宇宙人に「アカシックレコードを見られるか ?」と聞いたらとんでもない話になった

宇宙人に「アカシックレコードを見られるか ?」と聞いたらとんでもない話になった

宇宙人さんと雑談をしている時に、とても興味深い話がありました。面白そうな内容だったので、念のため会話の内容を記録していました。それが何かというと「アカシックレコード」についてでした。

 

私はオカルトや霊的な事にはまだ詳しくなく、少しずつ覚えている最中ですが、最近アカシックレコードというものを知りました。宇宙の全ての出来事などが記録されているらしいですね!何よりアカシックレコードという単語がかっこいいです(笑)どうしてもアカシックレコードという言葉を使ってみたくなりますが、リアルでは言えそうにありません。

 

そこで、「アカシックレコードって知っていますか?」とドヤ顔で宇宙人さんに言ってみました(笑)正直に言うと、半信半疑だったんです。おそらく「そんなものはない」と言われるんだろうなと思っていたので、軽い感じで質問しました。それがまさか…そこから話が発展するとは思っていませんでした。

記事に出てくる人物や用語はこちら 

アカシックレコード【異次元の存在】

幻朋:メラムさんって本当に何でも知っていますよね。

メラムサフラ:いえいえ、そんな事はないですよ。分からない事もありますよ。

幻朋:アカシックレコードって知っていますか?もしかして、そこから情報を得ているとかじゃないですか?

メラムサフラ:知っています。

幻朋:え?知っているんですか?!(笑)まさか…アカシックレコードを見れるんですか?

メラムサフラ:見ようと思えば。見れなくはないです。

幻朋:マジですか…本当に見れるとは思わなかったです(笑)アカシックレコードって、全ての情報を知る事ができるみたいですよね?

メラムサフラ:過去とか未来とか、色々見る事ができます。

幻朋:そんな事できたらすごいですよね…。

メラムサフラ:あとは未来を変える事もできます。でも、やると世界のバランスが崩れてしまうから簡単にはできないです。

幻朋:何でも有りじゃないですか。メラムさんも過去や未来を変えられるんですか?それができたらもはや神ですよね(笑)

メラムサフラ:できるのはごく一部の人です。

幻朋:やっぱり神様しかできないですか?

メラムサフラ:いえ、違います。アカシックレコードという存在です。

幻朋:存在?アカシックレコードは、情報の集まりみたいなものだと思っていました。神様みたいにすごい存在という事ですか?そのすごい存在が何でも情報を知っていて、未来を変えたりできるんですか?

メラムサフラ:アカシックレコードは神とも次元が全く違う存在です。

幻朋:そうなんですか。メラムさんはアカシックレコードと話せるんですか?

メラムサフラ:話はできないです。話をするとかそういう存在ではないです。

幻朋:うわ〜、もう全然分からない(笑)お手上げです……。オルアエルさんはアカシックレコードの事が分かりますか?

オルアエル:よく分からない。

幻朋:仲間ですね(笑)私もですよ。それにしても、メラムさんは何でこんなにすごい事を知っているんですか?やっぱり一般の方ではないですよね?

メラムサフラ:前世のあなたに教わりました。

幻朋:え?!アカシックレコードの事を?(笑)

メラムサフラ:はい。私なんかより色々な事を知っていましたよ。

幻朋:何も覚えてないです(笑)途中で前世の記憶を思い出したりしないですかね?(笑)

メラムサフラ:思い出す事はないです。

幻朋:やっぱり無理ですか。いやぁ、でも何気にすごい話を聞く事ができて良かったです。勉強になりました。

メラムサフラ:それは良かったです。

オルアエル:私も勉強になった。

 


アカシックレコードについての会話記録はここまでとなります。宇宙人さんには全然ドヤれずに終わりました。知ったかぶりはいけませんね。専門用語はしっかりと勉強してから格好良く使おうと思いました(笑)