北欧とインドで出会った神々!ロヴァニエミ教会で見た強烈な力を放つ絵【世界の聖地巡り 3】

北欧とインドで出会った神々!ロヴァニエミ教会で見た強烈な力を放つ絵【世界の聖地巡り 3】
読者様に人気の世界の聖地巡りシリーズです。前回からあっという間に1ヶ月が経ってしまいました。『大神神社、モンサンミシェルで出会った神とは?バイカル湖、ルルドの泉なども訪問【世界の聖地巡り 2】
皆様からおすすめしていただいた聖地リストがたまってきているので、今後はどんどん世界各地を訪問していきたいと思っております!急いで回らないとアマテラス様の意識体を見つける前に、私の寿命が尽きてしまいそうな程、世界は広いなぁと実感しました(笑)
今回は北欧、イギリス、インドを巡ってきました。そしてなんと!読者様のアドバイスのおかげでビッグな神様と遭遇する事ができました!初めてお名前を聞くお方も登場しますので、どうぞお楽しみください。

大神神社再び

たくさんの鳥居と岩

前回、大神神社を訪問した際に狭井神社へ行くのを忘れて帰ってしまいました。読者様から、ぜひ山頂の方へとリクエストをいただきましたので改めて訪問する事にしました。
意識体を奈良へと向かわせ、大神神社の近くまで来ました。大神神社のマップを確認しながら気配を感じる方へ進み、狭井神社付近に到着しました。しかし狭井神社には誰もいませんでした。私が感じ取っていた気配は、狭井神社の奥の方から伝わっていたようです。
道があるようですが暗くてよく見えないので、パワーを感じる方へ進んで行きました。すると建物が見えてきました。「ここもどこかの神社なのかな?」と思いながら周りを見渡してみました。
周りにはいくつか建物があって、暗闇の中にうっすらと鳥居の形が見えました。10本くらい鳥居が並んでいたと思います。鳥居の奥へ進んで行くと、何かの岩のようなものがありました。その岩から何か感じるのでご挨拶をしてみました。
幻朋:以前も大神神社を訪問させていただいた事がある者です。前回は市杵島姫神社でお話をさせていただいたのですが、その後こちらへご挨拶をせずに帰ってしまいましたので改めて本日参りました………。
岩から強いパワーを感じたのですが返事はありませんでした。もう少しだけその場で感謝の気持ちなどを伝えて、何かご返答があるかを待ってみましたが特にありませんでした。他にもどこか気配を感じる場所を探ってみましたが、分かりませんでしたので戻る事にしました。
このまま帰るのも失礼なので、市杵島姫様の池に帰りの挨拶に立ち寄りました。しかしこの日は誰の気配もなく、意識体はお留守なようでした。一応、来させていただいたお礼を伝えてから大神神社を離れました。

天照大御神に確認

大神神社さんのマップを見ても私が訪れた場所が一体どこだったのかが分からなかったので、後日アマテラス様に確認してみました。
天照大御神:めずらしいじかんたいにきたな。
幻朋:こんにちは!いつもお世話になっております。アマテラスさんにご確認したい事があって来ました。いくつかお伺いしてもよろしいでしょうか?
天照大御神:かまわない。
幻朋:また大神神社さんを訪問させていただきました。狭井神社にいらっしゃる方にあらためてご挨拶をしようと思い、パワーを感じる方へ進んでいったのですが……周りに建物がいくつかあって、鳥居が10本くらいあるエリアにたどり着きました。奥には大きな岩があって、そちらからパワーを感じました。私はどこに行っていたのでしょうか?
天照大御神:それはたつごろうだいみょうじんだろう。
幻朋:たつごろう?大明神?たつごろうですか?大神神社さんのマップに載っていないので分からないのですが、そういう場所があるんですね。
天照大御神:きよめのたきというところもあっただろう。
幻朋:滝もあったんですね。暗くて分かりませんでした。大神神社には禁足地という所もあるそうなので、万が一そこに行っていた場合、どんなものがあったなどを勝手に伝えたらまずいなと思ってご確認しました。
天照大御神:そこではない。
幻朋:それなら良かったです。しかも、また別な所へ行ってしまったんですね(笑)山頂へたどり着けたとして、大神神社のトップの方はいらっしゃいますか?
天照大御神:ふだんはだれもいない。
幻朋:やはりいないのですね。分かりました!突然来て申し訳ありませんでした。
天照大御神:かまわない。
幻朋:全然分からなくて困っていたのでとても助かりました。
天照大御神:なにかあればまたききにきていい。
幻朋:いつもありがとうございます。感謝しております!それでは失礼いたします。
天照大御神:いつでもまっている。

ノルウェー ニーダロス大聖堂

読者様から、北欧神話にソールという太陽神がいると教えていただいておりました。もしかしてアマテラス様と同一の神かもしれないので、それを手掛かりに探しに行きます。
「北欧 教会」と検索して、パワーを感じる場所をいくつかピックアップしておきました。ニーダロス大聖堂、ロヴァニエミ教会、ヘッダールスターヴ教会の3カ所です。
まずはニーダロス大聖堂へ向かいます。私の活動時間はいつも夜なので見えにくい時間帯なのですが、ヨーロッパ方面は明るくて助かりました。ぐにゃぐにゃの川が特徴的なのでそれを目印にして進み、ノルウェーまでやってきました。
その後ニーダロス大聖堂は比較的すぐに見つけられました。とても大きな建物で圧倒されました。やはり建物から何かを感じます。ドアは閉まっていましたが、そのまま壁をすり抜けて中に入ってみました。
中は教会というか神殿のような印象でした。人が動いているので観光客の方々でしょうか。「日本から来た者です。お邪魔しております。」と話しかけてみましたが、応答はありませんでした。メインホールみたいな所から奥に行こうとしましたが、それ以上は進めませんでしたので、再びその場で話しかけてみました。
幻朋:世界の聖地を巡って建物や神々の事を学んでいる最中です。こちらのニーダロス大聖堂さんも有名だと知り、突然ではありますが訪問させていただきました………。
強い頭痛が始まりましたが応答はありませんでした。強いパワーを感じるのでどなたかがいらっしゃるような気がしたのですが、私の事を警戒していたのかもしれません。やはりその後もお返事はありませんでしたので、感謝の気持ちを伝えてから退出しました。

フィンランド ロヴァニエミ教会

次はフィンランドにあるロヴァニエミ教会に向かいました。ノルウェーから北東方面へ進みます。ロヴァニエミ教会を地図で検索すると、なぜかいっぱい出てきて混乱しました(笑)毎度の事ながら建物の見た目の情報だけしか把握していません。
ロヴァニエミ教会の画像を1枚保存していたので、それをヒントにして川のほとりを進みつつ地図も確認します。地図の情報と意識体で見ている風景を照らし合わせながら探します。
そして、ついに画像と同じ教会を発見しました!そこまで大きくなくて三角形の屋根が可愛らしいデザインの建物でした。さっきの大聖堂よりはパワーが弱いですが、気配はちゃんと感じました。
さっそく「失礼します。」と言ってから中に入りました。すると急に強いパワーを感じました。意識体だとぼやけていてよく見えないのですが、壁に大きな絵のようなものがあってそこから強いパワーを感じました。なぜか絵を見た瞬間鳥肌が立ちました。
どうして絵からパワーを感じるのかが不思議でもっと近づいて見ました。太陽みたいな丸い円が描いてあって、真ん中に人が立っているような絵に見えます。はっきり見えないのが残念です…。周りを見渡してみましたが誰もいなさそうです。やはりその絵から強いパワーを感じました。絵にパワーが入っているという事でしょうか。訪問させていただいたお礼を伝えてからその場を後にしました。

ヘッダールスターヴ教会

次の行き先はヘッダールスターヴ教会という場所です。地図で検索するとノルウェーだったのでまた戻りました(笑)オスロ・フィヨルドという細長い海をたどって行きました。目的地まではまだ遠いのになぜか頭痛がしました。
ヘッダールスターヴ教会はすぐに見つかりました。なぜなら建物が巨大だったんです!屋根が白っぽく見えるので雪でしょうか。周辺には人がいたので、私もそのまま中に入ってみました。教会に入った瞬間、先程よりも強いパワーを感じました。私はさっそくご挨拶をしました。
幻朋:お邪魔します。私は日本から来ました。世界の聖地を訪れて、その地を守っていらっしゃる神々はどんな方達なのかを学んでいる最中です。こちらのヘッダールスターヴ教会さんからは、特に強いパワーを感じたので訪問させていただきました。
???:そうか。
幻朋:っ!!…はい!(一気に緊張)
???:いいところだろう。
幻朋:木造の教会は初めて見たのですがとても綺麗です。室内にあるこの大きな柱も木でできていてすごいです!
???:きにいってくれたか。
幻朋:はい。このような木造の教会を見られて感動しました。あの………今お応えくださっている方はどちら様でしょうか?お名前は何とお呼びすればよろしいでしょうか?
???:なまえか。
幻朋:そうですよね…突然来た者にお名前は言えないですよね……。
???:そる。
幻朋:ソル?ソル様ですか。北欧神話の太陽神ソール様とは別な方でしょうか?
ソル:どちらでもいい。
幻朋:どちらでも……?実はアマテラスさんの意識体を探しておりまして、北欧神話の中に太陽神ソール様が出てくるそうで、それを手がかりにしていました。
ソル:いつもたいようにいる。
幻朋:ソル様も太陽にいらっしゃるんですか?!……すみません、先程から急にパワーが強くなって体がきついです…。
ソル:いまはちょくせつきている。
幻朋:本体でいらっしゃったんですか!通りですごい力です。
ソル:いつもかんじているだろう。
幻朋:ん?!……この感じは…アマテラスさんですか?
ソル:…。
幻朋:もしかして太陽を訪問した時に、ソル様とすれ違っているとかでしょうか?(笑)
ソル:あったことがある。
幻朋:私とお会いしましたでしょうか?!いつの事でしょう…。
天照大御神:いつもとれーにんぐにきているだろう。
幻朋:やっぱりアマテラスさんじゃないですか!!(笑)やっと見つけました!
天照大御神:そうだ。さいしょはいしきたいだった。みつかったのでちょくせつきてみた。
幻朋:何となく覚えがあるような感覚だったのですが、ソル様だという事で違うんだなと思っていました。北欧ではここの教会にいつもいらっしゃるんですか?
天照大御神:このふきんにいる。
幻朋:こちらではソルという名前で活動しているんですね。
天照大御神:そうだ。すぐにいわなくてすまなかった。
幻朋:初めてお会いした方だと思ってずっと緊張していました(笑)北欧神話のソール神とはアマテラスさんの事だったんですね。
天照大御神:そうだ。このちかくにはつくよみのいしきたいもある。
幻朋:ツクヨミ様もいらっしゃるんですか?!月の神様ですか?
天照大御神:まに。
幻朋:マニ様という名前で活動しているんですね。ちなみにニーダロス大聖堂にはどなたかいらっしゃいますか?
天照大御神:つくよみではない。
幻朋:違うんですね。結構強いパワーを感じました。
天照大御神:さいしょのきょうかいにいたのはおそらくばるどる。こちらではそうよばれている。
幻朋:バルドル様ですか。初めて聞いたお名前です。バルドル様は「こいつは誰だ?」と思っていたかもしれません。失礼しました。
天照大御神:ここにくるとはおもわなかった。
幻朋:まさかアマテラスさんの意識体が北欧にいらっしゃるとは思いませんでした!(笑)
天照大御神:いったんかえろう。いしきたいはそのままのこしておく。
幻朋:体が軽くなりました。わざわざ本体でお越しいただき、ありがとうございました。
天照大御神:みつかったからにはしかたがない。
幻朋:嬉しいです(笑)ちなみに寺院にもいますか?アマテラスさんは仏の神とはまた別でしょうか?
天照大御神:ちょくせつてきにはいない。
幻朋:そうですか……世界にはまだまだ意識体がいらっしゃるんですよね?
天照大御神:まだいる。
幻朋:あとはどこなんだろう。この後続きを巡りますが、次の場所でまたお会いするかもしれませんね(笑)
天照大御神:それはたのしみにしている。またみつかったらちょくせつこよう。
幻朋:ありがたいです!アマテラスさんの本体を感じ取ったら正解なんだなと思うようにします。さっきもソル様だと思ってずっと話していました(笑)
天照大御神:さいしょはそういうふうにはなしていた。
幻朋:演技派ですね!でも初めてお話しするにしては、ずいぶんとフレンドリーに話してくださる方だなと思っていました。それではそろそろ次に行きます。ご対応してくださってありがとうございました!
天照大御神:みつけられるといい。

イギリス グランストンベリー・トー

アマテラス様との会話でだいぶ体力がなくなりましたが、気合を入れて次へ向かいます。イギリスにあるグランストンベリー・トーという場所です。地図で確認すると大きな丘のようになっていました。海沿いの形をヒントに探しました。周りに目立つものがないので不安でしたが、少し気配があったのでそれを頼りに到着する事ができました。
石っぽい作りの建物がぽつんと建っていました。降り立って下から見上げてみると結構大きいです。その場で挨拶をしてみると、少し頭が痛くなりました。
「どなたかいらっしゃいますか?」と聞いてみましたが応答はありませんでしたので、次の目的地に向かう事にしました。途中からなかなか強めのパワーを感じたので、どなたかが来ていたのかもしれません。

インド マハーボーディ寺院

最後はインドにあるブッダ・ガヤのマハーボーディ寺院という所へ向かいました。インド方面は薄暗い時間帯で、景色が見えにくくなりました。寺院は二手に分かれているような形をしている川の側にあるようなので、地図でそれを目印にして探しました。
なかなか見つからなくて苦戦していましたが、やっとの事で見つけました。初めて見て衝撃を受けました。とにかく建物が巨大です!建物の周りが明るくて、おそらくライトアップされているような感じがしました。
建物から何か感じましたが、北欧方面とはまた違う感覚でした。建物に近づくと頭痛が始まりました。「失礼します。」と言って中に入ってみました。入った瞬間強い頭痛に変わり、なんとか耐えながらご挨拶をしました。
幻朋:私は日本から来た者です。こちらのマハーボーディ寺院さんがとても有名な聖地だと知り、訪問させていただきました。世界各地を巡りながら、どのような神々がその地を守ってくださっているのかという事も学んでおります。
(応答があるか少し待っていました。)
???:ちきゅうのなか。
幻朋:地球の…中……?地球の中と言いますと…。
???:………。
幻朋:理解力がなくて申し訳ありません。聖地を巡りながら、アマテラスさんの意識体も探しておりまして、こちらにいらっしゃいますでしょうか?
???:ここにはいない。
幻朋:そうでしたか。教えてくださってありがとうございます。こちらの寺院をお守りしているのはヒンドゥー教の神様でしょうか?以前アグニ様にもお世話になりました。
???:あぐに……。
幻朋:今お応えいただいているのは、アグニ様でいらっしゃいますか?
???………。
(頭痛がひどくて言葉を読み取るのが大変でしたが、なんとか集中しました。)
???:うしゃす。
(頭の中に入ってきた文字が小さい「ゃ」に見えたのでウシャスと読み取りましたが、もしかして大きい「や」でウシヤスかもしれません。)
幻朋:ウシャス様ですか。こうしてご対応してくださってありがとうございました!こんな立派な寺院を訪問できて嬉しいです。それでは失礼いたします。
こうして私はインドを後にして日本へと戻りました。帰ってきてから気づいたのですが、もう少し寺院の中を見れば良かったなと思いました。頭痛に耐えながら文字を読み取る事に精一杯で、肝心の建物の内部を見学するのを忘れてしまいました。確か金色の大仏があったような気がします……もしまた機会があれば行ってみたいなと思いました。

今回の聖地訪問の記録は以上となります。神様のお名前や不明な点が所々ありますので、何かご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをいただければ幸いです!
世界には色々な神様がいて、その地をちゃんと見てくれているんだなとあらためて思いました。皆様からいただいたおすすめの聖地情報がまだ他にもありますので、定期的にどんどん訪問したいと思います!
できる限り世界中の色々な所に行ってみたいです。そして、いつかはアマテラス様の同一神を全て見つけたいです。アマテラス様との隠れんぼはまだまだ続きそうです…(笑)