豊受大神はなぜ女神として祀られているのか?魔はどこから生まれるか?神は祝詞を聞いてどんな気持ち?【伊勢神宮訪問 五回目】

久しぶりにアマテラス様に会いに行ってきました。困った時に色々な事を教えていただいていたので、感謝を込めて御神酒も用意しました!
そしてアマテラス様への質問がたまっていたので、プレゼントしつつ聞いてきました。質問やリクエストをしてくださった皆様、お待たせをして申し訳ございませんでした。
さっそくですが、御神酒を渡した時の様子と、質疑応答の様子をご報告したいと思います。

天照大御神、御神酒を飲む

天照大御神へのプレゼント
休みの日に、アマテラス様にお渡しするお酒を選びに行きました。お酒コーナーには様々な日本酒が置いてあって、どれが良いか悩みますね。
眺めていて何となくピーンと来たお酒にしました。今回は白鶴の純米大吟醸です。金色のラベルがかっこいいです!
白鶴純米大吟醸
こちらを購入して、その日の夜に渡しに行く事にしました。伊勢神宮に出発する前に、前回御神酒やお菓子をプレゼントした時の事を踏まえて、すぐに手の届く所に置きました。
紙に質問する内容をメモして準備が完了したので、体から意識体を出発させました。いつもの勢いで、どうしても宇宙の方まで上がってしまいそうになります(笑)
伊勢神宮に行くのをイメージし始めると、すごい勢いで景色が移動して、あっという間に伊勢神宮の御本殿前に到着しました。一気に体が重くなって、頭痛が始まりました。アマテラス様の意識体に向かって話しかけようとすると、先に頭の中に文字が入ってきました。
天照大御神:来たか。
幻朋:こんばんは。お久しぶりです。今日は、いつも助けていただいているお礼に、アマテラスさんにお酒をご用意しました!前回とは違う種類です。
天照大御神:さっそくいただきます。
幻朋:今送りますね。
(両手に瓶を持って、アマテラス様へ送るイメージをしました。)
天照大御神:このお酒は分かる。
幻朋:やっぱり知っていますか(笑)さすが全国の日本酒を飲んでいらっしゃるから、どれを用意しても知っているかもしれませんね!
天照大御神:美味しくいただいた。
幻朋:飲めましたか?ちゃんと送れたようで良かったです。
天照大御神:何か聞きたい事があるのか?
幻朋:あ…(お見通しだ笑)実はそうなんです。またお話したい事がありまして……よろしいでしょうか?
天照大御神:良い、答える。
幻朋:ありがとうございます!では、日本に住んでいる方からいくつか質問が来ているので、お聞きしていきますね。

神は祝詞を聞いてどう思っているのか?

幻朋:まずはアマテラスさんに感謝のメッセージが届いているのでそちらを先に。畏れ多くも、カタカムナの件でたくさんの事を教えてくださってありがとうございました。いつの時も日本と民を見守ってくださり、重ねてありがとうございます。
天照大御神:当たり前の事をしているだけ。
幻朋:いえいえ、私からもありがとうございます!それでは最初の質問をしますね。アマテラスさんや他の神様達は、祝詞を聞いてどんな気持ちになりますか?どう思っていますか?
天照大御神:ありがたい。
幻朋:神社の宮司さんだけではなく、一般家庭からの祝詞もちゃんと届いているんですか?
天照大御神:聞いている。
幻朋:それはすごいですね!祝詞ってどういったものなんでしょうね……人から神様に向けて発するメッセージみたいな感じでしょうか?
天照大御神:そのようなものに近い。

豊受大神はなぜ女神として祀られているのか?

幻朋:以前、伊勢神宮の中には豊受様という男性の神様がいらっしゃるとお聞きしました。
天照大御神:そうだ。
幻朋:そのお話の後に、豊受大神の事を調べていたら、日本では女性の神様という風に伝えられている事が分かりました。男性の神様なのに、なぜ女性として祀られているんですか?
天照大御神:人間の前には女の姿で現れたから。
幻朋:そうだったんですか!(笑)なぜ女性の姿になって出てきたんですか?
天照大御神:豊受はそれが面白いと思った。
幻朋:そんな理由で?!ちょっとこんな事を言うのは失礼かもしれませんが、神様ってちょっとお茶目な所がありますね(笑)
天照大御神:私達は完璧な存在ではない。
幻朋:ギャップが素晴らしいですね。やっぱり豊受様は男性なんですね。
天照大御神:男性で間違いない。
幻朋:伊勢神宮のお宮の千木という部分が、アマテラスさんの方は女千木で豊受様の方は男千木になっているそうですね。豊受様は女神なのにどうして男千木なのかな?という話を前に聞きました。本当に男千木で合っていたんですね。
天照大御神:伊勢神宮ではそれがしっかり継承されている。

国之常立神はなぜ閻魔大王と呼ばれるのか?

幻朋:クニノトコタチノミコトという神様は、なぜ閻魔大王と呼ばれるようになったんですか?クニノトコタチ様って実在していますか?
天照大御神:クニトコタチはいる。その話は関係ない。そう呼ばれているか私は知らない。
幻朋:そうでしたか。私もこのお話に関しては詳しくないのでちょっと分からないですが、クニトコタチ様と閻魔大王は別なんですね。

魔の存在はどこから生まれるのか?

幻朋:魔と呼ばれる存在はどこから生まれるんですか?なぜ存在するようになったのでしょう?
天照大御神:魔とはまた次元の違った存在の話だと思う。宇宙全体に共通している。どこにでも存在している。
幻朋:次元が違うんですね。それは魂から生まれたものですか?悪霊みたいな?
天照大御神:悪霊とは別。でも元々はそういうものだった。
幻朋:恨みとかそういうのを持った魂から生まれてくるのかもしれませんね。

なぜ地球人は他の星の人に気付けないのか?

幻朋:次の質問です。なぜ地球だけ他の星の人の存在に気付けないのですか?
天照大御神:地球に限った事ではない。他にもある。
幻朋:でも、太陽系内の人達はお互いが見えるし、交流し合っていますよね?地球人には見る能力がない設定なのでしょうか?
天照大御神:地球は太陽系の中でも特殊な星。環境も違う。ある意味、環境が整っている星。外に出る必要がない星。
幻朋:逆にそう考えられるんですね。宇宙人を見る必要もなく、地球内だけで生きていけるという感じでしょうか。

幽界という場所は存在するのか?

幻朋:幽界と呼ばれる場所はありますか?亡くなってから魂が最初に行く場所で、そこでしばらく過ごした後、本格的に霊界に行くそうです。
天照大御神:すぐに霊界に行く。そのような場所は聞いた事がない。
幻朋:そうなんですね。分かりました。(この辺りから体力の限界が近付いてきていました。)

皇祖皇太神宮の御祭神の由来は本当か?

幻朋:皇祖皇太神宮という神社をご存知でしょうか?こちらに祀られている神様の由来は本当ですかという質問です。ちょっと読み上げますね。
(皇祖皇太神宮のホームページ内にある由来の部分を全部読みました。)
天照大御神:存在しない神の名前がある。話の内容は間違っている。
幻朋:天皇がここに来ていると書いてありますが…どうなんでしょう?
天照大御神:天皇はここに来ている。
幻朋:天皇が来るという事は、由緒あるかなり大きな神社なんですね。
天照大御神:大きくはない。
幻朋:あと神武天皇のお名前も出てきますが……それ以前の天皇は浮船に乗って世界一周をされていたと書いていますね!?
天照大御神:神武天皇はそもそも神だから世界一周できる。
幻朋:確かにそうですね。なんなら宇宙にもひとっ飛びできますね。

幣立神宮の神は実在しているのか?

幻朋:次に、熊本県にある日本最古の幣立神宮についてお聞きします。ここに祀られている大宇宙大和神(オオトノチオオカミ)は実在している神様ですか?
天照大御神:聞いた事がない神の名前だ。
幻朋:アマテラスさんはご存知ないんですね。ここは日本最古の神社なんですか?
天照大御神:最古ではない。今はもう残っていない神社もある。そう考えるとこれは日本最古ではない。

繋がる人の次元の違いで神の教えは変わるのか?

幻朋:最後の質問です。霊的な力を持っている方々が、神様と繋がりを持っているそうです。そういう方々の次元の違いで、同じ神様でも繋がる次元により、教えなどが変わったりするのでしょうか?
天照大御神:教えは変わらない。
幻朋:おそらくこの方が聞きたいのは、「◯◯という神様から聞きました。そう言っています。」というような教えが、人それぞれ違うのはなぜか?という事かなと思います。
天照大御神:教えが違うのは、違う存在から聞いている話だと思う。残念ながら。勘違いしている人がいる。
幻朋:違う存在と言うと?
天照大御神:神ではない次元が違う存在と話している。そういう人がよくいる。
幻朋:神とは違う次元となると…宇宙人ですか?それとも霊とか?
天照大御神:宇宙人の可能性もある。霊ではない。
幻朋:なぜ宇宙人が、自分は神だと名乗ってそういう事をしているんでしょう?
天照大御神:宇宙人のいたずら。地球人は分からないから信じてしまう。
幻朋:いたずらなんですか(笑)私も、「お前もアマテラス様じゃなく変なやつと話している」って言われるかもしれません(笑)今話しているアマテラスさんは本物ですよね?
天照大御神:私はその辺にはいない。決まった場所にしかいないから、ここに来て私と話しているのは間違いない。
幻朋:それなら安心です。宇宙人じゃなくて良かったです(笑)お礼と言いつつ、たくさん質問してしまってすみませんでした。
天照大御神:また聞きたい事があったらいつでも来なさい。もう帰って休みなさい。
幻朋:ありがとうございます。実は頭痛がひどくて限界でした…アマテラスさんは何でもお見通しですね。では、また何かあったら来ますね!失礼します。

こうしてアマテラス様との会話を終えて、伊勢神宮から意識体を戻しました。久しぶりのアマテラス様との交流は、相変わらず体にガツンと来ました(笑)
あまり長時間滞在できないのが難点ですが、また質問したい事などがたまってきたら伊勢神宮を訪問したいと思います。神様に関する裏話が聞けてとても興味深いです!