神棚で挙げる祝詞や想いなどは、神へ届いているのか?

読者様からいただいたリクエストを宇宙人さんに質問してきましたので、順番にご報告していきたいと思います。今回は「祝詞や想いなどは、家庭の神棚からでも神様に届いているのか?」というテーマです。

ご家庭に神棚があるという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。「今日も一日よろしくお願いします」「家族が健康に過ごせますように」という感じで、それぞれ想いを込めて手を合わせると思います。更にしっかりと祝詞を挙げていらっしゃる方も。果たしてこれらの行いは神様に届いているのでしょうか?
※記事に出てくる人物や用語はこちら

神棚の仕組み

神に祝詞は届くのか?

今回は重要施設の会議室をお借りして、メラムさんとオルアエルさんと3人で話をしました。
幻朋:メラムさんは「神棚」というものをご存知でしたよね?
メラムサフラ:はい。地球について調べていた時に知りました。
幻朋:私が住んでいる日本という国では、自分の家に神棚を設置して神様をお祀りする風習があります。神棚に向かって手を合わせて想いを伝えたり、祝詞を挙げたりします。ちなみに「祝詞」という言葉は分かりますか?
メラムサフラ:分かりません。
幻朋:何て言ったら良いかな(笑)確かお坊さんが唱えるお経は分かりますよね?それの神社バージョンというか……日本の神様へ向けて唱える言葉?何だろう?ちょっと今調べます(笑)
メラムサフラ:何となく分かるかもしれません。
幻朋:「たかあまはらにかむづまります」という感じで始まります。
メラムサフラ:それなら聞いた事があります。
幻朋:知っていますか?!良かったです。この祝詞を神棚に向かって唱えたら、神様まで届きますか?
メラムサフラ:届きます。直接じゃないけれど。
幻朋:家庭からでも届くんですね?!すごいですね。どうやって届くのか詳しく教えていただきたいです。

神に祝詞が届くまでの順序

幻朋:だいたいの家庭ではアマテラス様を祀っていると思うのですが、最終的にはちゃんとご本人に届いていますか?
メラムサフラ:まずは近くにいる神に届きます。そこの中間に1回情報が行って、上の方の神に届きます。
幻朋:近くの神というと、近所の神社にいる神様ですか?自分の家のエリアを担当している方ですかね?中継地点みたいな感じですね。
メラムサフラ:そうです。直接すぐにはいかないけれど、いずれはアマテラスさんまで届きます。

複数の神をお祀りしている場合

幻朋:ちょっと疑問に思う事があります。例えば、アマテラス様の他にもお祀りしている神様がいたら、「◯◯様〜」って一人一人に向けて唱えた方が良いのでしょうか?
メラムサフラ:そこに向けなくても、ちゃんとやれば祀っている人にもいずれ届きます。
幻朋:自動で伝わるんですね!すごいシステム(笑)
メラムサフラ:ただし、しっかりと祝詞を挙げないとダメ。それが大事です。

神に想いや願いは届くのか?

幻朋:祝詞の他にも「今日もよろしくお願いします」「いつもありがとうございます」など、そういう想いを伝える事があるのですが届いているのでしょうか?
メラムサフラ:徐々に届いていきます。それが叶うとは限らないですが。
幻朋:でも、メッセージが届いているのは嬉しいですね。独り言になっていたら悲しいですからね(笑)

神棚の役割とは?

幻朋:ふと思ったのですが、もしかして神棚がなくてもその場で手を合わせて念じれば届くのでは?
メラムサフラ:神棚があった方が届きやすいです。あるのとないのとでは違います。
幻朋:へぇ〜そうなんですね!やっぱり神棚って意味があるんですね。結局は神棚とはどういったものなんですか?
メラムサフラ:神へ繋がる物。
幻朋:実はすごい装置だったんですね。質問をくださった方が、祝詞とかは自己満足なのかな?と心配していましたが、そんな事はないですね。
メラムサフラ:ちゃんと届くから自己満足ではないです。ただ、適当にやっていればダメです。
幻朋:やっぱり気持ちが大切なんですね。今後、神棚に手を合わせる際は真剣にやろうと思います!神様に伝わっているんだと分かってすっきりしました。
神棚についてのお話はここまでとなります。次回は神社の話へと続いていきます。もし神社に神様がいる場合、どのような形で存在しているのでしょうか?参拝者が来た時だけ来るの?それとも常駐?!そんな疑問から始まり、宇宙人さんに色々な話を教えてもらいました。