかなぁ。3次元じゃない次元に変わる事になるから、元に戻れなくなるかもしれない…。それに過去に行ってしまったら、時間の法則とか乱れてしまうからダメだね。うーん、これは面白い話だね。

幻朋:別の存在になるって??もう1人自分が分身する的な感じですか?3次元じゃない次元に変わるとは、4次元になるとかそういう意味ですか?すみません、私の頭では理解できそうにないです(笑)

メラムサフラ:そういう事じゃないよ。説明するのが難しいです。

幻朋:次元によっては可能かもしれないと言っていましたが、サヴィラジヌ星よりも更に高い次元の惑星なら時間の移動はできますか?サヴィラジヌ星は確か50次元くらいだったと思いますが。

メラムサフラ:その次元の事についての話だけれど、あなたが言っている次元という物は多分これの事かな?と当てはめて答えている。私達には次元という概念がないからね。私達の星よりも更に次元が高い惑星はあるから、もしかしたら時間の移動もできるかもしれないね。

幻朋:私も正直なところ、次元の事はよく理解していないんです(笑)太陽系では確か9次元か10次元くらいの存在がいるとかって聞いた事がありますが、どうなんでしょう?

メラムサフラ:太陽系だとそれくらいの次元だと思うよ。サヴィラジヌ周辺では次元の種類が20くらいはある。その種類の中の一つがサヴィラジヌ。ここの惑星は次元がまだまだ低い方になるよ。

幻朋:え?次元にも種類があるんですか?宇宙って本当に奥が深いですね…。

メラムサフラ:さっきも言ったけれど、私達には次元の概念がないから説明するのが難しい。すみません。

幻朋:とんでもないです!貴重なお話をしてくださってありがとうございました。

サヴィラジヌ星の家は不思議な作り

幻朋:いつも私がサヴィラジヌ星に来ていますが、よかったら今度は逆にうちに遊びに来てください。

メラムサフラ:行ける時があれば行きます。

幻朋:ぜひ来てください。あっ、あそこを歩いている人は誰ですか?

通りすがりの人

メラムサフラ:ここら辺に住んでいる人だよ。

幻朋:通りすがりの人でしたか。つい気になってしまいました(笑)あ、もう消えましたね。どこかに移動したんですかね?それにしてもこの建物は不思議ですね。サヴィラジヌ星人の体の方が大きいように見えます。どうやって中に入っているんだろう…。

メラムサフラ:そこの建物に入ってみますか?

ある一つの建物に案内してもらいました。やはり外から見ると、ドアや窓のような物は見当たりません。すり抜ける形で、3人ですうっと中に入りました。

建物の中に入ると、見た目の大きさと違って実際はとても広いです。天井も高く、一番背が高いメラムさんが入っても狭いという事はありません。壁一面が真っ白な東京ドームというイメージです。

一体どういう原理で中が広がっているのか謎です。建物の中は別次元になっていたりして?

幻朋:えー!こんなに広いんですね?!ここの部屋はどこまで続いているんでしょうか…お二人が入っても余裕があるので、相当大きいですよね。ここも何かの施設なんですか?

オルアエル:ここは私の家だよ。私は身長が300kmあるけど広いでしょ。

幻朋:オルアエルさんの家だったんですか?!すみませんお邪魔します。家具とかは何もないんですね?

オルアエル:本当はあるけど見えていないよ。

幻朋:家の中だと色々とプライバシーがありますからね。

メラムサフラ:あなたが地球人だから見えていないという意味だよ。

幻朋:私にはサヴィラジヌ星の景色は見えていますが、なぜ部屋の中は見えないんですか?ここの空間は特別なんですか?サヴィラジヌ星の建物は不思議な作りをしていますね。例の運動会をやる建物にまた行ってみたいです。私も運動会に招待してもらえたら嬉しいなぁ(笑)

メラムサフラ:まだ時期じゃないからやっていないよ。ごめんなさい。そろそろ別な星に行かなければならないので、外に出ましょう。

幻朋:お忙しい中色々とありがとうございました。お家にも入らせてもらえて貴重な体験ができました。

メラムサフラ:それでは、私は他の星に行ってきます。また来てください。

オルアエル:私が地球まで送りますよ。

幻朋:お言葉に甘えてよろしくお願いします。

帰りはオルアエルさんが地球まで送ってくれました。自分でも戻れるのにわざわざ送ってくれるなんて、本当に優しい人達です。

今回の話もなかなか理解するのが難しかったです。本当はすごい話をしてもらえてるのかもしれませんが、私の頭の回転が追いつきません(笑)

この宇宙人さんとの交流記録を、少しでも多くの方に読んで頂ければ幸いです。もしかして、宇宙人さんの話を理解できる方がいるかもしれない…そんな希望を持っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。