働かざる者食うべからず?!それ悪口じゃないの?異星間で意見対立!お金がない星に住む人々の生活【後編】

やはり地球人の考え方は、あまり理解されないようです…。3対1はきつかったです(笑)それでは話し合いの後半戦をお送りします。
記事に出てくる人物や用語はこちら

【番外編】サヴィラジヌの生活用品

幻朋:ちょっと気になっていた事があるのですが、お店で配る生活用品は誰かが作っているんですよね?何種類くらいあるんですか?
メラムサフラ:地球みたいに物の種類は多くない。栄養テープや休憩装置、家に設置する物とか…。
幻朋:インテリアですか?
メラムサフラ:いいえ。モニターとか、トイレみたいな物もある。
幻朋:え?!サヴィラジヌ星人も排泄するんですか?!
メラムサフラ:体に装着して中を洗浄する。外に出す訳ではないです。
幻朋:すみません(笑)トイレと言うとどうしてもそういうイメージがあって。
メラムサフラ:それに関連してお風呂みたいな物もある。部屋に入ると綺麗にしてくれます。
幻朋:どれもハイテクすぎますね(笑)これらがタダでもらえるなんて、うらやましい限りです。
メラムサフラ:あとは読むような物…地球で言う本がある。
オルアエル:これですよ。
サヴィラジヌの生活用品
幻朋:タブレットみたい!文字が流れてる……何だこれ…すごいなぁ。
メラムサフラ:他の星の情報、サヴィラジヌで起きている出来事が分かる。あと小説のようなものかな?物語もある。
幻朋:小説もあるんですか!住人の方達が作っているんですね。例えば……ある1人のサヴィラジヌ星人が黒いトゲを切ると、中から小さいサヴィラジヌ星人が出てきました。みたいな(笑)
オルアエル:何それ?
幻朋:地球に竹取物語という話があるんですよ(笑)こんな感じかなと思って。
メラムサフラ:そういう似たような感じですよ。色々な話を読む事ができる。
幻朋:まさかサヴィラジヌに小説があるとは思いませんでした。他の星の文化を知るのはとても面白いです。

縛られない自由な生活

メラムサフラ:基本的にここの人達は、家で過ごしたり働いたりのんびり過ごしていますよ。
幻朋:昼寝したりとかはないでしょうけど、家でのんびりするのは良いですよね。私も家でくつろいだりするのは好きですよ。
メラムサフラ:寝るとかはないけれど、結構ぼーっとしている人が多い。みんな考え事をしている。
幻朋:何をですか?悩み事とかですか?
メラムサフラ:悩みじゃない。何か新しい事を考えている。生活をよくする事とか。
幻朋:考え事と言ったら悩みかな?って思ってしまいます。私は地球色に染められていますね(笑)みなさんそういう考え事をしているんですね。これなら自然と文明がどんどん発展していきますよね。やっぱり心と時間にゆとりがあった方が、色々と良い影響がありそうですね。
メラムサフラ:地球は生きづらい。ここの星には遊ぶ所もあるから、そういうのを楽しんでいる人もいます。
幻朋:え?何して遊ぶんですか?!(笑)
メラムサフラ:………アスレチックという言葉が近いかな?踏み台のような物が設置してあって、どれだけ速く移動してポイントを取れるかという遊び。
オルアエル:それ得意だよ。
幻朋:へぇ〜。そんなゲームがあるんですね。オルアエルさんは足が速いから有利ですね(笑)確か運動会みたいなのもあったような?主に体を動かす遊びがメインなんですね。
メラムサフラ:移動のスピードを競うのもありますね。開催までまだまだ先になります。
幻朋:まさか運動会って何十年後とかですか?!ここには時間の概念もないからなぁ…できれば私が生きているうちに見学したいです(笑)

「働かない=悪」はおかしい!宇宙人と徹底討論!

幻朋:ここの星では、必ずやらなきゃいけない事などはないのですか?最低限これはやってくださいって。
メラムサフラ:特にないから自由。生まれた時にルールを教わるぐらい。
幻朋:そうですか…。地球では仕事をしていないとダメだと言われるので。
メラムサフラ:それはおかしい。サヴィラジヌでは働いていない人の事をそんな風には言わない。普通に働いている人もいれば、何もしていない人もいるし遊んでいる人もいる。でも、何をしていても気にならない。
幻朋:こちらでは働かないで遊んでばかりいると色々と言われますよ。
メラムサフラ:目の前に誰かがいても、実際に何をやっているか分からない。遊んでいるのか、考え事をしているのか聞いてみないと分からない。
幻朋:たまに街中でサヴィラジヌの人を見かけますが、その場にただ立っているのかなと思っていました。星のために何か考えているのかもしれないですもんね。決めつけるのはよくないですね。
メラムサフラ:立っているだけで何もしていないとは決めつけない。その人が何をしているのか目に見えないから気にならないし、何をやるかは自由です。絶対にこれをやるとも決められていないから。
幻朋:地球では何もしていないと非難されますよ。
メラムサフラ:そういう考えをすると消される。ここは暴言がダメな世界だから。
ケスリロ:なぜそういう考えになるんですか?
幻朋:人のお金を使って生きるのがダメな風潮なので、自分でちゃんと稼いで生きないといけません。
ケスリロ:家族でもダメですか?
幻朋:いい歳して親に頼るのは良くないと言われます。
ケスリロ:えぇ…よく分からない。家族で助け合っちゃいけないんですか。
幻朋:働かざる者食うべからずという言葉があってですね…。
オルアエル:それって悪口じゃないの?!
幻朋:確かにそうかもしれません。でも、そういう風に言われるんですよ。
オルアエル:生きるのに困っている人がいたら助けると思うけど。
幻朋:働かない事は悪いというイメージが付いてしまっているんです。
メラムサフラ:サヴィラジヌでは働く事が義務じゃないから、なかなか分からない…。無理に働かなくても良いとは思うけれど、私は地球の事情を理解しているから複雑な気持ち。
ケスリロ:全く理解できないです。
オルアエル:私も理解できない。
メラムサフラ:働かないとダメというのがその星のルール。

お金のルーツについて

ケスリロ:お金を考えた人はすごいと思う。
幻朋:ですよね。一体いつからお金ができたんだろう?
メラムサフラ:昔からお金みたいな感じの物はあった。でも人類が生まれた時は存在しなかった。物々交換とかをして、最初はみんな自由に暮らしていた。物を渡し合う習慣は元々あった。
幻朋:え?やっぱり誰かがお金という制度を持ち込んだんですか?
メラムサフラ:外部から来た人が絡んでいる。
幻朋:宇宙人ですか?
メラムサフラ:他の星にもお金みたいな物があって、地球人に紹介した。物だとバラバラの価値だからお金で統一した。
幻朋:お金っていうのがあるけど、地球人もこれ使ってみてよ〜って感じでしょうか…。その宇宙人に悪意はなかったのかもしれないですが、複雑な心境です。
オルアエル:その宇宙人最悪じゃん。
幻朋:まぁそうなっちゃいますけども(笑)今回はみなさんの話をたくさん聞けて良かったです。ご意見ありがとうございました。
ケスリロ:地球には興味があるので楽しかったです。また参加したいです。
幻朋:ぜひお願いします。それではそろそろ帰りますね。
オルアエル:またね。
メラムサフラ:また来てください。

今回の会話記録はここまでとなります。やはりサヴィラジヌ星の人は、地球についての話になるといつもヒートアップします(笑)それだけ環境が違いすぎて「何でそうなの?!」と思うようです。
逆に私もこういう考え方があるんだなと新しい発見があります。惑星を超えての意見交換は面白いです。「地球以外の人はどう思っているんだろう?」と情報をお探しの方に、この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。