他惑星では魂の存在を信じているのか?

他惑星では魂の存在を信じているのか?

宇宙人さんから教えてもらった今回の情報は、霊的な話が中心となります。本当に霊は存在するのか?死後の世界はあるのか?など、誰もが気になる事を質問しました。

 

宇宙人さんから驚きの発言がいくつかありましたので、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

記事に出てくる人物や用語はこちら

宇宙人の五感について

サヴィラジヌ星に私の意識が着くと、目の前には既にメラムさんが立っていました。

 

メラムサフラ:また何か質問があれば答えますよ。

幻朋:こんにちは。よろしくお願いします。今日は黒い色をした方はいないんですね?あの…もし良かったら、その方とも友達になりたいです。

メラムサフラ:友達ですか。本人に聞いてみますね。………(少しの間がありました。)今は違う星に行っているみたいです。また今度いる時に一緒に話しましょう。その人の性別は女性です。

幻朋:ありがとうございます!あの方は女性だったんですね。ぜひ今度お会いしたいです。

メラムサフラ:はい。では質問があれば何でもどうぞ。

幻朋:前から気になっていた事があります。以前メラムさんに会った時に、文字が書かれてあるような物が体に貼ってあったのですが、それはもしかして栄養のテープを貼っていたんですか?

メラムサフラ:そうです。栄養のやつを貼っていました。よく気付きましたね。あれにはたくさん種類があって、文字が書いてあります。地球で例えるなら、喉が渇いたとか、お腹がすいたとか、それぞれに必要なものを貼ります。栄養には種類がたくさんあって、地球で言うジュースのようなものもあります。

幻朋:味を感じる事はできますか?視覚とか聴覚はあると思うのですが、五感はありますか?

メラムサフラ:もちろん味覚もあります。五感もあやりますが…その他にももっとあります。どれくらいの感覚があるか分からないです。

幻朋:すごいですね。五感以上の感覚なんて想像できないです。あと聞き忘れていたんですが、文字の文化はありますよね?

メラムサフラ:文字の文化はあります。でも数字はないです。

幻朋:では、いつも私に数字で説明する時は大変ですよね。

メラムサフラ:サヴィラジヌの事を地球の言葉に置き換えて説明するのはなかなか難しいです。

空を飛ぶ偵察機とメディアについて

話している最中に空を何かが飛んで行くのが見えました。すごい速さで飛んで行きました。流れ星のように一瞬で通り過ぎていきます。この物体は以前にも目撃した事がありました。私が空を眺めているとメラムさんが話しかけてきました。

 

メラムサフラ:あれを飛ばして定期的にパトロールをしています。誰も乗っていないです。

幻朋:無人偵察機みたいなものですか?星に異常がないか見て回っているんですね。私の事を「侵入者発見!」ってなったりしないですか?(笑)

メラムサフラ:そうです。機械が飛んでいるます。大丈夫です。ちゃんとあなたの事は報告しています。でも、たまにそういう侵入者みたいな人はいます。

幻朋:何か事件とかがあった時はニュースが流れたりしますか?ないとは思いますが、テレビとかはありますか?天気予報があったり。

メラムサフラ:そういうのはないですが映し出すモニターはあります。でも何かが起きたとか、星での普段の出来事を皆に紹介する事はないです。ただ天気予報みたいなものはあります。ここの星全員に自然と伝わります。

幻朋:やっぱりテレパシーのようなものがあると便利ですね。私達はテレビやスマホに頼らないと情報を得る事が難しいんです。やはりサヴィラジヌ星はすごいですね。

メラムサフラ:それは仕方ないです。ここの星より凄い星はまだまだたくさんありますよ。

宇宙人は魂や神を信じているのか?

メラムサフラと猫

幻朋:ここの星には植物はありますか?動物はいますか?

メラムサフラ:動物はいないですが、植物のようなものならあります。地球のように緑色じゃないですが、下からいきなり生えてきます。危ないです。

 

緑色じゃない植物って何だ??どんな感じだろう?と考えていると、突然景色が変わりました。空間移動をしたようです。比較的近場への移動だったのか、気持ち悪くなりませんでした。

 

メラムサフラ:それです。

黒いトゲ

これは一体…?!トゲトゲした黒い物体が2、3本地面から生えていました。地球人にはこれが植物には見えないです。

 

メラムサフラ:これが刺さると危ないです。

幻朋:確かにこれは危険ですね。突然生えてくるとか怖いです(笑)もし刺さったら異常を治す所にすぐ行くんですか?

メラムサフラ:いえ、何日かしたら治ります。

幻朋:そんなに早く治るんですか!サヴィラジヌの方は自然治癒能力もすごそうですね。地球だったら病院送りですよ。そういえば、植物や動物にも魂はあるのでしょうか?地球の動物を見た事はありますか?

メラムサフラ:植物には魂はないですが動物にはあります。あと、地球の動物は見た事がありますよ。動物みんなと話す事ができます。

幻朋:え?!動物と話せるんですか?

メラムサフラ:動物だって私達と同じ生き物です。

幻朋:ですよね。生き物はみんな平等ですよね。地球人は人間と動物を区別してしまっているんですよね。……今ちょっと反省しました。すみません。

メラムサフラ:大丈夫です。

幻朋:サヴィラジヌ星の人達は、魂の存在をみんな信じていますか?どう思っているんですか?

メラムサフラ:ここでは呼び方は違いますが魂はあります。みんな魂はあると信じています。

幻朋:霊的な教育とかあるんですか?教えてもらうんですか?

メラムサフラ:そういう事は必ず教えられるので、サヴィラジヌ星の人は当たり前に思っています。普通の事です。亡くなった後は違う場所に行くという事もみんな知っています。

幻朋:そうなんですか。地球では信じていない人がたくさんいます。メラムさんとこうして話している事も、アイツ頭おかしいんじゃないか?って感じで見られると思います(笑)

メラムサフラ:体験できない事なので仕方ないです。目に見えない世界なので。見えない事を信じるのはなかなか難しい。

幻朋:その通りですね。実際に体験してみないとなかなか信じられないです。なぜ霊感がある人もいれば、ない人もいるのでしょう?霊的なものが見えたりする人と見えない人の違いは何でしょうか?

メラムサフラ:分かりますが言えないです。……公にしないなら言えます。

幻朋:それだと他のみなさんが分からないです。私だけ知っても……できれば色々な方に知ってもらえたら良いなと思います。私の予想があるのですが…(自主規制)…というのはどうでしょうか?ちなみにこれは他の方に言っても大丈夫ですか?

メラムサフラ:考え方はまぁまぁ合っていますが違います。それは言っても良いです。

私が質問した内容は「前世で地球以外の高度な文明の惑星に生まれた事がある人」です。ちょっと正解にかすっているようですが、結局違うみたいです(笑)残念です。

 

幻朋:この広い宇宙や霊界などを作った神のような存在はいますか?

メラムサフラ:サヴィラジヌからも遠く離れた星に、そういう事を全部管轄している所があります。そこの人が神みたいなものでしょうか。魂、死後の世界、星に生まれるとか全てを管轄しています。

幻朋:宇宙が全ての始まりでしょうか?それともその星が始まりでしょうか?

メラムサフラ:この辺の太陽系よりも、もっともっと古い惑星があります…何て説明したら良いか難しいです。

幻朋:もしかして地球で言われているような神様がそこの星に住んでいたりして。

メラムサフラ:地球だとアマテラスさんは有名ですよね。

 

※信じてもらえないかもしれませんが、私はメラムさんに一度も天照大御神の話はした事がありません。まさか名前を知っているとは思いませんでした。やっぱり神様は本当に実在しているのかもしれません。だって他の惑星の宇宙人さんが、日本の神様の名前を知っているんですよ!驚きました。

 

幻朋:知っているんですか?!!

メラムサフラ:アマテラスさんは有名ですから。こちらの神はカモラ神という名前です。時空の歪みを統括しています。私達は空間移動をするので、カモラ神は重要な存在なんです。もし空間移動できなくなると私達は亡くなってしまいます。

幻朋:時空の歪みというと?私の頭ではなかなか理解できない話ですね。

メラムサフラ:いつかそこの星に生まれ変わるのが私の目標かも……。

幻朋:なるほど。何度も生まれ変わっている意味がなんとなく分かった気がします。レベルが高い星に生まれるのが目標なのかもしれませんね。というか、こんな話をして大丈夫なんですか?

メラムサフラ:大丈夫です。常に確認を取りながら話しているので。ただ、同じ太陽系の事を詳しく教えちゃダメなんです。太陽とか火星とかの事を。

幻朋:そうなんですね。勝手に教えられない規則があるんですもんね。今日も貴重なお話をしてくださってありがとうございます。

メラムサフラ:いえいえ。この後違う星に行く予定です。また今度話しましょう。

幻朋:お忙しい中ありがとうございました。またよろしくお願いします。

 


こうしてメラムさんとお別れをして、自分の体に戻ってきました。なんだか今回はすごい話ばかりで頭が追いつきませんでした。知りたい事が尽きません。

 

オカルト大好きな友達にも、何か知りたい事はないか聞いてみようと思います。それではまた次回もお楽しみに!今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

次回の記事はこちらから『地球にはどんな宇宙人が来ているのか?宇宙人の趣味は?』