神様や仏様が守護霊として個人に付く事はあるのか?カルマの法則は本当に存在するのか?

今回は、守護霊やカルマについてのリクエストを質問してきました。私自身も人生って何だろう…?と思う事があるので、この話は参考になりました。皆様の質問・リクエストのおかげで、色々学ぶ事ができてありがたいです。
以前にも守護霊や転生のシステムについて話を聞いた事がありましたが、霊的な仕組みは何度聞いても不思議だなと思います。
今回ご報告する内容は、現在の地球に出ている一般的な情報とは違う点があるかもしれません。他の惑星にはこういう話もあるんだなという感じで読んでいただければ幸いです。
記事に出てくる人物や用語はこちら

神様や仏様も守護霊になるのか?

メラムサフラ:お待ちしていました。
ウリムクオツ:お久しぶりです。
幻朋:ウリムクオツさんじゃないですか!お久しぶりです。初めてお会いするまではかなり時間がかかりましたが、ちょくちょくお会いできるようになって嬉しいです。
ウリムクオツ:最近はそこまで長い間他の星にはいません。以前はたまたま遠い所を回っていたので留守にしていました。
オルアエル:来たよ。
幻朋:そうだったんですね。オルアエルさんも来てくださってありがとうございます。今日は霊的な話なので、オルアエルさんも分かるかもしれません。
オルアエル:少しは分かるよ。
幻朋:サヴィラジヌにも地球で言う守護霊がいるんですよね?アドバイスしてくれる霊界の人です。
メラムサフラ:います。
幻朋:これは他の惑星にも共通しているのでしょうか?みんな守護霊が付いているのかな?
ウリムクオツ:サヴィラジヌ周辺の星はそうなっています。
幻朋:守護霊のシステムは共通なのかもしれませんね。この守護霊の事で質問をいただいていますので、聞いていきますね。まずは、神様や仏様が守護霊として付く事はありますか?一個人に神様のような存在が付きますか?
メラムサフラ:神様にはそういう役割はありません。
幻朋:サヴィラジヌならカモラ神が守護霊になる感じですね。
メラムサフラ:有り得ないです。
ウリムクオツ:地球の方はどうなのか分かりませんが、おそらく付かないと思います。
オルアエル:神様だからね。
メラムサフラ:ただ、天皇は神様の親族みたいなものなので、神様か神に近い存在が付いていると思います。
幻朋:たどるとアマテラス様に行きつきますからね!やっぱり大事な存在だから守っているんですね。
メラムサフラ:それでもアマテラスさん本人は付いていません。他の神です。
幻朋:そうなんですね。質問の続きですが、◯◯様が付いているとよく聞きますが、本当に神様本人が付いているのか気になります。それか、本人ではなくその神様が派遣している存在が付くとかですか?
メラムサフラ:よっぽどの事がないとそういうのはないと思います。
幻朋:特別な場合は、付く可能性があるかもしれないんですね。

一人につき何種類の守護霊が付くのか?

幻朋:守護霊、守護神、守護天使など色々な種類がありますが、その人によって付いている種類は違うんですか?それとも共通ですか?
メラムサフラ:大体一人につき一人です。
ウリムクオツ:位が高いほど複数の可能性もあります。それらは呼び方が違うだけで、最終的に同じ存在の事を言っていると思います。でも神様は簡単には付かないです。
幻朋:位が高いとは、その星での地位というか役職の意味ですか?星のトップとか、日本なら天皇とか。
ウリムクオツ:基準は星により違いますがそんな感じです。
オルアエル:ウリムさんの守護霊って何人いるの?
ウリムクオツ:ちょっと言えないです。
オルアエル:教えてよ〜。
ウリムクオツ:……一人ではないですね。
メラムサフラ:オルアエルがしつこいですね。
幻朋:私もオルアエルさんの気持ちが分かりますよ(笑)気になりますよね。もしかしてメラムさんも何人かいるんですか?
ウリムクオツ:メラムさんも複数いますね。
オルアエル:みんなたくさんいてずるいよ。
幻朋:お二人は星のトップを任されている人達ですから、やっぱり大変だったり悩んだりする事も多いと思うんです。だから何人か担当が付くのかも。
メラムサフラ:悩んだ時に助けてくれるような守護霊もいます。
幻朋:良いですよね。心細くないですね。
オルアエル:いつも話をしてるよ。
幻朋:頭の中で会話するんですよね?
メラムサフラ:基本的には会話のやり取りだけで姿は見えません。
幻朋:確か悩み事がない方は、守護霊と関わる事なく過ごしているんですよね?
ウリムクオツ:姿は基本的に見えないですからね。
メラムサフラ:話す事がなければ話さないままの人もいます。
幻朋:サヴィラジヌは平和なので悩み事もあまりないと言っていましたもんね。でも、私の守護霊は特に何もなくても、雑談だけをしに現れていました(笑)
ウリムクオツ:そういう人もいます。
幻朋:守護霊の性格とかによるんですね(笑)すみません話が脱線しました。さっきの続きですが、ご先祖様が守護霊になってくれる事もあるそうですが、一般的にはそういう守護霊のお役目の人が付くんですか?
メラムサフラ:そうです。誰もがそうなれる訳ではないです。
ウリムクオツ:認められないといけません。
幻朋:ちゃんと霊界で勉強するんでしたよね。
メラムサフラ:中には認められていない人が勝手に付く場合もありますが…あまりよくありません。
幻朋:もしかして個人的に「この人を守ろう」という感じで行ってしまうんですか?
メラムサフラ:そうです。でも最終的には連行されます。そういうのが地球では悪霊とかと言われます。
幻朋:確かに正式な守護霊じゃないと、普通の霊ですもんね。
オルアエル:嫌だなそんなの。そんな人来たら追い払うよ。
幻朋:サヴィラジヌではセルフ除霊ができて良いですよね(笑)ちょっと気になった事があるんですが、守護霊はどこの星の担当にもなれるんですか?それぞれの星に詳しい人じゃないと付けないのかなって思いまして。
ウリムクオツ:霊界は共通なので星は関係ないです。
幻朋:例えば、地球人の担当をしていた守護霊がサヴィラジヌ人の担当になる事もあるんですね?
ウリムクオツ:そう考えられます。
幻朋:霊的な知識をとかを学んだ守護霊なら、どんな星の人でもアドバイスできそうですもんね。

守護霊のレベルは霊感の高さに関係するのか?

幻朋:霊感が強いと神様のような存在が守護に付きますか?メラムさんには守護神が付いているんですか?という質問です。神様は付いていないとお聞きしましたが、上の方の立場の守護霊が付いていたりしますか?
メラムサフラ:霊感だけでは変わらないです。
ウリムクオツ:守護霊のレベルの高い低いは自動的に選ばれるはずです。でも、魂のレベルによって違ってきます。
幻朋:魂のレベルが関係しているんですか?
ウリムクオツ:守護霊が付く時に霊界ではある程度話はされていると思いますが、例えばアウヨクミラトさんであれば今でもそれなりの守護霊が付いているはずです。
幻朋:いや、私は全然大した事ない人間です(笑)
ウリムクオツ:私よりすごい方ですよ。
メラムサフラ:あなたの守護霊は指導する立場の人です。権限の幅が広いです。
幻朋:そういえばそんな話もありましたね。普通の女の子にしか見えませんでしたが(笑)ウリムクオツさんにもレベルが高い人が付いているんですよね?
ウリムクオツ:私にも付いています。
幻朋:やっぱりみなさんはすごい方達ですね。
オルアエル:多分付いてるよ。
幻朋:オルアエルさんの守護霊さんも、もしかしたら……上の人かもしれないですね(笑)
メラムサフラ:オルアエルの守護霊も良い方ですよ。
オルアエル:ほらね。
幻朋:そうなんですか!大変失礼いたしました(笑)オルアエルさんも重要施設で働くエリートですもんね。
ウリムクオツ:そうですね。重要施設にいるからには、それなりの方が付いています。
幻朋:生まれる前から決められているんですかね?人生設計する時点で、重要施設に行くのは分かっていますもんね?それか途中でレベルが高い守護霊と交代する事もあるのかな?
ウリムクオツ:担当が変わる事もありますね。重要施設に行ったから変わるパターンもあります。
幻朋:色々あるんですね。しかし、レベルが高い低いに関わらず、担当で自分に付いてくれるのはありがたいなと思います!

神様が一個人を助ける事はあるのか?

幻朋:次の質問です。神様が守護に付いていなくても、一時的に加護を受けたり除霊などに協力してくれたりしますか?有名な神様が一般人を助けてくれる事はないですか?
ウリムクオツ:そのような事はないはずです。その人にその神様が付いている場合は可能かもしれませんが…それ以外の場合はなかなかないと思います。
幻朋:そうなんですか。すごい霊能者の方なら、色々な神様や仏様を呼び出せそうなイメージがあります。
メラムサフラ:複数の神様を呼ぶのは無理です。
幻朋:神様は本当に遠い存在なんだなぁと実感しますね。

人に守護神などを付ける事は可能なのか?

幻朋:守護霊や守護神を付ける事は本当にできますか?守護神を付けるのに100万円かかるとか聞いた事があります。ちょっと高いですが本当にそれで神仏が守護に付くなら良いのですが……という話ですが、私はこれを知って驚きました。地球では100万円はとても高額なんです。
ウリムクオツ:不可能です。
幻朋:やっぱり霊界の人が決めるんですか?
ウリムクオツ:そうですね。勝手に自分で決められません。
幻朋:こればかりは見えない世界ですからね…。本当に守護神を付けてもらえるなら良いのですが。生きていくために必要な大事なお金ですので。
オルアエル:そういうのはひどいよ。

【カルマ】昇華するまで困難が現れるのか?

幻朋:ここからは別な質問になります。カルマの法則とよく言いますが、実際にカルマとは何ですか?カルマとは、前世の悪行・善行などを今世に持ち越したもの。乗り越える課題のようなものです。みなさんは知っていますか?
メラムサフラ:聞いた事がないです。
ウリムクオツ:聞いた事がないですね。
オルアエル:聞いた事ないよ。
幻朋:う〜ん……前世からの課題などを持ち越すシステムはないですか?それらが現世にも現れてくるそうなんです。
ウリムクオツ:今現れている問題は、生まれる前にそういう風に決められています。生きている間にいきなり現れるという事はないです。
幻朋:前回やり残した事や問題を、今回の人生に設定している場合はありますか?
メラムサフラ:そういう場合もあると思います。
ウリムクオツ:同じような事をもう一度するのはよっぽどです。
オルアエル:地球だけだと思うよ。
幻朋:確かに、ずっと何度もクリアするまで難題を繰り返すのはキツイです(笑)

辛い事を乗り越える際の考え方

幻朋:最後はご相談になります。辛い事があると、なぜだろう?と考えてしまいます。これもカルマが現れているからなのか?それとも自分で計画してきたものなのか?どういう考え方をして乗り越えていけば良いでしょう?アドバイスがほしいです。
ウリムクオツ:前世の困難は現れないです。乗り越えられなければ、次は楽になるって考えれば良いと思います。
幻朋:もしかして、自ら命を絶った場合と同じシステムがあるんですか?
メラムサフラ:前に話した事がありますね。
幻朋:とても辛い思いをして命を絶った人は、次の転生の時に優しいモードになるんですよね?
ウリムクオツ:そういう事です。
幻朋:自分で命を絶った場合じゃなくても、救済システムがあるんですね?
ウリムクオツ:そこは関係なくあります。
幻朋:それはとても助かりますね。あと、辛い出来事はその人にとって乗り越えられるから起こるとも言われているそうです。
メラムサフラ:無理に困難を乗り越えようとしなくても良いと思います。
幻朋:逃げるのは良くないという風潮があるので、その言葉は救われます。勝手に私が救われてすみません(笑)
ウリムクオツ:逃げるのがダメという考えは、あまり良くないですね。
幻朋:もう無理なものは無理ですからね。サヴィラジヌのみなさんも、この考え方で悩みを乗り越えているんですか?
ウリムクオツ:あまりそういう考え方は持たないですが、それに近いです。
幻朋:そう言えば、サヴィラジヌでは自分で命を絶つ人はいないんでしたね。
メラムサフラ:それはないです。
オルアエル:地球人だけだよ。
幻朋:いやぁ、本当にキツイんですよ地球は。このお話はとても参考になりました!どうやって乗り越えていけば良いんだよっていう事が多くて……みなさんにはまだお話していなかったんですが、私が体験している人生について知っていますか?
メラムサフラ:…………何となく分かります。
幻朋:さすがですね(笑)今まで触れないでいてくださったんですね。
メラムサフラ:地球では厳しめの人生ですね。
幻朋:ははは…(笑)
ウリムクオツ:アウヨクミラトさんらしいとも言えます。挑戦し続けるような感じですね。
幻朋:もう挑戦しないでほしいです(笑)何度も体験するような事じゃないですからね(笑)
ウリムクオツ:ハードすぎますよね。
メラムサフラ:すごい人生設計だと思います。
オルアエル:すごいと思うよ。
幻朋:人生はなるようにしかならないですよね!もう設計して来ちゃってますからね。
ウリムクオツ:やりたいようにやるのが一番です。悩むと何もうまくいきません。
幻朋:良い言葉ですね!ずっと前に前世催眠をした時に、アウヨクミラトさんからも同じような事を言われました。後悔しないでほしいって。
オルアエル:どうにかなるよ。
幻朋:どうにもならなくても生きるしかないですもんね!そうしてるうちに、何とかなるかもしれない。というか何とかなってほしい(笑)せっかくなので、最後まで人生やりとげたいです。サヴィラジヌのみなさんのお話はいつも本当に助かっています!
ウリムクオツ:私達がいつでも相談に乗る事ができますので。
メラムサフラ:いつでも来てください。
幻朋:他の地球人のみなさんの悩みなども解決していけたら良いなと思っています。力を貸してくださってありがとうございます。
ウリムクオツ:大丈夫です。力になれて良かったです。
オルアエル:良かったよ。
ウリムクオツ:またいる時は参加します。
メラムサフラ:またお待ちしています。

守護霊やカルマについてのお話は以上となります。やはり霊界や転生の仕組みは奥が深いなぁと思いました。
自分を担当してくれている守護霊がどんな方であろうとも、一緒に自分の人生を歩んでくれている事は嬉しいですね!サヴィラジヌのように、誰でも守護霊に相談をしたり話ができたら、地球はどんな世界になるのでしょう?