神様はお供え物をどうやって飲食しているのか?

前回記事『地区祭りが復活したら神様が喜んだ話』で、お供えした御神酒に対して神様が「美味い」と言っていた、というエピソードをご紹介しました。

 

そこで、ある疑問が浮かびました。霊的な存在である神様が、どうやって現世の食べ物を食べているのか?どうやって味を感じているのか?私にはこの仕組みが全く分かりませんでしたので、とても気になりました。

 

もしかして宇宙人さんなら知っているかもしれません。惑星にいる全員が霊的な知識を学ぶらしいので、きっと詳しいはずです。(その時のお話はこちら『他惑星では魂の存在を信じているのか?』

 

この事について宇宙人さんに質問してきましたので、ご報告していきたいと思います!

※記事に出てくる人物や用語はこちら

【危険な体験】意識移動中のトラブル

いつものようにサヴィラジヌ星に意識体を向かわせました。到着した場所は、周りには建物などは何もなく人の気配もありませんでした。

 

メラムさんが来るまでの間、散策をする事にしました。しばらく進むと遠くで何かが光っているのが見えます。目を凝らすと、それは金色の海でした。また海の近くに出てしまったようです。

 

今日は誰も来ないなぁ…みんな出かけているのかな?と考えていると、まさかの事態が起こりました。突然全身にものすごい重力がかかって、押しつぶされるような感覚に襲われました。

 

「ヤバっ!なんだこれ?!」と思わず言ってしまいました。パニックになっていると、メラムさんの声がいつもとは違った感覚で聞こえてきました。何だか近くから聞こえるような、変な聞こえ方でした。

 

メラムサフラ:今地球に来ていて……

 

幻朋:すみません!体がこのままだとヤバイです!ちょっと耐えられないかもしれないです。

 

メラムサフラ:一旦体に戻ってください。

 

私はサヴィラジヌ星にあった意識体を急いで体に戻しました。

 

幻朋:うわ〜、なんだ今のは……?!すごく疲れました。

 

メラムサフラ:惑星にあなたの気配を感じたので話しかけました。

 

幻朋:あれ?やっぱり何だか今日は聞こえ方が変です。近くからメラムさんの声が聞こえる感じがします。

 

メラムサフラ:今日は太陽系に来ていたんです。いつもとは逆ですね。私が太陽系からサヴィラジヌに向かって話しかけていたので変になってしまったのかも。あなたの体は地球にあるけれど意識はあちらにある状況。困らせてしまってすみません。

 

幻朋:いえいえ大丈夫です。ちょっとビックリしましたが。そういえば、さっき地球にいると言っていましたか?

 

メラムサフラ:はい。今は地球にいますよ。

 

幻朋:おぉ〜(笑)メラムさんと地球で話すのは久しぶりですね。うん………なんとなくメラムさんがいるような気配を感じます。なぜ太陽系に来ていたんですか?

 

メラムサフラ:やっぱりまだ私の姿は見えないようですね。なぜ来ているかはちょっと言えません。

 

幻朋:やっぱりそれは秘密ですか。今日も質問があってサヴィラジヌ星に行っていたんです。質問してもよろしいでしょうか?

 

メラムサフラ:はい、どうぞ。

【超難解】神様の飲食の仕組み

神様は本当に飲食しているのか?

幻朋:以前、神様にお酒という飲み物をお供えした時に美味しいと言っていたのですが、本当に飲んだのでしょうか?神様は味が分かるんですか?

 

メラムサフラ:実際に味とかを感じる事ができる。

 

幻朋:やっぱりそうなんですね?!でも3次元の食べ物をどうやって?まさか実際に持って食べているとか?

 

メラムサフラ:違います。持って食べるという行為はしていない。

神様の食べ方

幻朋:じゃあ、どうやって食べ物の味が分かるのでしょうか?この3次元の食べ物や飲み物にも魂みたいな物があるとかですか?

 

メラムサフラ:違います。この話は説明しにくいですね。

 

幻朋:ある訳ないですよね(笑)私の頭で理解するのは難しいです。

 

メラムサフラ:え〜と…その食べ物とかを吸収しているんですが……神様の次元に合わせて物質化して取り込む。

 

幻朋:物質化???神様の世界に合わせて変えている感じですか?やっぱり食べ物を霊体化させてるんじゃ?そういう風にしか頭が回らないです(笑)

 

メラムサフラ:霊体化ではない。何ていうか…うまく説明できない。多分理解するのは難しいと思う。

お供え物はあの世で食べるのか?この世で食べるのか?

幻朋:神様にお供えした物は、あちらの世界に送られますか?これをどうぞと念じてお供えすれば、神様の所にお供え物が現れるという感じですか?

 

メラムサフラ:あっちとはリンクしていない。そのお供え物は実際に持っていく。

 

幻朋:例えば、神社の場合だったら神社に神様が来て、お供え物を持っていくという事ですね?その持って行く時に違う物質に変えているんですか??

 

メラムサフラ:神様はあらゆる物を変換して取り込んで、もう一回変換している。そして地球に返す。

 

幻朋:え???(笑)もしペットボトルのお茶を飲むとしたら、中のお茶だけを変換して神様が体内に取り入れて…それをまた3次元用に変換して戻しているという感じですか?

 

メラムサフラ:違います。

 

幻朋:え?!違うんですか(笑)3次元の食べ物とか飲み物の見た目自体は減っていないですよね?………という事はやっぱり霊的な要素だけは減っているとか?3次元から見ると何も変化はないけど、霊的な中身は減っている…とか?

 

メラムサフラ:ちょっと違う。

 

幻朋:撃沈です(笑)私の予想は当たらないですね。霊的な知識が乏しい私の頭では到底理解できないです。せっかく説明してもらっているのにすみません。

 

メラムサフラ:いえ。どうしても言葉で説明するのが難しいです。

 

神様の飲食の仕組みについての会話記録はここまでとなります。私の考えはことごとく外れてしまいました(笑)

 

霊的なパワーがアップすれば、いつの日かピーンと頭に閃いて理解できるでしょうか。そういう問題じゃないですよね(汗)

 

この話題にまたリベンジできたらいつか聞いてみたいと思います。それまでには理解できるようにならないといけませんね。

 

次回は、この続きの話で『神様という存在』について色々聞いてみました。神様は霊体?魂?宇宙人さんから見た神様は人間の姿なのか?などなど、その他にも多数質問しました。

 

次回の記事はこちらから『【神様の疑問】体は霊体?見た目は人間の姿?なぜ地球人には見えないの?