高度文明の惑星に宗教は存在するのか?宇宙人も恋愛する?他

今回は宗教をテーマに宇宙人さんとお話ししてきました。いつも用意している質問以外にも、突発で気になる事があれば質問しています。

 

それなので、話がちょっと長くなってしまう事があります。それらの聞いた情報も、全て記録に残しておこうと思い記事にしていますので、ご理解を頂ければ幸いです。今回も興味深い話が聞けたので、さっそくご報告していきます。

記事に出てくる人物や用語はこちら

サヴィラジヌ星のお店はどうなっているか?

いつもサヴィラジヌ星に意識を飛ばす時は、移動トンネルをすぐに使うのですが、気分転換に太陽系を通ってから行く事にしました。

 

宇宙に意識を向けると、ビューンっと一気に地球を飛び出します。自分でも不思議な現象なのですが、太陽や火星に行って惑星を見る事ができます。

 

今回は月に行ってみました。月の裏側にはヤバイ物があるとかないとか……そんな話を聞いた事があります。本当かどうか確かめてみます。 

 

地球から見て裏側の方に行こうとすると、こっちに来るな的なイメージが伝わってきて阻まれました。まさか本当にヤバイ物があるのでしょうか?!

 

もう一度チャレンジすると今度は裏側に行く事ができました。ぐるっと一通り見てみましたが特に変わった物は何もありませんでした。

 

しかし、何かがいるような…不思議な気配がありました。私の直感ですが、神聖な存在がいるような気がします。(なんとなくです)

 

寄り道をやめて冥王星を目指して一気に進みます。いつかゆっくりと太陽系の惑星を探索しに行きたいと思います。

 

冥王星を過ぎて更に奥の方に、巨大な惑星が見えました。何という名前の惑星でしょうか?とりあえず、この辺でトンネルを使ってサヴィラジヌ星に行きました。

 

トンネルを抜けると、いつもとは違う雰囲気の場所でした。そこまで建物は大きくなく、家らしき物がたくさんあります。

 

メラムさんはまだ来ないようなので、少し周辺を探索してみる事にしました。街の中に家とは違う形の大きな台形のような建物がありました。

何の施設でしょうか

一体何の施設でしょうか?すると、遠方に黄色い棒のようなものが動いていました。おそらく住人の方です。横向きなので棒状に見えています。黄色の方は初めて見ました。

 

そうこうしているうちに消えてしまいました。遠かったのでちゃんと観察できませんでした。更に移動して辺りを見回すと、巨大な箱ティッシュのような形をした建物がありました。民家に比べてかなり大きいです。

長方形の巨大施設

これも集会などに使う建物でしょうか…?そして、またしても黄色い方がいます!さっき見た方とは若干色が違いましたので別人のようです。少し色が薄い感じでした。

 

ここの地区では黄色い人が多いのかな?なんて考えていると、目の前にメラムさんが現れました。

 

幻朋:ビックリした!すみませんいつも驚いてしまって(笑)

メラムサフラ:こちらに来ている気配を感じたので迎えに来ました。

幻朋:ここはどこなんですか?いつもいる場所とは全然雰囲気が違うみたいですが。

メラムサフラ:少し規模が小さめの都市です。いつもの場所から4分の1くらい離れた場所。たまたまここに出たみたいですね。

幻朋:迷子になったのかと思いました。先程から黄色い色の人を見かけるのですが、ここの地区は黄色い人が多いんですか?

メラムサフラ:そんな事はないです。他にもいろんな色の人がいます。

幻朋:偶然だったみたいですね。あそこに見えている、横にドーンと広い大きな建物は何ですか?

メラムサフラ:あれはお店みたいなもの。でも、お金は存在しないから買ったりはしない。必要な物をもらえる。

幻朋:すごい…お金がない世界だとタダでもらえるんですね。善意でみんな助け合って生活しているんですね。

メラムサフラ:そうです。今日はこのままここで話しますか?

幻朋:住人の方にご迷惑でなければここでも大丈夫です。よろしくお願いします。

【宇宙人の体】年齢と身長は比例しない

メラムサフラ:私の友達はさっきまた出かけてしまいました。今日もいないです。どうしても本人から名前が聞きたかったらそれでも良いけれど、先に名前を教える事はできますよ。

幻朋:それでは先にお名前を教えていただいて、後からお会いした時に挨拶をしたいなと思います。

メラムサフラ:分かりました。「€%*#」←すごい発音

 

サヴィラジヌ星人特有の発音が難しくて、何度も復唱しました。そして一番近い発音まで練習しました(笑)

 

幻朋:オルアエル。オルアエルさんで良いですか?

メラムサフラ:そんな感じ。

幻朋:かっこいい名前ですね。

メラムサフラ:本人にそう伝えておきます。

幻朋:メラムさんの名前も素敵ですよ。

メラムサフラ:ありがとうございます。嬉しいです。

幻朋:やっぱりサヴィラジヌ星の名前は難しいですね。

メラムサフラ:もっと長い名前の人もいます。逆に短い人もいるけれど。私の名前は短い方です。

幻朋:地球人には発音が難しいです(笑)では、質問をしてもよろしいですか?身長は皆さんどれくらいなんでしょうか?平均的な大きさはどれくらいですか?

メラムサフラ:小さい人で100kmくらい。大きい人で400km〜500kmいかないくらいの大きさ。

幻朋:身体的成長はありますか?子供から段々成長しますか?

メラムサフラ:成長はあるけれど急に大きくなる人もいる。逆に小さくなる人もいる。

幻朋:急に大きくなったらビックリしますね(笑)小さくなる事もあるんですね。メラムさんは身長が大きい方みたいですが、その分長生きしているという事はありますか?

メラムサフラ:大きさは年齢と関係ない。

幻朋:あ、確かに逆に小さくなる人もいるなら関係ないですよね。

宇宙人の恋愛・結婚について

幻朋:結婚のようなものはありますか?パートナーやそれに近い存在になるというか何というか。

メラムサフラ:結婚はないです。……説明するのが難しい。

幻朋:好きとか嫌いとか。恋愛というか…。

メラムサフラ:好きとか嫌いはないです。決められていて…出会いから一緒になって…そこから増える。すみません説明できないです。

幻朋:いえいえ、地球人とはシステムが全然違うと思うので難しいですね。増えるというのがなかなか想像できません(笑)地球では母親の体から生まれてくるので。

メラムサフラ:最近、周辺地区で3人増えたんですよ。地球では母親から子供が生まれるという事を知った時はビックリしましたよ。私の中から生まれるという事ですよね?想像できません。

幻朋:お互いの惑星の事を想像するのは難しいですね。

神を崇める事について

幻朋:サヴィラジヌ星には政府のような機関はありますか?リーダー的な存在とか。

メラムサフラ:政府みたいなものはないです。そういう事は例の管轄の星がやってくれています。

幻朋:やっぱりそこのすごい星がやっているんですね。以前、サヴィラジヌ星にカモラ神という神様がいると言っていましたが、地球にもそういった担当の神様はいるのでしょうか?

メラムサフラ:いると思う。

幻朋:地球ではたくさん宗教があって、色々な神を祀っているんです。

メラムサフラ:神はそういうのは望んでいない。

幻朋:そうなんですね。サヴィラジヌ星には宗教はありますか?カモラ神を崇めたりしていますか?

メラムサフラ:宗教はない。神はそれを望んでいないから。

幻朋:なるほど。なんだか考えさせられるテーマです。地球人が祀っている神は霊界にいるのでしょうか?それとも全てを統括している惑星にいるのでしょうか?

メラムサフラ:そこの宇宙による。こっちとは体系が違うから、詳しくは言えないです。

幻朋:分かりました。そういえば、なぜ天照大御神を知っていたんですか?教育の一環で存在を知ったんですか?

メラムサフラ:アマテラスさんは太陽の人ですよね。とても忙しい人。色々な所に行っている。すごい人。知る事になったきっかけは、そういう人がいると聞いたから。

幻朋:有名人なんですね。太陽系外の人も知っているなんて、なんだかちょっと嬉しいです。今日もたくさんの質問に答えてくださってありがとうございました!

メラムサフラ:いえいえ。今度はちゃんといつもの場所に来てくださいね。

幻朋:ここに来る前に月に寄り道したからですかね?(笑)そういえば月にも誰か住んでいるんですか?寄り道した時に何かを感じました。

メラムサフラ:ちゃんと行った事がないから詳しく分からないし、太陽系の事はあまり言えないけれど、誰もいないわけじゃないです。

幻朋:大体全部の惑星や星には、誰か住んでいるという認識でよろしいですか?

メラムサフラ:そうです。姿形は全然違うけれど。私とあなたみたいに。色々な姿の人がいる。太陽系の惑星は自分で直接見に行ってみてください。

幻朋:今度ゆっくり行ってみます。それでは、またよろしくお願いします!

メラムサフラ:また来てください。

 

 


こうして今回の訪問は終わりました。またもや足や腕にしびれと痛みがありました。謎のダメージです(笑)意識のみで行動すると、肉体の方に結構疲れが出るみたいです。

 

宇宙人さんに話を聞けば聞くほど、気になる事がどんどん出て来てしまいます。また少しずつお話を聞きに行きたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。