十字架の丘とポッパ山で出会った謎の神、須佐之男命に聞いた大物主神の話【世界の聖地巡り 8】

久しぶりに聖地巡りのご報告です!コツコツと聖地を巡って記録を集めておりました。皆様からいただいた世界各地の聖地の情報を元に訪問してきました。
今回は、いつもお世話になっている神様や、聞いた事がないお名前の神様が登場します。聖地の場所や建物の画像を検索してご覧いただけると幸いです。更にイメージが膨らんでお楽しみいただけると思います!

宮崎県 鵜戸神宮(うどじんぐう)

現地に着くとホワーっとしたパワーを感じました。このエリア自体がとても不思議な感じがします。この時は意識体などの気配はありませんでしたが、参拝をしようと思い拝殿を探しました。
崖みたいな所にお宮があったので、そこでご挨拶をしました。訪問させていただいた旨や感謝を伝えて鵜戸神宮を離れました。

宮崎県 みそぎ池

宮崎県の阿波岐原森林公園内にあるみそぎ池という場所に向かいました。神話でイザナギ様が禊をした池だそうです。
池に来てみましたが気配などは感じませんでした。池の周辺に気配がないか飛んでみましたが、どなたもいらっしゃらないようでした。

愛知県 真清田神社

真清田神社の場所を地図で見ると、街中にあるようでした。建物がとてもたくさんあって、目印にできるものがないので見つけるまでに時間がかかりました。
神社に到着しましたが気配は感じられませんでした。奥に進んでいってご本殿の前まで来ました。この日はどなたもいらっしゃらないようでしたので、参拝だけをしてその場を離れました。

愛知県 大神神社

愛知県にある大神神社という所へ向かいました。神社の付近に来ると、重い感覚がしてきました。もしかしてどなたかいらっしゃるのかもしれません。
パワーを感じる方向を頼りに神社に到着しました。するとお宮の外に光が見えました。どなただろうと思いドキドキしながら近づくと、頭の中に文字が入ってきました。
スサノオ様の光
???:あうよくみらとか?
幻朋:失礼します。私の名前をご存知という事は、一度お会いしている方でしょうか。
???:なんどもあっている。
幻朋:そうでしたか!光は見えているのですが、お姿が分からなくて…申し訳ありません。
???:それはわかっている。すさのおだ。
幻朋:スサノオ様でしたか!大変失礼しました。お久しぶりです!
須佐之男命:ひさしぶりだ。
幻朋:お会いしたかったです!
須佐之男命:きょてんのめんばーもすっかりちきゅうになれている。
幻朋:いつもお世話になっております。拠点の皆さんが慣れてきて私も嬉しいです。
須佐之男命:こんなところであうとおもわなかった。
幻朋:私もびっくりしました!実は日本の神社や世界の聖地を巡る活動をしておりまして、今回こちらの神社に訪問させていただきました。
須佐之男命:きいている。
幻朋:アマテラス様が話してくださったんですね!ありがとうございます。先日、真清田神社さんにも行ったのですが、もしかしてここの近くでしょうか?何となく同じような景色を見たような気がしまして。
須佐之男命:ちかくにある。たまにそちらにもいっている。いまはたまたまこちらにきている。
幻朋:そうなんですね!常にどなたかいらっしゃる訳ではないんですね。
須佐之男命:いない。
幻朋:確か奈良にもオオモノヌシ様を祀っている大神神社がありますよね。 
須佐之男命:そのようになっている。
幻朋:こちらの神社には色々な神様が見回りに来てくださっているんですね。
須佐之男命:わたしはよくくる。
幻朋:スサノオ様がよくいらっしゃる神社なんてすごいですね!あの…大神神社の事でご質問があるのですが、スサノオ様にお聞きしてもよろしいでしょうか?
須佐之男命:いいだろう。
幻朋:ありがとうございます!オオモノヌシ様はオオクニヌシ様の別のお名前で、同一の神様だとメラムサフラから聞いたのですが、合っていますでしょうか?
須佐之男命:おなじだ。このへんではおおものぬしとよばれている。
幻朋:そうだったんですね!以前アマテラス様が、「オオモノヌシはあまり来ない」というような説明をしてくださった事があって、オオクニヌシ様とは別な神様なのかなとも思っていたんです。アマテラス様は、それらの事を把握していらっしゃるので、オオモノヌシという呼び方をしていたんですね。
須佐之男命:きっとそうだろう。
幻朋:オオクニヌシ様も、時々ここの神社にいらっしゃいますか?
須佐之男命:くることもある。
幻朋:こうしてスサノオ様も時々回ってくださるなんてありがたい事です。
須佐之男命:わたしはあまりすがたをみせない。
幻朋:今日はたまたまお会いできたんですね。お会いできるのはレアですね!
須佐之男命:わたしはすがたをかくしている。
幻朋:確かに、聖地巡りでスサノオ様とはまだお会いした事がありませんでした。普段は姿を隠して活動していらっしゃるんですね。この後もどちらかに行かれますか?
須佐之男命:いろいろなところにいく。
幻朋:見回りをしてくださってありがとうございます。スサノオ様は、外国の教会や寺院などにもいらっしゃいますか?
須佐之男命:なんかしょか。あまてらすほどではない。
幻朋:世界各地を巡りながら勉強をしていますので、もし外国でお会いした際はよろしくお願いいたします!
須佐之男命:さがしてみなさい。
幻朋:はい。今日は色々と教えてくださって本当にありがとうございました!
須佐之男命:かまわない。
幻朋:それでは次の場所へ向かいます。失礼いたします。
須佐之男命:またあおう。
スサノオ様はお優しい方でもありますが、厳格な雰囲気を感じるので、お話をする際はいつも緊張します。表にはあまり姿を現さず、密かに地球を守ってくださっているなんてありがたいなと思いました。

栃木県 足利織姫神社

休憩中にGoogle mapの航空写真を見て遊ぼうかなと思い、日本全体を表示させて適当に地図をタップしました。すると、神社の写真が表示されたのでびっくりしました。
どこの神社か見てみると、栃木県にある足利織姫神社と書いてありました。たまたま開いたとはいえ、ピンポイントで神社が出てきたのは驚きでした。何か運命的なものを感じたので、リクエストにはないですが個人的に行ってみました(笑)
この神社には、天御鉾命(あめのみほこのみこと)と天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)という神様が祀られているようです。神社があるエリアを探すのが少し難しかったですが、付近まで来ると吸い込まれるような感覚で神社に到着しました。
体がピリピリし始めていました。パワーを感じます。神社の敷地内に入り、奥に進んでいくと、とても強いパワーを感じて頭が痛くなりました。お社の前でご挨拶をしました。
幻朋:(いつものように、活動内容や訪問した経緯などを話しました。)
???:ようこそ。
幻朋:初めまして!突然の訪問で申し訳ありません。足利織姫神社さんについて少し情報を見させていただいたのですが、アマテラス様の衣を織る神様として、アメノミホコ様とアメノヤチチヒメ様が祀られているんですね。
???:そのとおりだ。
幻朋:今お答えいただいているのはどちら様でしょうか?もしよろしければ、お名前を教えていただければありがたいです。
???:あめのみほこというなまえだ。
幻朋:御祭神の通り、アメノミホコ様がこちらにいらっしゃるんですね!やはりアマテラス様とご関係がある神様でしょうか?
天御鉾命:つながりはある。
幻朋:そうなんですね。とても強いパワーを感じるのですが、もしかして意識体ではなく御本体でしょうか?
天御鉾命:いしきたいではない。
幻朋:やはりそうでしたか!御本体でこちらにいらっしゃるんですね。
天御鉾命:ふきんのじんじゃはわたしがみている。
幻朋:アメノミホコ様が見て回っている事を地元の方が知ったら、きっとお喜びになると思います!
天御鉾命:ふしぎなちからをもっているな。
幻朋:私は前世で地球とは別の星で生きていたそうで、その頃の名残で意識体で移動できます。そして、アマテラス様のご許可の元でこのような活動をさせていただいております。せっかく意識体で活動できるなら、これを活かして世界各地の聖地や神様の事を学んで、皆様にもお伝えして喜んでいただきたいなと思っています。
天御鉾命:すばらしいかつどうをしている。
幻朋:そのように言っていただけて光栄です。自分自身も日本人としてもっと日本の事を学びたいです。日本神話に出てくる神様が実在していて、こうして日本各地を守ってくださっている事などをたくさんの方に知っていただいて、もっと神社や神様を大事にしていただけたらなと思っています。アメノミホコ様も色々と教えていただきまして、今日はありがとうございました!
天御鉾命:わたしはよくここにいるからまたきなさい。
幻朋:大変ありがたいです!このエリアの神社について学ぶ機会などがありましたら、その際はよろしくお願いいたします。皆様にアメノミホコ様がこちらの神社にいらっしゃる事をお伝えしたいと思います!
天御鉾命:いいだろう。
幻朋:突然来たのにも関わらず、ご親切にお答えいただきまして誠にありがとうございました。
天御鉾命:いい。
幻朋:それでは失礼いたします。

アメリカ オレゴン州 アルボード砂漠

アルボード砂漠で不思議な体験をしたと読者様から情報いただいたので、次はここに向かいました。
オレゴン州に来てみると、少し薄暗い時間帯でした。アルボード砂漠に到着したので周辺を移動してみました。近くにある湖など、エリアをあちこち回ってみましたが、何かを感じたり見つけたりする事はできませんでした。

リトアニア 十字架の丘

次はリトアニアという国にある十字架の丘に向かいました。ここには5万本以上(2007年時点)の十字架があるそうです。
地図で場所を確認しつつ意識体で探しました。すると、たくさんの十字架がある場所を見つけました。近づいていくと何だか頭が重くなりました。
十字架の数に圧倒されました。周辺を移動して見学していると、丘から離れた場所に建物があったのでそこへ行ってみました。地図には修道院と書いてあります。どなたかの気配を感じるので、中に入ってみました。いつものように、ご挨拶とここに来た理由を話しているとお返事がきました。
???:よくきた。
幻朋:初めまして。十字架の丘を守っていらっしゃる神様でしょうか?
???:わたしがみている。
幻朋:そうなんですね。ありがとうございます。十字架の丘について少しお聞きしたいのですが…たくさんの十字架があって驚きました!どなたでも購入した十字架を置いてこられるそうですが、ここはお墓なのでしょうか?お祈りのためなどの他に、どういった意味合いの場所となっていますか?
???:すてられないじゅうじかがここにくる。
幻朋:大事にしていた十字架を捧げに来る人もいるんですね!確かに十字架は捨てられないですね…日本にも人形など捨てられないものを供養する寺院がありますが、少しだけ近いものを感じます。いつもこちらにいらっしゃいますか?
???:ここがおおい。
幻朋:そうなんですね。いつも見守ってくださってありがとうございます。もしよろしければ、何というお名前の神様か教えていただけますでしょうか?
???:めぬ。
幻朋:メヌ…(「め」と「ぬ」はひらがなだと似ているので、間違いはないか頭の中で何度も確認しました。)メヌ様と言うんですね!初めて聞いたお名前ですが、リトアニア方面の神話の神様でしょうか。後でメヌ様がどんなお方なのか拝見したいと思います。
(十字架の丘について少しでもお話を伺えたので、あまり長居をせずにお礼を伝えて帰る事にしました。)
幻朋:メヌ様、こうして教えていただけてありがたいです。私は、世界中の聖地や神様の事を勉強して、地球人の方に伝える活動をしているので、メヌ様にお話を聞けて大変助かりました。
メヌ:とてもいい。
幻朋:メヌ様が十字架の丘やその周辺を守ってくださっているという事を、少しでも多くの方に知っていただきたいと思います。突然の訪問にも関わらずご親切にありがとうございました!失礼いたします。
リトアニアから離れた後、ネットでメヌという神様がいるかどうか検索してみましたが、見つける事ができませんでした。アメリカのチャルチトリクエ様のように、発音や呼び方が違うのかもしれません。

インド マッリカルジュナ寺院

インドのアーンドラ・プラデーシュ州にある、マッリカルジュナ寺院に行きました。現地に着くと、黄色っぽい感じの色で少し高いタワーのような建物がありました。訪れた際は残念ながらどなたの気配もありませんでした。

インド マハーカーレーシュワル寺院

次はマディヤ・プラデーシュ州のマハーカーレーシュワル寺院に向かいました。到着すると、ピラミッドのような形の建物を見つけました。ここでも気配は感じられませんでした。

インド シュリー・オームカル・マンダタ寺院

インド内でもう1つ寺院へ行ってみました。マディヤ・プラデーシュ州にある、シュリー・オームカル・マンダタ寺院です。
付近の川にカラフルな船がたくさんありました。目的地に到着すると、神殿の柱のようなものがたくさん連なっているように見える場所を見つけました。インドの寺院はデザインが独特で綺麗です。こちらでも気配などは感じませんでした。最後に挨拶をしてインドを去りました。

ミャンマー ポッパ山

ミャンマーのポッパ山という所に行きました。山の上に盛り上がっている所があって、そこに寺院が建っていました。すごい所に建てているなぁと思いながら寺院の近くに来てみると、少し強めのパワーを感じました。
どこでご挨拶をしようかと思い、一応建物の中に入れるか試してみましたが、入れませんでした。その場でいつものようにご挨拶と訪問した理由を話しました。すると、しばらくしてから頭の中に文字が入ってきした。
???:ぱゔぁてぃー。
幻朋:パヴァティー…このお言葉は……もしかすると、パヴァティー様というお名前の神様でしょうか?
パヴァティー:そうです。
幻朋:パヴァティー様は、いつもポッパ山にいて見守ってくださっているのでしょうか?
パヴァティー:これよりひろい。
幻朋:ここだけではなくミャンマーの色々な所を回っていらっしゃるんですね。たまたまここでお会いできて光栄です。お答えいただきありがとうございました。パヴァティー様が見守ってくださっている事を、地球人の皆様にお伝えさせていただきたいと思います。いつもお見守りしてくださりありがとうございます。
(私が話し終えると、パヴァティー様の気配が消えて一気に体が軽くなりました。次の場所へ移動したようでした。)
幻朋:パヴァティー様、お答えいただきありがとうございました。失礼します。
近くにはもうどなたもいませんでしたが、手を合わせて感謝を伝えてからミャンマーを離れました。後でパヴァティー様の事を検索してみましたが分かりませんでした。『パヴァティー 神』というワードで検索すると、パールヴァティーという名前が出てきます。何かお分かりになる方がいましたら、ぜひ教えていただければ幸いです!

オーストラリア カタ・ジュタ

初のオーストラリアへ向かいました。カタ・ジュタという岩の山です。ここはアボリジニの聖地とされているそうです。
オーストラリアはとても広く、目印になるものがなくて探しづらいです。近くにあるアマデウス湖を目印に探しました。まずはマッカイ湖という所に到着し、次にアマデウス湖に向かってそこからカタ・ジュタを目指しました。
カタ・ジュタのエリアに到着しましたが、気配などは感じませんでした。念のため、周辺一帯を飛び回ってみましたが、気配は感じませんでした。やはり聖地巡りをしていると、どなたもいらっしゃらない事が多々あります。

今回のご報告は以上となります。いつも聖地巡りをする時は緊張します。初めてお話しする方の場合はもちろんですが、やはりお相手は神様なのでこちらが何を考えているかなどはお見通しだと思うので、話す時にとても緊張します。まだまだ未熟ですが、しっかりとした心持ちでいたいと思っています。
そして、また詳細が分からない神様が登場しました。メヌ様とパヴァティー様はどんな神様なのか、皆様と一緒に情報を探していければと思います!何かご存知の方がいらっしゃれば、お気軽にコメントをいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。