宇宙人に「死は怖いか」聞いてみた

今日はクリスマスですね。そこで私からは、こんなお話のプレゼントをご用意しました。

『宇宙人に死ぬのは怖いですか?と聞いたら何と答えるか』

今回は霊的なお話をたくさん聞いてきました。死・魂・転生・霊界といった、誰もが気になるソッチの世界事情。私は今まで全く知らなかった、ちょっとショッキングな話も聞きました…。それではさっそくスタートしていきます。

※記事に出てくる人物や用語はこちら

サヴィラジヌ星に到着後

ワープトンネルを抜けると、今回は見た事もない場所に着いてしまいました。周りには建物も何もなく、地面には高低差があります。地球でいう山のような感じです。

地面は石のような物があり、荒れています。いつも見ている居住区の地面は、舗装されているような感じで平らです。

更にはあの黒いトゲが沢山生えていました!!数えたら周りに9本生えています。すかさず「メラムさん、ヘルプ!」と念じました(笑)

しばらく待機していると、なぜかこんな場所にサヴィラジヌ星人が一人現れました。メラムさんに似ています。ちょっと離れた場所にいるので、近寄って話しかけようとしました。すると、私の真横から声がしました。

メラムサフラ:ここは危ないから移動しましょう。

幻朋:あ、こっちが本物のメラムさんだった(笑)空間移動が始まった……うぅ、キツイ…。

メラムサフラ:着きました。

幻朋:ここはいつもの町ですね。さっき人違いで知らない人に話しかける所でした(笑)あそこは山とか森みたいな場所ですか?

メラムサフラ:そう、地球でいう所の山みたいな感じ。結構トゲが出てくる。

幻朋:トゲがいっぱいありましたもんね。さっきの人は山にキノコ採りにでも来たんですか?(笑)

メラムサフラ:キノコ採り?

(キノコ採りについて説明しました。)

メラムサフラ:あのトゲは食べられないです。

幻朋:ですよね(笑)

メラムサフラ:オルアエルは違う星に行きました。私も違う星に行っていたところでした。

幻朋:残念です。メラムさんも用事の最中に戻ってきてくださってありがとうございます。

メラムサフラ:何でも質問をどうぞ。

幻朋:今日もよろしくお願いします!

死という概念はない

幻朋:サヴィラジヌ星には、死という概念はありますか?

メラムサフラ:ない。それに似たような感じの物はある。

幻朋:確か以前聞いた話で、クラッシュしたりして終わるんですよね?

メラムサフラ:最後は消える。地球人が亡くなるような感じの意味。

幻朋:消えるとは、突然パッと消えちゃうんですか?

メラムサフラ:突然の場合もある。でも、何か異常があれば治すので。あと何年生きられる、みたいな場合もある。

幻朋:寿命みたいな感じですかね?その余命が終わると消えてしまうんですね?

メラムサフラ:いきなり消える訳ではない。最終的には消えるけれど。

幻朋:なんだか消えるってちょっと怖いですね………。

死は怖くない

幻朋:サヴィラジヌ星人は、死ぬのは怖いと感じますか?

メラムサフラ:みんな怖いと思う事はない。私も怖いとは思わない。嫌だと思う人はいるかもしれないけれど。

幻朋:それって、星の全員が魂や死後の世界の事を教えられているから怖くないという事でしょうか?

メラムサフラ:魂になった後の事とか、知識があるから怖くない。人生を終えた後の事はみんな分かるから。その後どうするか考えたりもする。

幻朋:それだったら怖くないですね。その後の事を考えるとはどういう意味ですか?

メラムサフラ:あなたみたいに、次は地球に行こうかなとか。

幻朋:なるほど!次に生まれ変わる事を考えるんですね。

メラムサフラ:そうです。そういうものだと思っているから、怖いと思う人はいない。

幻朋:地球では、死ぬのが怖いと思う人が多いです。死後の世界なんて見たこともないですし、信じている人も少ないと思います。

メラムサフラ:先が分からない事は怖いと思う。知らない事は不安になる。そうなってもしょうがないですよ。

魂になった時、記憶はどうなるか

幻朋:魂になったら、今まで生きてきた時の記憶は全部思い出しますか?

メラムサフラ:魂になっている時点では、思い出しているから分かる。

幻朋:そうなんてすか!全部覚えているんですね…。

メラムサフラ:でも、生まれる時に記憶はリセットされる。覚えている時もあるけれど。

幻朋:前世の記憶を持った人がいるっていうのをテレビで見た事があります。亡くなった後、隣町だったかな?ちょっと離れた所に生まれてきて、前世の記憶を持っているっていう話です。確か、街の名前や両親の名前も覚えていたとかって。でも、なんでまたハードモードの地球なんかに生まれて来たんですかね?(笑)

メラムサフラ:やり残した事があれば、もう一度地球に来る人もいる。

幻朋:そういう事ですか!もっと色々経験したかったからとかですね。ところで、生まれる時に記憶が消されるのは全宇宙共通ですか?

メラムサフラ:そうでもない。星による。

幻朋:記憶を引き継いだままスタートだったら無双できそうですね(笑)何でも知ってるから。

メラムサフラ:覚えていたとしても、違う星でまた1からスタートだと、前回の記憶は役に立たない場合がある。

幻朋:あ……ですよね(笑)私が地球での記憶を持っていたとしても、サヴィラジヌ星に生まれても何も分からないです。結局は全部知らないです(笑)

メラムサフラ:星によって全く違うので。

幻朋:すみません、浅はかな考えでした。しかし気になる事だらけです。やっぱり死後の世界とかこういう話は興味深いです。地球人には知り得ない事なので。義務教育にあれば良いのに(笑)

メラムサフラ:私達にとっては当たり前の知識です。私の話で良ければ答えますよ。

幻朋:ありがたいです!では、次の質問にいきますね。

次回に続きます……。続きのお話は『転生』の仕組みについてです。何のために転生しているのか?何回くらい転生するのか?転生とは一体何なのでしょうか?