サヴィラジヌ星の隣にある惑星に行ってきた

今回は話の流れで突発的に、サヴィラジヌ星の隣にある茶色の惑星に行く事になりました。「行きますか?」と言われたら、これはもう行くしかない(笑)むしろ気になっていた惑星なのでワクワクしました。

私と宇宙人さんのやりとりと、茶色の惑星の様子の記録をご報告していきます。

※記事に出てくる人物や用語はこちら

茶色の惑星へ出発

いつもはトンネルを使ってすぐサヴィラジヌ星に行くのですが、今回は気分転換に宇宙に出てから行ってみようと思いました。

私には一種の特技のような物があって、太陽系内の宇宙なら自由に見に行く事ができます。何言ってるんだコイツ…って感じですが、月とか火星とか見に行くのが楽しいです(笑)その際は意識だけで飛んで行きます。

私は宇宙に出るイメージをしました。みるみるうちに自分が住んでいる街の景色が小さくなります。グーグルマップで見ているような感じです。ギュイーンって感じで移動できます。

そのうち、宇宙に出て地球を外側から見ているような形になりました。

とりあえず冥王星がある方向へ進みました。しばらく宇宙を移動している途中で、サヴィラジヌ星は地球から500兆光年先にあるという事を思い出して、やっぱりいつものトンネルを使うことにしました(笑)こんな事をしていたら全然着かないです。無謀でした。

結局、移動トンネル使ってサヴィラジヌ星に行きました。到着すると、すぐにメラムさんが現れました。

幻朋:こんにちは。自力で地球からここに飛んで来ようとしたのですが、途中で諦めました(笑)

メラムサフラ:私はすぐ地球に行けますよ。行きたい所を考えればすぐ移動できます。

幻朋:すごいですよね。私も色々な惑星に行ければいいなぁって思います。地球人には無理ですね。

メラムサフラ:うーん……ちょっと行ってみますか?

幻朋:え?どこにですか?

会話の途中で空間移動が始まりました。近くにメラムさんが立っていて、その周りの景色はぐちゃぐちゃになってものすごいスピードで流れていきます。

以前、金色の海に移動した時よりも強烈な感じでした。

突然目の前が真っ暗になりました。どこかに移動したようです。

幻朋:うぅ……気持ち悪かった。ここはどこですか?

メラムサフラ:隣の星だよ。

幻朋:もしかして茶色の惑星ですか?真っ暗で何も見えないですね。

私は目を凝らして辺りを見渡しました。少しずつ目が慣れてきて、薄っすらと何かが見え始めました。

暗視のような感じなので、暗くてよく見えないのですが丸い物がたくさんあります。地面にポツリ、ポツリとあります。建物にしては窓やドアはありません。

建物が丸い形をしている

幻朋:この丸い物は家ですか?

メラムサフラ:そうだよ。

幻朋:丸い形ばかりですね。サヴィラジヌ星の建物は四角いですが。

メラムサフラ:ここの星は建物が丸い形をしているよ。

幻朋:ここにも誰かが住んでいると言っていましたよね?もしかして、この近くにいたりしますか?

メラムサフラ:いるよ。でも今はあなたに見せないようにしてある。

幻朋:あ〜、規約に引っかかる感じですね(笑)まだ見せちゃダメなんですね。ここの惑星の人達も不思議な姿をしているのでしょうか?

メラムサフラ:私達とはまた違った形をしているよ。でもやっぱり普通ではない形だよ。

幻朋:そうなんですね。いつか見れるといいです。

メラムサフラ:いつかね。そろそろ戻りましょうか。

メラムさんがそう言うと、また空間移動が始まりサヴィラジヌ星に戻りました。頭がクラクラして体がやけに重い感じがしました。体に限界を感じました。

幻朋:今日も貴重な体験をさせてもらってありがとうございました。なんだかちょっと体力が消耗したみたいなので、また今度来ますね。

メラムサフラ:いえいえ。また何でも聞いてください。言えない事もたくさんあるけど、言える範囲で何でも答えますよ。

幻朋:やっぱり規約やルールみたいな物があるんですね。地球人には教えちゃダメだっていう。

メラムサフラ:あるよ。でも言える事はちゃんと言うよ。

幻朋:ありがとうございます。また来ますね。

私はメラムさんに挨拶をして自分の体に意識を戻しました。しかし、ここで緊急事態が起きました。足に激痛が走り、体全体が重くて動かないのです。こんな事は初めてでした。

惑星から惑星への空間移動は私にはキツかったのかもしれません…。惑星内の移動に比べ、だいぶ距離が離れているので負担がかかったんだと思います。

体が動かないので、その場に倒れこんでそのまま眠ってしまいました。目覚めたのは深夜2時(笑)その頃には手足は動くようになっていました。

まだまだ修行が足りないようです。(何の修行だよ)

今回の惑星訪問のご報告はここまでとなります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回の記事はこちらから『他惑星では魂の存在を信じているのか?