天照御祖神社を初参拝!天照大御神の解説付きレポート【写真13枚】

以前から、アマテラス様が祀られている神社に行きたいなと思っていました。本当は伊勢神宮を参拝したいのですが、なかなか難しいので私が行ける範囲のエリアで神社を探しました。
他県の神社も色々と見て、パワーを感じる場所、行ける範囲の場所で神社を絞り込んでいきました。そして最終的に、天照御祖神社という所に決めて、いつか行こうと計画していました。
そして、やっとそちらの神社へ参拝に行く事ができましたので、その時の様子をご報告したいと思います。いつものような宇宙人要素などはなく、いたって普通の参拝記録ですが、ご覧いただければ幸いです!
※今まではアマテラス様の言葉を読みやすいように、漢字やカタカナに変換しておりましたが、今回は私の頭に入って来た文字をそのまま表記する形にしてみました。

天照御祖神社へ向かう

当日は市役所に用事があったため、平日に休みを取っていました。福祉課へ直行して手続きを終え、その後病院に行きました。そうこうしているうちにあっという間にお昼の時間になっていました。
私は急いで昼食を済ませ、天照御祖神社へと向かいました。この日は天気が悪く、「参拝するまでは降らないで〜」と祈っていましたが、目的地に近づくにつれて雨が降ってきてしまいました。しかし、どんな天気でも絶対に参拝に行こうと決めていました。それほど参拝するのを楽しみにしていました。

天照御祖神社を参拝

境内の様子

東北のお伊勢さん
神社に到着すると、何台か車が停まっていました。私の他にも参拝客の方がいるんだなと考えながら、傘をさして社殿に向かいました。入り口付近に看板があったので見てみると、なんと東北のお伊勢さんと書いてありました!伊勢神宮の気分を味わえて嬉しくなりました。
階段を上り終えて鳥居をくぐると、どこからか笛や楽器のような演奏が聞こえてきて、これぞ神社という感じがしてテンションが上がりました(笑)雨のせいもあってか、境内には誰もいませんでした。
狛犬、社殿正面
かなり久しぶりに神社に来たので、どこに行って何をすれば良いのか戸惑ってしまいました。散策するよりも、まずはアマテラス様にご挨拶するのが先かなと思い、社殿に向かいました。
拍手の仕方などが書いてあったので確認してから前に進みました。(素人感満載で申し訳ありません。)アマテラス様へ届くように心を込めて、日頃の感謝の気持ちと、いつか伊勢神宮へ行けますようにと伝えました。
社殿
参拝を終え、傘をさして歩き出そうとすると、頭の中に文字が入ってきました。それはいつものアマテラス様の気配でした。

予想外の展開!天照大御神登場

天照大御神:きたか。
幻朋:え?アマテラスさんですか?!ここの神社にもいらっしゃったんですか?!
天照大御神:ここにもまわってあるいている。
(一人で立ち止まっているのも怪しいので、敷地内の端の方に移動しました。そして、アマテラス様との会話をスマホにメモするようにしました。)
幻朋:おっと…雨が強くなってきました。楽しみにしていた日に限ってこんなに雨が降るなんて(笑)今日はたまたまこちらへ来ていたんですか?
天照大御神:くるのをしっていた。ここにきたけはいがあったからきた。
幻朋:私の気配を感じ取ってくださったんですね。ありがとうございます!ここに来ているのはアマテラスさんの意識体ですか?
天照大御神:いしきたいともすこしちがう。
幻朋:そうなんですね。伊勢神宮へはなかなか行けないので、私が行ける範囲の場所でアマテラスさんを祀っている神社を探しました。地図で色々な神社の画像を見ていたら、ここの神社からパワーを感じたんです。
天照大御神:ここにはときどききているが、きょうはいなかった。
幻朋:わざわざすみません。来てくださってとてもありがたいです!

とんでもない失態に気付く

お社
幻朋:ここの神社では他にも神様を祀っているんですね。
(周辺に小さなお社がいくつかありました。)
天照大御神:ほかのかみはいないがみていくといい。
幻朋:はい、そうします!
(周りを見渡していると手水舎が目に入りました。)
幻朋:……あ!!大変な事に気付きました!神社に来たら先に手を清めるんでした……何て事をしてしまったんだ…大変失礼いたしました。急いで行ってきます!
天照大御神:べつにかまわない。
手水舎
幻朋:いっその事、私のような者は雨で全身洗った方が良いですね(笑)本当にすみません。
天照大御神:むりしなくていい。
(次からは忘れずに清めるように気を付けます。とても反省しました。)

天照大御神と境内を散策

幻朋: 神社の写真を撮っても大丈夫ですか?よろしければ色々な風景を撮りたいです!
天照大御神:いい。
お社
小さいお社には、大国主様や須佐男様などが祀られていました。初めて見たお名前の神様もいらっしゃいました。
お社
幻朋:ここの神社には、普段はどなたか神様がいらっしゃるんですか?
天照大御神:ふだんはだれもいないがちゃんとみている。
幻朋:各地の神社を見守っているんですね。嬉しいです。
椅子
幻朋:あの椅子のようなものは何でしょう?座っても良いのでしょうか?
天照大御神:いい。
椅子
幻朋:あ、説明が書いてありますね。座ると神社のパワーがもらえるのかな(笑)ちょっと座ってみます。
(椅子は木の下にあったので濡れていませんでした。目を閉じて神社の雰囲気を感じてみました。)
天照大御神:わたしからのぱわーなら。
幻朋:……!!おぉ〜来ました!少しクラッとします。これは神社の気どころじゃないですね(笑)パワーをありがとうございます。
金比羅石
幻朋:そこにある石碑のようなものは…金比羅?と書いてありますね。神様の石碑ですか?
天照大御神:かみとはまたちがう。
神の集合写真
幻朋:ここで神々と10ショット写真が撮れますね(笑)自撮りスタンドも置いてあるし、晴れた日にまた来て撮ろうかな。
太陽の石
社殿の両端に丸い石が二つあって面白いなぁと思って見ていました。説明書きがあったので読んでみると、ツクヨミ様とアマテラス様を表しているそうです。月と太陽って素敵ですよね。 

天照大御神とカラスに帰りのご挨拶

境内を一通り巡ったので、そろそろ帰る事にしました。出口の鳥居のそばには大きな木が立っていて、その下は濡れていなかったのでいったん傘を閉じてそこでお話をさせていただきました。
幻朋:そういえば、天皇陛下御即位の儀式を見ました!とても感動しました。本当におめでとうございます!
天照大御神:めらむさふらとおるあえるがきてはなした。
幻朋:二人がお世話になりました(笑)アマテラスさんと話ができて喜んでいました!御即位の儀式の件で、またあらためて伊勢神宮に行った時にお祝いをしたいなと思っております。
天照大御神:まっている。
幻朋:今日はあいにくの雨だったので、いつか晴れた日にまた参拝に来たいです!
天照大御神:またくるときはわたしもこよう。
幻朋:お忙しい中ご案内をしていただき、ありがとうございました!とても充実した時間でした。それでは失礼いたします。
参道
アマテラス様にご挨拶をした後、階段に向かいました。鳥居をくぐった瞬間、真上から「カー!」とカラスの鳴き声が聞こえて、ビックリして立ち止まりました。周りに誰もいない事を確認してから、「どうしたの?いきなり鳴くからビックリしたよ(笑)私はもう帰るよ。また来るね。」と、鳴き声がした方向に話しかけました。鳴き声が大きくて結構ビックリしました(笑)
カラスにも別れを告げ、雨に濡れた石段を眺めながら降りて行きました。雨降りの神社もなかなか良いものですね。最後にゆっくりと深呼吸をして神社の空気を味わいました。心も体もとてもスッキリして元気になりました。
駐車場に戻ると、ちょうど参拝客の方が来ていてすれ違いました。こうしてたくさんの人に愛されている神社・神道は、やはり素晴らしいなと思いました。

天照御祖神社の参拝レポートは以上となります。当日は雨降りで残念でしたが、私以外は誰もいなかったので人目を気にせずにゆっくりと見て回る事ができました。
アマテラス様は、意識体とは別で来ているとおっしゃっていたのですが、意識体のそのまた意識体?どういう仕組みだろう?と少し気になりました。後日、宇宙人さんに聞いてみると「私の場合は、意識体を置いて更に意識体で行く事はできないです。神様だからできる能力かもしれません。私達の想像を遥かに超える存在なので。」という見解でした。
最後に、今回の記事ではアマテラス様から来た言葉をそのまま書きましたが、いかがだったでしょうか?やはり読みにくいでしょうか?皆様からのご意見を元に、今後の表記の仕方を決めたいなと思っておりますので、Twitterやコメント欄でご意見をお聞かせいただければ幸いです!