【残業・飲み会】参加しないと評価されないという会社の風潮

  • 2018-12-19
  • 2019-03-27
  • 地球
  • 201View
  • 0件

f:id:genh0u:20190102182030j:plain
前回記事『【斬新】宇宙人に仕事の悩み相談をしたら斜め上の返答が来た』の続きです。

前回に引き続き、仕事や会社についての話題です。地球人とはまたちょっと違った考え方で宇宙人さんがアドバイスしてくれましたので、その時の会話記録をご報告していきます。

※記事に出てくる人物や用語はこちら

会社は従業員に感謝する事が大切

幻朋:私の会社では、長く続かずに辞めていく人が多いです。

メラムサフラ:うーん…今見ているけど空気が悪い。辞めるという事は、どこかに問題がある。

幻朋:上司にいじめられて辞める人もいれば、業務内容がキツくて辞めていく人もいます。

メラムサフラ:問題は分かりきっているのにね。こんな事じゃ幸せになれない。

幻朋:確かに仕事の悩みを抱えて毎日嫌だなぁって思いながら生活していたら、幸せになれないような気がしますね。

メラムサフラ:働く人を一番に考えなきゃダメだと思う。会社が従業員に感謝しないといけないよ。

幻朋:感謝ですか…そんな扱いは全くされないです。会社の売り上げのために、とにかく働け!って感じですよ。

メラムサフラ:理解できない。私が違う星に行くと感謝されるよ。

幻朋:他の星に何か任務というか、手伝いのような感じで行った時にですか?

メラムサフラ:そう。助け合って感謝する。それが普通だと思うけど。やっぱり地球は平等じゃないね。

幻朋:みんながそういう考えで生活できたら、きっと幸せに暮らせますよね。

宇宙人もドン引き!残業評価システム

幻朋:決められた仕事の時間の他に、さらにプラスで働く残業という物があるのですが…これについて相談したいです。

メラムサフラ:そんなに働くの?時間は取り戻せないよ?

幻朋:うぅ…まぁ、その通りですね。自分の時間をほとんど仕事に費やして、それで本当にいいのかと悩んでいます。

メラムサフラ:早く帰ればいい。

幻朋:はい(笑)そうなんです。本当は帰りたいです。でも、残業しないと「アイツはいつも早く帰っている。残業しない」って言われるんです。そして、それが仕事の評価に影響していきます。

メラムサフラ:評価されたいの?

幻朋:実はこの評価がお金に響くんです。評価が下がると、会社からもらう給料というお金が減ります。だからみんな上司から評価を得るために働きまくっています。

メラムサフラ:えぇぇ…。本当に面倒な星だ。地球はそんな星だとは思わなかった。知らなかったよ。そこまでしないと生活できないの?……ビックリしました。

幻朋:私も面倒だなと思います(笑)でもお金は大事なので、悩みつつも頑張って残業しています。

飲み会よりも自分の時間を大切に

幻朋:もう一つ謎の風潮があります。飲み会という物です。同じ会社で働いている従業員と、仕事の時間外に飲食をしたり話をしたりします。これも参加しないと「アイツはいつも参加しない」と言われて、会社内で評価が下がります。やはり参加した方がいいと思いますか?

メラムサフラ:また評価ですか。評価が落ちるなら出た方がいいと思うけど……なぜ長時間居る人達とそういう所に行くの?仕事だけでもずっと一緒に居るのに。

幻朋:確かに(笑)もはや一日中一緒に居る感じになってしまいますね。やっぱり参加した方がいいんですね…。

メラムサフラ:私なら行かないけれど。評価が下がってもいいから時間の方が大事。

幻朋:おぉ。お金より時間ですか。

メラムサフラ:私は家族と一緒に居る方が大事。家族が一番。

幻朋:うーん、胸に刺さる言葉ですね。時間は取り戻せないし…すごく考えさせられます。

メラムサフラ:サヴィラジヌには時間という概念はないけれど…今こうして過ごしているという意味での時間はとても大事にしている。みんな好きな事に時間を使う。自分の人生の時間だから。だから我慢するのはもったいないと思う。

幻朋:一度きりの今回の人生って考えると、限られた大切な時間ですもんね。少し考え直そうと思います。

メラムサフラ:それにしても、こんな事もしないといけないんだね。本当に驚く。今度地球に行っていろいろ勉強します。知らない事だらけでした。

【極論】どういう心持ちでいれば仕事を頑張れるか?

幻朋:このような状態でなので簡単に辞める訳にもいかないですし、どういう心持ちでいれば頑張っていけると思いますか?ぜひアドバイスをいただきたいです(涙)

メラムサフラ:……(考え中)……仕事を自分の趣味にする。

幻朋:すみません、思わず笑ってしまいました(笑)趣味ですか。んんんー。どうだろう。私にできるかな(笑)

メラムサフラ:仕事が趣味になれば、苦痛じゃなくなると思う。自分の好きな事だから楽しくできる。

幻朋:まさにその通りですが…。これからちょっと試してみますね。そういう考え方でやってみます。

新人さんの対応について

幻朋:私の所に新しく入って来た人が、全く話を聞かない人なんです。何度説明してもミスを繰り返します。どうしたらいいでしょうか?

メラムサフラ:サヴィラジヌには人の話を聞かない人はいないから考えられない。そういう人は消される対象。

幻朋:サヴィラジヌ星での消される対象って結構厳しいですよね。何を言っても改善しないので困っています。

メラムサフラ:普通だとそういう風にはならないと思うんだけど、何か異常があるんじゃないかな。

幻朋:異常ですか…?ちょっとだけ変わった雰囲気の人ですが、普通に見えますよ。私は基本的に怒ったりしないで、優しく教えるようにしています。でも、何度も同じ事でミスをするので、最近はちょっと疲れて諦め気味になってしまっています。

メラムサフラ:厳しくしていいと思う。サヴィラジヌに比べたら全然甘いですよ。こっちはそういう人はすぐ消されますから。

幻朋:そうですか。ちゃんと理解してもらえるようにピシッと教えるようにしてみます。サヴィラジヌ星では消される人は多いですか?

メラムサフラ:いえ、消される人はほとんどいません。もともとそういう人はいません。

幻朋:心が綺麗な人しかいないんですね。私も見習わないといけません。

メラムサフラ:自分が疲れないやり方で対応したらいいと思います。その人にはやれる事だけやってもらえばいいですよ。

幻朋:分かりました。そうしてみます。私の所には、なぜかそういう新人さんばかり配属になるのですがどうしてでしょう?これも何か意味がある事ですか?

メラムサフラ:自分でそういう風にしたのかもしれないね。

幻朋:いやぁ、人生計画ミスってますよ!望んでないです(笑)もうちょっとちゃんと霊界にいる時に計画してほしかったです(笑)

メラムサフラ:なんて事を言ったけれど、その限りじゃないですよ。たまたまかもしれないし。

幻朋:そういう計画にしていてもしていなかったにしても、いずれ地球は色々と大変な星なんですね……。

労働=仕事という固定観念が邪魔をする

メラムサフラ:地球は不思議だよ。同じ人同士で傷つけ合ったり差を作ったり。サヴィラジヌではどんな人とも仲が良いですよ。

幻朋:そんな人達ばかりだったら、消される人なんていないですもんね。平和だなぁ。

メラムサフラ:前にも見せた事がある建物で、みんなで集会をするんだけど…。

幻朋:何か話し合ったりするんですか?

メラムサフラ:仕事みたいなものかな。

幻朋:何か作業をするんですか?作ったりとか。

メラムサフラ:しない。

幻朋:え?しないんですか(笑)

メラムサフラ:ただ集まるだけ。自分の時間を使って集まっているから、仕事のようなもの。

幻朋:どうしても肉体を使って働く事が仕事という考えがあるので、それだと仕事じゃないって思ってしまいます。

メラムサフラ:考え方や概念が色々と違うから、そうなってしまいますね。

幻朋:地球での考え方にどっぷり浸かっています(笑)

メラムサフラ:あの………少しは役に立てましたか?

幻朋:私にとってメラムさんの話はとても貴重です!助かりましたよ。

メラムサフラ:そうだといいのですが。仕事というものは自分の星にはないので…知らない事も多かったですし、うまく話せませんでしたので。

幻朋:気にしないでください!逆に分かりづらい相談をしてしまってすみませんでした。もし自分だったら、全く知らない事に対してうまくアドバイスできないです。

メラムサフラ:はい。これから頑張っていきたいですか?

幻朋:そうですね。悔いのないようにしたいです。なんとか頑張ろうと思います。

メラムサフラ:無理をしないように。

幻朋:お気遣いありがとうございます。アドバイスありがとうございました。

メラムサフラ:もっと地球の事を調べておきますね。また来てください。

メラムさんとの交流を終えて、サヴィラジヌ星から自分の体に戻りました。久しぶりに結構長い時間滞在したので、体がかなり疲れました。

やっぱり別な惑星の人の意見を聞くのは面白いです。新しい考え方に出会えるので、視野が広がります。

仕事も修行の一環だと思って、できる限りの事はやっていきたいと思いました。でも、自分の時間も大事にしたいなぁ…とも思いました。

今回のご報告は以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回の記事はこちらから『海底地下で発見された生命体の謎に迫る【生命体の森】』