島後で出会った日本神話の神、ギリシャとインドの神も登場【世界の聖地巡り 7】

島後で出会った日本神話の神、ギリシャとインドの神も登場【世界の聖地巡り 7】

前回の聖地巡りはこちらです。『イエローストーンを守る存在、カトマンズで出会った神【世界の聖地巡り 6】

密かに大人気の聖地巡りシリーズです!日本や他国の神様に興味がある方がたくさんいらっしゃいますね。私も皆様と同じく、色々と知りたいなと思っています。

今回は、皆様からの情報を元に9箇所の聖地を訪問してきました。そのうちの3箇所で神様と出会いましたので、その時の様子をご報告いたします。
MAP

MAP

島根県 島後島

まずは国内のリクエスト地から訪問しました。島根県に島後(どうご)という島があるそうなので、最初にそこへ向かいました。島なので探しやすく、すぐに見つけました。

島に到着してから、どこかに神聖なパワーを感じる所がないか飛び回ってみました。すると、気配を感じる所を発見しました。自分がいる場所を地図で確認すると、島後の中心部からちょっと左辺りにある、壇鏡の滝という所の上空に来ていました。

下に降りていくと、滝ではなく神社がありました。地図を拡大してみると、壇鏡神社と書いてありました。どんな神社か調べてみると、セオリツヒメ様が祀られているようでした。

そこにいらっしゃるのがセオリツヒメ様なら、一度お話しさせていただいた事があるので、そこまで緊張はしないかもしれないなと思っていました。私はさっそく神社の前でご挨拶をしました。

幻朋:(いつものように、自己紹介やアマテラス様との繋がり、活動内容について話しました。長いのでカットしました。)…神社の歴史やそこにいらっしゃる神様の事を学び、それを皆様にお伝えして、少しでも興味を持っていただきたいなと思っております。

???:それはすばらしい。

幻朋:ありがとうございます。大変光栄です。

???:あまてらすのしりあいか。めずらしいところにきた。

(もしかしてセオリツヒメ様かなと思っていましたが、初めてお会いした神様なようで一気に緊張しました。)

幻朋:地球人の方に島後の事を教えていただきまして、意識体で初めて訪問いたしました。

???:わたしはたまにここにきている。わたしはしなつひこという。あまてらすにきいてみるといい。

幻朋:シナツヒコ様というお名前なんですね。後でお伺いしたいと思います!シナツヒコ様は壇鏡神社にいつもいらっしゃるのでしょうか?

志那都比古神:ふだんはいない。つねにはいない。

幻朋:この島後周辺のエリアを回っていらっしゃるのでしょうか?

志那都比古神:にほんだけではない。

幻朋:地球のあちこちを見てくださっているんですね!壇鏡神社の御祭神はセオリツヒメ様と書いてあったので、もしかしたら久しぶりにお会いできるかもしれないと思っていました。

志那都比古神:いろいろなかみをしっているな。

幻朋:アマテラス様のご紹介で、以前少しだけお話しさせていただいた事があります。

志那都比古神:せおりつひめもたまにここにくる。

幻朋:そうなんですね!こうしてシナツヒコ様も来て見守ってくださってありがたいです。普段、壇鏡神社を参拝している方にこの事を知っていただけたらなと思います。突然訪問したのにも関わらず、ご親切に教えていただき、ありがとうございました!

志那都比古神:あまてらすのしりあいならいいだろう。

幻朋:また何かのご縁がありましたら、その際はよろしくお願いいたします。そろそろ失礼いたします。

志那都比古神:わたしもしつれいする。

幻朋:はい。各地の見回りをありがとうございます!

(シナツヒコ様にお礼を伝えた後、私も島後島から離れました。)

宮崎県 宮崎神宮

次は宮崎神宮に向かいました。こちらには神武天皇がお祀りされているそうです。地図で位置を確認しつつ宮崎神宮を探しました。しばらくすると無事にたどり着く事ができましたが、気配は何も感じませんでした。その神社から出ているパワーのようなものは感じました。囲いのような所をすり抜けてお宮の奥の方まで行き、そこへ向かってご挨拶と感謝を伝えてから次の場所へ出発しました。

トルコ スルタンアフメト・モスク

読者様に教えていただいたリストを確認すると、トルコにあるブルーモスクと書いてありました。地図でブルーモスクと検索すると、スルタンアフメト・モスクと出てきました。

場所を確認してさっそくトルコへ向かいました。こちらは明るい時間帯でした。海から徐々に細くなっている湾を目印にして、そこから上陸して探しました。

この時から既に気配を感じていました。そして、写真と同じ場所を発見しました。建物が超巨大で驚きました。一箇所にたくさん建物が建っています。

周りをぐるりと見てから、中も見学してみたかったので、入り口らしき場所を探しましたがよく分かりませんでした。そのまま壁を貫通して中に入れるか試してみると、スーッと入っていけました。

建物の中を見て、思わず「すごい!」と言ってしまいました。規制のせいなのかあまりはっきりとは見えないのですが、建物の内部に色々な模様が描かれている感じでとてもカラフルでした。もっと見てみたかったですが、まずは先にご挨拶をしました。

言葉を伝え始めると、とんでもなく強力なパワーを感じ、巨大な光が目の前に現れました。言葉が頭の中に入ってきた瞬間、まるで衝撃波のようで思わず険しい表情になりました。

???:わたしがみえるか。

幻朋:どんなお姿かは分からないですが、私には光が見えます。いつも神々の姿は光として見えています。

???:かわっているな。

幻朋:ブルーモスクが有名な聖地だと聞き、活動の一環でお邪魔させていただきました。

???:あまてらすのゆうじんであればなにももんだいない。しんにゅうしゃかとおもってみにきた。

幻朋:そうだったのですね。失礼いたしました。中に入れたので、建物の中を見ておりました。カラフルでとても綺麗です!

???:ここもせかいいさんのいちぶ。

幻朋:世界遺産なんですね!通りで…こんなに素晴らしい建築物ですもんね。今こうしてお話ししてくださっている方は、ギリシャ神話の神様でいらっしゃいますでしょうか?

???:そうなる。くろのす。ぎりしゃしんわはしらないだろう。

幻朋:クロノス様というお名前なんですね。以前、ウラノス様やイリス様、ディオネ様とお会いした事があるので、ギリシャ神話の神様は少し分かります!

???:あっているな。

幻朋:普段はこのエリアをご担当しているのでしょうか?

クロノス:このあたりのたてものはわたしがみている。

幻朋:そうなんですね!ありがとうございます。それにしても……クロノス様のパワーはとてもお強いですね。

クロノス:すまない。とんできてしまって。

幻朋:いえ、そんな事ないです!

クロノス:つらいようならもどりなさい。

幻朋:もう少し建物を拝見したかったですが、体が限界なので戻ります。こうしてお話ししていただきまして、誠にありがとうございました!ブルーモスクを訪問できて良かったです。それでは、失礼いたします。

(クロノス様のパワーは、最近伊勢神宮に本体でお越しになったトヨウケ様よりも強かったです。アマテラス様とはまた違った感覚の強さでした。とてもすごい神様なのかもしれません。)

スコットランド アイオナ島

スコットランドのアイオナ島という所に向かいました。イギリスは明るい時間帯ですし、国の形が分かりやすくて探しやすかったです。

アイオナ島に到着しましたが、まだ何も感じませんでした。あちこちを飛び回ってみましたが、気になる場所はなかったので次の目的地へ向かう事にしました。

インドの河川や湖

インドの河川や湖の情報をいただいておりましたので、それぞれ巡ってきました。

ガンジス川

インドは少し暗い時間帯です。ガンジス川を発見したので、川に沿ってずっと飛んでみました。大きいですし結構な距離がありました。残念ながらこの日のガンジス川からは何も感じませんでした。

プシュカル湖

次はプシュカルの湖です。近くにある大きめの湖を目印にしてたどり着きました。しかし、気配などはありませんでした。プシュカル湖周辺を飛び回ってみましたが、ここも何も感じませんでした。

ナルマダ川

ナルマダ川も同じように川沿いをたどって飛んでみましたが、残念ながら気配はありませんでした。

インド グジャラート州 ソームナート寺院

インドに来ているので、ソームナート寺院という所に行ってみました。Google mapで検索すると、ソームナート寺院は出てきませんでしたが、ソムナス寺院という所ならありました。グジャラート州なので、おそらく同じ場所だろうと思い向かいました。

ソムナス寺院は行きやすい場所だったのですぐに着きました。到着する前から既にパワーを感じていました。建物はすごく大きくて、外壁は何となく赤っぽく見えました。

やはり建物から気配を感じます。建物に近づいてみましたが中には入れませんでした。建物の中でも1番高い位置から気配を感じるので、そこに行ってご挨拶をしてみました。

幻朋:(いつものご挨拶をしました。)こちらからパワーを感じるのですが、どなたかいらっしゃいますでしょうか?

???:…………あまてらす。

幻朋:はい。地球の歴史などを学ぶ活動をしておりまして、アマテラス様にお世話になっています。

(他の国の神様とは違って、言葉が入ってくるまでに時間がかかります。)

???:…あまてらすによろしく。

幻朋:後でお会いした時にお伝えいたします!今お答えいただいているのはインドの神様でしょうか?

(やはりお言葉が入ってこないので、あまり長居をせずに感謝を伝えて帰る事にしました。)

幻朋:ソムナス寺院がどんな建物なのかなと気になりまして、訪問させていただきました。とても立派な建築物でした!本日はありがとうございました。それでは失礼いたします。

(手を合わせてお礼を言い、その場から飛び立とうとした瞬間に頭の中に文字が入ってきたので急ブレーキをかけました。)

???:びしゅぬ。

幻朋:ビ、シュ、ヌ…ビシュヌ様というお名前でしょうか。お答えいただきありがとうございます!あらためまして失礼いたします。

こうしてインドから離脱しました。やはり今までのパターンを思い出すと、なぜかインドや中国方面の神様とは、なかなか上手く会話ができません。言葉が入ってくるまでにとても時間がかかりますし、会話が途切れ途切れです。この事についてはアマテラス様に聞いてみようと思います。

韓国 済州島(チェジュ)

最後に韓国の済州島という所に行きました。島に来てみましたが何も感じません。済州島の聖地を検索してみると三姓穴という場所を見つけたので行ってみました。しかし、そこにも気配などは感じませんでした。島周辺を飛び回ってみましたが感じ取れなかったので、そのまま日本に帰りました。

 


今回の聖地巡りの記録は以上となります。個人的にこの活動は、何気に大事な気がしています。ウラノス様やオオクニヌシ様など、聖地巡りをきっかけに出会った神様と繋がりができて、その後に展開があります。

なので、今後も世界の自然や歴史的建造物などを学びつつ、地球を守っている神様はどんな方がいらっしゃるのか、アマテラス様の意識体はどこにいらっしゃるのかをどんどん知っていきたいと思います!