織田信長の遺体が見つからない理由が判明!信長は謀反に気付き、あらかじめ全てを計画していた【天下人信長 後編】

前回からの続きとなります。いよいよ本能寺の変の真相に迫ります。なぜ謀反が起きたのか?信長の遺体はどこに行ってしまったのか?
全ては、信長がとても気に入っていた家臣の『弥助』に繋がっていました。宇宙人さんから聞いた情報を余す事なくご報告していきます。
※後編でも少し物騒な言葉を「人をあやめる」など、ひらがなで表現をさせていただいております。
記事に出てくる人物や用語はこちら

本能寺の変は明智光秀が企てたのか?謀反の理由とは?

幻朋:それでは本能寺の変について聞いていきたいと思います。謀反は明智光秀という人が起こしたものでしょうか?
メラムサフラ:明智がやった。
幻朋:やっぱりそうなんですね。どうしてそんな事をしたか、理由は分かりますか?
メラムサフラ:弥助の存在が大きい。明智も信長に可愛がられていたけれど、弥助が出てきてからはそっちを頼ってばかりで面白くなかった。
幻朋:もしかして嫉妬が原因ですか?
メラムサフラ:そう。自分も一生懸命やっているのにって。日本人じゃなく外国人だっていうのも余計に悔しかった。
幻朋:なるほど……明智さんも頑張っていたと思うのですが、突然現れた弥助がとても気に入られて「どうしてだよ!」って怒りが込み上げて来たのかもしれないですね。
メラムサフラ:弥助をあやめようと思っていたけれど、どっちも気に入らなくて謀反を起こした。明智の仲間が遠くから火のついた矢を放って、燃やしながら攻めた。
幻朋:火矢を使ったんですね。直接建物に火をつけたのかと思っていました。

本能寺の変

信長の最期はどのような感じだったのか?

幻朋:それでは次に、本能寺の変が起こった時の様子を教えていただけますでしょうか?
メラムサフラ:信長は明智に攻められると気付いていて、最期は本能寺が良いと思ってそこを選んだ。
幻朋:え?!既に気付いていたんですか?自分が亡くなる場所を本能寺に選んだという事ですか?
メラムサフラ:攻められるのは前から何となく分かっていた。普段からの明智の様子も違っていて察知していた。本能寺はお気に入りの場所だった。軍も配置していないから、信長側は人が少なかった。時間帯としては朝だけれど、外はちょっと暗い。休んでいた時に襲われた。
幻朋:早朝だったのかな?信長は本能寺のどの辺にいたんですか?
メラムサフラ:詳しい場所までは分からないけれど、3階〜4階くらい……う〜ん…ここは高さがある場所だから3階くらいだと思う。そこでお腹を切って亡くなった。
オルアエル:自分で切るの?勇気あるね。
幻朋:切腹ってやつですね…。信長の近くには誰かいましたか?
メラムサフラ:弥助がいた。明智光秀の異変に気付いていたから、あらかじめ弥助に話をしていた。自分に万が一の時があったら頼むって。
幻朋:弥助が一番信頼されていたんですね。明智の様子が変だと分かった理由は他には何かありますか?
メラムサフラ:明智を違う場所に戦いに行かせていた。その時にそちらから入ってくる情報が不自然で気付いた。
幻朋:明智はどこかに戦いに行っていたんですね?誰との戦いかな…?ちょっとこの辺は知識不足で分からないですが、実際には戦に行っていないのに嘘の報告とかしていたのでしょうか。きっと明智軍は謀反の準備をしていたんですね。

森蘭丸の行方

幻朋:攻め込まれた時に、森蘭丸という家臣もいたと思うのですが、その人の行方はどうなったか分かりますか?
メラムサフラ:蘭丸?
幻朋:あれ?蘭丸って載っていないですか?美少年キャラな子供のイメージです(笑)本名は違うのかな?ちょっとネットで検索してみます…………あ、森成利って書いてあります。
メラムサフラ:います。でも子供じゃなくて男性という感じです。
幻朋:すみません、子供のイメージはゲームとかの影響で勝手にそう思っていました(笑)実物は違うと思います。
オルアエル:ゲーム?
メラムサフラ:その人なら、本能寺の同じ建物の中に一緒にいた。信長を守ろうとして戦っていた。でも、人数の差が激しすぎてやられてしまった。
幻朋:敵の方が人数が多かったんですね。蘭丸は信長の近くにいなかったんですね?
メラムサフラ:離れた場所で戦っていた。近くにいたのは弥助だった。
幻朋:という事は、蘭丸は本能寺の別なフロアで亡くなったんですね?遺体もちゃんと見つかったのかな?
メラムサフラ:燃やされているから遺体は分からないかもしれないけれど、本能寺で亡くなっている。

信長の遺体が見つかっていない理由

弥助に託された想いと脱出劇

幻朋:一番大事な話に入りたいと思います。先程メラムさんが「弥助が連れて帰った」と言っていましたが、信長の遺体が見つかっていない理由と関係がありますか?
メラムサフラ:謀反が起こる前から、信長が弥助にもしもの時はせめて首だけでも持って帰ってくれと話していた。当日は信長の近くにいて、自さつするのを見守っていた。
幻朋:何だか胸が熱くなりますね…そして悲しいです。弥助は首だけ持って行ったんですか?
オルアエル:首だけ持っていくの?!ヤバイね…。
メラムサフラ:弥助は信長に言われた通りにした。さすがに体全部は持って行けなかったけれど、体もある程度移動させた。燃えている遺体の中に信長の体を紛れ込ませて、着ていたものと首は持って帰ったから、どれが信長の遺体か分からなくなった。
幻朋:なるほど!それで遺体が見つからないという訳なんですね。信長と判断できるものがなくなってしまったんですね。敵がたくさんいたようですが、弥助はどうやって逃げたんですか?
メラムサフラ:すごいたくさん敵がいたけれど、弥助は身体能力が高くて、敵と戦いながら服を奪いつつ紛れて逃げた。
幻朋:すごすぎますね。信長のために命がけで脱出したと思うと、かなり熱い話ですね。逃げた後は、信長の親族の所とかに行ったんですか?
メラムサフラ:行っていない。この事は他に誰も知らない。

弥助は本能寺の変の後にどうなったのか?

幻朋:弥助が自分の国に逃げ帰ったという説があるそうなのですが、その後はどうなったんですか?
メラムサフラ:自分の国に信長を連れて帰った。そっちで弥助が埋葬した。
幻朋:やっぱり自分の国に帰ったんですね!どこの国に行ったか分かりますか?
メラムサフラ:南アフリカ。本能寺から逃げて、船に乗って海を渡った。
幻朋:どこに埋めたか分かりますか?そこまでは載っていないですかね?
メラムサフラ:場所までは書いていないですね。

信長と光秀はどちらが上手だったのか?

幻朋:本能寺の変って、裏ではこんな事が起こっていたんですね。信長と弥助の大河ドラマが観たいです(笑)
メラムサフラ:信長は明智の思い通りにさせなかった。明智は相当悔しかった。どうしても首が欲しかったから。
幻朋:信長は万が一の時も全て計画していたんですもんね…かっこいいなぁ。
メラムサフラ:明智は、最後の最後まで信長には及ばなかった。
オルアエル:首なんていらない。意味が分からない。
幻朋:オルアエルさん(笑)当時はそういう時代だったんですよ。いやぁ……今回も貴重な話を聞く事ができて、とても助かりました。ありがとうございました!たくさん質問してしまってすみません。
オルアエル:全然大丈夫。
幻朋:オルアエルさんはほとんど答えてないでしょ(笑)

【番外編】弥助の本名

前編の方でコメントをいただいた際に、弥助の本名のお話がありました。「弥助の本名って何だろう?」と気になったので、後編を掲載する前に再度確認しに行ってきました。
幻朋:ちょっとまた信長関連の質問があって来ました。弥助の本名は何て言うんですか?母国ではヤスケって名前ではないと思うのですが。
メラムサフラ:そう言えば話していませんでしたね。ヤスへーです。
幻朋:ヤスへー?へーって伸ばすんですか?
メラムサフラ:はい。ヤスへー。それがヤスケって聞こえて、信長がそう呼んでいました。
幻朋:信長が名付けたんですね。確かにちょっと似ていますね。ヤスへーとヤスケ。

織田信長についての情報は以上となります。歴史の教科書では学べない事が知れて良かったです。歴史の裏側には、様々な思惑やドラマチックな出来事が隠れているんだなと思いました。
これを機に、更に色々な歴史上の人物についての真相を追い求めていきたいです!私が生きている間に、世界中の人物について全て解明するのは難しいと思いますが、できる限りの情報をお伝えしたいと思います。
「この人のこんな謎について知りたい」という事があれば、ぜひお気軽にご連絡ください。リクエストお待ちしております。