安倍晴明は史上最強クラスの能力者だった!長寿の秘密、出身地など40歳以前の情報について【最強の陰陽師 前編】

安倍晴明のリクエストをいただいておりましたので、今回は彼について話を聞いてきました。
晴明と言えば陰陽師。しかし陰陽師とはどんな事をしていたのでしょうか?また、読者様から質問をいくつかいただいており、それによると晴明に関する情報があまりないようです。なんと、生前から40年間の記録が不明だそうです。これは難易度が高そうです(笑)
いつものように、宇宙人さんが特別に所持している地球の資料には、どのような事が書いてあるのかを色々と教えてもらいましたので、さっそくご報告していきたいと思います!
記事に出てくる人物や用語はこちら

安倍晴明の出生に関する謎

父と母の名前は?

メラムサフラ:こんにちは。オルアエルは他の星に行っていますが呼びますか?
幻朋:今日も日本についての話なので、オルアエルさんにはつまらないかもしれません(笑)
メラムサフラ:…………オルアエルも来たいそうなので、代わりの人を行かせました。
幻朋:代わりの人いつもすみません(笑)
オルアエル:参加したい。誰の質問でもいいよ〜。
幻朋:こんにちは。誰でも大丈夫です?(笑)ではさっそく質問していきたいと思います。安倍晴明という人の名前はありますでしょうか?
メラムサフラ:……ありました。アベノセイメイ。
幻朋:ちなみにそれが本名なのでしょうか?
メラムサフラ:資料にはアベノセイメイとしか書いてありません。
幻朋:そうなんですね。それでは、まず最初に晴明の両親の名前を教えていただきたいのですが、情報はありますか?
メラムサフラ:家系図がないんです。この人のは情報がありません。
幻朋:え、どうしてでしょう?明智光秀のはありましたよね。なんとかメラムさんの力で分からないでしょうか?お父さんの名前
メラムサフラ:やってみます………
(しばらくして私の頭の中に「益明」という漢字が浮かび上がりました。)
幻朋:これは何て読むんでしょう?エキ?マス?明という字は晴明に受け継いだのかな。
メラムサフラ:個人的に頑張ってお父さんの情報を見たら、漢字だけ読み取れました。読み方までは分かりませんでした。
幻朋:無茶させてすみません。お母さんの情報も出てこない感じですか?なんと、お母さんは葛の葉という名前の狐らしいです。
オルアエル:そんな事ないでしょ。
メラムサフラ:狐でないです。名前とかの情報が全く見つかりません。でも人間です。
幻朋:お母さんに関しては謎ですね狐じゃない事は分かりました(笑)

晴明の出身地

幻朋:晴明の出身地はどこでしょうか?もしよろしければ、いつものように日本地図のイメージを送っていただきたいです。
メラムサフラ:送りますね。
(すると、京都の地図と印のイメージが頭に浮かびました。)
晴明の出身地
幻朋:これは……京都と大阪の境い目あたりかな?ギリギリ京都でしょうか地図をメモしておきます。

安倍晴明の人物像

晴明の人柄とは?

幻朋:晴明はどういう人だったのでしょうか?
メラムサフラ:普通とはちょっと違う独特な人。人と考え方が違っていて、誰も晴明についていけず友達がいなかった。
オルアエル:悲しいね。
幻朋:風変わりというか、やっぱりそういう天才的な人には一般人は合わなかったのかもしれませんね。

晴明は霊能力を持っていた

メラムサフラ:あと、この人は霊能力がある。
幻朋:すごい!本当に霊感があったんですね!
メラムサフラ:霊感というより霊能力。霊を祓ったり、色々な力がある。
幻朋:私のは霊感で霊が見えるだけですが、それとは全く別な次元ですね(笑)
メラムサフラ:地球の中でもトップクラス。とても強い力を持っていた。

晴明が長寿な訳とは?

メラムサフラ:晴明の事を調べていたら、40歳くらいから情報が出始めている。でも1000年前にしては40歳は長生きで、当時それくらい生きるのは珍しい。
幻朋:そうなんですか?40歳でも長生きしている方なんですね。何歳まで生きていたんですか?
メラムサフラ:85歳まで生きているようです。
オルアエル:私にはそんなの分からない。メラムさんすごいね。
メラムサフラ:私は載っている情報を見て答えているだけです。
幻朋:85歳って長生きしすぎていてヤバくないですか(笑)なぜそんなに長生きできたんですか?
メラムサフラ:長生きの理由は、病気を治す力があって自分で治していた。
幻朋:病気を治すって……どうやって?霊的なパワーを使ったんですか?
メラムサフラ:霊的な力と天文学が関係している。あと、これを使っている。
(メラムさんからイメージが送られてきました。)
安倍晴明の力
幻朋:星の形ですか?この星に力があるんですかね?
メラムサフラ:それが関係している。
幻朋:これらを活用して治していたのに、どうして亡くなったんですか?
メラムサフラ:力がそこまで保たなくなって衰えていった。年齢とか体力的な問題。さすがに自分でも限界があった。
幻朋:それでもそんな力を使って長生きしていたなんて、ただ事ではないですよね。安倍晴明ってとんでもない能力者だったんですね。

空白の40年間、何をしていたか?

幻朋:さっきメラムさんが、40歳くらいから情報があると言っていましたが、それより前の記録がないらしいんです。どんな経緯があるか分かりますか?
メラムサフラ:天文学の勉強をしている。学校みたいな所にも行っている。
幻朋:天文学って宇宙とか星の勉強でしょうか?ずっと勉強をして過ごしていたんですか?
メラムサフラ:趣味で占いもやっている。仕事をしながらそういう勉強をしていた。
幻朋:占いですか。晴明の占いならすごく当たりそうですね(笑)しかも仕事ってどんな事をやっていたんですか?
メラムサフラ:作業場のような工場みたいな所で働いている。
幻朋:その時代の作業場って何だろう??
メラムサフラ:服とかを作っている。そういう仕事をしながら、街中で占いをやっていた。
幻朋:あ〜、当時の着物ですかね?そして占い師もしていたんですね。そういう生活をしながら、勉強をして着々と能力をつけていたのかもしれないですね。ところで、どうして40歳から晴明の情報が資料に載っているんですか?何かきっかけみたいなのがあるんですか?
メラムサフラ:その時にいた天皇に何かを渡している。私にはそれが何かは分からないけれど、それがきっかけ。
幻朋:天皇に対して何かをして、その事で有名になったのでしょうか?
メラムサフラ:晴明が得意だった占いが天皇の目にとまった。ちょっとずつ晴明の話が広まっていった。
幻朋:占いが的中したりして、あの人すごいよ!って噂になったんですね。この後は陰陽師について質問したいと思いますが、とても楽しみです。

前編はここまでとなります。安倍晴明は予想以上の人物でした!正直に言うと、霊感などは特に持っていないのでは?と思っていました。しかし、病気を治す力があると聞いて耳を疑いました(笑)
後編では、更にとんでもない能力を持っていたという話をお送りします。一部の範囲にある物を出現させる能力……これを聞いてピーンと来る方がいるかもしれません。
その他にも、天皇の病気を治した件や蘆屋道満との関係についてもお送りいたします。後編へ続きます。