宇宙人に聞いた遺伝子操作について&読者様からの質問

先日、読者様よりこんな質問をいただきました。質問は以下のような内容です。
  • サヴィラジヌ星の大きさについて
  • 宇宙人さんは相手の思考を読めるのか?
更に最近話題となっている、遺伝子操作によって赤ちゃんが誕生したという事についても、宇宙人さんに質問しました。果たしてどういった見解になるでしょうか…。
それでは会話記録をご報告していきます。

※記事に出てくる人物や用語はこちら

サヴィラジヌ星の大きさは?

私の意識が惑星に到着すると、すぐにオルアエルさんが来てくれました。
オルアエル:こんにちは。メラムサフラを呼びます。
幻朋:来るのが早いですね。私がここに来た事が分かるんですか?ありがとうございます。助かります。
オルアエル:待っていてください。
オルアエルさんはパッと居なくなりました。
その後、間も無くしてメラムさんが来てくれました。
メラムサフラ:来ました。オルアエルは違う星に行きました。質問があればどうぞ。お答えします。
幻朋:オルアエルさんは出かけたんですね。今日もよろしくお願いします。
実はメラムさんの話してくれた情報を読んでくださっている方から質問をいただいたんです。あと、友達になりたいともおっしゃっていました。
メラムサフラ:私と友達に?もちろんいいですよ。質問にも答えますよ。
幻朋:そう言ってもらえて嬉しいです。では、質問を始めていきますね。サヴィラジヌ星はどれくらいの大きさですか?私の予想だとかなり大きいと思うのですが。みなさんの身長が300kmとかなので、星自体も大きいですよね?
メラムサフラ:地球の数字に変換します。ちょっと計算しますね。……およそ直径660万kmですね。
幻朋:660万km??すごい響きですが全然想像できません(笑)
メラムサフラ:分かりやすく例えると太陽5個分くらいの大きさだよ。
幻朋:とんでもない大きさですね?!そしてあっという間に計算できるなんて天才ですね。この前お話しした、そちらの惑星系にある恒星は更に大きいという事ですよね?
メラムサフラ:そうだよ。もっと大きい。
幻朋:ここの周辺は巨大惑星ばかりあるんですか?
メラムサフラ:いいえ。小さい惑星もあります。いつかお見せしましょうか?
幻朋:ぜひ見てみたいです!その際はよろしくお願いします。

相手の思考を読み取る事は可能か?

幻朋:サヴィラジヌの人は相手の人の考えている事や心の中を読み取る事はできますか?
メラムサフラ:全員ができる訳ではないよ。それにやるとしたら許可が必要になってくる。
幻朋:許可が下りれば相手の思考を読み取ってもいいんですか?でも相手がこういう事を考えているんだなと、分かってしまうと色々辛い事もありそうな気もします。
メラムサフラ:できるよ。でも、基本的にはやらないよ。

遺伝子操作は活用するべきか?

幻朋:あともう一つ質問があって、この質問は私からの物です。地球の科学者が遺伝子操作によって子供を誕生させました。その子供はエイズという病の耐性を持っているそうで、この事について論争が起きています。メラムさんはこの話を聞いてとのように感じますか?
メラムサフラ:地球の遺伝子に近い物はどれかな?と考えていました。
幻朋:DNAと呼んだりしています。遺伝子の情報というか…私も詳しく分からないのでうまく説明できません(笑)
メラムサフラ:ここではDNAと呼ばれる物が存在しない。でも、あなたが言っている遺伝子に似たような物はある。私達はその遺伝子操作に近い事を行なっている。
幻朋:この星では普通に行われているんですか?ちょっとビックリです。病気にならない体を持った人がいたらすごい事ですよね。
メラムサフラ:病気に全くならない人間は作れないと思うんだけど。こちらの技術を使っても体に異常は出るから。でも異常が出たとしても治す技術を持っている。
幻朋:そうですか。異常を治せるのはいいですよね。ちなみに地球ではこの事について倫理的に問題があると言われています。
メラムサフラ:地球は争い事があるから、その辺は慎重に行っていったほうがいいと思うよ。ここの星には争いになる事はないから、どんどん技術を活用しているよ。
幻朋:地球人が今後発展していくとしたら、活用していった方がいいのでしょうか?悩みますね…。
メラムサフラ:私はどんどん使って行った方がいいと思うよ。
幻朋:でも、病気もしないし頭もいいみたいな完璧な人間が現れたら、戦争とか色々な問題が出てきそうです。
メラムサフラ:うーん…嫉妬から争いが起きてしまいそうで心配だね。地球はそんな星だからね。仕方ない気もする。だからこそ慎重にね。

【番外編】宇宙人がグミに興味を示す

私はメラムさんに会いに行く直前グミを食べていて、そのままテーブルに放置していました。たまたまメラムさんが私の様子を遠隔で見た時にグミに気付き、興味を持ったようでこんな事を言いだしました。
メラムサフラ:そこに置いてある物は何ですか
幻朋:はい、どれの事ですか?ん〜…これの事かな?グミって言います。一応これは食べ物です。食べられますか?どうにかして味が分かるでしょうか?美味しいですよ。
メラムサフラ:食べ物だったんですね。私達に地球の物は摂取できません。体に異常が起きると思います。
幻朋:じゃあダメですね。危険物ですね(笑)
この会話の最中に住人の方が通り過ぎて行きました。

住人の方

幻朋:あっ!今通りかかった人は誰ですか?
メラムサフラ:あなた達の言葉で言うと、親戚のような感じです。
幻朋:やっぱりそういう方だったんですね。メラムさんに形がソックリだったので気になってしまいました。

【最後に】オルアエルさんの移動速度について

幻朋:ずっと気になっていた事があるのですが、オルアエルさんは何故いつも私の所に来るのが速いんですか?
メラムサフラ:動きが速いからです。あの人はここの惑星の中だったら上位のスピードです。逆に私は動きが遅い方です。
幻朋:オルアエルさんはトップランクの人だったんですね(笑)例の運動会をしたら1位を獲れるんじゃないでしょうか?
メラムサフラ:はい、優勝すると思います。
幻朋:見てみたいです(笑)いつも話が長くなって申し訳ないです。質問は以上です。この後のご予定はありますか?
メラムサフラ:オルアエルに同行します。
幻朋:そうですか。気を付けて行ってきてください。ありがとうございました。失礼します。
メラムサフラ:はい。また来てください。
こうして、雑談も交えつつ宇宙人さんと交流して来ました。
遺伝子操作技術は、それぞれの惑星によって捉え方は様々なようです。また、サヴィラジヌ星についての情報も知る事ができてよかったです。質問投稿をしてくださった方に感謝です。ありがとうございました。
他にも質問があればコメントお待ちしております。
今回の宇宙人さんとの会話記録は以上となります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回の記事はこちらから『【疑惑】火星探査機インサイトが撮影した画像に映り込む人影を霊視!更に宇宙人にも見てもらった結果!』