太陽には太陽系の神が集まっている、太陽の核や太陽星人について【天照大御神とお話in太陽】

  • 2019-09-04
  • 2019-09-20
  • 神様
  • 744View
  • 12件
以前、太陽の内部がどうなっているか探索しに行った事がありましたが、あれからだいぶ時間が経ちました。
アマテラス様の本体に直接お会いするため、久しぶりに太陽を訪問してきました。先に伊勢神宮に来てもらえれば、どこにいるか教えると言ってくださったので、まずは伊勢神宮に行きました。その後、太陽に行ってお話した時の様子を記録しました。
太陽や神様にまつわるお話を聞きましたので、一連の様子と一緒にご報告していきたいと思います。「アマテラス様の姿を見ました〜!」と言いたい所ですが、現実はなかなか上手くいかないものですね(笑)

伊勢神宮訪問

アマテラス様の本体は宇宙のどこにいらっしゃるのか、まず先に伊勢神宮に確認しに行きました。伊勢神宮をイメージすると周りの景色が流れて、一気に御正殿前まで行きました。
幻朋:アマテラスさん、いますか?
天照大御神:いる。
幻朋:こんばんは。今日はアマテラスさんの本体にお会いしたいなと思うのですが、今はどこにいますか?
天照大御神:太陽の奥にいる。
幻朋:今から行っても大丈夫ですか?奥というのは、あの中心部の黒い球体ですよね。太陽に着いたら話しかけてみても良いですか?
天照大御神:太陽の中なら呼びかけも通じる。待っている。
幻朋:では、中に入ってから呼んでみますね。それでは太陽に出発します!

太陽訪問

天照大御神の元へ向かう

伊勢神宮から飛び立って宇宙に出ました。宇宙に出ると、方角がよく分からなくなります。ここで太陽をイメージすると、明るい方向に勝手に向きがシフトします。便利機能です(笑)
明るい所を目指して、どんどん意識体を飛ばしていきます。時空移動をしている時よりは遅いですが、ビュンビュン景色が流れていきます。太陽はサヴィラジヌよりは近いので、すぐに到着しました。
目の前に太陽があります。久しぶりに近くで見ましたが、炎がメラメラしています。暑さなどは感じないので大丈夫ですが、やっぱり炎の中に入るのは少し怖いです(笑)
許可がないと太陽の内部へは入れないのですが、メラムさんのおかげで入れるようになっています。ス〜っと前に進むと、太陽の中に入りました。ものすごい勢いで火がボウボウと燃えています。やはり太陽の中はとても不思議な感じがします。
すると、「来たか」と頭の中に文字が入ってきました。私が太陽に入ったら、アマテラス様が気付いてくれたようです。この時、アマテラス様本体からの言葉も、文字で入ってくるんだなぁと考えていました。
迷ってしまわないように、アマテラス様をイメージして進んでみる事にしました。燃え盛っているオレンジ色のゾーンがしばらく続きます。この様子をぜひみなさんにも見せたいです。VRとかでできたらいいのに!といつも思います(笑)
確か太陽の内部はいくつかのエリアになっているはずで、中心に近づくと色が変わってきます。どんどん進んでいくと、周りが茶色になってきました。ちゃんと中心部に行けるかな?と心配していると、アマテラス様が「近くまで引き寄せる」と言ってきました。

太陽の中心部へ!天照大御神の姿は……

私はアマテラス様に「え?良いんですか?」と言って少し安心していました。しかし!引き寄せるのが予想以上にキツかったです(笑)例えると、二日酔いなどで頭がグルグルなっている状態のもっとひどい感じが急に起こるんです。
情けないですが、突然の事に具合が悪くなりました(笑)でもアマテラス様の引き寄せのおかげで、一気に黒い球体の所まで来たようでした。
幻朋:ここに久しぶりに来ました!
天照大御神:実は何回か来ているのを知っている。
幻朋:私が太陽を訪問していたのをやっぱりご存知なんですね。迷って諦めたり、何回も来てすみませんでした(笑)………あれ?もしかしてこの……光みたいなのが?
天照大御神:私が見えるか?ここにいる。
幻朋:そこにぼんやりとした光があります!
天照大御神:それが私だ。
アマテラス様
幻朋:光にしか見えません…残念です。本物の姿が見たかったなぁ。
天照大御神:もし見えれば、地球人の姿に似たように見える。
幻朋:私はまだまだですね(笑)伊勢神宮の意識体と感じが違いますね。やっぱりオーラがハンパないです。体がかなりキツイです(笑)
天照大御神:奥の方に父と母もいる。
幻朋:えぇ?!その球体の奥ですか?……
太陽の中心天照大御神
位置関係の大体のイメージ図です。どおりで周辺からすごい力を感じるなと思っていましたが、アマテラス様から出ているオーラだけではなく、後ろにいる御両親からガンガン放たれているものを感じ取っていたのかもしれません(笑)
どれだけアマテラス様の本体から出ているパワーが強いかというと…10段階のレベルでいくと、伊勢神宮の意識体が1<<<本体が8くらい。そして後ろにいるイザナギ様達は、ゲージがカンストしているかもしれません(笑)
アマテラス様の光はそれほど見た目が大きくないのですが、放っているパワーが異常でした。それほど強烈で私の体力は急激に消耗していきました。

太陽や月、神様の話

幻朋:ところで、この黒い球体は何なんでしょうか?前に来た時に中に入ろうとしたらいけませんでした(笑)
天照大御神:太陽の核部分。普通は近付けない。核の中には誰もいない。太陽星人でも住む事はできない。
幻朋:そうだったんですね。太陽星人さんとなかなか話せなかったんですが、私の力不足でしょうか?飛ぶのが速くて、話しかけてもダメでした。
天照大御神:話せると思う。なかなか外部の人と話をしない。
幻朋:シャイなんですかね?それとも必要以上に話さないのかな?いつか話せれば良いなと思います。それにしても、太陽の中心は静かですね。外はあんなに燃えているのに……。
(周りの青白い空間を見渡しました。)
幻朋:太陽に入る許可をメラムサフラに取ってもらったのですが、もしかしてアマテラスさんが許可してくれたんですか?
天照大御神:私も関わった。
幻朋:許可してくださってありがとうございます!太陽には、アマテラスさんと御両親の3人の神様がいるんですか?
天照大御神:他にも神はたくさんいる。地球には存在しない太陽系の神が集まっている。
幻朋:すごいですね!聖地ですね。そんなにたくさん神様が集まっているから、太陽の中に入るとただならぬ気配を感じるのかな…。確か、月にも神様が集まるんですよね?
天照大御神:月も地球の神だけではない。
幻朋:アマテラスさんの弟さんだったかな?ツクヨミ様は月にいるんですよね?
天照大御神:常にいる訳ではない。
幻朋:やっぱり神様は、あちこち宇宙を飛び回っているんですね。
天照大御神:来てみてどうだ?
幻朋:そうですね…アマテラスさんの姿が見えなかったのは残念ですが、本体にお会いして話ができて嬉しいです!かなり体はキツイですが(笑)
天照大御神:無理はするな。体にかなり負荷がかかっている。
幻朋:地球人の体だと厳しいんですかね?
天照大御神:すぐに慣れる。人それぞれだが。
幻朋:これ、慣れますかね?!(笑)神様の次元に合わせるのは相当難しそうです。地球人の3次元と、アマテラスさん達の次元はまた別ですか?多分、5次元6次元という感じではないですよね?
天照大御神:私達は次元という概念が違う。
幻朋:メラムサフラも同じ事を言っていました。あちらでも次元という概念じゃないと。神様の姿を見たり話したりするのは、本当に簡単な事ではないですね。
天照大御神:何回も来なさい。
幻朋:分かりました(笑)太陽を訪問して特訓します。太陽系の中では、どこでも人の姿をして活動しているんですか?
天照大御神:いつも人の姿ではない。今は人の姿をしている。他の姿になったところで困惑する。
幻朋:じゃあやっぱり今回は特別に人の姿になってくださったんですね。見たかったです!神話に出てくるような感じなんですか?
天照大御神:自分の目で確かめなさい。
幻朋:えぇ、教えてくださいよ〜(笑)まさか現代風な格好に勾玉を着けている訳がないですよね……いや、確かめてみないとまだ分からない(笑)楽しみにしておきますね!そろそろ戻りますが、イザナギ様とイザナミ様にもよろしくお伝えいただければ嬉しいです。いつもアマテラスさんにお世話になっているので。
天照大御神:伝えておく。太陽の外まで連れていく。ちょっと我慢が必要。
幻朋:すみません、ありがとうございます。お願いします。
すると視界がグルグルになって、あの強烈な気持ち悪さがこみ上げてきました。サヴィラジヌの空間移動よりひどいです(笑)しかし、あっという間に太陽の外側まで来ていました。
私は「失礼します」と言って、地球に帰っていきました。自分の体に意識体を戻すと、その場でグッタリしました。伊勢神宮から太陽に行って戻ってくるまで、30分くらい経過していました。サヴィラジヌで1時間話すより、体力の消耗が激しかったです。
でも、アマテラス様のありがたいパワーを浴びたおかげか、気持ち的にはすごく元気になっていました。体の方は言う事を聞かなかったので、そのまましばらく休憩しました(笑)

アマテラス様の本体に会いにいく、初めての太陽訪問の記録は以上となります。残念ながら本物のお姿は見えませんでした(涙)みなさんにどんな姿かご報告したかったので、自分の力不足が憎いです(笑)しかし、私なんかに見る力はないのでは?という気持ちもあります。
何回も来なさいと言ってくださったので、たまに太陽に行って鍛えたいと思います!太陽トレーニングを積めば、伊勢神宮の滞在時間も延びたりして?なんて思いました。
それにしても、わざわざ地球人向けの姿で待っていてくださったアマテラス様は優しいですね。帰りも送ってくださいましたし、ありがたい気持ちでいっぱいでした!