【ディアトロフ峠事件】1人の人物によって計画されていた…当時の壮絶な光景

  • 2019-02-24
  • 2019-03-27
  • 地球
  • 374View
  • 14件

またもや興味深い、不思議な情報をいただきました。その名もディアトロフ峠事件。初めて聞いた事件名だったので、いつものようにネットで検索しました。

Wikiに載っていたので確認してみると、ロシアで起きた事件のようです。スノートレッキングに行った男女9人が、不可思議な事に巻き込まれ犠牲になってしまった…亡くなり方が異常で、未だに様々な説が飛び交っているとの事。
なんとも不気味な事件で、その真相が気になりました。あまり詳しく調べず、最低限の情報だけをメモして友達の所に向かいました。
そして、事件で何があったのかを説明してもらいましたので、その時の会話記録をご報告していきたいと思います。
※記事に出てくる人物や用語はこちら

ディアトロフ峠事件の検証

事件の情報発見に苦戦!

この日はメラムさんが別な惑星に出かけていたので、オルアエルさんに会議室へ連れて行ってもらいました。しばらく雑談をしながら部屋で待機していると、メラムさんが戻ってきました。
メラムサフラ:遅くなってすみません。今戻りました。
幻朋:こんにちは。今日は地球上で起きた事件について質問があって来ました。地球の歴史上ではあまり大きな出来事ではないかもしれません…ディアトロフ峠事件と言います。資料にありますでしょうか?
メラムサフラ:探してみます。
幻朋:1959年にロシアという国で起こりました。
メラムサフラ:それはどこですか?
幻朋:これが地図です。
(スマホの画面に地図を表示しました。)

ディアトロフ峠事件の検証

メラムサフラ:今の所まだ見つかりません。頑張って見てみます……。
幻朋:やっぱり歴史を揺るがすような事件ではないので探すのが大変なんですね。日常で起きたような事件ですもんね。大まかな事件の情報を説明するので、手がかりにしていただければと思います。
メラムサフラ:そうですね。聞きながら探します。
幻朋:雪という冷たい物質が降る山に、9人の学生が行きました。その後なかなか帰って来なかったので捜索が始まりました。
メラムサフラ:はい……。
幻朋:内側から引き裂かれたテント、そして9人の遺体が発見されまた。ちなみにテントは簡易的な家みたいな感じの物です。5人は低体温症で亡くなり、その他の人は頭部に大きな怪我を負っていたり、肋骨をひどく骨折していたり…舌を失っていた人もいました。更に、何人かの人の服が放射能に汚染されていたそうです!雪崩説やUFO説などが…
メラムサフラ:見つけた。
幻朋:え?ありました?!!
メラムサフラ:ちょっとこれはヒドイね…。
幻朋:きつい映像を見せてしまってすみません。その日、何が起きていたのでしょうか??

グループ内の1人が原因で事件が起きた

メラムサフラ:誰かが長い刃物を持って暴れている。グループの中の1人が原因で全員亡くなった。
幻朋:ん?!◯人事件って事ですか?ある1人がみんなを憎んでいたとか?
メラムサフラ:…その人の感情までは分からないけれど、最初からみんなを◯すつもりだった。その人が暴れ出して全員が走って逃げた。
幻朋:テントが内側から切り裂かれていたというのは?
メラムサフラ:中にいた人が刃物でやった。

低体温症で発見された人々について

幻朋:逃げ出した人達はその後どんな感じだったんですか?
メラムサフラ:外に飛び出して逃げたけれど、視界が悪く戻れなくなって亡くなった。
幻朋:そんな事が起きたら私も全力で逃げると思います。逃げないとやられますもんね。そのまま戻れなくなった状況を想像すると怖いです…。

怪我をしていた人々について

幻朋:残りの人達はどうなったんですか?だいぶ怪我をしていたようですが。
メラムサフラ:あとの数人は止めようとしたり、色々やっているうちに雪山を転げ落ちた。
幻朋:では、舌を失ったというのは一体……。
メラムサフラ:舌を刃物で切られた。その暴れていた本人も落ちていった。落ちた衝撃とかでも怪我をしている。
幻朋:なるほど。落下した時にも怪我をしているんですね。それにしても、その犯人は何でそんな事をしたのでしょう?舌を切り取るなんて普通じゃない…。
《※2月25日追記》
Twitterで読者様より、犯人が誰なのかを教えてほしいというコメントをいただきました。
確かに私も知りたいです(笑)よく考えると、一番大事な部分を聞いていませんでした。大変申し訳ございませんでした。
顔写真付き名簿の情報も送っていただきましたので、さっそく確認しに行ってきました!
幻朋:こんにちは。またあの事件についての質問があって来ました。犯人が誰なのか教えていただけますか?特定するのはマズイですかね?
メラムサフラ:あ、そう言えば犯人が誰なのか言っていませんでしたね。
幻朋:メラムさーん(笑)そこ一番知りたい所でしたよ。私は事件の内容を聞くのに夢中で、すっかり抜けていました。
メラムサフラ:あなたも分かっているものと思って説明していました。私しか映像を見ていませんでしたね。すみません。
幻朋:いえ、私が確認しなかったのが悪いです。名前が書いてある情報をいただいたので、それを活用したいと思います。9人だとちょっと多いですよね(笑)男の人か女の人かで絞りますか…まだ私もちゃんと名簿を見ていなくて。少々お待ちください、今情報を出しますので……。
メラムサフラ:女の人です。
幻朋:女の人?!誰だろう?
メラムサフラ:ドゥビナって人。この人が暴れた。
(※この時はまだメラムさんに名簿を見せていませんでした。)
幻朋:ドゥビナ?ちょっと探してみますね。というか名前が長すぎる!(笑)ドゥビナはどこだ………この人かな?リュドミラ・アレクサンドロヴナ・ドゥビニナ。ドゥビニナさんの事ですか?
メラムサフラ:そうです。
幻朋:あの後、事件について調べていたんですが、確かこの人って舌がなくなっていた人だったような気がするのですが。更に眼球もなかったとか…。
メラムサフラ:その人が舌を刃物で切られたんですよ。
幻朋:ん???ドゥビニナさんが犯人なら自分が刃物を持っているはずなんじゃ??混乱してきました(笑)あまり良くないシーンですが、詳しく確認してもいいですか?ドゥビニナさんが刃物を持って暴れ出して、みんな慌ててテントの外に出た。5人は遠くまで走って逃げたけど、戻れなくなって亡くなった。
メラムサフラ:他の3人は女の人に追いかけられて、視界が悪くてその先に崖があると分からずにそのまま走って行って落ちた。そして他の男の人ともみ合いになって、押さえ付けられて逆に自分に刺さってしまった。
幻朋:なるほどそういう事ですか。てっきり犯人が刃物で襲って舌を切ったのかと思っていました。私の勘違いでした。ただ、ちょっと気になるのが落ちてからもみ合いになったんですか?怪我をしていたら動けなさそうな気もするのですが。
メラムサフラ:落ちた時に怪我をしている。でも、負傷しながらも襲いかかって来ている。
幻朋:怖すぎ…その執念は一体何なんだろう。よっぽどじゃないですか。女の人は眼球もなかったみたいですが、それはなぜですか?
メラムサフラ:顎の下からナイフが貫通して舌が落ちて、そのまま目まで行っている。その傷が原因かな。
幻朋:うぅぅ…鳥肌立つ。今情報を見ていたんですが、もう1人眼球がない人がいたみたいです。これは何が原因ですか?
メラムサフラ:見てみます…………この男の人は、亡くなった後に目がなくなった感じ。自然と腐った。見つかるまで時間がかかっている。
幻朋:発見までに時間がかかっているんですね。どのくらいかかったのかまだちゃんと見ていないので分からないですが。はぁ…何だかすごい話ですね(汗)
オルアエル:もうやめたら?
幻朋:確かにちょっと気分が悪くなる出来事ですからね(笑)でも、この辺はちゃんとハッキリしておかないと地球のみなさんに伝わりませんので。
オルアエル:その映像を見せちゃえばいいのに。自分で見れば分かるでしょ。
メラムサフラ:見せませんよ。あまりにもひどい映像なので。
幻朋:確かに自分で見れば説明しやすいですよね。しかし、私こういうグロいのダメなんですよ…さっきの話を聞いてちょっと具合悪いです(笑)
オルアエル:だからもう終わりにしよう。
幻朋:はい。メラムさん、何度も確認させてしまって申し訳ありませんでした。
メラムサフラ:大丈夫ですよ。
《追記ここまで》

なぜ放射能に汚染されていたのか?

幻朋:もう1つ謎があります。服が放射能に汚染されていたというのは何が原因ですか?
メラムサフラ:これがちょっと難しい………山から何か出ているような…。放射能までは見えないけれど、山の一部が溶けて出している感じがする。すみません、詳しく見えてこないです。
幻朋:山から溶け出した物が服に付着した説ですね。なぜ山が溶けているんだろう?この事についてはハッキリしませんね。

当時の映像から更に読み解く!

メラムサフラ:……何か空を飛んでいる物がある…。
幻朋:いきなりどうしました?!その事件があった時に、何か飛んでいるのが見えるんですか?
メラムサフラ:この事件に関する情報があまりないから、自分で当時の映像を見ている所です。そう…多分この人達を探しに来ているようです。これはヘリコプターと言うのかな?
幻朋:あ〜、それは救助隊ですかね?
メラムサフラ:視界不良で全然見えない…。それも自分で何とか頑張って見ています。こんな感じ。
(私の頭の中に一部の映像が送られてきました。)

当時の映像から更に読み解く!

幻朋:ひどい吹雪ですね。こんなの何も見えませんよ(笑)これを何とかして見ているって謎の技術ですね。
オルアエル:うわっ!気持ち悪い……何これ。
幻朋:もしや例のシーンですか?
オルアエル:どんな物かと思って見てたの。ひどい。見るんじゃなかった。
メラムサフラ:あなたにはひどい場面を見せないようにしていますから安心してください。
幻朋:ありがとうございます。本物の映像は見たくないです。メラムさんは色々な場面を見る事ができるんですよね?犯行に使った刃物はどうなっていますか?それって証拠にならないのかな?
メラムサフラ:…………刃物は回収されていますね。救助隊の人かな?持っていった人がいる…。◯人に使ったと思っていないのかも。
幻朋:そうなんですか。ちゃんと調べれば解明できそうな気もしますが。ちなみにその映像を見ていて、ロシア語って分かるんですか?(笑)
メラムサフラ:分かる。地球の言葉は把握していますので。
幻朋:全知全能すぎますよそれ(笑)

私達が出した結論

幻朋:ディアトロフ峠事件は、雪崩でもUFOでもなく、人が起こした事件だったという事ですね?
メラムサフラ:UFOは飛んできていない。グループのみんなを◯しに行ったけれど、視界が見えなくなって逃げられたという感じです。
幻朋:更に自分も滑落してしまったという…。さっき映像を見せてもらいましたが、吹雪で何も見えませんでした。あれだとさすがに遭難しますね。しかも逃げ切らないとやられてしまうという最悪な状況。
メラムサフラ:そうですね。
幻朋:ところで、この話って他の地球人の方にも話して大丈夫ですか?ヤバイやつではないですか?
メラムサフラ:問題ないと思います。マズイのがあったら止めますので大丈夫です。
幻朋:よかった(笑)できれば今後も、色々な情報を発信していければいいなと思うので。
メラムサフラ:できる限り協力します。今回もあまり詳しい情報を伝えられなくてすみません。役に立っているでしょうか?
幻朋:そんな事ないです!過去の映像にも頑張ってアクセスしてくださってありがとうございました。計画的犯行説というのが分かったので助かりました。
オルアエル:地球人は何であんな事できるんだか不思議。
幻朋:あまり良くないシーンを見せてしまって申し訳ないです。では、今日はそろそろ戻りますね。
メラムサフラ:また来てください。
オルアエル:またね。
以上でディアトロフ峠事件に関する会話はおしまいです。グループ内にいる人が襲ったという話でしたが、そっちのパターンか!と驚きました。個人的に期待していたUFOではなかったです(笑)
今回のメラムさんの説もとても興味深いなと思いました。確かにテントの中で突然刃物を取り出して暴れる人がいたら、靴も履かずに逃げるかもしれない…などと、想像が広がりました。
いつの日か事件が解明される日が来るのでしょうか?もしも、メラムさんが話していた事と同じような結果が判明したらビックリですね。