海底地下で発見された生命体の謎に迫る【生命体の森】

  • 2018-12-21
  • 2019-03-27
  • 地球
  • 388View
  • 2件

海底地下に「生命体の森」を発見した。というニュースを見ました。なんでも、数十万年〜数百万年にわたり存在してきた微生物で、岩から放出されるエネルギーのみを取り入れて生きていると言うのです。

岩から放出されるエネルギー?エネルギーのみで生きている??どういう事?!(笑)

なぜそのような環境で生きていけるのでしょうか?そもそも岩からエネルギーが出ているって謎すぎませんか…?

この疑問を宇宙人さんに質問してきましたので、さっそくご報告していきます。

※記事に出てくる人物や用語はこちら

なぜ海底地下に住んでいるのか?

この日、私の意識はサヴィラジヌ星の海に到着しました。相変わらず毎回ランダムな場所に出ます。

金色のグニョグニョと動く海を眺めていると、目の前に2人の宇宙人さんがパッと現れました。

メラムサフラ:今日は私達2人共居ました。

オルアエル:こんにちは。

幻朋:2人が揃うのレアなので嬉しいです。すみません、また海に出てしまったんです。

メラムサフラ:移動しましょう。

久しぶりの空間移動です。ジェットコースターよりキツイ感覚で、移動中はやっぱり具合が悪いです。

幻朋:あれ?ここは見た事がある場所ですね。もしかしてオルアエルさんの家の近くですか?

オルアエル:そうだよ。家で話しますか?

幻朋:いいんですか?ぜひお願いします。

すると一瞬で建物の壁をすり抜けて、オルアエルさんの家の中に入っていました。

幻朋:やっぱり中は真っ白ですね。

オルアエル:本当は色々あるけどね。

メラムサフラ:今日も質問はありますか?

幻朋:はい!そういえば前回はややこしい質問をしてしまってすみませんでした。

メラムサフラ:いえ。解決できましたか?

幻朋:そうですねぇ…なかなか難しい問題ですが、自分の中で時間の価値観が変わりました。もっと大事にしていきます。ありがとうございました。

メラムサフラ:そうですか。それならいいのですが。

幻朋:今回の質問ですが、地球の海底地下から生命体の森が発見されたらしいのです。数十万年前から存在していて、岩から放出されるエネルギーを摂取して生きているそうです。

メラムサフラ:うんうん。

幻朋:なぜ海底地下奥深くに住んでいるのでしょう?

メラムサフラ:その生物にとって、いい環境だから。

幻朋:地下が好きでそこにいるという事ですか。本当に昔からずっと生きてきたんですか?

メラムサフラ:いつからいるかは地球で実際に見ていないから分からない。

謎の生命体は会話もできる

幻朋:それらは生物と呼べるのでしょうか…。未知なる物って感じがします(笑)

メラムサフラ:生き物だよ。星の奥深くで生活する者もいるからね。

幻朋:そんな生き物がいるんですか?!

メラムサフラ:うん。星の中心に近いほどエネルギーがあるから、その生き物も地下で生活しているんじゃないかな。

幻朋:そうなんですかぁ…。では、その生物同士で意思疎通のような、会話みたいな事をしていますか?虫とか動物みたいに。

メラムサフラ:見た事がないからちょっと分からない。

幻朋:ちなみにこれが生物の画像です。(スマホに画像を出して見せました)

メラムサフラ:………会話しているよ。

幻朋:えっ?このミミズみたいなやつも会話できるんですか?

メラムサフラ:生きていれば話はできるはずだからね。ただ種族が違うだけで。

幻朋:私達には分からないけれど話をしているんですね?

メラムサフラ:例えば、私とオルアエルが地球にいる感じ。話していてもあなた達は聞こえないし、意味が分からないでしょ?

幻朋:確かにそうですね。虫や動物の会話は分かりません。私達には、まだまだ知らない世界があるんですね。

【エネルギー】地球から岩へ、岩から生物へ

幻朋:岩から放出されるエネルギーというのは一体どういう事ですか?

メラムサフラ:その生物の栄養源になっている物。岩自体が発生させているか、その周りにあるエネルギーのどちらかの事。

幻朋:もしかして、さっき言っていた地球の中心部からのエネルギーですか?それが岩に流れ込んでいる感じですか?

メラムサフラ:そう。岩に一度エネルギーが入って、その生物に入っている。

幻朋:エネルギーだけで生きているってすごいですね。信じられません(笑)どうなっているんだろう。

メラムサフラ:人と同じように加工して摂取しているよ。

幻朋:料理ですか?!(笑)

メラムサフラ:生物が取り込めるように加工している。

幻朋:ちゃんとした生物なんですね。ただ住んでいる所や食べ物が違うだけで。不思議だ。

宇宙由来の生物も存在する

幻朋:あまりにも不思議な生態なので、もしや宇宙人だったりして?なんて思ってしまいます(笑)

メラムサフラ:その生物は形が変化している。

幻朋:と言うと?いつも姿形が違っているんですか?

メラムサフラ:場所によって変わる。

幻朋:海底地下の場所では、あのようにミミズみたいなニョロニョロした形という事でしょうか?

メラムサフラ:そう。

幻朋:地球ができた時から居たのでしょうか?後から地球にやってきたとか?

メラムサフラ:星を転々としている生物もいるけれど、その生物はどうか分からない。

幻朋:えぇ?そんな生物がいるんですか。どうやって移動しているんだ(笑)……?

ふとオルアエルさんが気になって目をやりました。会話に入れないようです。

オルアエル:分からなすぎてついていけない。

幻朋:すみません話に夢中で。そういえばオルアエルさんは、ずっとシーンとしているなと思って心配になりました(笑)

オルアエル:全然分からない。

幻朋:私も難しくてなかなか理解するのが大変ですよ(笑)メラムさんは色々な事を知っていますよね。

メラムサフラ:いえいえ。私も詳しくないですよ。

謎の生命体についての話はここで終わりました。いったん雑談に入るのですが、そこからフリーエネルギーの話題へと広がったのでした!面白そうな話だったので会話記録を残してありました。

次回は、電気がないのに明るい部屋について、フリーエネルギーについて、口がないのにどうやって味覚を感じるか?などをお送りします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

次回の記事はこちらから『地球でもフリーエネルギーは作成可能なのになぜ使わないのか?』