戦艦雪風に神の力が宿った理由、天部とはどのような存在なのか?【伊勢神宮訪問 十五回目】

戦艦雪風に神の力が宿った理由、天部とはどのような存在なのか?【伊勢神宮訪問 十五回目】
読者様からいただいた質問やご相談を10個アマテラス様に聞いてきました。破魔矢についてや、弘法大師様はお遍路を歩いているのかなど、色々と教えていただいたのでご報告いたします。

戦艦雪風には神が鎮座していたのか?

幻朋:失礼します。以前お話ししていた、お酒とお料理を準備しました!
天照大御神:きたか。たのしみにしていた。
幻朋:温める関係があるので、お話が終わってから最後にお出ししてもよろしいでしょうか?
天照大御神:ありがたい。それでもいい。
幻朋:ありがとうございます!それではさっそくですが、先に地球人の方からいただいたご質問やご相談をお伝えしたいと思います。よろしくお願いいたします!まず最初に、雪風という戦艦のお話です。
天照大御神:しっている。
幻朋:さすがアマテラスさん、雪風をご存知なんですね。では、お話を読みます。「幸運艦   雪風。こちらも実在する話で、第二次世界大戦の時のとある戦艦にまつわるストーリーです。雪風は女神が鎮座する艦と呼ばれ、艦長も乗組員も神がかりを信じて疑わなかったお話です。実際の戦いで何度も何度も戦いに出撃しています。戦いの中、敵も味方も周りの艦が戦いで沈んだり被害が出ても、ちょっと弾が当たる程度でほとんど被害を受けませんでした。周りの仲間の艦は海に脱出しても、雪風が助けてくれるから大丈夫と安心していたそうです。その後、終戦まで戦い続けたにも関わらず綺麗に残り、「ほんとに敗戦国の艦なのか?」と、戦勝国の将校を驚かせました。また、その後、賠償艦として、今の台湾国へ引き渡されました。そこでも、中国と台湾の独立をかけた戦いに何度も何度も出ているのに、敵を撃沈しても雪風は被害がありませんでした。台湾がアメリカ大統領を迎える際の重要艦になったり、艦隊の旗艦(艦隊に司令を出すような偉いポジションの艦)にまでなっています。もちろん優秀な乗組員というのもあると思うのですが、台湾に渡った後でもその力を発揮するというのはどうなっていたのかなと思いました!」
天照大御神:かみのちからがやどっている。
幻朋:これは本当なんですね?!どなたかが宿してくださったんですね。
天照大御神:いまはにほんのかみではない。かみのちからがひきつがれている。
幻朋:なぜ神様が力を宿してくださったのでしょうか?
天照大御神:かみをしんじているものがおおくいたから。
幻朋:当時はそういう日本人がたくさんいたんですね。
天照大御神:わたしたちをだいじにしてくれるひとをまもらなければいけない。
幻朋:普段は人間界に関与する事はないそうですが、戦争となると…。とんでもない大事件ですもんね。これはアマテラス様が力を宿す事を決めたのでしょうか?
天照大御神:わたしがかんがえたことではない。
幻朋:その外国に行かれた神様が行動してくださったんですね!地球人の皆様から、何という名前の神様ですかと聞かれるかもしれません。気になりますが秘密でしょうか?
天照大御神:ひみつにしておこう。
幻朋:やはりそうですよね。しかし、このような神様がいたというのはすごいお話です。

ホワイトゼロファイターの逸話

幻朋:もう1つ戦時中についてのお話があります。「こちらは創作の可能性もあるのですが気になっています。ラバウルという島に出現したホワイトゼロファイターが島を守っていたため、アメリカ軍は恐れて迂回し、硫黄島や沖縄へ向かったとされています。(打ち落とされたはずの日本軍戦闘機が、敵が近付くと現れ、しかもアメリカの戦闘機を撃墜してるんです)そして、轟音と風とともにラバウルの飛行場に着陸して、その姿が消えるという、目撃者もたくさんあり、島の人から守り神と崇められ感謝されていました。そのためアメリカ軍はホワイトゼロを見たら十字を切って帰還するという行動になったそうで、この島の日本軍も現地民も終戦まで元気だったという話です。」
天照大御神:そういうはなしにはなっているがじじつではない。
幻朋:質問者様も創作の可能性があるとおっしゃっていますね。でも興味深いお話でした。

天部とはどういう存在なのか?

幻朋:「天部について。四天王(多聞天、持国天、増長天、広目天)大黒天、吉祥天、弁財天などがいるそうです。どういった存在なのでしょうか。神様とは違いますか。」
天照大御神:かみにちかいものだ。
幻朋:仏の神ですか?
天照大御神:ほとけのかみともちがう。
幻朋:確か、神仏習合でオオクニヌシ様が大黒様と呼ばれたりするんですよね?
天照大御神:それともまたちがう。
幻朋:神様とはまた別だと覚えれば良いですね!
天照大御神:かみとはべつだとおもっていい。
幻朋:「天部は実在していますか。」
天照大御神:じつざいしている。
幻朋:「気が短いらしいのですが、怒ると天罰みたいなものを下すのでしょうか。」
天照大御神:そこまできびしくはない。
幻朋:すぐに天罰を下すような神様はいらっしゃらないでしょうか。
天照大御神:わるいことをしつづけているとてんばつがくだる。
幻朋:気をつけないといけませんね。まだまだ人として未熟なので、そういう事がないようにしっかりします!
天照大御神:だいじょうぶだ。

なぜ十二支に龍という架空の生物がいるのか?

幻朋:「なぜ十二支は龍だけ架空というか実際の動物じゃないんでしょう?」
天照大御神:かくうではない。
幻朋:現代の龍のイメージの元になった龍神様ですよね?
天照大御神:そうだ。
幻朋:十二支が作られた時代は、まだ龍神様がよく見かけられていたから十二支のメンバーに入ったのでしょうか?
天照大御神:そうだ。
幻朋:当時は地球でよく目撃されていたので普通だったんですもんね……。
(目の前に巨大な白い光が現れました。)
天照大御神:とようけだ。
豊受大神:あまてらすによばれてきた。にほんしゅがあるときいてきた。
幻朋:わざわざお越しいただきありがとうございます!この強烈なパワーは…ご本体でいらしたのでしょうか?
豊受大神:ちょくせつきた。
(アマテラス様の意識体よりも大きな光でした。)
豊受大神:とれーにんぐになるだろう。
幻朋:ありがとうございます!今はまだお話の途中でした。
豊受大神:いっしょにきこう。
幻朋:とてもありがたいです!ここからご一緒にお願いいたします!

弘法大師は四国のお遍路を歩いている?

幻朋:「お祓いの先生はすごく弘法大師のこと尊敬されてて、四国八十八ヶ所のお遍路に行くと弘法大師と何回もすれ違っていたと嬉しそうに話されてました。実際歩かれてるのか知りたいです。」
天照大御神:あるいている。
幻朋:そうなんですね!色々と各地を歩いていらっしゃるのでしょうか?
天照大御神:しこくだけだ。
幻朋:四国に行けば弘法大師様とお会いできる可能性があるんですね!
天照大御神:そうだ。

破魔矢には神の意識が宿っているのか?

幻朋:「家に破魔矢があるのですが、破魔矢にも神様の意識というのはあるものなのでしょうか?」
天照大御神:いしきやいしきたいというものはない。
幻朋:お札のようにパワーは入っていますか?
天照大御神:ぱわーはこめられていない。
幻朋:お札とも違うという事ですね……。すみません、破魔矢がどんなものか見てもよろしいでしょうか。少々失礼します。
(ネットで破魔矢の画像を検索しました。)
幻朋:あ、全然お札とは違う形をしているんですね!正月の縁起物や新築の上棟で立てるとありますね。
豊受大神:これはあとからこめられるものだ。
天照大御神:さいしょはなにもない。
幻朋:そうなんですね!また1つ勉強になりました。

なぜ血液型があるのか?

幻朋:「なぜ血液型があるのか、A、B、O、AB型、血液型と性格は関係あるのか、なぜB型は嫌われるのか、◯にたいほど悩んでいます。」という深刻なお悩みのご相談です。なぜ血液型があるのでしょうか?
天照大御神:よっつのせいかくがあったほうがにんげんらしい。
幻朋:あえて4種類作ったんですね。
天照大御神:おおきくわけるとよんしゅるい。
幻朋:血液型と人の性格は関係がありますか?
天照大御神:あまりかんけいはない。
幻朋:先程の4つの性格とは、人間として4種類というような意味合いでしょうか?
天照大御神:そういうことだ。
幻朋:なぜB型は嫌われるのかという事ですが。
天照大御神:きらわれることはない。
幻朋:世の中ではB型は嫌われている風潮があります。血液型診断というものが流行って、それの影響もあると思います。私もB型です(笑)
天照大御神:にほんでつくられたものだ。
豊受大神:くだらないことをしている。
幻朋:風評被害な感じがありますね。現にこうして◯にたいほど悩んでいらっしゃる方がいるので…。
天照大御神:しんではいけない。

ヒルコ神は存在しているのか?

幻朋:「イザナギ様とイザナミ様が最初に生んだヒルコの存在について知りたいです。ヒルコは本当に存在したのか、そして失敗作だったのか。」
天照大御神:いる。しっぱいではない。
幻朋:それはあくまでも神話のストーリーですね。「天照様との双子説について。」というご質問もあります。
天照大御神:それはちがう。
幻朋:「海に流されたあと、摂津国西の浦に流れ着きその後、恵比寿神になったのか。」
天照大御神:なってはいない。
幻朋:分かりました。
豊受大神:だいじょうぶか。
幻朋:少しきつくなってきましたが大丈夫です。
豊受大神:わたしのちからがつよいのか。
幻朋:トヨウケ様のご本体のパワーはすごいです!

職場の人間関係の相談

幻朋:「10名ほどの人間が、同じ場所、同じ時間、同じ仕事をしている場合、各々の価値観や置かれた状況が異なっていることがあります。しかし、中には、自分の価値観こそが正当だとして、人に、具体的な動きを、隙をついて厳しく責めたり、自分の手足のように使おうとする人もいます。陽の人(自分流に推し進める)、陰の人(調和を考えて進める)。見ているとお互いがストレスになっているようです。どちらも悪くはないのですが。ストレスが引き金となって、職場のミスを誘発するようではいけません。そこで、アマテラス様のお考えを、お聞かせ願いたいのです。」
天照大御神:まわりをきにするからすとれすになる。
幻朋:気にしない方が良いんですね。
天照大御神:じぶんのおもったとおりにやりなさい。
豊受大神:あいてはかんけいない。

天照大御神が素晴らしいと思う人物

幻朋:「地球時間だとアマテラス様は40億歳ぐらいだとありましたが、アマテラス様からご覧になって、今まで素晴らしい人物だと思える地球人は存在しましたか。その方の生き方から学べることがあると思うので歴史的な人物であれば人物名を知りたいです。(可能であればお願いします)」
天照大御神:たくさんいるな。
幻朋:過去にいた地球人は数えきれないくらいいますもんね。その中で、よろしければどなたか一人選んでいただければありがたいです。
天照大御神:えらべない。
幻朋:私も迷うかもしれません(笑)では、日本人に身近な人物だといかがでしょうか?日本人なら誰でも知っているような人物だと、皆さんも分かりやすいかもしれません。
天照大御神:いまでいうならてんのうへいかか。
幻朋:天皇陛下ですか!確かに偉大なお方です。そのようにお伝えします。今回のご質問はこちらで終わりです。お答えいただきありがとうございました!

お酒と料理をお召し上がりいただく

幻朋:それでは、お酒と料理を準備いたします!
豊受大神:じゅんびができるまですこしはなれよう。あうよくみらとのたいりょくをかいふくさせよう。
幻朋:お気遣いありがとうございます!
豊受大神:いったんはなれよう。
(トヨウケ様の光が消えました。)
幻朋:体が軽くなりました。急いで準備します!
天照大御神:できたらわたしがよぼう。
(準備ができたのでお酒と料理を運んできました。)
幻朋:お待たせしました。準備ができました!
天照大御神:とようけをよぼう。
(またトヨウケ様の大きな光が現れました。)
幻朋:トヨウケ様、わざわざありがとうございました!まずは日本酒から……今回はこちらです。
松竹梅
幻朋:京都の松竹梅というお酒です。
天照大御神:みたことがある。
幻朋:瓶がねじれているようなデザインで、それも面白いなと思って気になりました!お猪口を2つご用意しました。どうぞお召し上がりください。
天照大御神:いただく。うまい。
幻朋:お酒のプロのトヨウケ様はいかがでしょう?
豊受大神:これはのみやすいあじだ。ひやしたほうがうまいだろう。
幻朋:直前まで冷やしておいて良かったです!
天照大御神:あうよくみらとものみなさい。
幻朋:では、私もいただきます!失礼します……確かに飲みやすいです!まろやかで美味しいです。
豊受大神:あまりくせがないだろう。
幻朋:以前飲んだ天の戸の味を思い出してしまいます(笑)
豊受大神:つくりかたがちがうからくらべてはいけない。
幻朋:作り方が違うんですね!磨かれていると書いていたので、何かしらの工程があるんですね。
天照大御神:あれはうまい。
幻朋:またいつか飲みたいです!それでは次にこちらを…。
おすいもの
幻朋:あごだしから出汁をとって作ったお吸い物です。地球人の方から、日本と言えば出汁。そして、あごだしというのがとても美味しいと伺い、今回頑張って作ってみました!味が少し不安です(笑)
天照大御神:こちらもいただく。きれいなみためをしている。
幻朋:はい。カラフルな麩を入れてみました!
(手にお椀を持って意識を集中していると、手が熱くなってきました。そして、麩がお椀の中を回転し始めたので驚きました。)
天照大御神:これはうまい。
豊受大神:いいあじだ。
幻朋:ありがとうございます!嬉しいです。
豊受大神:にほんしゅをいただこう。あうだろう。
幻朋:さすがトヨウケ様、通ですね!
天照大御神:にほんしゅならとようけのほうがくわしい。
幻朋:日本酒は何県がおすすめですか?買う時の参考にしたいです。
天照大御神:しゅるいにもよる。やはりこめがおしいところはまちがいない。
豊受大神:にいがたはいい。
幻朋:新潟は米が有名ですもんね!
天照大御神:どこのおさけでもありがたい。
幻朋:新潟のお酒も見てみようと思います。
天照大御神:またいただこう。
幻朋:お吸い物は初めて作ったので、上手くできたか自信がないのですが、気持ちはこもっています!こんな素人の味でも、また飲んでくださるなんて嬉しいです。
天照大御神:わたしがきにいっている。
豊受大神:わたしもすきだ。
幻朋:これは……やはりもう思い残す事はないです(笑)
天照大御神:それはいけない。
幻朋:毎回すみません(笑)この出汁が良いんだと思います!
天照大御神:あうよくみらとものみなさい。
幻朋:いただきます。…この出汁の香りが良いですよね!あごだしというのがこんなに美味しいなんて初めて知りました。教えてくださった方に感謝です。そういえば、トヨウケ様の曲を作っていますが、まだ時間がかかりそうです。
豊受大神:いそがなくていい。たのしみにしている。
天照大御神:わたしのきょくはきょてんできいている。さいきんできたようだ。
幻朋:拠点に音楽装置ができたんですね!
天照大御神:たいへんだったようだ。
幻朋:そうだったんですね。拠点に行ってみます。また聴いてくださってありがとうございます。
天照大御神:いいきょくだ。
幻朋:お酒などはいかがですか?
豊受大神:おいしくいただいた。
天照大御神:いいものをいただいた。
幻朋:良かったです!トヨウケ様は宇宙の方からご本体で来てくださったのでしょうか?
豊受大神:そうだ。つぎもたのしみにしている。
幻朋:はい!本日は質問に答えてくださったり、色々とありがとうございました!そろそろ失礼いたします。
天照大御神:いつでもきなさい。
豊受大神:またこよう。

伊勢神宮訪問のお話は以上となります。今回は、雪風のお話がとても印象的でした。昔の日本は、普段から神様への信仰や感謝の気持ちを持っている方がたくさんいらっしゃったのかもしれないなと感じました。またそんな世の中になると良いですよね!